散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

目黒区外の庚申塔など(1)

恵比寿西の庚申塔

このところ目黒区の庚申塔を見て歩いている。以前にも取り上げたことがあるが、、お隣渋谷区の庚申塔もついでなので、再登場させる。

気が付かない人もいるかな
土一升金一升の土地にある。しかも、しっかりとした大谷石の囲いの上だ。気が付かなかったり、気が付いていても遠慮してしまう人も多いかもしれない。祀られているものは、目黒区のそれと大同小異。渋谷区も江戸近郊の農村だったんだなあ。
以前から、こういう土地に固定資産税などは課税されるのか気になっていた。庭内神祠でも相続税非課税になるようで、固定資産税も免除なのだろう。なので、多分、固定資産税もかからないのだと思う。課税に関する記述に関してはまったく自信無しなので、悪しからず。

気が付かない人もいるかな_1
気が付かない人もいるかな_2

屋根付きの中には4つの庚申塔が
見た目にははっきり見えない感じなのだが、写真には何故だかはっきり写る
全体像
屋根付きの中には4つの庚申塔が_1
屋根付きの中には4つの庚申塔が_2
屋根付きの中には4つの庚申塔が_3
屋根付きの中には4つの庚申塔が_4
屋根付きの中には4つの庚申塔が_5
寛文八年(1668年)
合掌していて、二鶏が彫られているのはわかる。素朴な感じだ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_6
延宝四年(1676年)
六臂のように見えるが、合掌はしていないようだ。三猿が彫られてある。廃仏毀釈のときに壊したのかなあ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_7
延宝二年(1674年)
合掌六臂だということはわかる。下部ははっきりしていない。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_8
覚文四年(1664年)
三猿が彫られてあるだけ。シンプルだ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_9
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが
扱いに差があるなあ。せめて庚申塔だけでもと思うのだが、…。
廃仏毀釈の世になってからも作られていたようだ。意外だ。
明治三十八年(1905年)
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが_1
馬頭観音
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが_2

 

« »

04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月23日(月)は、ソレイユの丘などに行って楽しんできます。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR