FC2ブログ

散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

久しぶりに日本民家園に行ってみた(6)

太田家住宅(国指定重要文化財)

平成2年7月29日、生田緑地内で打ち上げられた花火が屋根に落下し、主屋のヘヤを中心に焼損した。現在われわれが目にするものは、復旧修理工事が行われた後のもので、工事は平成4年10月31日に竣工した。私の認識では全焼に近い焼け方だったが、うまく復元したものだ。そのことはさておき、国指定重要文化財の扱いのままで構わないのかは、非常に疑問に思う。まあ、大規模な解体保存修理を実施したと考えれば、納得できないわけではないのだが、…。
異様に感じられるほど支える柱もない広い空間の土間。右後方に馬屋が飛び出していて、左後方には居間に出張ってもいる。一帯此処を何に使ったのだろうか?
異様に感じられるほど広い空間
日本民家園には、分棟型の家屋が2軒ある。1軒は作田家住宅ですでに取り上げた。もう一つが、この太田家住宅である。雨樋などは作田家住宅でも同様のものが見られるが、既出の作田家の移築時には、家屋は改造されて当初の分棟型の家屋ではなくなっていた。が、調査の結果、かつては分棟型の家屋だったことがわかり、当初の分棟型の家屋への大まかな復元はうまくできたようである。が、雨樋に関しては、参考にすべきものが残っていなかった。そこで、仕方なく、この太田家住宅のものを真似た経緯がある。この独特のものは、こちらがオリジナルだ。

外観
7Dmk2+SIGMA Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの画像
右側の棟の方が主屋のように見えて仕方がない
外観_7Dmk2+SIGMA Contemporary 17-70mm_1
外観_7Dmk2+SIGMA Contemporary 17-70mm_2
外観_7Dmk2+SIGMA Contemporary 17-70mm_3
G5Xの画像
外観_G5X_1
外観_G5X_2
建物内部の様子
間取り
土間が異様なほどに広い。そこでは、雑穀の収穫後の処理などの農作業も行われていたようだが、ここまで広くする意味があったのだろうか?それと、うまやが外に出張った感じになっていたり、広間の方に少し食い込んでいたりする。その影響でこれまた変形の広間とになっている。そういう風にする理由があったのだろうか?
川崎市教育委員会の説明では、土間部分だけ一度建て替えられているから広いのだそうだ。解体時の発掘調査によれば、当初の土間は桁行2.5間程度の小さなものであった。それはそれで間違いがないところだろうが、そうしただけの理由があったのだと思う。これが残念ながら記載されていない。

間取り
7Dmk2+SIGMA Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの画像
慶応4年に明治政府が出した「五榜の掲示」の一枚
第一札
   定
一 人タルモノ五倫ノ道ヲ正シクスヘキ事
一 鰥寡孤獨癈疾ノモノヲ憫ムヘキ事
一 人ヲ殺シ家ヲ焼キ財ヲ盗ム等ノ惡業アル間敷事
   慶應四年三月   太政官

建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 1
土間が広間の方に大きく出っ張っている。何故そうしたのかなあ?
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 2
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 3
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 4
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 5
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 6
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 7
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 8
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 9
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 10
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 11
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 12
建物内部の様子_7Dmk2+SIGMA Contemporary 13
G5Xの画像
建物内部の様子_G5X 1
建物内部の様子_G5X 2
建物内部の様子_G5X 3
建物内部の様子_G5X 4
建物内部の様子_G5X 5
建物内部の様子_G5X 6
建物内部の様子_G5X 7
建物内部の様子_G5X 8
建物内部の様子_G5X 9
建物内部の様子_G5X 10
建物内部の様子_G5X 11
建物内部の様子_G5X 12
建物内部の様子_G5X 13

火災の教訓と重要文化財蘇生の歩み-旧太田家住宅

旧所在地:茨城県笠間市片庭
建物区分:農家(名主の家)、分棟型
構造形式:主屋=寄棟造、茅葺、桁行9.6m、梁行8.3m/土間=寄棟造、妻入、茅葺、桁行10.0m、梁行8.3m
建築年代:主屋=17世紀後期/土間=18世紀後期
家の中に雨どいのある二つ屋根の家

 

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月11日(土)-13日(月)は、2泊3日の予定で甲子園球場に高校野球観戦&応援に行きます。その間、私からのアクセスは出来ません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR