散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

『和のあかり×百段階段展2017』を見に行った(8)

清方の間
清方の間には、過去連続して大作が展示されていた。この間の名前の主である鏑木清方の絵をじっくりと見たかったのだが、かなり制約があった。今年もそうなのだろうかと思っていたら、びっくりするような展示だった。その良し悪しを論じる前に、初めて鏑木清方の絵をじっくり見ることができたことに感激した。『一番いい絵は一番上にあります』というのは、大げさでも何でもなかった。
四季風俗美人画の一つ
やはり鏑木清方の絵はいいなあ。しかも、この部屋にいくつもあるのだから、堪えられない。
『娘道成寺』だと思う
四季風俗美人画の一つ
上出長右衞門窯 上出惠悟「笛吹電影樂團」
出展者の意図はわからないでもないが、『それだけなの?』という感じが否めない
タイトルに沿った展示
それはこれのみ。茶碗に描かれた笛吹が笛を吹くと、後方のスクリーンの画が動く。いわゆる動画になっているのだ。
タイトルに沿った展示
その他は、茶碗の出品のみ
出品の茶碗をご覧になられた方の評価は如何だったのだろうか。やはり天井の画は見難いかなあ。
その他は、茶碗の出品のみ_1
その他は、茶碗の出品のみ_2
その他は、茶碗の出品のみ_3
その他は、茶碗の出品のみ_4
その他は、茶碗の出品のみ_5
デザインはそれなりに面白いが
その他は、茶碗の出品のみ_6
鏑木清方の絵
いつも見損ねてしまうのが天井画。今年も同じ轍を踏んでしまった。天井を8つの三角形に区切り、扇面に杉の柾板を、下地に杉の網代を張っている。その扇面を愛でる趣向のようだ。何度も繰り返して見落とすなんて、お馬鹿さんだなあ。
鏑木清方の絵_1
鏑木清方の絵_2
鏑木清方の絵_3
鏑木清方の絵_4
鏑木清方の絵_5
鏑木清方の絵_6

美人画の大家、鏑木清方が愛着をもって造った落ち着いた静かな茶室風の室です。特に奥の間の床柱は径一尺五寸の北山杉の天然総絞丸太でこのような逸材は今日、市場でもなかなか見出せないものです。廻り廊下の北山丸太を扱った化粧軒、障子建具、組子など、細心の造りです。扇面形杉柾板に四季草花、欄間の四季風俗美人画ともに清方の筆です。

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR