散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(21)

第2日(7)
こみせ通りを見に行く(4)
帰り道に曹洞宗黒梵山保福寺の元の敷地があり、びっくりしたことは前回取り上げた通り。他にも何かあるかなと好奇心丸出しで見て歩く。それがいけなかったのか、黒石駅で相当時間待つことに。
漸く電車に乗ることができた
ローカル線といえども、メンテナンスは欠かせないものなんだ
漸く電車に乗ることができた_1
漸く電車に乗ることができた_2
漸く電車に乗ることができた_3
OJTをしていたようだ
漸く電車に乗ることができた_4
弘前に戻ってきた
弘前駅に到着
前夜宿泊したビジネスホテルが見える
弘前駅に到着_1
弘前駅に到着_2
弘前市立病院…弘前に数多く残る前川國男建築の一つ
作品が一括して世界遺産に指定されたル・コルビュジエ。前川國男氏は彼の弟子にして、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした人物。丹下健三、木村俊彦は前川事務所の出身なのだ。東京文化会館などが彼の作品。
弘前市には、前川の母が津軽藩士の娘だったという縁で、前川作品が残っている。そのうちの一つが弘前市立病院だ。

弘前市立病院
ダイニング響
食事と津軽三味線演奏とを特等席で楽しんだ。最後の最後に良い思い出ができた。
郷土料理「かご膳」+豪華利き酒セット
「かご膳」は、季節によって内容が異なるのだろうが、HPの献立例によれば、小鉢は、烏賊のホヤ塩辛和え、県産長芋の和え物サラダ風、山菜寿司、冷製茶碗蒸しで、焼物は鮫の味噌醤油焼、煮物は鶏肉と野菜のスープ煮、造里は鯛と活帆立、皿物は豚の冷しゃぶ、陶板は県産帆立の陶板焼、吸物は蜆汁、ご飯は雑穀入りつがるロマン、デザートはりんごシャーベットという内容だった。非常にイケた『けの汁』などが含まれていないので、その日の献立は、一例とは違う内容だったらしい。いずれにしても、かなり豪華。豪華利き酒セットは、田酒(特別純米酒)、じょっぱり(純米吟醸)、八鶴(大吟醸)とのことだった。お代わりしたほうが良かったかなあ。
郷土料理「かご膳」+豪華利き酒セット_1
郷土料理「かご膳」+豪華利き酒セット_2
郷土料理「かご膳」+豪華利き酒セット_3
店内の飾り
店内の飾り_1
店内の飾り_2
津軽三味線の演奏
佐藤晶さんの演奏を楽しんだ。30分の持ち時間ということだったが、40分の大熱演だった。
津軽三味線の演奏_2
津軽三味線の演奏_3
津軽三味線の演奏_4
津軽三味線の演奏_5
津軽三味線の演奏_6
津軽三味線の演奏_7
津軽三味線の演奏_8

佐藤晶 津軽三味線演奏 津軽じょんから節 新節 【津軽三味線 ... - YouTube

以上で、『弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅』シリーズは終了です。最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR