散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(9)

弘前公園(2)

公園の地図
弘前公園の記事が続く間は、位置関係がわからなくならないよう、冒頭にこの地図を掲げる
公園の地図

現在の天守外観
いまは、仮位置において公開中。下に石垣がないため、威圧感が全くない。そのことは間違いがないが、工事終了後には美しい姿を取り戻すことだろう。その時を楽しみに今は我慢の時期かもしれない。
曳屋後の姿
現在の天守外観_2
現在の天守外観_3

曳屋
前回記したとおり、弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられ、天守真下から石垣の一部を修理することになった。工事は、内濠を埋立てたり、弘前城の曳屋が行われたりした。そして、大工事の真っ最中だ。
曳屋は東京でも行われた。赤プリ旧館をまるごと動かしたのが記憶に新しい。東京の方は、44mを移動させて終わりだったが、弘前の方は、70m移動させ、仮置きし、石垣工事終了の約5年後、再び旧位置に戻す長期の工事なのだ。

◆工事スケジュール
 平成28年10月~・・・石垣への番号付け
 平成29年春(さくらまつり終了後)~平成30年・・・石垣解体
 平成31年~・・・石垣積み直し
 平成33年・・・天守曳戻し

『城が70メートル移動する“曳屋”って何? 動く弘前城を目撃してきた』へjump
『じわりと毎秒1ミリ、赤プリ旧館をまるごと動かす』へjump


天守の内部
貴重な現存する天守であることは間違いがないが、当初幕府に気遣って櫓として届け出たとか。そのような言いつくろいが通るほどかなり小型の天守閣だ。
1階
かなりのスペースを割いて、曳屋を説明している。外国人には理解できる話なのかなあ。
天守の内部_1
天守の内部_2
天守の内部_3
天守の内部_4
天守の内部_5
天守の内部_6
2階
2階には展示物は少ししかなかった。まずは、2階に至る階段を覗く。
天守の内部_7
3階に至る階段を見上げる。
天守の内部_8
天守の内部_9
階下(1階)を見下ろす
天守の内部_10
杏葉牡丹紋の駕籠。藩主家の駕籠ということになるのだろう。
天守の内部_11
杏葉牡丹紋の家紋を染め抜いた旗と陣羽織
天守の内部_12
3階
3階に至る階段は、どこでも例外なく急こう配だ。へっぴり腰で上る。
天守の内部_13
鉄骨で、かなり強固に支えている感じだった。西の方角に岩木山が見えるはずだが、急ににわか雨が降りだしてきて、それどころではなかった。
天守の内部_14
狭間とそこから見た様子
天守の内部_15
天守の内部_16

本丸にて
天守閣の外から岩木山が見えないか目を凝らしたが、あいにく見えなかった
天守閣の外から岩木山が見えないか目を凝らしたが
天守閣の基礎部分。直前に天守の内部を見て回ったので、狭さは既に実感していたが、改めてその狭小さに驚いた。
本丸にて_2
桜祭りのポスター
本丸にて_3
本丸にて_4
本丸にて_5
本丸にて_6
本丸にて_7
本丸にて_8

 

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月31日(木)から9月1日(金)は、静岡県掛川市に出かけるために、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR