散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(7)

藤田記念庭園(2)
和館…国の登録有形文化財
木造平屋建てで、1937年(昭和12年)板柳町に藤田謙一氏の本宅として建てられた。それを、1961年(昭和36年)に現在の場所へ移築してきたそうだ。なかなか落ち着いた和の館だ。
外観
和館_外観_1
和館_外観_2
和館_外観_3
和館_外観_4
和館_外観_5
和館_外観_6
室内の様子
和館_室内の様子_1
和館_室内の様子_2
『掃雪開松逕』…雪を掃いて松の逕を開く
和館_室内の様子_3
杉戸絵
和館_室内の様子_4
広々とした廊下
和館_室内の様子_4
お金が掛けられていそうだ
和館_室内の様子_5
『壹是皆以自治為本』…後藤新平が弘前公会堂のオープン記念に書いたもの。『壱是(いっし)にみな、自ら治るをもって本となす』という風に読むと解説されていた方があった。『大学経一章』を少しひねった文言かな。
和館_室内の様子_6
自天子以至於庶人、壹是皆以脩身爲本。
天子よりもって庶人に至るまで、壱是にみな身を修むるをもって本となす。
壱是 … 一切

冷たい抹茶を頂いた。お盆が津軽塗なんだ。
和館_室内の様子_7

考古館…国の登録有形文化財
改修中のため休館。外観のみの撮影。
考古館_1
考古館_2
低地部
かなり広く美しい和風庭園だ。だが、またあの階段を上らなくてはいけないと思うと、ちょっと気が重くなった。
池泉回遊式の日本庭園
低地部_1
低地部_2
低地部_3
滝が作られている
落差といい、雰囲気といい、見事なものだ。相当気合を込めて作ったのだろう。
低地部_4
低地部_5
低地部_6
低地部_7
茶室
お茶会を催しでいたようだった。民度の低い爺さんのようなはしたない真似はできない。
茶室_1
茶室_2
茶室_3
水琴窟
いくら水をかけても、草刈り機の音がうるさくて、水琴窟の妙なる音を聞くことができなかった。残念。
水琴窟_1
水琴窟_2

 

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

11月21日(火)は、旧徳川家松戸戸定邸を見に出かけています。私からのアクセスは相当に遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR