散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

明月院と東慶寺とに行ってきた(3)

明月院(3)
本堂後庭園(2)
姫アジサイの挿し木
途切れさせないための努力をきちんとしているようだ。そこのところは評価すべきところだと思う。
姫アジサイの挿し木_1
姫アジサイの挿し木_2
姫アジサイの挿し木_3
姫アジサイの挿し木_4
姫アジサイの挿し木_5
炭焼き窯のあと
昭和の初期に使用していたものだそうだ。日当たりがあまりよくない北鎌倉では、昔はそれなりに必要なものだったのだろう。やけに堂々としていて、最初は古墳かと思ったほどだ。
炭焼き窯のあと_1
炭焼き窯のあと_2
炭焼き窯のあと_3

裏庭から、境内に戻り、開山堂などへ向かう

開山堂
一目見た瞬間にびっくり仰天。茅葺きの屋根から、未明まで降っていた雨。その水分が、強烈な日差しで、蒸発しているのだ。光線の加減で、実際以上に激しく蒸発しているように見えた。
山内上杉家の祖、関東管領・上杉憲方が密室守厳を開山として、明月院を開創した。その開山の密室守厳像が祀られている。それは理解しているのだが、こんな混雑しているときに、ここも行列するほどの価値があるのだろうか。…そう思ったのだが、どうも御朱印帳に記帳を求める人の列だったようだ。
開山堂_1
開山堂_2
開山堂_3
開山堂_4
開山堂_5
開山堂_6
明月院やぐら
この辺りは鎌倉市の山ノ内という地区。そこを根城にする豪族に山ノ内上杉氏がいた。そのうちの憲方公がこの寺院の実質的な開基といわれる。そして、このやぐらに、上杉憲方の墓と言われる宝篋印塔が祀られてある。鎌倉の中でも最大級のやぐらだ。
立札に書かれてある通り、子孫の憲政の時、後北条の北条氏康との戦いに敗れ、越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼り、上杉の家名をかつての部下の家柄である彼に譲ったのか。仕方がなかったのだろう。
明月院やぐら_1
明月院やぐら_2
はっきり撮れなかったので、参考までにPDF画像を2点借用する
明月院やぐら_3
明月院やぐら_4
小さなやぐらも
小さなやぐらも
しめ縄を掛けられた磐座
どこも昔は神仏混交だったんだなあ
しめ縄を掛けられた磐座

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR