散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

明月院と東慶寺とに行ってきた(1)

『ミステリーツアーに参加してみた』シリーズが中途だが、季節の話題を先に取り上げたいと思う。明月院は紫陽花寺といわれるほどで、旬の時期を迎えているので、いつもよりかなり多くの人出があった。東慶寺の方は、安定した人気のお寺だ。今回は、イワタバコを見たいと思って、行き先に加えた。

明月院(1)
北鎌倉の駅に降り立ったのは、昨14日(水)の10時ちょっと前。夜明けには雨がまだ降っていたし、平日の朝一番でもあるので、それほど混んではいないのではという予想でいた。が、私の勘はここのところ狂いっぱなし。ものすごい人出だし、すでに見終わって、次に向かう人も相当いた。調べずに行ったこちらも迂闊だったが、明月院は9時からの受け入れだった。
円覚寺に立ち寄る人もいるにはいたが
殆どの人は、円覚寺も建長寺もこの日のメインではなく、まずは、明月院ということだったようだ。なお、最初に写っていた女性は私とは無関係。のろのろ歩いている人を、速足でどんどん追い抜いて行ったのだが、この人も早くて、…。
円覚寺に立ち寄る人もいるにはいたが_1
円覚寺に立ち寄る人もいるにはいたが_2
円覚寺に立ち寄る人もいるにはいたが_3
円覚寺に立ち寄る人もいるにはいたが_4
拝観券の窓口で、まず待たされた
『こんなのを撮っても仕方がないのでは』と思ったが、いっぱい撮っている人がいた。それも、スマホで。あれは、時間がかかり、後の人の大迷惑だなあ。
拝観券の窓口で、まず待たされた
入っても、こんな感じ
この程度のアジサイしかないのかと、このときは正直落胆した。してみれば、入場料の500円は高いかなあ。その先でも、花菖蒲の見ごろを迎えて特別公開中の裏庭に入るには、さらに500円取られるし。…まあ、ちょっと認識不足だったようだ。こちらは、ヒメアジサイで統一されているんだ。明月院ブルーといわれているのか。
入っても、こんな感じ
諦めて、少し撮り始めた
雨上がりだから、花の勢いは非常に良かった。その点だけは、ありがたかった。明月院の紫陽花は、他の名所と違ってそのほとんどがヒメアジサイという日本古来の品種で統一されているのが特徴だそうだ。西洋アジサイに比べるとやや小ぶりの可愛い紫陽花か。
諦めて、少し撮り始めた_2
諦めて、少し撮り始めた_3
諦めて、少し撮り始めた_4
漸く山門に
山号を福源山という。いい名前だなあ。よく見ると、山門には何か飾ってある。
漸く山門に_1
こういうのは最近の流行りかな
漸く山門に_2
沙羅双樹の木
この説明に、平家物語まで登場させたのにはびっくり。今頃花が咲くと書いてあったが、残念ながら、花は咲いていなかった。
沙羅双樹の木_1
沙羅双樹の木_2
お約束の丸窓
写真に収めるには、イライラしながらも待つしかない。スマホのご婦人たちは撮影時間が長いなあ。
お約束の丸窓_1
お約束の丸窓_2
お約束の丸窓_3
お約束の丸窓_4
お約束の丸窓_5
お約束の丸窓_6
こうやって、構図を決めるから時間がかかるのは当たり前か。カメラは持参していないようだ。
お約束の丸窓_7
こんな風だ
お約束の丸窓_8

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR