散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

みさきまぐろきっぷを試してみた(7)

チャッキラコ/三崎昭和館(1)
私の大好きな三崎昭和館。昔にタイムスリップしたかのようだ。蔵造りの商家を展示披露しているだけなので、あっという間に見終わってしまう規模なのだが、私にはあまりにも懐かしい昔の様子が、再現されている。入場は無料で写真撮影可。
店口
まだ準備中だったが、気持ち良く入れてもらうことができた
店口_1
かつての店口は、ちょっとしたお土産品の販売と係員詰め所になっている
店口_2
いきなり奥に通された
この小間は、居間とお勝手と店蔵と奥の間とにすぐ飛んでいくことができる便利の間。この小間と奥の間とで、『花嫁衣裳の今昔』というテーマでの展示がなされているようだ。ついでに言えば、わが夫婦もこのような衣装で、カトリック教会で挙式を行った。
いきなり奥に通された_2
いきなり奥に通された_3
店口にすぐ出ることができる居間(1)
懐かしい初期のアナログのTV。もちろん白黒のころのものだろう。ちゃぶ台があり、たばこ盆もあった。
店口にすぐ出ることができる居間(1)_1
店口にすぐ出ることができる居間(1)_2
店口にすぐ出ることができる居間(1)_3
店口にすぐ出ることができる居間(1)_4
お勝手
立派な竈があった。我が家の飯炊き役だった私には懐かしい羽釜が残っていた。隣が製材所で木っ端の切れ端がいくらでももらえたので、いつまでも竈が現役選手だった。
お勝手_1
お勝手_2
食器棚
なぜか、ここでは武田修宏さんも立派な現役選手だった
食器棚
なぜここにと訝ったもの
魚鼓とか魚板とか言われるもの。確か、黄檗宗などの寺院で見かけるが。何故ここにおいてあるのだろうか。至近距離で見て、ちょっと興奮してしまった。
なぜここにと訝ったもの_1
なぜここにと訝ったもの_2
お勝手の裏の収納スペース
火気のそばに衣装を格納して大丈夫かと思わないでもないが、余分なスペースなどなかったのだろう
お勝手の裏の収納スペース
棚に入りきらない食器類
この家に伝わる食器か他の家からの寄贈品か定かではないが、見事なものがそろっていた
棚に入りきらない食器類
こんなスペースも
お茶ツボなどがあった
こんなスペースも
店口にすぐ出ることができる居間(2)
炭火アイロンかな。随分古いものだなあ。自分の着物は自分で洗い張りしていた祖母は、和裁などでは鏝を火鉢にかざして使ったりしたが。
店口にすぐ出ることができる居間(2)_1
ミシンは蛇の目だった。古いとほぼシンガー社のミシンの展示が圧倒的に多いと思うが、昭和時代の展示だと国産ミシンも健闘していたのだろう。
店口にすぐ出ることができる居間(2)_2
ラジオも蓄音機も時代物だ。よく聞こえないのにラジオにしがみついて聞いていた記憶が。
店口にすぐ出ることができる居間(2)_3
店口との仕切りにはすごい防火扉が
店口との仕切りにはすごい防火扉が

蔵造りの商家をそのままに、チャッキラコの資料や三崎の昭和の暮らしが展示されている「三崎昭和館」。昔懐かしい昭和の本・玩具・レコードジャケットや映画ポスター、三崎出身の作曲家・小村三千三のコーナーには貴重な直筆の楽譜もあります。

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR