散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

飛鳥IIを見に行く(7)

離岸(2)
次の画を見比べてほしい。最初の画とそれ以降の画とでは、明らかに水面の様子が違っている。これは、サイドスラスター(英: side thruster)と呼ばれる装置によって水流を岸壁に当て、これで、岸壁から離れるようにしているのだ。
安全のため、岸壁から離れる
安全のため、岸壁から離れる_1
安全のため、岸壁から離れる_2
安全のため、岸壁から離れる_3
安全のため、岸壁から離れる_4
安全のため、岸壁から離れる_5
サイドスラスターは船首側に2つ設置されているようだ。船尾側には設置されていないが、舵の操作で岸壁と平行に移動できているのだろうか?よくわからないだろうが、船長らしき人が船首に立とうとしている。
安全のため、岸壁から離れる_6
安全のため、岸壁から離れる_7
安全のため、岸壁から離れる_8
安全のため、岸壁から離れる_9
安全のため、岸壁から離れる_10
まだまだ岸壁から離れるんだ。慎重なものだ。
安全のため、岸壁から離れる_11
安全のため、岸壁から離れる_12
安全のため、岸壁から離れる_13
安全のため、岸壁から離れる_14
サイドスラスターはこんなもの(以下2点は、PDF画像借用)
すごい装置だなあ
サイドスラスターはこんなもの_1
サイドスラスターはこんなもの_2
サイドスラスター(英: side thruster)は基本的に船舶に横方向の運動能力を与えるためのものである。フェリー、クルーズ客船、軍艦などに広く採用されている。サイドスラスターは港内での接岸時に時間と手間、コストを削減できるだけでなく、上部構造物の大きな船では強風時の操船が困難であるため、安全のためにも備えている船は多い。クルーズ客船ではサイドスラスターを多数備えることで、他船のように岸壁を目前にして何分も掛けてゆっくりと近づき、乗客をイライラさせることがないようにしている船もある。
いざ、出港だ
方向を転換して、ベイブリッジをくぐり、東京湾から太平洋に出、神戸港を目指すんだ。残り23時間の船旅だなあ。
さあ、前へ進むぞ
船長と思しき人物が、船首に立っている。
さあ、前へ進むぞ_1
さあ、前へ進むぞ_2
さあ、前へ進むぞ_3
さあ、前へ進むぞ_4
方向を転換
方向を転換_1
方向を転換_2
方向を転換_3

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR