散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋田&青森への1泊の旅(7)

角館(6)
石黒家(2)
青柳家は明治時代になってから地主として財を成したが、こちら石黒家も同様。石黒家は藩の勘定役や財用役などの財政を担当した家柄であり、財テクのノウハウがあったのだろう。皆、逞しく、時代の変遷を乗り切ったのだろう。
通路に置かれてあった箱ソリ
雪の多いこの地ではこういうものが運搬具として最適だったのだろう
通路に置かれてあった箱ソリ
大きな展示スペースになっていた
何故か動画撮影禁止。何故なんだろうか?
大きな展示スペースになっていた_1
この模様は青柳家から見えていた蔵の模様だ
凄いガッシリした蔵。重要品が収蔵されてあるのだろう。この内鍵は我が家の蔵にもあった。懐かしいなあ。
大きな展示スペースになっていた_2
外から見るとこんなふう。実に立派だ。明治になっても没落しなかったんだ。
大きな展示スペースになっていた_3
野菜貯蔵庫
ただこんなものだが、十分保管庫の役目を果たしたのだろう
大きな展示スペースになっていた_4
その背後には、箱ソリ、炭入れと火鉢、わら製品が並んで飾ってあった
大きな展示スペースになっていた_5
こちらは白壁の倉庫
おいでおいでしているので、中に入ってみる
こちらは白壁の倉庫_1
紛うかたなき石黒家のものだろう
こちらは白壁の倉庫_2
こちらは白壁の倉庫_3
こちらは白壁の倉庫_4
石黒家蔵書目録(江戸末期)と医学書本草学書の一部
薬研
石黒家蔵書目録(江戸末期)と医学書本草学書の一部_1
全体の様子
石黒家蔵書目録(江戸末期)と医学書本草学書の一部_2
解体新書の復刻版ほか
石黒家蔵書目録(江戸末期)と医学書本草学書の一部_3
石黒家蔵書目録(江戸末期)と医学書本草学書の一部_4
石黒家は代々勘定役や財用役などの財政を担当した。また、学問にも秀でた家柄で儒学・漢学のほかに医学や和算・暦学などを修めたものもいた。特に医学はいざという時の備えとして熱心に取り組んだ。解体新書をはじめ各種の医学書や本草学書などを揃えた。病状の診断・治療や薬の調合なども行っていた。角館地方ではじめて種痘を行った医師の高橋痘庵も石黒家の出身である。

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR