散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋田&青森への1泊の旅(5)

角館(4)
角館歴史村・青柳家(4)
池泉回遊式庭園
雪に隠されてしまい、その良さがよくわからなかった。雪がない季節に来ることがあったら、ぜひ確認しよう。
池泉回遊式庭園_1
池泉回遊式庭園_2
池泉回遊式庭園_3
池泉回遊式庭園_4
武家道具館
展示対象は武家の各種生活道具ほかであって、武具を展示してあるわけではない。それは、冒頭の武器蔵の方に集約されていた。青柳家が収蔵した道具が中心のようだ。この展示内容を見る限り、代々の当主たちは中々の洒落者揃いだったのかもしれない。参勤交代で江戸に上るのを楽しみにしていたのだろう。
武家道具館_1
武家道具館_2
武家道具館_3
武家道具館_4
武家道具館_5
武家道具館_6
武家道具館_7
武家道具館_8
武家道具館_9
武家道具館_10
武家道具館_11
武家道具館_12
武家道具館_13
武家道具館_14
こんなものまで展示してあった
こんなものまで展示してあった
山車
この山車も現役選手なのだろうか?表示を読んだら、現役を引退した山車だった。山車には歌舞伎の演目である『蜘蛛の拍子舞』が飾ってあった。
山車
毎年9月7~9日に行われる角館の祭典の山車も展示しております。お祭り開催中はお囃子と踊り子を乗せた18台の山車が町内を引き回され、進行の優先権をめぐり交渉が行われ、決裂すると実力で通ることになるため「やまぶっつけ」の場面になります。この時は祭りのクライマックスにふさわしく曳き手もお囃子も最高潮に達します。
青柳神社まであった
青柳神社まであった_1
青柳神社まであった_2
青柳神社まであった_3

これは文庫蔵かな?
これは文庫蔵かな?
母屋のメイン部分は何やら補修中
母屋のメイン部分は何やら補修中
最後の最後に見応えのある部分が少しだけ見えた
明治の世になって、地主として活躍できたようだ。生活ぶりが向上した稀有な例だったのかもしれない。
最後の最後に見応えのある部分が少しだけ見えた_1
最後の最後に見応えのある部分が少しだけ見えた_2
最後の最後に見応えのある部分が少しだけ見えた_3
最後の最後に見応えのある部分が少しだけ見えた_4

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR