散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋田&青森への1泊の旅(4)

角館(3)
角館歴史村・青柳家(3)
解体新書記念館
受付の人が何やら謝っていたが、気が急いていた所為か、あまり良く聞き取れなかったし、確認もしなかった。どうやら冬季休業の施設がいくつかあるということだったようだ。其の内に解体新書記念館に入館できないということもあったらしい。展示施設の一部を見ることができないのであれば、その対価を割り引くべきであろう。こちらは、時間に追われていたので、端から見る時間を割けなかったかもしれないが。
解体新書の挿絵を描いたのは、秋田蘭画の小田野直武だった。この関連の展示がなされているはずなのだが、閉まっていて見ることができなかった。青柳家と小田野直武は姻戚関係にあり、何度も互いの家の間で養子縁組みや婚姻関係を結んでいたそうだ。青柳家と関係の深い小田野直武と『解体新書』に於ける彼の業績を顕示するには最適の施設なのだろう。
解体新書記念館
小田野直武の胸像
彼の作品(PDF画像を借用)
江戸時代にあっても蘭画を描くことができる洋才を身に着けていたんだ。それも角館にいながら。う~~ん。
小田野直武の作品(PDF画像を借用)_1
小田野直武の作品(PDF画像を借用)_2
小田野直武の作品(PDF画像を借用)_3

隣接する石黒家の蔵かなあ?
隣接する石黒家の蔵かなあ?_1
隣接する石黒家の蔵かなあ?_2

秋田郷土館
雪国ならではの頑丈な造りの旧家を移築したようだ。青柳家とは無関係の展示用施設。興味があってじっくり見入ってしまった。これがために、他を見る時間がなくなってしまった。
秋田郷土館_1
秋田郷土館_2
山葡萄と胡桃の皮細工は端から素晴らしいものと認めていたが、値段も素晴らしい。こういうものがお好きだろうフランス人なら奮発するところかもしれない。財布が軽い私めは、敢えて見ないことに決めた。イタヤ細工も右に倣った。肝っ玉が小さいなあ。(^_^;)
秋田郷土館_3
秋田郷土館_4
この衣装は豪華だけど、派手だなあ。買い求めたとしても着用するのはちょっと気恥ずかしいかも。
秋田郷土館_5
秋田郷土館_6
こちらは綿入りの袢天だろうか?青柳家に伝わる来客用のもの。超高級品と見た。
秋田郷土館_7
こんな美人画も飾ってあった
秋田郷土館_8
商蔵の展示即売コーナーかな
秋田郷土館_9
秋田郷土館_10
秋田郷土館_11
秋田郷土館_12
秋田郷土館_13
秋田郷土館_14
秋田郷土館_15
秋田郷土館_16
こちらは、雰囲気がガラリと変わったコーナー。明治以降のコレクションだ。
秋田郷土館_17
秋田郷土館_18

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR