散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

皇居周辺をぶらぶら(5)

このあと東御苑に向かう

早くもロウバイが咲いていた
早くもロウバイが咲いていた_1
早くもロウバイが咲いていた_2

(旧)皇居正門石橋飾電燈
長年使われてきた6基の飾電燈は、昭和61年9月、鋳型を取って新しく鋳造されたものと交換された。取り外されたもののうち1基が二の丸庭園入り口にあった。
(旧)皇居正門石橋飾電燈

花菖蒲はまだまだだった
花菖蒲はまだまだだった_1
花菖蒲はまだまだだった_2
花菖蒲はまだまだだった_3

諏訪の茶屋
諏訪の茶屋は、江戸時代には吹上地区(現在の御所などのある一帯)にあった。説明によれば、この建物は、明治45年に再建されたもので、明治期の茶室風の建物として優雅な外観を持っているため、皇居東御苑の整備に当りここに移された、と書かれてある。
よくわからないのは、明治末に再建されたとき、明治の建物として建てられたのかということ。普通再建するにあたっては、昔の様式を踏襲するのではないかと思うが、徳川否定で凝り固まっていたのだろうか?

諏訪の茶屋_1
諏訪の茶屋_2
諏訪の茶屋_3

潮見坂を上って、二の丸から本丸に進む

潮見坂
平凡な坂のように見えるかもしれないがかなり急勾配の坂だ。皇居前広場近くまで日比谷入江が入り込み、この坂から海が見えたのか。信じられないことだが、その昔はそうだったのだろう。
潮見坂_1
潮見坂_2
本丸と二の丸をつなぐ坂道です。昔はこの坂から今の新橋から皇居前広場近くまで日比谷入江が入り込み、海が見えたのが名称の由来です。坂を下りると,三代将軍徳川家光の命により小堀遠州が造ったとされる庭園を復元した二の丸庭園があります。坂の上には、汐見坂門が設けられていました。

本丸に出た

桃華楽堂
香淳皇后さまと言われてどなたのことだかわかる方は、相当皇室に感心のある方なのだろう。私は、どなたなのかピンとこなかったが、常識的に考えれば、昭和天皇の皇后さまであることはわかる。その香淳皇后さまの還暦記念として建設された音楽堂なのか。
この本丸のエリアにわざわざ建てなくても良かったのではないかとおもう。ここは、あくまで徳川の名残で統一したほうが良かったと思う。今後、この種の建物が追加で建てられると本丸エリアが本丸エリアでなくなってしまう。

桃華楽堂
桃華楽堂は、昭和41年2月に完成し収容人員は200名の音楽堂で、音楽好きの香淳皇后さまの還暦記念として建設されました。
鉄仙の花弁を形どつた屋根と八面体の珍らしい建物で、ホール外壁のモザイク・タイルの図柄は、各面とも大きく羽ばたく鳥を抽象的に描いたものに、日月星・衣食住・風水火・春夏秋冬・鶴亀・雪月花・楽の音・松竹梅と八面の正面から左へ順に陶片であしらっています。


本丸御殿跡
本丸御殿は面積が約一万一千坪もあったのか。
本丸御殿跡_1
本丸御殿跡_2
本丸地区は、江戸城の中心をなし、周囲に石垣と濠をめぐらした高台で、約13万平方メートル(約4万坪)と最も広い場所です。
江戸城は、天正18年(1590年)の徳川家康入城以来、秀忠、家光の三代にわたって完成されたのですが、その当時の本丸の建物は表・中奥・大奥からなる壮大豪華な殿舎(面積約一万一千坪)が所せましとたちならんでいました。天守閣のほか、櫓が十棟、多聞十五棟、諸門二十数棟がありました。
現在は、本丸跡地として、大きな芝生の広場になっています。芝生のず~っと向こうに見える石垣が天守閣跡になります。


天守台
天守台_1
天守台_2
再建計画図面(PDF画像借用)
手書きの絵図と比較すると、最上層の屋根の向きが90度ずれている。意図して変える計画としたのだろうか?
再建計画図面(PDF画像借用)
再建計画図面_2(PDF画像借用)
『江戸図屏風』に描かれた元和度もしくは寛永度天守(PDF画像借用)
『江戸図屏風』に描かれた元和度もしくは寛永度天守(PDF画像借用)
富士見多聞
つい先日から内部を公開するようになった。
富士見多聞_1
富士見多聞_2
内部はこんなふう。至ってシンプル。
富士見多聞_3
富士見多聞_4
EF-Mマウントの小さなレンズでもすっぱり入れることはできなかった。当然のことだろう。宮殿が丸見えになるのかと思って期待したが、そんなに景観はよくなかった。
富士見多聞_5
富士見多聞_6
富士見多聞_7
富士見多聞_8
富士見多聞_9
一方通行で公開していた。こちらは出口側。
富士見多聞_10
富士見多聞_11
本丸御殿側を見るとこんな感じ。世が世ならば将軍の姿を見かけることがあったかもしれない場所だったんだ。
富士見多聞_12
「多聞」とは、防御をかねて石垣の上に設けられた長屋造りの倉庫のことで、多聞長屋とも呼ばれていました。
鉄砲や弓矢が納められ、戦時のときには格子窓を開けて狙い撃つことが出来ました。本丸の周囲は、櫓と多聞で囲まれて万が一に備えられていました。

 

皇居周辺をぶらぶら(4)

大手三の門
ここが下乗門だった。ここからは如何に殿様といえども歩いて先に向かわねばならなかった。要は武装などを一切解いて先に進んだのだろう。本丸に至るのは、結構勾配の急な坂がある。それも決して楽なことではなかったことだろう。今はこの枡形の内部に同心番所があるが、その昔は違っていた。下記の事情からだ。
かなり大きめの枡形だ
大手三の門
同心番所
現在は大手三の門の枡形内にあるが、本丸下乗門図で確認すると、かつては三の丸側にあった。今で言えば、重要施設の出入り口で持ち物確認をするガードマン的な位置づけだったように思われる。三の丸側になければならないのは当然だった。
同心番所_1
同心番所_2
同心番所_3
本丸下乗門図を見る
振り返ってみるとこんな感じ
振り返ってみるとこんな感じ
下乗門ともいい、かつては門の前に堀があって三の丸と二の丸を分けていました。古写真の右端の建物は同心番所で、現在は門内に移設されています。江戸時代は、御三家以外の大名はここで駕籠を降りなければならなかったため、「下乗」の高札が立てられていました。家臣たちはここで待っている間、他家の家臣と情報交換をしていたため、「下馬評」という言葉が生まれたといわれます。

百人番所
江戸城に忍び込むのを困難にしていた4組の組織。交代勤務の走りだったようだ。下記4組の内、3組は忍びの組織の名前で実態が想像できようが、廿五騎組は想像がつかないかもしれない。後藤又兵衛(後藤基次)や母里太兵衛(母里友信)など、黒田官兵衛が家臣の中から選んだ精鋭軍団のこと。一般には「黒田二十四騎」と呼ばれることが多いが、嫡男の長政を含めて「二十五騎」とも呼ばれたとのことだ。
百人番所_1
百人番所_2
百人番所_3
百人番所_4
百人番所_5
百人番所_6
大手門から大手三の門を抜けたところの左手にあるのが、長さ50メートルを超える百人番所です。大手三の門を守衛した江戸城本丸御殿最大の検問所でした。鉄砲百人組と呼ばれた根来組、伊賀組、甲賀組、廿五騎組の4組が交代で詰めていました。各組とも与力20人、同心100人が配置され、昼夜を問わず警護に当たりました。
同心が常時100人詰めていたところから百人番所と呼ばれるようになったといわれています。


大番所
江戸城にはいくつの門があり、番所があっただろうか。門があり、当然そこから本丸に至る道があるところ、必ず番所が設けられていたものと思われる。復元された同心番所、百人番所とこの大番所の三つが残るのみであるが、他のルートもそれなりの番所があったはずだ。
而、この大番所は最高格の番所だった。最後の砦としてのお役目はどんなものだったのだろうか?

大番所_1
大番所_2
大番所_3
「番所」とは、警備の詰所のことです。現在、百人番所、同心番所とこの大番所の三つが残っています。大番所は大手中之門の内側に設けられ、他の番所よりも位の高い与力・同心によって警備されていたといわれています。江戸城本丸へは最後の番所であり、警備上の役割はきわめて重要であったと考えられています。
大番所は再建されたものですが、背後の15段の射撃用の石段も古く風格のある立派な建物です。

 

皇居周辺をぶらぶら(3) 2017.01.29 22:03一部記載修正

皇居現存の櫓
江戸城には櫓が46棟(三重櫓6棟、二重櫓10棟、平櫓4棟、多門櫓26棟)あったが、現存するものは伏見櫓、富士見櫓、桜田巽櫓の三基の櫓だけ。今回はそのうちの二基の櫓を写真に撮った。

巽櫓(桜田二重櫓)
巽櫓は本丸から見て東南(辰巳)の濠の角にあることから名づけられた。この巽櫓も伏見櫓や富士見櫓と同様に、関東大震災で損壊したのちに解体して復元したもの。隅角に造られた現存する唯一の「隅櫓」。通りからもよく見える。濠は、桔梗濠。
巽櫓(桜田二重櫓)_1
石落としの備えは何故角の一方だけにしたのだろうか。もう片方は必要なかったのだろうか?
巽櫓(桜田二重櫓)_2
左奥に内桜田門が見える
巽櫓(桜田二重櫓)_3
富士見櫓
江戸城旧本丸の東南隅に位置する「富士見櫓」で、将軍もここから、品川の海や富士山を見たといわれている。現存の三重櫓は、万治2年(1659年)の再建で、江戸城本丸の遺構として富士見多聞とともに貴重な存在。明暦の大火(1657年)で、天守閣焼失後は、城下の復興が最優先で、その後再建はされなかった。その代役を果たしたのが、この富士見櫓と言われる。実際には徳川の天下が揺るがない状況にあったため、不要不急の天守閣の再建が見送られたのだろう。
富士見櫓_1
富士見櫓_2

大手門から入って東御苑・本丸跡などを見る

皇居の地図
皇居の地図_1
皇居の地図_2
大手門
高麗門と渡櫓型の櫓門とで構成された典型的な枡形門の形式で。櫓門は桁行22間(40m)、梁間4間2尺(7.9m)という大きさを誇る。
大手門_1
大手門_2
高麗門
ここで敵軍を防御するという考えはなかったと思われる。攻める方も守る方も真正面からの攻防は想定しないことなのだろう。万が一のときは、渡櫓門に後事を託す感じだったのだろう。
高麗門_1
高麗門_2
高麗門_3
渡櫓門
こちらは本格的な戦いになったときに耐えられる堅固な造りになっている。敵性勢力が下見をした段階で諦めさせる効果を狙っていたのかもしれない。
渡櫓門_1
渡櫓門_2
渡櫓門_3
渡櫓門_4
渡櫓門_5
渡櫓門_6
渡櫓門_7
渡櫓門_8
江戸城の正門。築城の名人として知られる藤堂高虎が基本設計し、慶長十一年(1606)から建設が始まった。江戸城大手門を枡形門としたのは、伊達政宗らである。
枡形門は、2つの門からなり、第一の門を「高麗門」、第二の門を「渡櫓門」という。諸大名はこの大手門から登城したため、警備も厳重で鉄砲30丁、弓10張、持弓2組、持筒2丁、長柄槍20筋が常備されていたという。高麗門は、石垣と鉄砲狭間に囲まれている。
かつて門前には大手門橋がかけられていたが、大正年間に埋め立てられた。


皇居三の丸施設の内の済寧館
大手門に入城して枡形内から渡櫓門を出て左に進むと右手に三の丸尚蔵館の白い屋根が見える。その左前方に青い屋根の済寧館、皇宮警察本部、旧枢密院の建物が見える。済寧館は皇宮警察の柔剣道場になっているようだ。
済寧館
済寧館は、明治天皇の命により明治16年(1883)山岡鉄舟ら10余名の剣術・槍術の指導者によって開かれた道場である。剣槍術大会や天覧武道大会には皇族・華族・政府高官が臨席し幾多の名試合が行われている。昭和8年(1933)皇宮警察の武道振興のため、三の丸の現在地に建坪300坪の切妻千鳥破風造りに玉座を設けた道場が建てられた。平成21年(2009)天皇陛下御即位二十周年記念武道大会が開催され、今上天皇、美智子皇后が臨席された。

 

皇居周辺をぶらぶら(2)

鳥さんたち

ミコアイサがいるかと期待して、皇居まで行ってみたが、大外れ。珍しい鳥さんはいなかった。加えて、単焦点での撮影なので、大きさを調整できず、見難いサイズになってしまい申し訳ない。

カイツブリ
小さな素潜りの名人(鳥)だ。目つきが少し怖いけど、それでも、いつ見てもかわいいなあ。
カイツブリ_1
カイツブリ_2
カイツブリ_3
カイツブリ_4
カイツブリ_5
カイツブリ_6
カイツブリ_7
カイツブリ_8
カイツブリ_9
カイツブリ_10

コブハクチョウ
たしかに嘴の付け根にコブ状の黒い裸出部がある。
コブハクチョウ_1
コブハクチョウ_2
コブハクチョウ_3
コブハクチョウ_4
1953年(昭和28年)に放鳥されてから半世紀以上が経ち、皇居外苑の風物詩となっている白鳥(コブハクチョウ)は、現在オス、メス合わせ9羽います。

ハクセキレイ
水面が凍っているところを歩いていた。水遁の術を使っているわけではない。
ハクセキレイ_1
ハクセキレイ_2

ヒドリガモ
あの独特のカラーリングは遠くからでもよく分かる
ヒドリガモ_1
ヒドリガモ_2
ヒドリガモ_3

ツグミ
各種の竹を撮っていたら、ガサゴソ音がした。蛇は冬眠中だと思ったが、身構えたら、ツグミがいた。
ツグミ_1
ツグミ_2
ツグミ_3
ツグミ_4
ツグミ_5

その他、ハシビロガモ、マガモ、キンクロハジロ、ムクドリ、メジロ、ユリカモメなどが居た。お濠は別として、皇居内はきれいにしてあって、その分だけ、野鳥さんはこのエリアに近寄りにくい感じに見えた。

 

皇居周辺をぶらぶら(1)

信任状捧呈式に臨む新任の外国大使の儀装馬車による送迎

馬場先門あたりにミコアイサが居るかもしれないというかなり確度の低い情報に基づいてお濠を眺めていたら、お馬さんたちの駈ける音が聞こえてきた。何事かと振り返ると、…。そういえば、明治安田生命館のあたりに警察官がたくさんいたんだった。どこの国の新任大使閣下だろうか。USAの駐日大使着任はまだだろうな。
あいにく単焦点で400mm✕1.4✕1.6=896mm相当のレンズを装着していたんだ。何たるタイミングの悪さ。少し離れてしまってから少しだけ撮ることができた。


新任駐日大使を乗せている本番時
新任駐日大使を乗せている本番時_1
左側に制帽をかぶって乗っていた2人は、おそらく警備役なんだろう。余り強そうな感じには見えないけれど、…。
新任駐日大使を乗せている本番時_2
新任駐日大使を乗せている本番時_3
新任駐日大使を乗せている本番時_4
新任駐日大使を乗せている本番時_5
一旦諦めたが、思い直してまた追いかけた。確かに馬車自体が美術工芸品だ。
新任駐日大使を乗せている本番時_6
新任駐日大使を乗せている本番時_7
新任駐日大使を乗せている本番時_8
回送時
何事もなく役目を終えた安堵感が表情に現れていた。復路もあるんだから、気を緩めっぱなしでは駄目だよ。
回送時_1
回送時_2
回送時_3
回送時_4
回送時_5
回送時_6
回送時_7
回送時_8
回送時_9
下っ端は辛いよね。誰もが通る道だけど。
回送時_10

往路 : 明治生命館→馬場先門交差点(右折)→皇居外苑→皇居正門→宮殿南車寄
復路 : 宮殿南車寄→皇居正門→皇居外苑→和田倉門交差点(右折)→明治生命館


儀装馬車について
信任状捧呈式の際,儀装馬車によって新任の外国大使を明治生命館から宮殿南車寄まで送迎しています。
新任大使の送迎に馬車を使用している国は、世界的に見ても英国やスペインなど数か国ですが、わが国の場合、自動車より馬車を希望する大使が多く、国際親善の実を挙げています。
大使の送迎に使用する儀装馬車は、二頭曳き座馭式(ざぎょしき)と呼ばれ、そのほとんどが明治の終わりから昭和の初めに製造されたもので、美術品的価値も有しています。


信任状捧呈式について
新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式です。
外務大臣または他の国務大臣が侍立することとされています。


 

兵庫~滋賀~京都(24)

妙心寺(5)
山内にある塔頭から(2)
もう薄暗くなり足腰もかなり疲れてきて、しっかり見ようとする気力が失せてきた。後々のために、一応写真を撮った感じ。
光圀院
水戸光圀との縁があるのかと思ったら、美濃加納城主松平忠隆との縁だったようだ。ここで登場する亀姫とは、家康の長女で法名が盛徳院。
光圀院
開祖は梁南禅棟。元和6年(1620)、美濃加納城主松平忠隆が、父忠政の菩提をとむらうため、名古屋・総見寺の梁南を請じて創建したもの。当初は慧照院の北、もとの麟祥院の西に位置し、勅使の休憩所として使用された名院であった。明治11年(1878)に、松平忠明が忠隆の菩提所として寛永期(1624~44)に創建した実相院を併合、さらに明治の末、忠隆の祖母亀姫の菩提所であった盛徳院の地に移建されて今日にいたる。現在の建物は、大光院庫裏を修復したものとされている。
雲祥院
海山元珠は徳川家康による祥雲寺・豊国社の破却指示への抵抗を表すため、祥雲寺の祥雲を逆にして雲祥としたと言われているそうだ。なお、祥雲寺は秀吉の子・棄丸の菩提寺。
雲祥院
上杉景勝の臣千坂宗策が創建した亀仙庵を前身とする。寺伝では慶長3年(1598)に細川氏家臣長岡是庸が妙心寺百五世海山元珠を開祖に請じて建立したとする。明治11年(1878)に瓊林院に合併され、雲祥院の院号が残された。瓊林院は元和3年(1617)、熊谷半次が鼇山和尚を開祖に請じて創建、当初は桂林院と称していた。合併後の当院は明治42年に全焼したが、のち再建された。
長慶院
現存する門は、伏見城の東門なのか。う~~ん。こちらも秀吉ゆかりの塔頭だ。妙心寺そのものが秀吉贔屓だったのだろうか?
長慶院
開祖は妙心寺七十一世東漸宗震。慶長五年(一六〇〇)、木下家定の妹(豊臣秀吉の妻北政所の姉にあたる)によって創建された。東漸は北政所の帰依も受けたが、高台寺の開山)招請には応じなかった。寛文二年(一六六二)には林豁が取正庵を建立、延宝八年(一六八〇)には五世の卓宗和尚が当院を再興している。明治十一年(一八七八)に府下相楽郡の末寺、妙法寺と合併。本堂をとりこわし、寺号を妙法寺と改めたが、同三十八年に長慶院の称に復帰した。現存する門は、伏見城の東門である。
桂春院
通年公開の塔頭。その筈だが、時間が遅かったようで、門がびしっと閉められていた。残念。説明を読んでみると、当初は織田家のために創建されたようだが、いつの間にか、豪族の持ち物に変じてしまったように読める。
石河貞政のことを調べてみた。複雑な仕え方をした大身旗本だったようだ。豪族ではなく、乗っ取ったわけでもなさそうだ。
石川貞政は、天正3年生まれ。石川光政の子。豊臣秀吉の馬廻から徳川家康に属し、慶長5年の上杉攻め、関ケ原の戦いに参加。のち豊臣秀頼に近侍する。慶長19年(1614年)、片桐且元・貞隆と共に内通を疑う讒言を受けて城を追われ、京都に移り住んだ。そこを家康によって召し出されて、白銀五十貫目を授かり、本知安堵の約束を与えられ、旗本となった。
翌年からの大坂の陣では両役で徳川方として徳川秀忠のもとで戦い、寛永2年(1625年)12月、大和国添下郡、摂津国菟原郡、近江国蒲生郡の3郡の内に、5,020石を知行とする旨の朱印状を与えられた。

桂春院_1
以下2点はPDF画像を借用
桂春院_侘の庭
桂春院_侘の庭
桂春院_思惟の庭
桂春院_思惟の庭
慶長3年(1598年)に織田信忠(織田信長の長男)の2男・織田秀則(津田秀則)が水庵宗掬を開祖として見性院を創建。秀則死後、美濃の豪族・石河貞政が寛永9年(1632年)に父の50年忌の追善供養のために桂南守仙を請じて建物を整備し、父の法名「天仙守桂大禅定門」・母の法名「裳陰妙春大姉」から1文字ずつをとり桂春院と改めた。
大雄院
このときは公開していなかったようだが、現在は特別公開中のようだ(2017年1月7日~3月18日)。う~~ん。
大雄院_1
大雄院_2
開祖は水庵宗掬(美濃鏡島城主石川家の人)の法孫である慧南玄譲。水庵派に属する。慶長八年(一六〇三)石川市正光忠が父石川紀伊守光元(播州竜野城主)の菩提のためと、祖父石川伊賀守光以来代々の香華所として創建された檀越家支配の塔頭である。慧南玄譲の法祖である蘭叔玄秀は光忠の叔父にあたるため、当院の勧請祖としている。創建時には伏見城にあった石川屋敷の建物を移し、寛文十年(一六七〇)に新しく建てかえ、現存の方丈は享保十二年(一七二七)光忠の百年の遠諱を営むにあたって再度建てなおじたものである。方丈の襖絵七十二面は江戸末期の蒔絵師で有名な柴田是真の筆である。

夕食
友人がご馳走してくれた。本来ならば、私がご馳走しなくてはいけないところだが、好意に甘えさせていただくことにした。『鯛の鯛』の話をしながら、楽しい時を過ごした。美味しかった。ごちそうさま。
夕食_1
夕食_2
夕食_3
夕食_4
夕食_5
夕食_6
夕食_7
夕食_8
夕食_9
夕食_10

以上で、延々と続けてきた『兵庫~滋賀~京都』シリーズは終了です。最後までご覧いただき有難うございました。
また、案内していただいた、K.T.さん、K.N.さんの両氏に深く感謝します。

 

兵庫~滋賀~京都(23)

妙心寺(4)
山内にある塔頭から(1)
山内にある塔頭を撮ってみた。時間が遅かったので、通年公開中の塔頭をも含めて、目につくところを外からだけ撮らせていただいた。
大通院
山内一豊と千代の御廟がある。非公開。門自体は開いているのに、忌々しい通せんぼ状態だ。
大通院
開祖は妙心寺五十八世南化玄興定慧円明国師。天正十四年(一五八六)に一柳直末が南化を請じて創建したもの。二世の湘南宗化大航普済禅師は山内一豊の子であり、以後山内家の菩提所となっている。寛永十年(一六三三)、湘南は一豊の夫人見性院の十七回忌にあたり見性閣を建立、現存する宝形造の霊屋はこれに比定されている。なお山崎闇斎は湘南の弟子であった。
春光院
こちらは変わった塔頭。非公開になっているが、外国人の英語による座禅体験と宿泊とができるようだ。日本人の場合は、どうなのだろうか。ふらっと飛び込んで、見せてくださいというのはNGのようだ。国の重要文化財「南蛮寺の鐘」は是非とも拝見させていただきたいものだ。
春光院_1
春光院_2
『初期キリスト教を今に伝える…』という文言は本当に舌足らずだ。1577年の鐘がどうして初期キリスト教だというのだろう。どうせ書くならば、『日本における伝来当初のキリスト教文化を今に伝える…』というのが適切ではなかろうか。
春光院_3
開祖は妙心寺百十三世猷山景嘉。天正18年(1590)、堀尾吉晴が長子金助の菩提をとむらうため猷山を請じて創建したもので、長子の法号にちなみ当初は俊巌院と称した。堀尾氏断絶ののち、石川氏が檀越となり中興して春光院と改める。大書院は石川憲之が淀城寝堂を移建したものである。寛政から天保にかけて(1789~1844)大規模な改修がおこなわれ、庭園も慶応3年(1867)に築造されて今日におよんでいる。伝張平山筆「東方朔奪桃図」(重文)とイエズス会章の入った洋風の「南蛮寺鐘」(重文)を有する。
麟祥院
春日局の菩提所。それとともに、朝廷を密かに監視するというような意味合いもあった塔頭寺院のようだ。
麟祥院_1
麟祥院_2
歴代住職は黒衣のまま江戸城白書院への出入りを許されたのか。それは凄いことだ。
麟祥院_3
開祖は碧翁愚完。徳川家光の乳母春日局が、妙心寺七十四世単伝士印の法孫、鍋島勝茂の子碧翁を請じて創建した。寛永十年(一六三三)家光がその地にあった天神社を鎮守として春日局のために創建したとも、同十一年に春日局が子稲葉正勝の死を悼んで興したともいう。当初は現在の花園高等学校の敷地内にあり、明治三十年(一八九七)に現在地に移建された。春日局の木像をまつる霊屋は、元和年間(一六一五~二四)、内裏庭園内の御亭であったとか、後水尾天皇より拝領して二条城内に設営した釣殿であったとも伝えられる。
智勝院
非公開のはずであるが、どんどんヤングママたちが入っていく。こども園『ゆりかご』という施設があるようだ。本当はいけないのだろうが、保護者のような顔をして門をくぐって撮ってみた。
智勝院_1
智勝院_2
興味があれば、アクセスてみては如何
開祖は妙心寺七十四世単伝士印大光普照禅師。慶長二年(一五九七)、稲葉貞通が父一鉄の菩提をとむらうため、単伝を請じて創建された塔頭。貞通は早くから南化玄興に帰依しており、その関係で当院の開祖には南化の法嗣単伝が招かれた。単伝は春日局の帰依を得ていたが、紫衣事件に連座して出羽由利郡本荘藩の泉流寺に配流されている。ちなみに智勝院の称は、貞通の法号にもとづいたものである。
天球院
案内図では何も書かれていないが、特別公開をすることもあるようだ。2016年は、2016年1月9日(土)~3月18日(金)に開催された。この日は残念ながら門がびしっと閉められて取り付く島もない感じだったが。本堂が重要文化財だ。江戸寛永期の創建当時の建築で、江戸時代の典型とされる玄関をつけた大型方丈形式だそうだ。
天球院_1
天球院_2
開祖開祖は妙心寺百四十世江山景巴無尽燈光禅師。寛永八年(一六三一)、池田光政の伯母天球院殿が自分の永代追善のために、江山を請じて創建した菩提所塔頭。天球院殿は因幡の若桜鬼ヶ城の城主山崎家盛の室であった。寺地は寿聖院から譲り受けているが、現方丈重文は創建よりやや下った寛永期のものである。明治維新まで岡山、鳥取両池田家の菩掟所として外護を受けていた。方丈内には狩野山楽・山雪筆の著名な障壁画(重文)があり、また藤原宣房筆の「法華経陀羅尼(重文)」が擁されている。

 

兵庫~滋賀~京都(22)

妙心寺(3)
退蔵院(2)
順路表示に従っていくと洒落た門が見えてきた
洒落た門
2013年の『そうだ 京都、行こう』のキャンペーン・ポスターに使われた。石には『余香苑』と書かれてある。
洒落た門_1
洒落た門_2
洒落た門_3
友人と2人で何のデザインかわからず首をひねった。後で瓢箪と鯰だとわかった。瓢鮎図をモチーフにしたデザインだったんだ。
洒落た門_4
陰陽の庭
陽の庭
陽の庭_1
陽の庭_2
陰の庭
陰の庭_1
陰の庭_2
敷砂の色が異なる2つの庭は、物事や人の心の二面性を伝えています。陰の庭に8つ、陽の庭に7つ、合計15の石が配されております。
紅枝垂れ桜と羅漢石
紅枝垂れ桜の枝ぶりだけでも撮ろうかと思ったが、幹と枝だけじゃ、まるで私と同じだ。撮るに値しない。
紅枝垂れ桜と羅漢石_1
紅枝垂れ桜と羅漢石_2
余香苑完成当時に植えられた樹齢50年ほどの紅しだれ桜。平安神宮にある紅しだれ桜の孫桜で、瓢箪・なまずが彫られた門をくぐるとすぐに皆様の眼前に現れます。2013年春の「そうだ、京都いこう」キャンペーンに使用され、大変注目を集めました。
余香苑
日が陰ってきて、庭園の美しさを撮りきれなかった。残念至極。
余香苑_1
余香苑_2
余香苑_3
余香苑_4
余香苑_5
余香苑_6
余香苑_7
余香苑_8
余香苑_9
余香苑_10
余香苑_11
余香苑_12
余香苑_13
余香苑_14
この広大な庭園は造園家・中根金作氏の設計によるもので、昭和38(1963)年に着工し、3年の月日を費やして完成しました。
余香苑は伝統的な造園手法を基盤とした厳しさの中にも優雅さを含み、京都はもとより全国でも有数の昭和の名園と言えます。構造上目立たぬ苦心が随所に払われており、正面から庭園を見渡すと、奥行きが生まれ、庭園が広く見えることなどが例としてあげられます。一年を通して、紅しだれ桜や藤、サツキ、蓮、金木犀、楓などが彩ります。

 

兵庫~滋賀~京都(21)

妙心寺(2)
退蔵院(1)
時間が遅くなってきたので、写真がかろうじて撮れるうちに退蔵院を駆け足で見ておこうと急いだ
全体図
全体図_1
全体図_2
山門 京都府有形文化財
山門 京都府有形文化財
庫裏
最初は方丈の一部かと思ったが、そうではなく、別個の建物になっているようだ。方丈に進むには、庫裡の側面を伝った先にある大玄関から入る様になっている。
庫裏
大玄関 国指定重要文化財(方丈の附指定)
確かに風変わりな形状だ。袴腰造りというのか。重要文化財指定は、1967年ではないかと思うが。
大玄関 国指定重要文化財(方丈の附指定)_1
大玄関 国指定重要文化財(方丈の附指定)_2
唐破風造りの変態で非常に珍しいとされている玄関の様式は、破風の曲線が直線になっており、ちょうど袴の腰のようになっていることから「袴腰造り」と呼ばれています。
昭和41(1966)年に国の重要文化財に指定されています。
また、この玄関は江戸初期の富豪・比喜多宗味居士より寄進されたもので、法要儀式その他高貴な方々の出入り以外は使用されませんでした。

方丈 国指定重要文化財
宮本武蔵もここに居た時期があったのか。あの光った額の中に国宝の『瓢鮎図』の複製が展示されている。複製といえども丁寧な扱いなんだ。
方丈 国指定重要文化財_1
方丈 国指定重要文化財_2
応仁の乱後、1597年に再建された方丈。禅と剣の道には精神的な共通点があり、江戸期には宮本武蔵もここに居して修行に励んだと伝わります。
『瓢鮎図(ひょうねんず)』 国宝
複製は硝子に入れられて展示されてあった。一種の頓智問答だろう。高僧たちの回答の字面ははっきりわかるが、その意味合いが私には理解出来ないのが残念。
『瓢鮎図(ひょうねんず)』 国宝_1
はっきり見えないので、PDF画像を借用
『瓢鮎図(ひょうねんず)』 国宝_
退蔵院の目玉で国宝に指定されている『瓢鮎図(ひょうねんず)』。この絵は山水画の始祖といわれている如拙が、足利義持の命により心血注いで描き、現存する彼の作品の中で最高傑作といわれています。
「ただでさえ捕まえにくいなまずを、こともあろうに瓢箪で捕まえようとする。」この矛盾をどう解決するか、将軍義持は当時の京都五山の禅僧31人に参詩を書かせました。高僧連が頭をひねって回答を連ねた様子は正に壮観です。

方丈の襖絵
一部取り外していないものがあるということだが、正面に見えるものだろうか?
方丈の襖絵
狩野光信の高弟であった狩野了慶は、探幽と共に活躍した狩野派の絵師で、この襖絵は高台寺の屏風絵や西本願寺の襖絵などとともに、桃山後期の優れた遺品とされています。
現在は、損傷を防ぐため中央部以外は取り外して保管をしています。この了慶作の襖絵に変わる襖絵を制作する「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」が現在進行中です。

杉戸絵
反対側には一対の鶴の絵が描かれてあった。こちらは山羊だろうか?それにしても無粋な『禁煙』表示だ。もう少し置き場所の工夫ができないものだろうか。
杉戸絵
枯山水『元信の庭』 国指定名勝史跡庭園
撮り方がまずく、良さがでておらず、申し訳ない。個人的には、最後の最後まで画業専念のほうが良かったのではと思う。
枯山水『元信の庭』 国指定名勝史跡庭園_1
枯山水『元信の庭』 国指定名勝史跡庭園_2
室町時代の画聖・狩野元信の作品で、絵画的な優美豊艶の趣を失わず、独特の風格を備えている枯山水庭園です。庭の背景には、やぶ椿、松、槇、もっこく、かなめもち等、常緑樹を主に植え、一年中変わらない美しさ「不変の美」を求めた物と考えられます。
狩野元信が画家としてもっとも円熟した70歳近くの頃の築庭と推測されています。自分の描いた絵をもう一度立体的に表現しなおしたもので、彼の最後の作品が造園であったことで珍しい作品の一つと数えられています。
昭和6年(1931年)には、国の名勝史跡庭園に指定されました。


退蔵院の歴史
今から600年ほど前(1404年)、室町時代の応永年間に当時の京洛に居を構えた波多野出雲守重通が高徳のきこえ高い妙心寺第3世をつとめる無因宗因禅師への深い帰依によって、無因宗因禅師を開山として建立されました。これが退蔵院のはじまりです。
そのころ妙心寺は足利義満の弾圧で名を竜雲寺と変えられ、関山一派の人々も祖塔を去る悲運に見舞われました。無因宗因禅師は高徳を惜しまれて大徳寺へとの誘いがありましたが、固く辞して西宮の海清寺に隠棲し、ついに時の有力者たちに終生近寄ることがありませんでした。
退蔵院は応仁の乱で妙心寺とともに炎上しましたが、1597年に亀年禅師によって再建され、今に至ります。

退蔵院の名前の由来
「退蔵」という言葉には、「価値あるものをしまっておく」という意味があるように、陰徳(人に知られないようにして良い行いをする)を積み重ね、それを前面に打ち出すのではなく、内に秘めながら布教していくということを示しています。

 

兵庫~滋賀~京都(20)

到着するのが遅くなり、法堂・天井の雲龍図、国宝の梵鐘、浴室(明智風呂)の案内付きの拝観は間に合わなかった。これが非常に心残りになった。

妙心寺(1)
境内案内図
境内案内図
南総門 国指定の重要文化財(建造物)
総門の佇まいは、普通の大きさの寺院だと思わせるものだった。まさか異次元の世界が広がっているとは想像もできなかった。尚、反対側に北総門がある。こちらも国指定の重要文化財(建造物)だ。
南総門 国指定の重要文化財(建造物)_1
南総門 国指定の重要文化財(建造物)_2
妙心寺山内図
46もの塔頭があるのか。本当にこんな風に展開していた。急いで回ろうとすると、混乱必至だろう。
妙心寺山内図
国指定の重要文化財(建造物)
妙心寺そのもので指定を受けたものは、以下の通り。残念ながら時間がなく、殆ど見る時間が残されていなかった。そのため、塔頭の退蔵院庭園を見ることを優先した。
仏殿(附廊下)、法堂(附廊下)、大方丈、山門、浴室、経蔵、勅使門、南門、玄関、寝堂、小方丈(附廊下)、庫裏(附廊下)、北門である。その他、塔頭についても同様に国指定の重要文化財(建造物)があるようだ。

こんな風に伽藍が建ち並んでいる。手前左側から山門・仏殿・法堂・大方丈だ。(PDF画像借用)
こんな風に伽藍が建ち並んでいる

三門 国指定の重要文化財(建造物)
非常に見事ではあるが、楼門の下を通り抜けることができない。それが残念だ。
三門 国指定の重要文化財(建造物)
慶長4年の建立。境内で唯一の朱塗りの建物です。 三門には空・無相・無作という、禅の境地による解脱の意味が託されています。
楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られ、極彩色鮮やかに飛天や鳳凰、龍の図が柱や梁に描かれています。6月18日の山門懺法会では、自らの過ちを懺悔します。7月15日、山門施餓鬼会によって、有縁無縁の諸霊位に対するご供養が営まれます。

仏殿 国指定の重要文化財(建造物)
仏殿 国指定の重要文化財(建造物)
江戸時代の建立です。妙心寺の本堂で本尊さまにお釈迦さまを祀ります。この釈迦像は蓮華を拈じるお姿をされています。
仏殿では、毎朝の勤行の他、お釈迦さまの三仏忌となる降誕会・成道会、涅槃会が勤められています。正面には「祈祷」と書かれた扁額が掲げられます。禅とは、謙虚で祈りのある敬虔な心にほかありません。

法堂 国指定の重要文化財(建造物)
鏡天井には狩野探幽の筆になる雲龍図がある。是非とも見たかったが、受付時間が終了していた。残念。
法堂 国指定の重要文化財(建造物)_1
法堂 国指定の重要文化財(建造物)_2
座禅が行われている妙心寺法堂(PDF画像借用)
法堂 国指定の重要文化財(建造物)_3
江戸時代の建立です。今日でいう多目的ホールです。仏像は安置されず、住持による法座や坐禅が行われます。
鏡天井には、8年の年月を費やして描かれた狩野探幽の筆による雲龍図が見られます。内部のケヤキの柱は、原木を四つ割にして丸く削られたもので、高さは8メートル、周囲は2メートル弱で、富士山麓より海路によって運ばれてきました。

鐘楼
吊り下げられている梵鐘は国宝のものではない。境内には2つの鐘楼がある。
山門横のものだったと思う
鐘楼_1
法堂横のものだったと思う
鐘楼_2
放生池と勅使門 国指定の重要文化財(建造物)
放生池と勅使門 国指定の重要文化財(建造物)
勅使門は桃山時代の建立です。平生は閉じられていますが、妙心寺住持の入山・晋山時に新住職はこの門より入られます。

主要な塔頭寺院
花園天皇の離宮跡に建つ玉鳳院と、妙心寺の四本庵の龍泉庵、東海庵、聖澤院、霊雲院等がある。この内の、龍泉庵のみ外観を撮影することができた。
龍泉庵
龍泉庵_1
龍泉庵_2
「枯木猿猴図」(PDF画像借用)
「枯木猿猴図」_左
「枯木猿猴図」_右
「枯木猿猴図」_右(拡大)
龍泉派の本庵。開祖は妙心寺10世、景川宗隆禅師です。妙心寺の四本庵の中で最初に創建された塔頭です。
妙心寺四派のうち龍泉派の本庵。妙心寺10世景川宗隆が文明13年(1481年)に創建した。国の重要文化財、長谷川等伯筆「枯木猿猴図」所蔵(実物は京都国立博物館に寄託)。本堂、庫裏、書院、鐘楼及び表門が京都府の文化財に指定されている。

妙心寺は、京都市右京区花園にある臨済宗妙心寺派大本山の寺院。山号を正法山と称する。本尊は釈迦如来。開基は花園天皇。開山は関山慧玄(無相大師)。寺紋は花園紋(妙心寺八つ藤)。
日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500か寺を妙心寺派で占める。近世に再建された三門、仏殿、法堂などの中心伽藍の周囲には多くの塔頭が建ち並び、一大寺院群を形成している。平安京範囲内で北西の12町を占め自然も多いため、京都市民からは西の御所と呼ばれ親しまれている。

 

光明寺などを訪ねた(4)

光明寺裏山からの景観
富士山の雲がかかったしまったのが、返す返すも残念。それでも材木座海岸とはまた違った視点で、立体的な景観が楽しめた。あとは、私の腕前が追随しなかっただけだった。
光明寺裏山からの景観_1
光明寺裏山からの景観_2
光明寺裏山からの景観_3
光明寺裏山からの景観_4
光明寺裏山からの景観_5
九品寺
『くほんじ』と読む。九品仏浄真寺にも登場する『九品』の概念だ。閻魔大王にストップを掛けられず、最低でも下品下生までに入り込んで極楽浄土に行けるように努力しなくては。
九品寺は、新田義貞が京都から招いた風航順西和尚によって開かれた浄土宗の寺。この地は義貞が鎌倉攻めの際に本陣を構えたところとされ、北条方の戦死者を弔うために建立された。そこまでは勢いがあったけれども、結局は足利尊氏してやられ、鎌倉には、縁を結べなかった人物なのか。
義貞が鎌倉で建立した唯一の寺で、山門の「内裏山」、本堂の「九品寺」の掲額は、義貞の筆蹟と伝えられている。歴史に名を刻む寺院としては拍子抜けするほどこじんまりした寺院だ。

九品寺_1
九品寺_2
九品寺_3
九品寺_4
長勝寺
1253年(建長5年)日蓮に帰依した石井長勝が自邸に法華堂を立て日蓮に寄進したのに始まると伝えられる。この堂は、現在京都市山科区にある本圀寺の前身とされ、1345年(貞和元年)に、寺院そのものが洛中に移ってその後が荒廃していた。それを、日際上人が再興し、石井山長勝寺と号したという。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられていた。
本堂
長勝寺本堂
本堂前の日蓮聖人像と四天王像
高村光雲作の、高さ8メートルの巨大な日蓮聖人像。四囲を固める四天王が小さく見えてしまう。光雲先生の創作上の意図はそこにあったのだろう。
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_1
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_2
台座には、東郷元帥の『知法思国』の書があった
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_6
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_3
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_4
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_5
本堂前の日蓮聖人像と四天王像_7
法華堂 神奈川県指定文化財
鎌倉時代特有の五間堂という建築様式だが、建立は室町時代半ば以降。この形式の建築物では関東最古といわれている。つまり鎌倉時代の五間堂は鎌倉には残っていないということだ。それだけ、争乱が激しかったということなのだろう。
法華堂 神奈川県指定文化財_1
鐘楼の方向から見た様子
法華堂 神奈川県指定文化財_2
六角堂
日蓮の遺歯が祀られてあるそうだ
六角堂
本師堂
タイ国から渡来の釈迦像が安置されている
本師堂
安国論寺
光明寺に次いで見たかった安国論寺。いつも素通りばかりでは申し訳なく、今回こそ、きちんと見ておこうと思い、立ち寄った。ところが、『月曜日は閉門』の無情な札が下がり、門は閉じられていた。縁がなかったのかなあ。
長勝寺・妙法寺と並び、日蓮が鎌倉で布教するに際して拠点とした松葉ヶ谷草庵の跡とされ、松葉ヶ谷霊跡安国論寺とも言う。開山は日蓮とするが、弟子の日朗が文応元年(1260年)に、日蓮が前執権北条時頼に建白した「立正安国論」を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まり。

安国論寺_1
安国論寺_2
安国論寺_3
安国論寺_4
安国論寺_5
安国論寺_6
安国論寺_7
妙法寺
それではと思って、次に訪ねた妙法寺。こちらも残念ながら拝観できない日だったようだ。こちらは、実質的な開基が、日蓮から数えて第5世となる楞厳法親王妙法房日叡(りょうごんほうしんのうみょうほうぼうにちえい)上人で、延文2年(1357年)のこと。後醍醐天皇の子である護良親王と藤原保藤の娘である南方(みなみのかた)の間に生まれた日叡上人は日蓮を偲び、かつ父・護良親王の菩提を弔うためにこの地に堂等伽藍を建て、自身の幼名である楞厳丸(りょうごんまる)にちなみ楞厳山法妙寺と名付けたと言われる。境内奥右手山頂には護良親王の墓が、左手山頂には母・南方と、日叡自身の墓があるそうだ。
妙法寺_1
妙法寺_2
妙法寺_3
妙法寺_4
妙法寺_5

最後がちょっと冴えなかった感じですが、以上で『光明寺などを訪ねた』のミニシリーズは終了です。最後までご覧頂き、有難うございました。

 

光明寺などを訪ねた(3)

光明寺(2)
わざわざ光明寺を見に出かけた大きな理由が内藤家墓所を見ることだった。凄い墓所なのに正直驚いた。世田谷の豪徳寺に井伊家の墓所があるが、それをも凌ぐような印象を受けた。
鐘楼
立派な鐘楼だと思ったら、総ケヤキ瓦葺きで、弘化四年(1847-48年)の建造。170年前のもの。現在の梵鐘は、昭和三十六年(1961年)、法然上人七百五十年遠忌に当たり、鋳造せられたもの。朝夕に鐘が撞かれ鎌倉市内に響き渡るそうだ。
鐘楼_1
鐘楼_2
鐘楼_3
開山堂
関東大震災で余り被害を受けなかった旧祖師堂(旧開山堂)を損壊程度が激しかった旧本堂(阿弥陀堂)の代わりに新しい本堂にしたようだ。阿弥陀堂の本尊は新しい本堂に遷座した。ということで其れまでの開山堂が本堂になってしまったので、代わりとなる開山堂が翌大正十三年、古材等も使用して新たに建てられた。そして、ときが移り、平成十四年、老朽のため再建した。以上が関東大震災後の経緯。
応急的に建てたものはしっかり造られていなかったのかもしれない。建て直されたばかりの開山堂は非常に立派。開山をはじめ歴代法主の御影を祀っている。

開山堂_1
開山堂_2
記主庭園と大聖閣
小堀遠州作と伝える蓮池を中心とした庭園か。立派な庭だ。
記主庭園と大聖閣_1
記主庭園と大聖閣_2
記主庭園と大聖閣_3
光明寺の庭園は浄土宗庭園で記主庭園とも呼んでいます。蓮池には、夏ともなれば優雅な色を持って開花いたします。七月には観蓮会(有料)が開かれ蓮を眼前に抹茶を頂きながら静かな時の流れを感じることが出来ます。庭園内に聳える大聖閣(たいしょうかく)は宗祖法然上人800年大御忌を期して建てられました。お堂の二階には阿弥陀三尊が安置され、回廊よりその尊顔を拝すことが出来ます。
「三尊五祖来迎の庭」
内藤家墓所を一刻も早く見たい。気が逸っていて、完全に見落としてしまったようだ。何と迂闊なことだろう。以下2点はPDF画像を借用。
三尊五祖来迎の庭_1
三尊五祖来迎の庭_2
本堂南側にあり。三尊とは、極楽浄土の阿弥陀仏とその脇士たる観音・勢至の二大菩薩を表し、五祖は浄土教を説法流布された釈尊(印度)善導(中国)法然・鎮西・記主(日本)の浄土宗五大祖師を示します。この三尊五祖が、庭園の中に石で表現されています。庭園全体の構図は、煩悩多いこの世(此岸)と救われていく彼の岸(彼岸)とを明らかに示しています。
内藤家墓所
前回及び今回の記事の冒頭に記述した通り、この寺の旧墓地には、陸奥国磐城平藩の藩主を務めた内藤家の墓所がある。いわき出身の私には、是非ともこれを見ておきたかった。扇ガ谷の薬王寺にある旧墓地には、四国の松山城主蒲生忠知公の奥方と息女のお墓がある。その奥方は、内藤家の娘。もともとは会津の藩主だった蒲生家に嫁いだのだった。
その不憫な娘を思う気持ちを家督を継いだ忠興が斟酌。妹(姉?)の墓を見守る意向があったのではなかろうか?江戸深川の霊巖寺にあった内藤家墓所を鎌倉の光明寺に移設。凄い墓地である。高さ3mにも及ぶ大宝篋印塔がズラリと並ぶさまはまさに壮観。

内藤家墓所_1
内藤家墓所_2
内藤家墓所_3
内藤家墓所_4
内藤家墓所_5
内藤家墓所_6
内藤家墓所_7
内藤家墓所_8
内藤家墓所_9
内藤家墓所_10
内藤家墓所_11
内藤家墓所_12
松壽院と梅嶺院
磐城平城主・内藤左馬助政長の七女。名前は不明。13歳で23歳の蒲生忠知に嫁ぐ。嫡男鶴松は寛永10年3歳で早世。忠知死去の際は20歳懐妊中で、男児であれば蒲生家再興を約束されたが女児を出産。この娘も12歳で死去し、梅嶺院と号す。松壽院は姑『振姫』の陽壽院の壽を用いて号したと伝えられる。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
陸奥国磐城平藩のち日向国延岡藩の領主内藤家歴代の墓所で、歴代藩主の多くやその正室など200基以上の石塔が立つ。江戸の霊巌寺から移されたものである。

 

光明寺などを訪ねた(2)

光明寺(1)
鎌倉幕府第四代の執権北条経時の帰依を受け、良忠上人がこの光明寺を開いたといわれている。その後も第五代の執権、北条時頼をはじめ歴代執権の帰依をうけ、七堂伽藍を整え、関東における念仏道場の中心となり、後土御門天皇から『関東総本山』の称号を受け、国と国民の平安を祈る『勅願所』となった。
江戸時代になると、徳川家康は光明寺を関東十八檀林の筆頭におき、念仏信仰と仏教研鑽の根本道場となった。檀林とは徳川幕府が定めた学問所。上記のように鎌倉幕府や江戸幕府との関係が深かった大寺院。現在も浄土宗の大本山に列せられる寺院を見ておきたかった。

それに加え、この寺の旧墓地には、陸奥国磐城平藩の藩主を務めた内藤家の墓所がある。これを見ておきたかった。扇ガ谷の薬王寺にある旧墓地には、四国の松山城主蒲生忠知公の奥方と息女のお墓がある。その奥方は、内藤家の娘。もともとは会津の藩主だった蒲生家に嫁いだのだった。
その娘を思う気持ちを家督を継いだ忠興が斟酌。妹(姉?)の墓を見守る意向があったのではなかろうか?江戸深川の霊巖寺にあった内藤家墓所を鎌倉の光明寺に移設。凄い墓地である。

総門 鎌倉市の指定文化財
1495年(明応4年)に建てられ、寛永年間(1624~28)に再興された。額は、『勅願所』と書かれてあったんだ。達筆すぎて、読むことができなかった。
総門 鎌倉市の指定文化財_1
総門 鎌倉市の指定文化財_2
総門 鎌倉市の指定文化財_3
「十六菊」と「五七桐」の紋なのか。其れだけの格式があるということを表しているのだろう。
「十六菊」と「五三桐」の紋
建立は明応4年(1495)、寛永年間(1624~28)に再興。前はもっと大きな門でした。上部構造は桃山時代の様式が感じられ、屋根裏の木組みに注目すると太い大瓶束(たいへいつか)が数本立ち並び、昔の壮観さが偲ばれます。鎌倉市指定の文化財です。
山門 神奈川県指定文化財
170年前に再建された山門。非常に大きな山門だ。『天照山』の扁額は、後花園天皇の直筆で、1436年(永享8年)に賜ったものだそうだ。なぜ、江戸末期に再建したのか、鶴岡八幡宮の表門だったと言われるなど、事情がよくわからない点がいくつかある。わずか170年前のことなのに。
山門 神奈川県指定文化財_1
山門 神奈川県指定文化財_2
本堂側から見た様子
山門 神奈川県指定文化財_3
現在の山門は弘化4年(1847)に造られたものです。間口約16m、奥行約7m、高さ約20mで鎌倉の寺院の門では最大の格式を備えた山門です。
五間三戸二階二重門(ごけんさんこにかいにじゅうもん)といわれる門で一階が和風、二階が中国風に造られています。禅宗の五山形式が浄土宗に取り入れられたものです。
五間三戸とは、正面からみて柱より5つに間仕切りされていて、中央の3つの間にはそれぞれ両開きの大板戸がありそれが入り口になっているものです。
柱は全部丸柱で上と下が丸まっています。これを粽(ちまき)柱といいます。後面中央の二本の柱は通し柱です。また一階も二階も柱の位置が同じ場所になっていて組み合わせに工夫がほどこされ二階建ての構造を強化しています。
一階は直線的で装飾性が比較的少ないのに対して二階は広がりをもち装飾性に富んでいます。板の張り方も一階と二階とでは異なっていて、江戸時代末期の特徴を良く表した山門です。
二階の中央に掲げてある『天照山』の額は永享8年(1436)後花園天皇より賜った額です。
二階には釈迦三尊、四天王、十六羅漢が祀られています。
なお二階からの由比ガ浜、江ノ島、富士山の眺めはすばらしく、彼岸の中日には西方極楽浄土をさながら見る思いがします。

本堂 国指定重要文化財
山門から美しい姿が否応なしに目に飛び込んでくる
本堂 国指定重要文化財_1
本堂 国指定重要文化財_2
本堂 国指定重要文化財_4
『専修念佛根本道場』の札が掲げられてあった
本堂 国指定重要文化財_5
本堂 国指定重要文化財_5_1
本堂 国指定重要文化財_6向拝は迫力があった
本堂 国指定重要文化財_7
堂内にはまたまた『勅願所』の額が。こんなところにまで、千社札を貼り付けるのはいささか無作法なように思う。
本堂 国指定重要文化財_7
堂内は非常に美しい
本堂 国指定重要文化財_8
本堂 国指定重要文化財_9
本堂 国指定重要文化財_10
開山堂と本殿とをつなぐ回廊
本堂 国指定重要文化財_11
本堂 国指定重要文化財_12
元禄11年(1698年)の建立。入母屋造、銅板棒瓦葺きで、桁行9間、梁間11間。実寸は間口奥行ともに約25メートルの、鎌倉地方では最大級の本堂である。内部は畳敷きの広大な空間となっており、前半部を外陣、後半部は内陣、両脇陣および後陣とする。外陣は柱列によって前後に分かれ、正面寄りを前外陣、奥を奥外陣と称する。内陣部は床高を外陣より一段高くした上段形式である。1923年(大正12年)の関東大震災でもほとんど損傷しておらず、建立当初の形式をよく保っている。1999年(平成11年)に重要文化財に指定されている。

光明寺は、神奈川県鎌倉市材木座にある浄土宗の寺院である。寺格は大本山。山号を天照山と称する。本尊は阿弥陀如来。寺伝によれば、開基は北条経時、開山は浄土宗三祖然阿良忠であり、仁治元年(1240年)佐助ヶ谷に開創した蓮華寺を起源とし、寛元元年(1243年)現在地に移築し光明寺と改称したとされるが、『然阿上人伝』は鎌倉入を正元元年(1259年)としており、疑問視されている。13世紀〜14世紀にかけての歴史はあまり定かでないが、室町時代には中興開山とされる祐崇上人(?-1509)によって復興された。明応4年(1495年)には後土御門天皇より勅願寺に定められている。近世には、浄土宗の関東十八檀林の第一位の寺として栄えた。

 

光明寺などを訪ねた(1)

『兵庫~滋賀~京都』の最後に訪問寺院であった妙心寺の整理が間に合わないので、このミニシリーズを先に取り上げる。今回は撮影にEOS M3とM2とを使用した。

材木座海岸からの景観
光明寺の裏山からの景観も乙なものだが、材木座海岸からの景観も決して負けていない。全国的に寒波が居座ったままの16日の様子。富士山がくっきりはっきり見えるかと期待したが、残念無念。
富士山は、材木座海岸からだと稲村ヶ崎のやや右側に見える。この位置からだと、江ノ島は稲村ヶ崎に隠れてしまう。
材木座海岸から見た富士山_1
材木座海岸から見た富士山_2
材木座海岸から見た富士山_3
こちらは逗子市小坪の小坪マリーナ
小坪マリーナ
少しだけ逗子市近くに寄って見る。すると、江ノ島が見えるのだが、肝心の富士山が、…。
逗子市近くに寄って見る_1
逗子市近くに寄って見る_2
後方はこんな感じ
後方はこんな感じ
和賀江島と江ノ島と富士山とが揃い踏みならば最高なのだが
和賀江島と江ノ島と富士山とが揃い踏みならば最高なのだが
稲村ヶ崎の真後ろに富士山の山裾がかすかに見えるが
稲村ヶ崎の真後ろに富士山の山裾がかすかに見えるが_1
稲村ヶ崎の真後ろに富士山の山裾がかすかに見えるが_2
こんな極寒の日でも好きな人は頑張るようだ
こんな極寒の日でも_1
こんな極寒の日でも_2
こんな極寒の日でも_3
こんな極寒の日でも_4

材木座和賀江島
現存最古の港湾施設だそうだ。1232年(貞永元年)に築かれたのか。たしかに古いなあ。どこだろうと思って探してしまった。写真の物を見つけこれなんだろうなと思いつつも、自信が持てず、居合わせた人に確認したほど。
ここはまさしく光明寺の前の海。材木座和賀江島築堤の痕跡は海から鎌倉に入る湊の跡。急速に都市化した幕府開創当時にはおびただしい量の物資が海からここに陸揚げされたのだろう。材木座は建築木材の集積から出た名前だったんだ。
多少は築港だったことがわかるかもしれない
多少は築港だったことがわかるかもしれない
超広角レンズで撮ると、画面中央にちょっとだけ姿を見せている。すごく沖合のように見えなくもないが実際には大した距離ではない。誰でも簡単に行けるほどの距離だと思う。地図で見ると岸から150m程度。
超広角レンズで撮ると_1
超広角レンズで撮ると_2
別なレンズで撮ると、近いということがよくわかると思う
別なレンズで撮ると_1
別なレンズで撮ると_2
別なレンズで撮ると_3
別なレンズで撮ると_4
和賀江島(わかえじま/わかえのしま)は相模湾東部に位置する人工島。和賀江嶋、和賀江の築島ともいう。現存最古の港湾施設であり、国の史跡に指定されている。
1232年(貞永元年)に築かれたが、現在では満潮時にはほぼ全域が海面下に隠れてしまう。付近の陸地は神奈川県鎌倉市材木座にあたり、すぐ南側には逗子マリーナがある。鎌倉市と逗子市の境界に位置する。
干潮時には岬の突端から西方に200メートルほどにわたって巨石の石積みが見られ、往時の姿を偲ばせる。かつては北側に数本の石柱があり、南風を避ける船を係留していた。
鎌倉幕府の開府以降、相模湾の交通量は増加していたが、付近の前浜では水深の浅い事から艀が必要であり、事故も少なくなかった。このため、1232年(貞永元年)に勧進聖の往阿弥陀仏が、相模湾東岸の飯島岬の先に港湾施設を築く許可を鎌倉幕府に願い出た。執権の北条泰時はこれを強く後援して泰時の家臣である尾藤景綱、平盛綱、諏訪兵衛尉らが協力している。海路運ばれてきた相模国西部や伊豆国の石を用いて工事は順調に進み、同年8月3日(7月15日)に着工して8月26日(8月9日)には竣工した。

 

兵庫~滋賀~京都(19)

仁和寺(6)
ずっと続けて取り上げてきた仁和寺も今回が最後。しかし、よくもこんなに国宝や重要文化財が揃ったものだ。
金堂 国宝
応仁の乱で堂塔伽藍がことごとく焼失した後始末。重要文化財指定のものは徳川幕府の寄進によるもの。で、金堂は、慶長18年(1613年)に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したものだ。建てたばかりの正殿・紫宸殿を移築したのだ。おそらく箔をつけるべく徳川幕府が気遣いをしたのだと思う。
移築の際、宮殿から仏堂への用途変更があった。そのために、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているそうだ。当然内部は改造が必要だったと思うが、檜皮葺きから瓦葺きに変える必然性はあったのだろうか?
金堂 国宝_1
何やらぶら下がっているものは、蔀戸を吊るための金具だろうか?
金堂 国宝_2
金堂 国宝_3
金堂 国宝_4
金堂 国宝_5
金堂 国宝_6
金堂 国宝_7
金堂 国宝_8
向拝の軒先には何やら髭の爺様が乗っている。どうやら孔子をイメージしたものらしいと書いているブログがあった。孔子にしてはちょっとひねた爺さん像だなと思い調べたら、黄安(こうあん)という仙人だそうだ。仁和寺の説明では、亀は3000~4000年に一度、水面に顔出すといわれ、黄安はその亀を3~4回見たそうだ。永遠の象徴として安置されているとのことだ。ここで言う亀とは、贔屓(ひいき・びし、拼音:Bìxì、正字体:贔屭)のことを指すようで、中国における伝説上の生物だ。リアル亀での話ならば、私もあの上に像をつくってもらってもおかしくないのだが、…。
金堂 国宝_9
金堂 国宝_10
慶長18年(1613年)に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したもので、近世の寝殿造遺構として重要。宮殿から仏堂への用途変更に伴い、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているが、宮殿建築の雰囲気をよく残している。
観音堂 国指定重要文化財
修復工事中だった。覆いが掛けられているので、様子を伺うこともできない。PDF画像で見ていただこう。
観音堂 国指定重要文化財
1641-1645年建立。入母屋造、本瓦葺で前後に向拝が付き、たち(軒までの高さ)の高い建物です。本尊は千手観音菩薩で、脇侍として不動明王・降三世明王、その周りには二十八部衆が安置され、須弥壇の背後や壁面、柱などには、白衣観音をはじめ仏・高僧などが極彩色で描かれています。内部は通常非公開とされ、現在も仁和寺に伝わる法流の相承などに使用されています。
修復工事の様子を取り上げた頁にjump

御影堂 国指定重要文化財
1641-1645年建立。旧皇居の清涼殿の用材を用いて建設したもの。宗祖空海を祀る。この堂宇は大事に扱われているんだと思った。旧皇居の清涼殿そのものを移設したのではなくとも、相応の風格があった。
御影堂 国指定重要文化財_1
御影堂 国指定重要文化財_2
御影堂 国指定重要文化財_3
御影堂 国指定重要文化財_4
御影堂 国指定重要文化財_5
御影堂中門 国指定重要文化財
1641-1645年建立。単なる門だと思い、うっかり撮るのを失念してしまった。国指定重要文化財だったんだ。
経蔵 国指定重要文化財
1641-1645年建立の禅宗様建築。五重塔よりも一段高い敷地に、金堂や御影堂などとともに建っている。
経蔵 国指定重要文化財_1
経蔵 国指定重要文化財_2
壮麗な建物であるが、この花頭窓の色合いはちょっと似合わないのではと思った。時間がたった今になってみれば、生で見たときの奇異感は薄らいだのだが。
経蔵 国指定重要文化財_3
経蔵 国指定重要文化財_4
鐘楼 国指定重要文化財
1644年建立。格式を誇る袴腰の鐘楼で保存状態は非常に良さそうだ。非常に立派だが、流石に東照宮の鐘楼・鼓楼ほどには造らなかったんだ。当たり前かな。
鐘楼 国指定重要文化財_1
鐘楼 国指定重要文化財_2

次回は、今回の旅の最後に訪れた妙心寺を取り上げる

 

兵庫~滋賀~京都(18)

仁和寺(5)
勅使門 登録有形文化財
勅使門に関しては前回までは内側のみをを見ていただいていた。遅ればせながら、表側を見ていただく。こちらが表側だ。勅使参向のとき、勅使がこのあたりに立ったのか。
勅使とは、天皇・皇帝・王など国の元首が出す使者のこと。勅使は天皇の代理としての資格を以って宣旨を伝達することから、勅使を迎える者が、たとえ官位において勅使よりも上位であったとしても、天皇への臣礼同様、敬意を払うこととされたとのことだ。そのため、このような豪華な門が用意されたのか。
壮麗さは並み居る国指定重要文化財を遥かに凌駕するものだと思う。

勅使門 登録有形文化財
大正2年(1913年)竣工。設計は京都府技師であった亀岡末吉。檜皮葺屋根の四脚唐門で前後を唐破風、左右の屋根を入母屋造としています。また、鳳凰の尾羽根や牡丹唐草、宝相華唐草文様や幾何学紋様など、細部にまで見られる彫刻装飾は、伝統的和様に亀岡独自の意匠を取り入れたもので、斬新かつ見応えがあります。
中門 国指定重要文化財
1641-1645年建立。寛永年間に徳川幕府の寄進で建てられた一連の建造物の一つ。見た感じ、しっかりは造られているが、是非とも国指定重要文化財として扱うほどの感じには見えない。一連の建造物の一つとして、おまけで指定された感じがしてしまう。
ある方のブログに、左側に多聞天像、右側に持国天像が納められていると書かれてあった。下記、仁和寺の説明では、左側に西方広目天像と右側に東方持国天像と言うことになる。左側は多聞天像のように見えるが、間違っているのかなあ。
中門 国指定重要文化財_1
中門 国指定重要文化財_2
中門 国指定重要文化財_3
中門 国指定重要文化財_4
中門 国指定重要文化財_5
中門 国指定重要文化財_6
中門 国指定重要文化財_7
二王門と金堂の中間に位置し、五重塔や観音堂といった伽藍中心部に向かう入口ともいえる門。切妻造・本瓦葺・柱間三間の八脚門で、側面の妻部には二重虹梁蟇股が飾られています。また、向かって左側に西方天、右側に東方天を安置します。
五重塔 国指定重要文化財
1644年建立。寛永年間に徳川幕府の寄進で建てられた一連の建造物の一つ。その内で、徳川家光が威信を見せるべく注力したのは、二王門と五重塔ではないかと私は思っている。
五重塔 国指定重要文化財_1
五重塔 国指定重要文化財_2
初重西側には、大日如来を示す梵字の額が懸けられている
五重塔 国指定重要文化財_3
五重塔 国指定重要文化財_4
寛永21年(1644年)建立。塔身32.7m、総高36.18m。東寺の五重塔と同様に、上層から下層にかけて各層の幅にあまり差が見られない姿が特徴的です。初重西側には、大日如来を示す梵字の額が懸けられます。
塔内部には大日如来、その周りに無量寿如来など四方仏が安置されます。中央に心柱、心柱を囲むように四本の天柱が塔を支え、その柱や壁面には真言八祖や仏をはじめ、菊花文様などが細部にまで描かれています。

御室桜
ここが御室桜の林。遅咲きで、背丈の低い桜だ。が、開花した画像がなければイメージしにくいことだろう。
御室桜_1
御室桜_2
PDF画像によれば、このように咲くようだ。
御室桜_3
毎年春、仁和寺は満開の桜で飾られます。金堂前の染井吉野、鐘楼前のしだれ桜などが競って咲き誇ります。その中でも中門内の西側一帯に「御室桜」と呼ばれる遅咲きで有名な桜の林があります。古くは江戸時代の頃から庶民の桜として親しまれ、数多くの和歌に詠われております。
九所明神本殿 国指定重要文化財
1641-1645年建立。仁和寺の解説文によれば、九所明神は本殿・左殿・右殿の三棟からなる。本殿が国指定の重要文化財であると記されてある。そうすると、左殿・右殿の2棟はその扱いを受けていないように解釈できないこともない。
国指定文化財等データベースでは、紛らわしい書き方であるが、解説文には、仁和寺全体としての中に、『九所明神本殿は三殿からなり、中殿が一間社流造、左右殿は四間社流見世棚造である』とある。三殿ともに含まれているようだ。国の書き方では、中殿・左殿・右殿の三殿で構成される『本殿』という認識なのだろう。
ところが仁和寺の呼び方では、本殿・左殿・右殿の三棟からなる。国指定の重要文化財の名称は『九所明神本殿』とあるから、真ん中の棟のみが重要文化財のように見えなくもない。実に紛らわしいのだ。
九所明神本殿 国指定重要文化財_1
九所明神本殿 国指定重要文化財_2
九所明神本殿 国指定重要文化財_3
この説明板では、九所明神の全体が国指定重要文化財になっているように読める。この表記が一番素直に読むことができる。このような表記に統一したほうが良いように思った。
九所明神本殿 国指定重要文化財_4
九所明神本殿 国指定重要文化財_5
九所明神拝殿
九所明神拝殿
仁和寺の伽藍を守る社。社殿は本殿・左殿・右殿の三棟あり、八幡三神を本殿に、東側の左殿には賀茂上下・日吉・武答・稲荷を、西側の右殿には松尾・平野・小日吉・木野嶋の計九座の明神を祀ります。
九所明神の最古の記録は『御室相承記』に、建暦2年(1212年)に境内南にあったものを東に遷宮した事が書かれています。現在の建物は寛永年間に建立されたものです。

 

鳥撮りの練習(3)

どうも思ったほどの成果が出ない。またまた場所を変えた。今回は城南地区の公園だ。
城南地区の公園(1月11日)
ヒヨドリ、ムクドリ、ハクセキレイばかり現れる。あまり好きな鳥さんでないので、撮影練習程度に撮った。が、取り上げる気にはならない。諦めて帰ろうと思ったときに、思っていた鳥さんたちがいてくれた。
ツグミ
漸く好きな鳥さんたちが現れた。トップバッターはツグミ(だと思う)。
ツグミ_1
ツグミ_2
ツグミ_3
ツグミ_4
ツグミ_5
ツグミ_6
ツグミ_7
ツグミ_8
ツグミ_9
ツグミ_10
ツグミ_11
ツグミ_12
ツグミ_13
ツグミ_14
ツグミ_15
ツグミ_16
ツグミ_17
ツグミ_18
シジュウカラ
田舎に住んでいた頃からよく見ていた鳥さんだ。よく見るとおしゃれなカラーリングだ。
シジュウカラ_1
シジュウカラ_2
シジュウカラ_3
シジュウカラ_4
シジュウカラ_5
シジュウカラ_6
メジロ
漸く久しぶりにカメラに収めることができた。大好きな鳥さんだ。
メジロ_1
白い縁取りに黒い目だと思っていた。よく見ると、違うようだ。
メジロ_2
メジロ_3
メジロ_4
メジロ_5
メジロ_6
メジロ_7
メジロ_8
メジロ_9
何を漁っているのだろうか
メジロ_10
メジロ_11
きれいな鶯色だなあ
メジロ_12
メジロ_13
メジロ_14

エガラは何度も挑戦したが、うまく撮れなかった。残念。もう暫く練習してからでないと、どこへ行っても対応できそうにない。
以上で、『鳥撮りの練習』のミニシリーズは終了です。最後までご覧いただき有難うございました。

 

鳥撮りの練習(2)

前回の河原であまりにも成果を出せなかったので、場所を変えて挑戦してみた。今回は都心の公園だ。
都心の公園で(1月6日)
シジュウカラ
最初に登場してくれた。逆光でかなり遠い。この程度で仕方なかろう。
シジュウカラ_1
シジュウカラ_2
ジョウビタキ(メス)かな
ジョウビタキ(メス)かな_1
ジョウビタキ(メス)かな_2
ジョウビタキ(メス)かな_3
ジョウビタキ(メス)かな_4
ジョウビタキ(メス)かな_5
ジョウビタキ(メス)かな_6
低速連写では遅すぎたかなあ
ジョウビタキ(メス)かな_7
ジョウビタキ(メス)かな_8
コサギ
コサギ_1
コサギ_2
カワセミ
メスのようだ。オスは何度か見かけたが、撮影に至らなかった。このメスはいつも同じところに陣取っているようだ。そして、余り動きがないとのことだった。確かにそんな感じだった。
カワセミ_1
カワセミ_2
カワセミ_3
カワセミ_4
カワセミ_5
カワセミ_6
カワセミ_7
カワセミ_8
カワセミ_9
カワセミ_10
カワセミ_11
カワセミ_12
ダイサギとコサギ
揃い踏みするとかなり大きさが違うのがよく分かる
ダイサギとコサギ_1
ダイサギとコサギ_2
ダイサギとコサギ_3
ダイサギとコサギ_4
ダイサギとコサギ_5
コサギ
コサギ_2_1
コサギ_2_2
コサギ_2_3
コサギ_2_4
コサギ_2_5
コサギ_2_6
ダイサギ
ダイサギ_1
ダイサギ_2
ダイサギ_3

メジロ、カワセミ(オス)、エナガは見かけたけれど撮影できなかった

 

鳥撮りの練習(1)

1月4,6,11日と撮影場所を変えながら鳥撮りの練習をしてみた。EOS 7D mark IIにEF400mm F5.6L USMと少し焦点距離を長くするためのEF EX1.4IIとを装着という仕様。お金がないので、何とか野鳥さんが撮れるギリギリの仕様にとどめている。400ミリ単焦点というのは、肉眼で見つけた後、フレームの中に被写体を収めるのが、万年初心者の私には非常に困難。うまくフレーミングできないときにズーム・アウトして探すことをしていたが、できないので、レンズを動かして探すしか無い。その間に飛んでいってしまうことが少なくない。
おまけに手ブレ防止機構無しの手持ち撮影だ。

河原で(1月4日)
30分ほどで往復できるところに鳥さんを撮りに行った。殆ど何もいないだろうなと覚悟していったが、予感通りだった。珍しくもない鳥さんばかりだった。
マガモ
きれいだから好き。ミーちゃん的感想だが、いつもそう思う。
マガモ
ハクセキレイ
最近良く見かける。『出すぎだよ』と独りごちるが、出てこないと、それこそ何も撮れなくなってしまうかも。
ハクセキレイ_1
ハクセキレイ_2
ハクセキレイ_3
アオサギ
珍しく目の前で飛んでくれた。私の後方から追い抜くように飛んでいったので、途中からのショットになってしまった。
アオサギ_1
アオサギ_2
アオサギ_3
カワウ
こいつまで飛び立った。嫌な爺さんが来たとでも思ったのだろうか?
カワウ_1
カワウ_2
カワウ_3
カワウ_4
カワウ_5
3J8A6117_R.jpg
カワウ_7
カワウ_8
釣られたように別の個体も
カワウ_9
カワウ_10
カワウ_11
白鷺
大中小のいずれだろうか?色飽和でよくわからないがコサギだと思う。餌を獲った。その捕食シーン。
白鷺_1
白鷺_2
白鷺_3
白鷺_4
白鷺_5
白鷺_6
白鷺_7
白鷺_8
カワウ
多摩川の上空を騒々しく啼きながら飛んでいった
カワウ_2_1
カワウ_2_2
カワウ_2_3
カワウ_2_4
カワウ_2_5
カワウ_2_6
ツグミ
だろうか。もう少し近くで撮りたかった。
ツグミ_1
これもそうだろうか
ツグミ_2
オオバン
君たちも登場しすぎだぞ。どうせなら仲間のバンの方を連れてきてくれ。
オオバン_1
オオバン_2
ツグミ
だと思う
ツグミ_2_1
ツグミ_2_2
ツグミ_2_3
ツグミ_2_4

いるかもしれないと期待していたカワラヒワ、カワセミ、モズなどは残念ながら見かけなかった

 

兵庫~滋賀~京都(17)

仁和寺(4)
霊明殿 登録有形文化財
仁和寺の院家(いんげ)であった喜多(北)院の本尊薬師如来坐像を安置する為に明治44年(1911年)に建立されたそうだ。字面から、門跡の位牌が安置されているのかと思ったが、私の考え通りではなかった。同じ登録有形文化財で『霊宝館』という似通った名称の建物もある。それと混同されないように。
外観
一間の堂々たる向拝が付いた檜皮葺きの方三間の宝形造のお堂。近くで見るとすごい迫力だ。
霊明殿_外観_1
近衛文麿筆の扁額が光る。ぐんと迫り出した向拝の迫力も迫力も凄い。
霊明殿_外観_2
霊明殿_外観_3
設計者の亀岡末吉が得意とした唐草を図案化した彫刻を施された蟇股
霊明殿_外観_4
霊明殿_外観_5
堂内の様子
三間幅の仏壇(須弥壇)など、なかなか見ることができるものではない。凄いの一言に尽きる。
霊明殿_堂内の様子
黒書院の北側に渡り廊下を介して南面して建ち、方三間、宝形造、一間向拝付、檜皮葺である。内部は一室で三間幅の仏壇を設け、折上小組格天井を張る。平安後期頃の様式を意識した構成としつつ、蟇股には亀岡末吉の得意とした唐草を図案化した彫刻を施す。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
宸殿の北東にみえる霊明殿は、仁和寺の院家であった喜多(北)院の本尊 薬師如来坐像を安置する為に明治44年(1911年)に建立。設計は亀岡末吉。内部は正面に須弥壇を置き、小組の格天井をはじめ、蟇股の組物などの細部に至るまで見事といえ、他の建物ともよく調和しています。また正面上に掲げられた扁額は近衛文麿の筆です。

遼廓亭 国指定重要文化財
渡り廊下からは、庭木が少し邪魔になり、全体の様子がわかるほどの写真が撮れなかった。尾形光琳の屋敷からいつ移築されたものなのだろうか。近くで拝見できなくて、残念至極。
遼廓亭 国指定重要文化財_1
遼廓亭 国指定重要文化財_2
1661-1750年建立。江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から移築されたもので、葺下し屋根の下に袖壁を付け、その中ににじり口を開いているのが珍しいとされる。

渡り廊下
霊明殿に通じるということもあるのか、こちらも檜皮葺の豪華な構築物
以下2点は、霊明殿に通じる専用の通路だ。もう片方は黒書院に繋がる。
渡り廊下_1
渡り廊下_2
正面の建物が白書院。左側の建物が霊明殿。右側の建物が黒書院。
渡り廊下_3
右側の建物は白書院
渡り廊下_4

黒書院 登録有形文化財
外観は立ち入りが許された位置からははっきりとは把握できない。京都・花園にあった旧安井門跡の寝殿を移して改造したものだそうだ。何故移したかの事情は私にはわからない。
外観
特別な許可を得ていれば別だが、普通はここからしか撮ることができない
黒書院 登録有形文化財_外観_1
左側の建物。ちなみに右側の建物が宸殿である。
黒書院 登録有形文化財_外観_2
室内の様子
堂本印象画伯の作品。朴念仁の私にはよくわからないものだった。
黒書院 登録有形文化財_室内の様子_1
黒書院 登録有形文化財_室内の様子_2
黒書院 登録有形文化財_室内の様子_3
黒書院 登録有形文化財_室内の様子_4
黒書院 登録有形文化財_室内の様子_5
宸殿の西側に建立。京都・花園にあった旧安井門跡の寝殿を移して改造したもので、明治42年(1909年)竣工。設計は安田時秀。内部は竹の間・秋草の間など6室からなり、昭和12年(1937年)に堂本印象(1891〜1975)が描いた襖絵が室内全体を飾ります。現在、印象が付けた画題の名がそのまま各室の名称となっています。

一通り御殿内を見て回った。次回から、3回分に亘って別テーマを挿入した後、いよいよ国宝・重要文化財がきらめくゾーンを見て回る。

 

兵庫~滋賀~京都(16)

仁和寺(4)
宸殿 登録有形文化財(2)
その他、宸殿外側の様子
南庭と北庭とを区切る塀
南庭と北庭とを区切る塀
東側にある杉戸に描かれていた画
東側にある杉戸に描かれていた画
北庭の北西側に霊明殿が見える
北庭の北西側に霊明殿が見える_1
北庭の北西側に霊明殿が見える_2
建物内部
宸殿は、西から東に向けて、上段の間、中段の間、下段の間の三室により構成される。襖絵は大正2年、原在泉画伯が描いた作品。
説明書き
説明書き
下段の間
だと思う。やや自信なし。
下段の間_1
下段の間_2
中段の間
『葵祭之図』があるようなので、中段の間だと思う
中段の間_1
中段の間_2
中段の間_3
上段の間
門跡の御座所。ただの門跡ではなく、門跡寺院の筆頭として仏教各宗を統括していたんだ。部屋の豪勢さが印象的だ。床の間にあるのは宇多法皇の御影だろうか?はっきりしなくて恐縮だが、私の腕前ではこのくらいでも精一杯だ。
上段の間_1
上段の間_2
上段の間_3
上段の間_4
上段の間_5

次に目指すは渡り廊下の向こうにある霊明殿だ
次に目指すは渡り廊下の向こうにある霊明殿だ

 

兵庫~滋賀~京都(15) 2017.01.10 21:34追記

仁和寺(3)
渡り廊下を右折すると宸殿に入ることになる
渡り廊下を右折すると
宸殿 登録有形文化財(1)
寛永年間に御所から下賜された常御殿が二百数十年の長きに亘って宸殿の役割を果たしていたが、明治20年(1887年)に焼失してしまった。現在は大正3年(1914年)に竣工されたものが新しい宸殿となっている。実際に見てみればすぐに分かることだが、他のどこにも負けない立派な建物だ。
外観南側
白書院に向かう渡り廊下からの景観_2
右近の橘、左近の桜というのは、宸殿から見た位置関係を言うようだ
正面広縁からの景観_3
外観北側
外観北側_1
この位置から私も撮った。しかしながら、木が邪魔になりよく見えない。仕方がなく、PDF画像を借用する。
外観北側_2
残念な私の撮影分
外観北側_3
南側廊下と南庭越しの景観
南側廊下
その佇まいは見事なものだ。そして、ここから見える勅使門や二王門なども本当に素晴らしい眺めだ。というような感想は現代の我々の感想にすぎない。常御殿の時代は、門跡寺院の筆頭である仁和寺のご門跡がご座された上段の間の背後の広縁だ。いやしくもドタドタと音を立てて通行したり、立ち止まって景観を愛でるような心得違いは許されなかったのだろう。
南側廊下と南庭越しの景観_1
白書院
南側廊下と南庭越しの景観_2
南側廊下と南庭越しの景観_3
勅使門と二王門
南側廊下と南庭越しの景観_4
勅使門
南側廊下と南庭越しの景観_5
大正2年(1913年)竣工。設計は京都府技師であった亀岡末吉。檜皮葺屋根の四脚唐門で前後を唐破風、左右の屋根を入母屋造としています。また、鳳凰の尾羽根や牡丹唐草、宝相華唐草文様や幾何学紋様など、細部にまで見られる彫刻装飾は、伝統的和様に亀岡独自の意匠を取り入れたもので、斬新かつ見応えがあります。
北庭越しの景観
こちらも南庭越しの景観に負けていない。堂々たる景観だ。素晴らしいと思ったら、七代目小川治兵衛の作庭だったんだ。う~~ん。
飛濤亭と五重塔
素晴らしい景観だ。後ほど五重塔は近くで見る。
北庭越しの景観_1
北庭越しの景観_3
北庭越しの景観_4
北庭越しの景観_5
北庭越しの景観_6
飛濤亭(Hitotei) 国指定重要文化財
これよりクローズアップした画像は撮れなかった。このエリアには、こちらの茶室と遼廓亭というもう一つの茶室とがある。いずれも国指定重要文化財だが、特別公開のときのみ見学可の扱いとなるようで、普段は近づけないようだ。下の解説を読むと、躙口のかわりに貴人口が設けられているんだ。そういうものなんだなあ。
北庭越しの景観_7
第119代光格天皇(1771〜1840)遺愛の席と伝えられている茶室。仁和寺第28世 深仁法親王(1759〜1807)は光格天皇の異母兄にあたります。飛濤亭は宸殿北庭の築山にあり、入母屋造・茅葺の屋根で覆われています。内部は四畳半に台目がついた茶室と水屋の間、勝手の間で構成され、入口は躙口のかわりに貴人口が設けられています。また壁には長いすさが散らされ、落ち着いた雰囲気が漂います。

儀式や式典に使用される御殿の中心建物で、寛永年間に御所から下賜された常御殿がその役割を果たしていましたが、明治20年(1887年)に焼失。現在は大正3年(1914年)竣工されたもの。御所の紫宸殿と同様に檜皮葺、入母屋造。内部は三室からなり、襖絵や壁などの絵は全て原在泉(1849〜1916)の手によるもので、四季の風物をはじめ、牡丹・雁などが見事に描かれています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
近世初期の皇居・常御殿を移築したものであったが、1887年(明治20年)に焼失。現在の建物は明治時代末-大正時代初期に亀岡末吉の設計により再建されたものであるが、宸殿の南北に配置された庭園とともにかつての宮殿の雰囲気を漂わせている。

 

兵庫~滋賀~京都(14)

仁和寺(2)
白書院に向かう渡り廊下からの景観が素晴らしい。そして、白書院の正面広縁から眺める景観は更に素晴らしい。もちろん、白書院の室内も負けず劣らずに素晴らしい。
双ヶ岡からの仁和寺の様子
PDF画像を借用して、境内の様子を遠望してみる。行った時は気が付かなかったが、境内の背後には山が迫っていたんだ。今回取り上げる白書院は、画面の左やや下部にある屋根が込み入っている辺りだ。おそらく妻側が大きく見えている建物だと思う。そして、その後方の大きな檜皮葺の右側に少し張り出している建物が宸殿で、小さな檜皮葺の建物が霊明殿だと思う。
双ヶ岡からの仁和寺の様子
白書院に向かう渡り廊下からの景観
南庭越しに宸殿が見えた
白書院に向かう渡り廊下からの景観_1
宸殿と五重塔とが見えた
白書院に向かう渡り廊下からの景観_2
白書院に向かう渡り廊下からの景観_3
白書院に向かう渡り廊下からの景観_4
白書院 登録有形文化財(建造物)
ご下賜された常御殿が宸殿の役割を果たしていたが、明治20(1887)年の火災で焼失してしまった。その直後、明治23(1890)年に仮宸殿として建てられた。その後、大正3(1914)年に宸殿が建てられるまでその役目を果たし、それ以降は、白書院と称されるようになった。
内部の様子
襖絵などは、昭和12年(1937年)に福永晴帆(1883〜1861)画伯の松の絵が部屋全体に描かれた。勢いのある見事な絵だと思った。
内部の様子_1
内部の様子_2
あれ、変だ。何か足らない。直下の像と見比べられたい。
内部の様子_3
同じだろうか?上のショットには、李白の筆『壮観』の拓本がないのだ。どうしたのだろうか? (PDF画像を借用)
内部の様子_3_2
内部の様子_4
内部の様子_5
内部の様子_6
正面広縁からの景観
南庭越しに勅使門が見える
正面広縁からの景観_1
正面広縁からの景観_2
宸殿が見える。手前の樹木が「左近の桜」「右近の橘」のようだ。御所並みということか。
正面広縁からの景観_3
勅使門と二王門とが見える
正面広縁からの景観_4
渡り廊下
宸殿、黒書院、霊明殿と繋がっている
渡り廊下

宸殿と大玄関の間に東面して建ち、桁行一15.8メートル梁間12.5メートル、入母屋造桟瓦葺である。表と裏に三室ずつ配る六室構成で、正面広縁を吹放しとする。表側の室境は竹の節欄間とし座敷にトコと棚を設える。旧宸殿としての格調を備える書院である。

 

兵庫~滋賀~京都(13) 2017.01.09 18:45追記

こちら仁和寺における撮影は一切自由ということだった。そうと聞いたからには、遠慮せず相当な枚数を撮らせてもらった。ピンぼけでない限り、仁和寺の良さを知っていただくため、取り上げることにする。

仁和寺(1)
境内案内図
境内案内図
二王門 国指定重要文化財
1641-1645年建立の和様建築。神護寺や高山寺のそれらと同年代の建立。こちらは国宝の金堂以外はずらりと国指定の重要文化財が並ぶ。神護寺や高山寺のそれらは、京都府文化財以下の扱い。その差は何か。徳川幕府の寄進であったり、皇居からの御下賜だったりするから、建物そのものが豪華だからなんだろう。
同時期に建立された知恩院三門、南禅寺三門が禅宗様の三門であったのに対し、平安時代の伝統を引く和様で統一されている。禅宗様も和様も理解しない朴念仁には、その違いが掴めていない。

表側
二王門 国指定重要文化財_1
二王門 国指定重要文化財_2
二王門 国指定重要文化財_3
二王門 国指定重要文化財_4
裏側
二王門 国指定重要文化財_5
金剛力士像
阿形像と吽形像。作者は不明だそうだが、家光の寄進であるからには、それなりの仏師が作者なのだろう。
二王門 国指定重要文化財_6
二王門 国指定重要文化財_7
仁和寺の正面に建つ巨大な門。高さは18.7mで重層、入母屋造、本瓦葺。門正面の左右に阿吽の二王像、後面には唐獅子像を安置します。同時期に建立された知恩院三門、南禅寺三門が禅宗様の三門であったのに対し、平安時代の伝統を引く和様で統一されています。
嵐電北野線 御室駅
仁和寺の至近距離の駅にふさわしい外観の駅舎だ
二王門 国指定重要文化財_8

普段は境内への入場は無料であり、御殿・霊宝館の拝観のみ有料となる。見ておいてよかったと思うに違いないから、御殿・霊宝館もパスせずにいきたい。

本坊表門 国指定重要文化財
ここを潜ると御殿がある。夢のようなエリアだ。白書院、宸殿、黒書院、霊明殿が渡り廊下で結ばれている。これらの建物は、1887年(明治20年)に御殿が焼失した後のものだが、それでも、登録有形文化財にしていされている。この一角にある、茶室「遼廓亭」(重要文化財)は、江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から移築されたもので、もう一つの茶室「飛濤亭」(重要文化財)は、江戸時代末期に光格天皇の好みで建てられた草庵風の茶席。1596-1615年建立。
本坊表門 国指定重要文化財_1
本坊表門 国指定重要文化財_2
大玄関とその手前のエリア
白書院、宸殿、黒書院、霊明殿へと誘う重要な場所だ。文化財指定の観点からは無印だが、相応の風格がある。
大玄関とその手前のエリア_1
大玄関とその手前のエリア_2
大玄関とその手前のエリア_3
皇族門 登録有形文化財(建造物)
大玄関とその手前のエリア_4
大玄関とその手前のエリア_5
この門もいい感じだ。後でやっと判明したのだが、皇族門なのだから。
大玄関とその手前のエリア_9
大玄関から東にのびる塀の中間に構える門で、四脚平唐門、檜皮葺である。本柱は円柱、控え柱は角柱で、男梁上の蟇股と舟肘木で棟木を受け、軒は大疎垂木とし、桟唐戸の上に透彫欄間を入れる。御殿群の前庭と内庭を仕切る、木割の細い、繊細な姿の門である。
大玄関とその手前のエリア_6
大玄関とその手前のエリア_7
振り返ると、二王門と本坊表門の国指定重要文化財コンビが威風堂々とそびえている
大玄関とその手前のエリア_8
御殿の中に入る
小手調べの段階から参観者の度肝を抜くハイテンションぶりだ
御室流のいけばなと『華蔵界会』(けぞうかいえ)の文字
大玄関では、御室流のいけばなと『華蔵界会』(けぞうかいえ)の文字が見学者を待つ。撮影自由というからには、せめてきれいに撮らなくちゃと力が入った。『華蔵界会』は、蓮華蔵世界の略称で、華厳経や梵網経に説かれる大蓮華からなる世界の事、という意味合いだそうだ。
大玄関とその手前のエリア_8
その右隣
大玄関とその手前のエリア_9
いよいよ渡り廊下から白書院に向かう
大玄関とその手前のエリア_10

 

年末年始のご馳走

我が家では大晦日に寿司の出前をお願いする他は、いまのところ、自宅で拵えたものが並ぶ。この準備のために大晦日の朝までは、私は粗大ゴミ扱いとなる。役に立たないのだから仕方がない。

大晦日
至って簡単に済ませる感じ。無事に年を越すことができたことを感謝。
大晦日_1
大晦日_2
大晦日_3
元日
縁起のものなので、いつもよりはかなり豪華に。頑張ってくれた妻に感謝し、今年が良い年でありますように願う。
元日_1
元日_2
元日_3
元日_4
元日_5
元日_6
元日_7
元日_8
元日_9
孫達のおすまし顔
孫達_1
孫達_2

 

兵庫~滋賀~京都(12)

栂尾山高山寺(3)
石水院 国宝(3)
玄関前にて
吊り苔玉
色々丁寧に説明してもらった。そのときはなるほどなあと思ったのだ。だが、さっぱり思い出せない。年はとりたくないものだ。
吊り苔玉_1
吊り苔玉_2
吊り苔玉_3
吊り苔玉_4
宿り木
薄緑のものは非常に珍しいものだという説明を受けた記憶だけは残っている。何がどう珍しいのか、こちらも一切忘れてしまった。
宿り木_1
宿り木_2
宿り木_3
宿り木_4
『遺香庵』の東屋かな
『遺香庵』の東屋かな
これは庫裡かな
これは庫裡かな
茶室『遺香庵』と庭園
特別公開時にしか入ることができないようだ。う~~ん、残念。作庭をあの小川治兵衛が手がけた庭なのに。石段の上まで行って、撮れる限りの写真を撮っておくべきだったかなあ。
茶室『遺香庵』と庭園_1
PDF画像を借用
茶室『遺香庵』と庭園_2
明恵上人700年遠忌に際し、当時の住職土宜覚了は境内の整備に力を尽した。その一環として、昭和6年(1931)に建立されたのが茶室遺香庵である。
茶祖明恵上人の茶恩に酬い、その遺香を後世に伝えることを主旨として、高橋箒庵(そうあん)ら全国の茶道家100人の篤志によって完成した。数寄屋大工は3代目木村清兵衛、作庭は小川治兵衛である。
庭の最上部に位置する腰掛には香取秀真(ほずま)銘の梵鐘が掛かる。遺香庵庭園は平成7年(1995)に京都市指定名勝とされた。平時は非公開である。

開山堂
明恵上人が晩年を過ごし、入寂した禅堂院の跡地に建つ開山堂。石水院以外は皆焼失したというのだから、戦国時代に突入したときの迷惑は非常に大きいものがあったんだ。
開山堂_1
開山堂_2
開山堂_3
開山堂_4
重要文化財指定は受けていないはずだが???
開山堂_5
明恵(1173〜1232)が晩年を過ごし、入寂した禅堂院の跡地に立つ。明恵上人坐像が安置され、御影堂信仰の対象となった。建物は室町時代に兵火をうけて焼亡し、江戸時代に再建されたものである。現在、法要はこの開山堂で営まれることが多い。1月8日に明恵上人生誕会、1月19日に明恵上人命日忌法要、11月8日に献茶式が行われる。
霊廟
明恵上人の墓所。簡素ではあるが、心のこもったもののように感じられた。
霊廟_1
霊廟_2
高さ320cmの宝篋印塔(手前の不思議な形状のもの?)と高さ140cmの如法経塔(そのすぐ奥のもの?)とがある。いずれも鎌倉時代のもので、国指定の重要文化財のようだ。下記URLにある写真と位置を若干変えたのかな?
霊廟_3
如法経塔を取り上げたページへjump
宝篋印塔を取り上げたページへjump
手前に立つ細長い石碑が『阿留辺幾夜宇和』碑。私にはチンプンカンプンなので、興味のある方は、下記URLを参照されたい。
霊廟_4
石碑「阿留辺幾夜宇和(あるべきやうわ)」を解説したページへjump
霊廟_5
霊廟_6
開山堂上の御廟は明恵上人の墓所である。覆屋の中に古い五輪塔を収める。廟の手前左手の一段高くなった所に古色を留めた塔が立つ。左端が宝篋印塔。高山寺型と呼ばれる古式の塔で、上人に帰依した富小路盛兼の寄進と伝える。その右が如法経塔である。廟近くには歴代住持たる土宜法龍、土宜覚了、小川義章、葉上照澄の墓もある。墓域の入口に明恵の遺訓を記した小川義章筆の石碑「阿留辺幾夜宇和(あるべきやうわ)」が立つ。
仏足石
境内には「仏足石参道」の石碑が2基あって、信仰を集めたことが知られるというのか。まさに信じる者は救われる世界だなあ。
仏足石_1
仏足石_2
御廟を右手に見て、左の細道に入ると簡素な覆いの下に仏足石がある。釈の足跡をかたどり礼拝の対象としたもので、千輻輪宝(せんぷくりんぽう)、金剛杵(こんごうしょ)、双魚紋(そうぎょもん)などの紋様をもつ。近世の模刻ながら、釈尊に愛慕の情をよせた明恵を偲ぶことができる。そこから木の根道をあがると金堂に至る。境内には「仏足石参道」の石碑が2基あり、信仰を集めたことが知られる。
金堂
本堂が兵火で焼失し、代わりに金堂が移築されてきているのか。本堂と金堂の違いって何だろうか?
金堂_1
金堂_2
かつての本堂の位置に立つ。桁行3間、梁間3間の一重入母屋造、銅板葺。承久元年(1219)に完成した本堂は、東西に阿弥陀堂、羅漢(らかん)堂、経蔵、塔、鐘楼、鎮守を従えた檜皮葺(ひわだぶき)5間4面の堂宇で、運慶作の丈六盧舍那仏(るしゃなぶつ)などが置かれたという。その本堂は室町時代に焼失し、現在の金堂は江戸時代寛永年間(1624〜44)に御室仁和寺真光院から古御堂を移築したものである。釈如来像を本尊とする。
金堂への石段
段差が大きく、かつ、石が不揃いなため非情に歩きづらい。これは上り下りともに足腰にダメージがくる。まあ、そういう文句ばかり言っていては罰当たり者と怒鳴られてしまうかもしれないなあ。
金堂への石段
高山寺では、清滝川から楞伽山(りょうがせん)へいたる斜面に堂宇が造営されている。金堂は境内の最も奥まった場所にある。その左右にひろがる平坦地にかつては堂宇が建ち並び、創建時の高山寺の中心をなした。表参道から金堂へは、亭々たる杉木立の中、やや勾配の急な石段を踏んであがる。

次は仁和寺へ向かう

 

兵庫~滋賀~京都(11)

栂尾山高山寺(2)
石水院 国宝(2)
石水院は庫裡のように見える建物といわゆるお堂にふさわしい部分とが渡り廊下で繋がっている。正しくはお堂のように見える部分のみが石水院なのだろう。あとで調べたら、玄関に向かって左から、庫裡、客殿、石水院になっていた。
最初に見た部屋
客殿の一室。すごく落ち着く感じの部屋だった。『慎終干始』は中国の言葉で、『終わりを慎むは始めに干(おい)てせよ』という意味合いのようだ。貝原益軒の修養論にも登場する言葉らしい。字そのものは判読できても、意味合いはまるでわからなかった。
最初に見た部屋
渡り廊下脇の小さな池
池を挟んで、ガラス戸のある方が客殿。濡れ縁のある方が石水院。
渡り廊下脇の小さな池_1
渡り廊下脇の小さな池_2
渡り廊下脇の小さな池_3
渡り廊下
すごく雰囲気のある渡り廊下。廊下フェチの私には堪らない感じ。石水院側から客殿側を撮った。
渡り廊下

私のような朴念仁でも、素直にいいなあと思えるお庭。特別に飾ってはいないのだろうが、素晴らしい。
庭_1
庭_2
庭_3
庭_4
庭_5
廂の間
廂の間_1
富岡鉄斎筆「石水院」の横額
『鉄斎居士御年九十』と書かれてあるようにみえるが、自信なし。
廂の間_2
菱格子戸と本蟇股
粋なのに驚かされた。透けて見える部分が多く、『内外の境界はあいまいにされ、深い軒が生む翳りの先に光があふれる』という記述は嘘じゃないなと思った。
廂の間_3
善財童子像
明恵上人は善財童子を敬愛していたのか。こちらは未だに善財童子がどういう存在なのかよく理解できていないのだが。
廂の間_4
石水院の西正面。かつて春日・住吉明神の拝殿であったところで、正面には神殿構の板扉が残る。欄間に富岡鉄斎筆「石水院」の横額がかかる。鉄斎は明治期の住職土宜法龍と親交があり、最晩年を高山寺に遊んだ。落板敷の中央に、今は小さな善財童子(ぜんざいどうじ)像が置かれている。華厳経(けごんきょう)にその求法の旅が語られる善財童子を明恵は敬愛し、住房には善財五十五善知識の絵を掛け、善財童子の木像を置いたという。吊り上げの蔀戸(しとみど)、菱格子戸、本蟇股(かえるまた)によって、内外の境界はあいまいにされ、深い軒が生む翳りの先に光があふれる。
南縁
景観が抜群。元の位置からこの場所に移築して私は大成功だと思う。元の場所はやや薄暗い。それに比して、こちらは日射しがあるし、景観の良さがあるように思う。
南縁_1
南縁_2
南縁_3
南縁_4
南縁_5
南縁_6
南縁_7
石水院の南面は清滝川を越えて向山をのぞみ、視界が一気に開ける。縁から一歩下がって畳の上に腰をおろすと、風景が柱と蔀戸(しとみど)、広縁によって額縁のように切り取られる。南面の欄間には伝後鳥羽上皇の勅額「日出先照高山之寺(ひいでてまずてらすこうざんのてら)」がかかり、寺号の由来を語る。西面には長く高山寺の中心的子院であった十無盡院(じゅうむじんいん)の額も見ることができる。
堂内
『日出先照高山』
当たり前のことを書いているように思えてしまうが、華厳経の比喩に由来する言葉なのか。華厳経に触れる機会など無いので、華厳経の比喩がどういうものなのか、よくわからない。
堂内_1
高山寺は古く「神護寺別院」「神護寺十无盡院」などと呼ばれ、栂尾の地にあった神護寺の別院であった。建永元年(1206)11月、後鳥羽院の院宣により、華厳興隆の勝地として明恵が栂尾の地を賜ったのが高山寺の起りである。その際に下賜された後鳥羽院宸翰の勅額といわれる。背面に陰刻で「建永元年」「藤原長房」(後鳥羽院の近臣、後の慈心房覚真)とあり、長房が院と明恵との仲立ちをつとめたらしい。「日出先照高山」という表現は華厳経の比喩に由来し、字句は華厳経の注釈書(明恵が重視した『華厳経探玄記』など)に見える。
国宝の『明恵上人像(樹上坐禅像)』の掛け軸
座敷にかかっていた。あれは本物だろうか?おそらく複製だと思われるがどうなのだろう。そして、アクリルのケースの中に収納されているのは、国指定の重要文化財の『木彫りの狗児』だろうか?
堂内_2
PDF画像はこんなふう
堂内_3
明恵は貞応元年(1222)に栂尾へ還住し、最晩年を過ごす。高山寺の後山、楞伽山には、上人坐禅の遺跡(華宮殿〈けきゅうでん〉、羅婆坊〈らばぼう〉、縄床樹〈じょうしょうじゅ〉など)が今も残る。華宮殿の西に二股に分かれた一株の松があった。縄床樹と名付け、常々そこで坐禅入観したという。図上の賛によれば、この絵は縄床樹に座る明恵を描いたものである。明恵の近侍、恵日坊成忍(じょうにん)の筆といわれ、明恵の人となりをよく伝える。背景には松、岩、藤、小鳥、栗鼠(りす)などが配される。肖像画にしては人物が小さく、人と自然とが拮抗しつつ調和している。画面構成が羅漢図に似通い、宋画の影響が見られるという指摘がある。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
国指定の重要文化財の『木彫りの狗児』
明恵が動物を慈しんだことは伝記に多く語られ、『夢記(ゆめのき)』にもしばしば動物が顔を出す。幼い日々、亡き父母を慕う明恵は、小動物を見てはその生まれ変わりかもしれないと思い、子犬をまたいでしまった後に立ち返って拝んだという逸話が残る。また後年、夢に「子犬」が現れることもあった(元久元年〈1204〉6月・建永元年〈1206〉正月)。それらと重なり合うような、愛らしい実寸大の子犬の木彫りである。伝快慶作。明恵が座右に置いて愛玩した遺愛の犬と伝える。志賀直哉は「時々撫で擦りたいような気持のする彫刻」と記している。

鳥獣人物戯画複製
堂内_4
堂内_5
堂内_6
高山寺を代表する宝物である。現状は甲乙丙丁4巻からなる。甲巻は擬人化された動物を描き、乙巻は実在・空想上を合わせた動物図譜となっている。丙巻は前半が人間風俗画、後半が動物戯画、丁巻は勝負事を中心に人物を描く。甲巻が白眉とされ、動物たちの遊戯を躍動感あふれる筆致で描く。甲乙巻が平安時代後期の成立、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えられる。鳥羽僧正覚猷(かくゆう、1053〜1140)の筆と伝えるが、他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前が指摘されている。いずれも確証はなく、作者未詳である。天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものであろうと考えられている。

桁行正面3間、背面4間、梁間3間、正面1間通り庇。一重入母屋造(いりもやづくり)、妻入、向拝(ごはい)付、葺。五所堂とも呼ばれる。創建当時、現石水院は東経蔵として金堂の東にあった。安貞2年(1228)の洪水で、東経蔵の谷向いにあったもとの石水院は亡ぶ。その後、東経蔵が春日・住吉明神をまつり、石水院の名を継いで、中心的堂宇となる。寛永14年(1637)の古図では、春日・住吉を祀る内陣と五重棚を持つ顕経蔵・密経蔵とで構成される経蔵兼社殿となっている。明治22年(1889)に現在地へ移築され、住宅様式に改変された。名をかえ、役割をかえ、場所をかえて残る、明恵(みょうえ)上人時代の唯一の遺構である。

 

兵庫~滋賀~京都(10)

神護寺の参道を下り、高尾橋の近くの茶屋で、小休憩をとり、清滝川沿いを戻り、高山寺を目指す。
途中の道筋
小休憩
爺さんになり、動きっぱなしでの行動はできなくなってしまった。取り敢えず、甘いものをお腹に入れ、小休憩をとった。
小休憩
挨拶してくれた野鳥さん
清滝川沿いの道を歩いていたら何やら頭上で騒がしい。エナガとコゲラとが歓迎してくれたようだ。エナガはピンぼけばかり。十羽くらいが群れていたのに、残念なことだ。鳥さんが突如現れるとは予想もしていなかったので、追随できなかった。
挨拶してくれた野鳥さん_1
同じ木に居たコゲラ
挨拶してくれた野鳥さん_2
木の真下は清滝川。この高さから落ちたら死ぬよ。そう思ったが彼らは鳥さんだったんだ。
挨拶してくれた野鳥さん_3
やはり清滝川は綺麗だ
やはり清滝川は綺麗だ_1
やはり清滝川は綺麗だ_2
栂尾山高山寺(1)
高山寺は京都市右京区栂尾にある古刹。創建は奈良時代に遡るともいわれ、その後、神護寺の別院であったのが、建永元(1206)年、明恵上人が後鳥羽上皇からその寺域を賜り、名を高山寺として再興した。
鳥獣人物戯画で知られた寺院であることは知っていたが、パンフレットによれば、日本最古の茶園として知られるそうだ。お茶ということになれば、栄西禅師の絡みだな。雨脚が強くなり先を急いでいたので、茶園はすっかり見落としてしまった。
更に意外なことにアッシジの聖フランシスコ教会と兄弟教会の約束を交わしているのだそうだ。カトリック信徒の端くれなのに、まるで知らなかった。

表参道
参道入口付近
こちらは、周山街道の下り坂から逸れて僅かに上る程度だから、神護寺と比べて参道はそれほどきつくはなかった
参道入口付近
石碑
『佛足石参道』の石碑。肉眼で見た時ははっきり見えたのに、ピンボケ写真で字面がよくわからなくなってしまった。境内には、確かに佛足石があることはあったが、…。参道の名称にするほどの信仰対象だったのかなあ。
石碑_1
『栂尾山高山寺』の石碑。こちらはわかりやすい。…この表示だけで十分かも。
石碑_2
その先の参道
距離が短いし、斜度もさほどではない。大して辛い参道では無い。
その先の参道_1
その先の参道_2
その先の参道_3
大した距離があるわけではないのに、深山幽谷に足を踏み入れた感じ
その先の参道_4
その先の参道_5
この道は後で歩くことにする
その先の参道_6
その先の参道_7
石水院 国宝(1)
鎌倉期の建物は石水院のみを残すだけ。神護寺と同様に室町時代末期の戦乱に巻き込まれたのだ。鎌倉時代の建築で、入母屋造、杮葺き。明恵上人が後鳥羽院から学問所として賜わった建物で、上人時代の唯一の遺構だそうだ。もともとは金堂の右後方に残る石段の上に建っていたが、明治22(1889)年に現在地に移築した。
道案内
こんなものがあった。わかりやすい。
道案内
石垣と塀に囲まれたところが石水院
左側の石垣の上が茶園になっているようだ
石垣と塀に囲まれたところが石水院
案内図
屋根には苔がすごかった
案内図
門をくぐる
中は落ち着いたいい感じ
門をくぐる_1
門をくぐる_2
門をくぐる_3
左折すると柿葺きの石水院が見えてくる
門をくぐる_4
こちらの石水院への入り口からではなく、客殿の玄関の方から入る
門をくぐる_5
門をくぐる_6
客殿玄関
これから、拝観料を支払って、早速、右手にある国宝の石水院に入る。心して入らなければ。鎌倉期の建物は、京都でもなかなかないものなんだなあ。なお、客殿そのものは、明治期に建てられた建物だと思われる。
鎌倉期の建物

栂尾山高山寺の紅葉のページへjump

 

兵庫~滋賀~京都(9)

神護寺(3)
多宝塔
文化財の指定は無し。昭和8年建立、銅板葺、高さ約18m。普段は非公開で、5月と10月の特別公開時には、多宝塔内部と、平安時代に造られた国宝の本尊・五大虚空蔵菩薩像が公開されるそうだ。前回取り上げた金堂と同じ時期に同じ人物である実業家の山口玄洞氏の寄進で建てられた。
鐘楼や金堂よりも少し高い位置に建っていて、金堂を見守っているかのようだ。

多宝塔_1
多宝塔_2
多宝塔_3
多宝塔_4
多宝塔_5
金堂から見た五大堂(手前側)と毘沙門堂(奥側)
どちらも元和9年(1623年)の建築。神護寺の沿革史によれば、世は南北朝に分かれての戦乱となり、神護寺も天文年中(1532~55)には、兵火によって建物のすべてを焼失した。慶長五年(1600)にその窮状を陳情し、それに対し翌年七月、徳川家康より旧来の寺領千五百町歩が返還された。更に、元和元年(1615)に讃岐屋島寺の龍厳上人が入山し、上人に帰依する京都所司代板倉勝重が奉行となって再興に着手する。という流れだそうだ。それが元和9年の建築に結実したのだ。394年前に再建した建物になる。それでも国指定の重要文化財の指定を受けていない。そういうものなんだ。
金堂から見た五大堂(手前側)と毘沙門堂(奥側)
五大堂 京都府指定文化財
金堂へと上る石段の下に建つ。入母屋造の三間堂。元和9年(1623年)の建築。毘沙門堂や鐘楼も同じ年の再建。元は講堂だった。堂内には五大明王(不動・降三世(こうさんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳(だいいとく)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)が安置されている。
五大堂 京都府指定文化財_1
五大堂 京都府指定文化財_2
五大堂 京都府指定文化財_3
毘沙門堂 京都府指定文化財
五大堂の南に建つ。入母屋造の五間堂。金堂が建つ前はこの堂が金堂であり、本尊の薬師如来像もここに安置されていた。金堂を寄進した実業家の山口玄洞氏の気持ちがようやく理解できた。金堂と称するにはちょっと建物が小さすぎるというものだ。
あまり大きくはないにせよ、風格がある堂宇に見えるのは、当然のことだったんだ。元和9年(1623年)の建築。内部の厨子に平安時代の毘沙門天立像(重文)を安置する。

毘沙門堂 京都府指定文化財_1
毘沙門堂 京都府指定文化財_2
毘沙門堂 京都府指定文化財_3
毘沙門堂 京都府指定文化財_4
大師堂 国指定重要文化財
毘沙門堂の西側に建つ入母屋造、杮葺きの住宅風の仏堂。空海の住房であった「納涼房」を復興したもので、現存するものは近世初期の再建である。内部の厨子に正安4年(1302年)作の板彫弘法大師像(重文)を安置する(大師像は秘仏で、11月1日-15日のみ開帳)。
大師堂 国指定重要文化財_1
大師堂 国指定重要文化財_2
明王堂
神護寺には空海の作という不動明王像があったが、939年(天慶2年)に平将門の乱が起こると、将門調伏のために下総国へ運ばれ、京都広沢の遍照寺・寛朝僧正を導師として御祈祷がなされたという。
その後、乱が鎮まると寛朝を開山として成田山新勝寺が建立された。
現在神護寺に安置されている不動明王像は、平安時代中期頃の作と考えられているが、平将門の乱を鎮めるために下総国へ下った不動明王像との関係は不明。
護摩法要が月1回行われることから護摩堂とも呼ばれる。そのときは前の扉が開けられるそうだ。
1623年(元和9年)龍厳上人により再建。しかし、同じ年に再建された五大堂、毘沙門堂、鐘楼は京都府指定文化財なのに、こちらはそうなっていない。その差は何だろうか?

最後に見た境内案内図
和気清麻呂公墓と文覚上人墓とはあることは知ってはいたが、相当大変そうなので当然のことながら棄権。行き先指示もなかったように思う。地蔵院は興味がなく行かなかった。
文覚上人はこの寺院でも大きな働きをした高僧だったが、鎌倉時代初期の歴史でも欠くことのできない人物だった。この人物の足跡をたどるのも面白いことかもしれない。

最後に見た境内案内図
帰り際
最後の最後になって楼門がスッキリ見えだした
帰り際_1
参道の階段を下る家族
帰り際_2
本坊
この寺の僧侶はここに詰めているんだろうか。書院もチラと見えそうな感じだったが、覗くのは端ないからやめておこう。
本坊_1
本坊_2
こんなものも掲示されてあった。思わず友人と唱和してしまった。
本坊_3

次は栂尾山高山寺に向かう。

 

兵庫~滋賀~京都(8)

何度も書いて申し訳ないが、天気が良くなかったので、写真がボケ気味。我慢してご覧頂きたい。
神護寺(2)
楼門をくぐった印象
やっとの思いで参道を上ってきて楼門をくぐった。その先には堂宇が建ち並ぶ感動の世界が待っているのかと思った。それなのに意外な光景が待ち受けていた。前方には白い宝蔵と思しき建物しか見えないのだ。あとでわかったことだが、決して堂宇が存在しないのではなく、見えないような位置に建てられているのだ。
一瞬、呆然としてしまった。その感じがお分かりいただけるだろうか。
楼門をくぐった印象_1
振り向くと楼門が厳しい感じで建っている
楼門をくぐった印象_2
右横には書院が
確かに見落とすような小さなものではないのだが、楼門をくぐったらすぐ前方に視線を送ると思う。そこには何もなさそうに見えたのだ。でも堂々とした書院が右横にあった。見なくてもわかる進入禁止の状態。
書院の唐門は唐破風が側面にある平唐門と呼ばれるもので、田中亀太郎氏の寄進により昭和初期に建立されたものだそうだ。
神護寺の宝物虫払い行事は、毎年5月1日~5月5日まで神護寺書院にて行われるそうだ。国宝の源頼朝像、平重盛像、釈迦如来像、潅頂暦名ほかを展示するとか。その折には、書院の石庭「灌頂の庭」も公開されるらしい。その時だけしか公開していないのかもしれない。

このショットだけは帰りがけのもの。小雨の影響が少なくなってきた感じ。
右横には書院が_1
右横には書院が_2
以下4点はPDF画像を借用
伝源頼朝像(新説では足利直義像) 国宝
伝源頼朝像(新説では足利直義像) 国宝
伝藤原光能像(新説では足利義詮像) 国宝
伝藤原光能像(新説では足利義詮像) 国宝
伝平重盛像(新説では足利尊氏像) 国宝
確かに鎌倉の長寿寺で見た足利尊氏像に酷似している感じだ
伝平重盛像(新説では足利尊氏像) 国宝
灌頂歴名(附:後宇多天皇宸翰施入状) 国宝
空海が密教の入門儀式である結縁灌頂を行った手控えで、弘仁三(812)年十一月、十二月、翌年三月の三回分の記録だそうだ。何と空海の自筆だ。普段はこういう字を書いたたのか。
灌頂歴名(附:後宇多天皇宸翰施入状) 国宝
和気清麻呂公霊廟
開基である和気清麻呂公を祀る霊廟。怪僧道鏡に与せず己が信念を貫いた立派な人物であると思うが、長くなるので説明は省略。楼門をくぐったときには、宝蔵の陰になっていて気づかなかった。
後方に見えているのは鐘楼
和気清麻呂公霊廟_1
和気清麻呂公霊廟_2
PDF画像を借用
和気清麻呂公霊廟_3
鐘楼 京都府指定文化財
毘沙門堂などと同様元和9年(1623年)の再建とされる。楼造の鐘楼で、楼上に国宝の梵鐘がある。これまた、鮮明な画像を撮ることができなかった。和気清麻呂公霊廟脇の石段を登ったところにある。わかりにくいところにひっそりと佇んでいる感じだ。
日本三名鐘の一つ。詞書は橘広相、八韻の銘1首は菅原是善、書は藤原敏行と、当時の三絶による銘が刻まれていることから、「三絶の鐘」と言う。
鐘楼_1
鐘楼_2
PDF画像を借用
鐘楼_3
金堂
楼門を入って境内奥へ進み、右手の石段を上った先に建つ。私たちは、鐘楼から、横移動して此処にたどり着いた。古刹の金堂ということになれば、国宝もしくは国指定の重要文化財というのが通り相場だと思うが、こちらは全くの無印。入母屋造、本瓦葺きの本格的な密教仏堂であるが、建築年はごく新しく、昭和9(1934)年に実業家山口玄洞氏の寄進で建てられたものだそうだ。須弥壇中央の厨子に本尊薬師如来立像(国宝)を安置し、左右に日光・月光(がっこう)菩薩立像(重要文化財)と十二神将立像、左右端に四天王立像を安置する。
今回、堂内に入り、上記仏像を間近で見ることができた。望外の幸せだった。

鐘楼の先に金堂が見えた
鐘楼の先に金堂が見えた
すごい石像もあった
すごい石像もあった
外観
83年前に建立された比較的新しいお堂だが、しっかり建てられている。いずれかには、文化財の指定がなされるものだろう。
外観_1
外観_2
外観_3
神護寺はこんなところ_1
堂内
拝観は可能だったが、撮影は禁止。国宝の薬師如来立像などが収められていた。間近で見る国宝の仏像はものすごい迫力が。
PDF画像を借用
神護寺はこんなところ_2

 

« »

01 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR