散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

函館観光(15)

観光バスは大沼国定公園を後にして、北海道茅部郡鹿部町の鹿部間歇泉に向かう。本日の最初は青函海峡を見ていたのに、いつの間にか噴火湾や太平洋側に向かっているんだ。

鹿部の間歇泉
此処の間歇泉は10分に一度程度の頻度で噴き上げるようで、私達が行った時もわずかの滞在時間だったが二度の噴き上げがあった。間歇泉を見るのは初めてで、小規模ではあってもかなり興奮してしまった。
しかべ間歇泉公園(しかべかんけつせんこうえん)は、北海道茅部郡鹿部町にある公園。
1999年4月オープン。公園内には、約10分間隔で、湯温約100度の温泉を最大約15メートル以上もの高さにまで噴き上げる間歇泉がある。この間歇泉は1924年4月、温泉を試掘していた際に、偶然発見されたものである。泉質は塩化物泉で、無色無臭。自然の力だけで、地下26メートルから1回に約500リットルもの温泉を噴き出す。

しかべ間歇泉公園の外観_1
しかべ間歇泉公園の外観_2
内部はこんなふう
内部はこんなふう_1
内部はこんなふう_2
噴き上げを待つ間にお勉強
噴き上げを待つ間にお勉強_1
噴き上げを待つ間にお勉強_3
噴き上げ
噴き上げ_1_1
噴き上げ_1_2
噴き上げ_1_3
噴き上げ_1_4
噴き上げ_1_5
次の噴き上げを待つ間に外を見る
次の噴き上げを待つ間に外を見る_1
次の噴き上げを待つ間に外を見る_2
2回めの噴き上げを少し高い位置から見ることにする
2回めの噴き上げを少し高い位置から見る
噴き上げ_2_1
噴き上げ_2_2
噴き上げ_2_3
噴き上げ_2_4
噴き上げ_2_5

途中を省略して最後に摩周丸を
摩周丸_1
摩周丸_2

かなり長くなってしまいましたが、今回を以って『函館観光』の連載を終了します。最後までご覧頂き大変有難う御座いました。

 

函館観光(14)

大沼国定公園(2)
観光船による遊覧(2)
大沼から小沼へ向かう
大沼から小沼へ向かう_1
大沼から小沼へ向かう_2
大沼から小沼へ向かう_3
潜った橋を振り返る
潜った橋を振り返る
小沼は大沼よりも更に浅いようで、入ったと思ったらすぐにUターン。そうしないと座礁してしまう。この橋も極めて低い。したがって、観光船の天井も極めて低い。
入ったと思ったらすぐにUターン_1
入ったと思ったらすぐにUターン_2
入ったと思ったらすぐにUターン_3
入ったと思ったらすぐにUターン_4
橋を潜ろうとした時に列車が通過。かなり近くをすれ違う感じだ。
橋を潜ろうとした時に列車が通過
島の修復工事中なのだそうだ。計画的に修復して回っているとのことだ。
島の修復工事中_1
島の修復工事中_2
こういう景観を保つのも、簡単ではないのだそうだ
こういう景観を保つのも、簡単ではないのだそうだ
観光船を降りてから
観光バスは食事付きのコース。大人は3種類から選択できるが、子供のものは決まりきったもののようだ。孫はあまり気に入らなかったようだが、仕方がない。
観光バスは食事付き_1
観光バスは食事付き_2
観光バスは食事付き_3
観光バスは食事付き_4
時間が余ったので、単独行動をさせてもらった
時間が余ったので、単独行動をさせてもらった_1
時間が余ったので、単独行動をさせてもらった_2
時間が余ったので、単独行動をさせてもらった_3
随分と駅伝チームの夏季合宿が来ているようだ
駅伝チームの夏季合宿が来ているようだ
知らなかったが、函館本線はルートが2つあるんだ。大沼公園駅は駒ケ岳回りの方の駅なんだ。
函館本線はルートが2つあるんだ
湖畔遊歩道はこんなルートなんだ。先ほど見てきたが、アップダウンが相当あるので、距離以上に大変そうだ。
湖畔遊歩道はこんなルートなんだ
特急北斗札幌行き到着&出発
特急北斗札幌行き到着&出発_1
特急北斗札幌行き到着&出発_2
特急北斗札幌行き到着&出発_3
特急北斗札幌行き到着&出発_4
特急北斗札幌行き到着&出発_5
特急北斗札幌行き到着&出発_6
特急北斗札幌行き到着&出発_7

 

函館観光(13)

トラピスト修道院を後にして、次は大沼国定公園へ向かう。台風11号襲来の影響は出ていなかったのか、やや心配しながら向かった。

大沼国定公園(1)
大沼国定公園は渡島半島の中央部、七飯町、鹿部町、森町の3町にまたがって広がる、面積およそ9,000haの自然公園です。
公園区域は、活火山である駒ヶ岳(1,131m)と、その山麓に点在する大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼の大沼三湖に代表される湖沼群の地域で、山と水の変化に富んだ景観を一体的に含んでいます。公園の中心である南大沼地区は、道南の玄関口である函館市の中心部から北へ20km程のところにあります。

大沼公園駅前から湖畔に向かう
大沼公園駅前で観光バスを降り、大沼を目指す
大沼公園駅前で観光バスを降り、大沼を目指す_1
大沼公園駅前で観光バスを降り、大沼を目指す_2
大沼公園駅前で観光バスを降り、大沼を目指す_3
大沼公園駅前で観光バスを降り、大沼を目指す_4
駒ケ岳と大沼とが見えてきた。台風11号の影響で泥水が大量に流入したようで、日頃の美しい水面から黄土色の濁った水に様相を変えていた。ちょっと残念だが、仕方がない。それでも前日までは台風の影響で観光船などは休業したとのことだから、…。
駒ケ岳と大沼とが見えてきた
ハマナスが出迎えてくれた。北海道に多く分布するようだ。この果実が私の大好きなローズヒップになるのか。
ハマナスが出迎えてくれた
時間のある人は周遊できる道を歩いている。優雅そうに見えるが、案外アップダウンが厳しく、鍛えている人でない限り、途中で足が悲鳴を上げそうだ。
時間のある人は周遊できる道を歩いている
私達が乗った観光船はこちら
私達が乗った観光船はこちら
観光船による遊覧(1)
モーターボートの人もいる。足こぎボートに乗る人も。出発地点は多少混雑中。
出発地点は多少混雑中_1
出発地点は多少混雑中_2
出発地点は多少混雑中_3
出発地点は多少混雑中_4
出発地点は多少混雑中_5
出発地点は多少混雑中_6
駒ケ岳が美しく見え出す
駒ケ岳が美しく見え出す
大沼は水深が非常に浅く、通ることができるルートはごく狭いルートに限られるそうだ。それもそうだろう。こんなのがすぐそばにあるのだから。何処にでも行きたいというならば、足こぎボートに乗るしか無いのでは。
水深が非常に浅く、通ることができるルートは限られる_1
水深が非常に浅く、通ることができるルートは限られる_2
水深が非常に浅く、通ることができるルートは限られる_3
水深が非常に浅く、通ることができるルートは限られる_4
白く見えているのは登山道だそうだ。しかしこんな山頂の形状だということは相当激しく噴き上げたようだ。
駒ケ岳をじっくり眺める_1
駒ケ岳をじっくり眺める_2
駒ケ岳をじっくり眺める_3
駒ケ岳をじっくり眺める_4
本当に浅いようだ
本当に浅いようだ_1
本当に浅いようだ_2
本当に浅いようだ_3

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR