散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

シーボニア&小網代湾(4)

小網代湾

小網代湾内にも、係留してあるヨットがたくさん
決して安くはなさそうだし、係留する権利の取得も大変だとのこと。鳥の糞まみれになる可能性があるし、海水に浸したままでは傷みも早く来るだろう。ヨットまで往復するための手こぎボートをも用意する必要があろう。これはこれで大変そうだ。
小網代湾内にも、係留してあるヨットがたくさん
目につく建物
塩害を考えると、維持管理が大変そうだ。それでも快適なことだろう。
目につく建物_1
目につく建物_2
目につく建物_3
シーボニアとの境
釣り船がズラリ。船尾側が小網代湾の湾奥部になる。今日は釣り客のお呼びがかからなかったようだ。
シーボニアとの境
もう少し湾奥部に寄った辺り
漁船かな、釣り船かな。以前来た時、漁船の着桟シーンを見た。此処には魚市場のようなものはない。獲ってきた魚は軽トラックに乗せて、どこかに運んでいた記憶が。一体何処へ納めるのだろうかと気になったんだ。
もう少し湾奥部に寄った辺り_1
もう少し湾奥部に寄った辺り_2
もう少し湾奥部に寄った辺り_3
もう少し湾奥部に寄った辺り_4
テングサは天日乾燥中
テングサは天日乾燥中
漁船はこうした傾斜地に上げることができるが、ヨットは下部に出っぱりがあるからそうはいかない。錨を下ろして係留し、前述のように小舟で行き来するしかない。
もう少し湾奥部に寄った辺り_5
もう少し湾奥部に寄った辺り_6
もう少し湾奥部に寄った辺り_7
もう少し湾奥部に寄った辺り_8
もう少し湾奥部に寄った辺り_9
もう少し湾奥部に寄った辺り_10
湾奥部から見た湾口部の景色
シーボニアが最高のロケーションにあることがわかる。小網代湾は非常に景観が良い。用もないのに行きたくなるところだ。
津波が来た時も湘南の海岸のように、太平洋から大波がまともに来るのと違い、90度ずれている分、安全度が高いかもしれない。

湾奥部から見た湾口部の景色_1
湾奥部から見た湾口部の景色_2
此処にも釣り船が
釣り客の需要はものすごくあるようだ
此処にも釣り船が_1
此処にも釣り船が_2
この辺が最奥部
この辺が最奥部_1
この辺が最奥部_2

以上で、『シーボニア&小網代湾』のミニシリーズは終了です。最後までご覧頂き有難う御座いました。

 

シーボニア&小網代湾(3)

こちらのクレーンは至って簡単な方法で吊り下ろしていた
まずは船体を海面の上に移動させ、徐々に下ろしていく
徐々に下ろしていく_1
徐々に下ろしていく_2
岸壁と同じ高さに
岸壁と同じ高さに
乗客が乗り込み始めた。乗り合い仕立てのようだ。
乗客が乗り込み始めた_1
乗客が乗り込み始めた_2
ステップと船べりとの間には結構なギャップがあったようだ。私の足が届かなかったりしたら、非常に恥ずかしいな。
ステップと船べりとの間には結構なギャップがあった_1
ステップと船べりとの間には結構なギャップがあった_2
予定者全員が乗船後、更に吊り下ろす。皆、救命胴衣を着用しているかな?
気が付かなかったが、前方でもクレーンがほぼ同時に吊り下ろされていたんだ。
予定者全員が乗船後、更に吊り下ろす
方向転換していざ出航。ついでにヨットの先にいるおじさんたちを記憶しておいていただきたい。
方向転換していざ出航_1
方向転換していざ出航_2
方向転換していざ出航_3
楽しんでおいで
楽しんでおいで_1
楽しんでおいで_2
楽しんでおいで_3
楽しんでおいで_4

こっちはお気楽モード全開の様子
先ほどヨット『RESOCHA』とほぼ同タイミングで吊り下ろされた小型船舶だな
こっちはお気楽モード全開の様子_1
こっちはお気楽モード全開の様子_2
こっちはお気楽モード全開の様子_3

 

シーボニア&小網代湾(2)

シーボニア(2)
ヨットの帰還はこんなふうに行われる

一旦、ガントリークレーン前を通り過ぎる
一旦、ガントリークレーン前を通り過ぎる_1
一旦、ガントリークレーン前を通り過ぎる_2
一旦、ガントリークレーン前を通り過ぎる_3
ガントリークレーンが待ち構える。吊り上げ用の緑のベルトは、両側にある青いバーを十分に下に下ろすことによって、予めクリーク内に沈めておき、その上をヨットが通るようにするようだ。
ガントリークレーンが待ち構える
方向転換して目の前を通過
方向転換して目の前を通過_1
方向転換して目の前を通過_2
見ものの作業が始まる
クリークに入る
クリークに入る_1
係員が竿でヨットの船腹を擦らないように制御している。黒のお兄さんが係員に仮留め用のロープを投げようとしている。
クリークに入る_2
クリークに入る_3
オレンジのロープを岸壁に投げ上げた
オレンジのロープを岸壁に投げ上げた
あの白い板は何?
あの白い板は何?
緑のベルトで船腹が汚れないようにしているのかな?
緑のベルトで船腹が汚れないようにしているのかな?
ガントリークレーンで持ち上げる
ガントリークレーンで持ち上げる_1
ガントリークレーンで持ち上げる_2
ガントリークレーンで持ち上げる_3
岸壁と同じ高さになった時、はしごが渡された。これで荷物をおろし、最終的にはクルーも下船する。
岸壁と同じ高さになった_1
岸壁と同じ高さになった_2
岸壁と同じ高さになった_3
岸壁と同じ高さになった_4
岸壁と同じ高さになった_5
積み下ろし漏れがないか確認
積み下ろし漏れがないか確認
クルーが下船。あとはお任せ。
クルーが下船
本格的に船体を引き上げる
本格的に船体を引き上げる
キールやスクリューが見える。スクリューはヨットの場合、あったとしてもあくまで補助程度のものなんだなあ。キールは今はボードじゃないものもあるんだ。
キールやスクリューが見える
前進させ、あの置き台に置くんだな。
前進させ、あの置き台に置くんだな_1
前進させ、あの置き台に置くんだな_2
前進させ、あの置き台に置くんだな_3

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR