散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

近所の様子(5)

九品仏浄真寺(3)

本堂
本堂。仁王門を入て右の方にあり。11間四面の堂にて西に向へり。龍護傳と扁額す。これも阿慶の筆なり。本尊丈六の釈迦如来を安ず。開山珂碩上人手づから彫刻する所なりと云。左右に善導円光大師の木像を安ず。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
本堂には上人のほりあげた釈迦牟尼仏を中心に、右に善導大師、左に法然上人の像を安置している。中でも右側にある珂碩上人像は乾漆製の芸術価値の高いものである。堂の隅には、ぴんずる尊者像がある。本堂は総欅造りで、昭和42年修築し、かや茸屋根を銅茸にかえた。

本堂_1
本堂_2
通常の宗教行事にはこれより小型の数珠を用いているそうだ。
本堂_3
ご本尊
開山の珂碩上人が彫り上げたという釈迦如来像。大仏である。
ご本尊の釈迦如来像_1
ご本尊の釈迦如来像_2
ご本尊の釈迦如来像_3
本堂の左側
五劫思惟阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来の異形のひとつで、経説によると四十八の大願を成就するために永い間、剃髪をすることもなく坐禅・思惟していたので、このような髪形になったという。
五劫思惟阿弥陀仏とは、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩だった時代、衆生を救うために菩薩行に励まれた後の姿です。その時間が「五劫(ごこう)」。そのくらい長い時間、じっと思惟をこらして修行した結果、菩薩から阿弥陀如来になるのですが、まさにその瞬間を現した姿なのです。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
木造五劫思惟阿弥陀如来坐像
世田谷区指定有形文化財(絵画・彫刻)
江戸時代
像高120cm
この像は、阿弥陀如来がすべての人々を救おうと「五劫」という長い期間にわたる修行中の姿を表現しています。特徴的な頭部は長い修業をしたために伸びた頭髪をあらわしたものです。
平成元年の解体修理の際に胎内から発見された文書により本像の制作には珂碩上人(かせきしょうにん)の弟子・珂憶上人(かおくしょうにん)が関係したことが分かりました。これにより浄真寺の伽藍が完成した元禄11年(1698)から、珂憶上人が没した宝永5年(1708)までの間に本像が造られたものと考えられます。

木造五劫思惟阿弥陀如来坐像ほか
乾漆珂碩上人倚像
見落としたようなので、世田谷区のHPの画像を借用
乾漆珂碩上人倚像
世田谷区指定有形文化財(絵画・彫刻)
江戸時代 元禄5年(1692)頃
像高136.5cm
本像は浄真寺を開いた珂碩上人の肖像で、椅子に座った姿から倚像と呼ばれています。顔の表情、数珠を握る姿など全体に写実的で、真に迫った感じが伝わってきます。乾漆造という奈良時代に盛んに用いられた技法で制作されており、江戸時代の作例としては珍しいものです。この像は上人の最晩年を現したものと考えられています。
乾漆造は、粘土で原型を造り、その上に麻布と漆を何層かに塗り固め、整形し、最後に粘土を抜き取って造る方法。

お面かぶり
3年に1度行われる世田谷の九品仏・浄真寺の行事「お面かぶり」。お面かぶりは正しくは「二十五菩薩来迎会」といい、東京都の無形民俗文化財に指定されている行事。人が亡くなったら、阿弥陀様が25人の菩薩様をしたがえて西方浄土からお迎えにきてくれる様子を行事化したもの。
これが、今年行われる。是非とも行ってみたいと考えている。

その他
総門へ至る道
総門へ至る道
天皇陛下お手植えの松
天皇陛下お手植えの松_1
天皇陛下お手植えの松_2
大銀杏
大銀杏
大カヤ
大カヤ

 

近所の様子(4)

九品仏浄真寺(2)

梵鐘と鐘楼
梵鐘は東京都指定の有形文化財だ。加えて、鐘楼の立派さが目を引く。相当にお金がかかっていそうだし、美しい姿をしている。
鐘は、宝永5年(1793)世田谷領の深沢、谷岡又左衛門の寄進で、作は、神田鍛冶町の河合兵部郷藤原周徳である。堂屋も欅造りで欄間には十二支がはられ、北に子、南に午がほられている。
鐘と鐘楼_1
鐘と鐘楼_2
三仏堂
本堂と向かい合って、三つの仏堂が並んでいる。堂ごとに丈六の阿弥陀佛三体づつを安置している。すべて珂碩上人と弟子珂憶上人の合作といわれているそうだ。大仏とは、「丈六(1丈6尺=約4.85m)以上の大きな仏像を言うようで、これが大仏になるのか、暫し考えたがわからなかった。帰ってから調べたら、坐像の場合はおよそ3m弱ということになるようだ。ということで、九品仏すべてが大仏で、本堂のご本尊釈迦如来坐像と合わせて10体の大仏様があると言うことになるようだ。
三佛堂。本堂の向ひにあり。三宇並びてたてり。何れも9間に6間の堂にて、堂ことに丈六の阿弥陀佛三体づつを安置す。すべて九体なるにより、通じて九品佛堂ともとなへり。中央の堂に上品上生上品中生上品下生、北の堂に中品上生中品中生中品下生、南の堂に下品上生下品中生下品下生と云額を扁す。いづれも当山二世項憶上人の筆なりと。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
浄真寺開山の珂碩上人は江戸霊巌寺(江東区)にあって、1664年に弟子の珂億上人に援けを得て釈迦如来像1躰と阿弥陀如来増像9躰の造仏に着手し4年後に完成をした。しかし、仏堂が洪水の被害を受けて別の土地(九品仏浄真寺の事)に新しく開山し、巨像を移すことになった。仏像は寄木造で像高2.74mから2.87mとなっている。

下品堂
下品堂_1
下品堂_2
下品堂の前から上品堂と中品堂とを見る
下品堂の前から上品堂と中品堂とを見る
上品堂
上品堂_1
上品堂_2
上品堂_3
上品上生
これでいきたいものだ。まかり間違っても、ずっと手前の閻魔様のところで引っかかったりはしたくないものだ。
上品上生_1
上品上生_2
上品中生
上品中生_1
上品中生_2
上品下生
上品下生_1
上品下生_2
上品堂3仏像が並んだ様子
上品堂3仏像が並んだ様子
阿弥陀如来の印相(栗隈山まんぷく寺のHPから転記)
生前の信心深さ(品)と善行の数(生)を上中下のそれぞれ三段階に分け、その人にあった極楽浄土へ阿弥陀さんは導いてくださるそうです。その九つとは以下の通り…
 上品上生 上品中生 上品下生
 中品上生 中品中生 中品下生
 下品上生 下品中生 下品下生

阿弥陀如来印相イラスト
中品堂
中品堂_1
中品堂_2

 

近所の様子(3)

九品仏浄真寺(1)

広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されている。この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を表しており、これをあわせて九品(あるいは九品往生)という。この九品の仏から、浄真寺は通称「九品仏」と呼ばれている。
このような九体阿弥陀は、他に京都の浄瑠璃寺にしかない。


九品仏駅
自宅から歩いても25分程度だが、午後からボランティア活動があったので、電車で出掛けた。改札口を出たところが踏切の内部だというのが、他の駅と大きく違うところ。
九品仏駅
参道
風情のある参道だ
参道_1
参道_2
参道_3
『禁銃猟 警視廰』
随分古い標識だ。背後を見たら明治30年に寄付されたようだ。帰宅して確認したら32年となっていた。そうだったのかなあ。
禁銃猟 警視廰_1
禁銃猟 警視廰_2
総門
総門_1
扁額『般舟場(はんじゅじょう)』
般舟とは、般舟三昧のことで、常に行道念仏して、現前に諸仏を見奉るをいうそうだ。
総門_2
総門_3
閻魔堂
閻魔堂
閻魔像
閻魔像
葬頭河婆
葬頭河婆
ツーショット
ツーショット
東門
東門_1
東門_2
東門_3
仁王門(紫雲楼)
仁王門(紫雲楼)_1
仁王門(紫雲楼)_2
仁王門(紫雲楼)_6
仁王門(紫雲楼)_7
紫雲楼と書かれている。この日は直下の戸が開けられていなかった。
仁王門(紫雲楼)_3
過去の撮影分から。一対の仁王像、楼上に阿弥陀如来と二十五菩薩像が安置されているほか風神・雷神の像もあるそうだ。
仁王門(紫雲楼)_4
仁王門(紫雲楼)_5

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR