散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜にて(7)

山手洋館等を見る(2)
横浜市イギリス館
イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
主屋の1階の南側には西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスから芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓から庭や港を眺望できます。地下にはワインセラーもあり、東側につく付属屋は使用人の住居として使用されていました。玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。

英国総領事公邸はこんなに贅沢なものだったのか。昭和12(1937)年当時の横浜における総領事の仕事とはどんなものがあったのだろうか。太平洋戦争開戦前の日本の様子、特に横浜や横須賀の様子を探ることだったのだろうか。
横浜市イギリス館_1
横浜市イギリス館_2
横浜市イギリス館_3
横浜市イギリス館_4
横浜市イギリス館_5
横浜市イギリス館_6
横浜市イギリス館_7
横浜市イギリス館_8
横浜市イギリス館_9
横浜市イギリス館_10
山手111番館
イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っているスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。
ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されました。
設計者は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、こちらは天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えています。大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えるでしょう。
赤い瓦屋根に白壁の建物は地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟作りです。
創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。

ベーリック・ホールに何か似た感じがあると思ったら、設計者が同じJ.H.モーガンだったのか。それほど大きな家ではないが、こちらもまた素敵な建物だ。
山手111番館_1
二階部分は常時公開ではなく、何回かの企画開催時に公開を行う。一度でいいから二階にも行ってみたいものだ。この高さならば、私でも大丈夫だ。
山手111番館_2
山手111番館_3
山手111番館_4
山手111番館_5
山手111番館_6
山手111番館_7
山手111番館_8
山手111番館_9
最後に日本丸
いつ見ても優美な姿だ。惚れ惚れする。
日本丸_1
日本丸_2

以上で、7回にわたった『横浜にて』を終了します。最後までご覧頂き有難う御座いました。

 

横浜にて(6)

山手洋館等を見る(1)

時間がなかったので山手洋館の一部を駆け足で見て回った。その内で、ベーリック・ホールはいつも結婚式に貸し出されていて、内部をじっくり見ることができないでいた。今回は、たまたま貸出がなかったようで、ゆっくり見ることができた。

ベーリック・ホール
べーリック・ホール(旧ベリック邸)は、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付され、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。
現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンです。モーガンは山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築を残しています。
600坪の敷地に立つべーリック・ホールは、スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など多彩な装飾をつけています。内部も、広いリビングやパームルーム、和風の食堂、白と黒のタイル張りの床、玄関や階段のアイアンワーク、また子息の部屋の壁はフレスコ技法を用いて復元されているなど、建築学的にも価値のある建物です。

ベリック氏がマリア会に寄付し、マリア会は学校経営をしていたセント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用していた。同校の閉校に伴い、主たる用途を失ったこの建物。横浜市の働きかけで寄付したのか。とんでもなく素敵なスペイン風の寄宿舎だったようだ。
ベーリック・ホール_1
ベーリック・ホール_2
ベーリック・ホール_3
ベーリック・ホール_4
ベーリック・ホール_5
ベーリック・ホール_6
ベーリック・ホール_7
ベーリック・ホール_8
ベーリック・ホール_9
ベーリック・ホール_10

ベーリック・ホール_11
ベーリック・ホール_12
ベーリック・ホール_13
ベーリック氏の子息の部屋だったのか。子供にこんな部屋はもったいない感じがしないでもないが、それだけの成功者だったのだろう。
ベーリック・ホール_14
ベーリック・ホール_15
ベーリック・ホール_16
ベーリック・ホール_17
ベーリック・ホール_18
ベーリック・ホール_19
ベーリック・ホール_20

ベーリック・ホール_21
ベーリック・ホール_22
ベーリック・ホール_23
庭にはジャノメエリカの花が咲いていた。ずいぶん大きくなる花木なんだ
ベーリック・ホール_24

エリスマン邸
べーリック・ホールと小道を挟んで移築されているのはエリスマン邸です。
エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。
当時は木造2階建て、和館つきで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館的要素をもちながら、軒の水平線の強調など、設計者レーモンドの師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。

こちらも素敵な建物。ベーリック・ホールと違い、いつでも自由に見て回ることができる分、人気が高いようだ。
エリスマン邸_1
エリスマン邸_2
エリスマン邸_3
エリスマン邸_4
エリスマン邸_5

 

恵比寿界隈でのスナップ

目についたものを次々と撮ってみた

首を傾げた様子がなんともかわいい
猛禽類とは思えないほどの可愛らしさだ。でも近くには怖くて寄れない。
首を傾げた様子がなんともかわいい
トキワマンサクの競演
トキワマンサクの競演_1
トキワマンサクの競演_2
黄梅
黄梅だと思うのだけど、…
黄梅だと思うのだけど、…
花屋さんのショーウィンドウ
映りこみが案外素敵に見えた
映りこみが案外素敵に見えた
渋谷川の清掃作業
都市型河川ではちょっと雨が降るとものすごい濁流になる危険性がある。我が家の近くの呑川では何年か前に死亡事故が発生している人命に係る作業なのだ。
渋谷川の清掃作業_1
渋谷川の清掃作業_2
珈琲店にて
ネルの漉し袋は頻繁に交換する必要があるようだ。手作りで仕上げるようだ。
珈琲店にて_1
珈琲店にて_2
珈琲店にて_3
格好いいバイクたち
このバイク屋さんは開店時間が異常に遅い。この日はたまたま私が通る時間に開店していたので、これ幸いとばかりに撮ってみた。
格好いいバイクたち_1
格好いいバイクたち_2
格好いいバイクたち_3
格好いいバイクたち_4

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR