散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

田園調布から、寄り道をしながら、元の巨人多摩川グランドまで歩き、再び田園調布に戻る(6)

再び田園調布駅を目指す

多摩堤通りを少し戻る
多摩堤通りを少し戻る
多摩川に平行して丸子川が流れている。これでも一級河川だそうで、間もなく多摩川に合流する。
多摩川に平行して丸子川が流れている_1
多摩川に平行して丸子川が流れている_2
多摩川に平行して丸子川が流れている_3
多摩川に平行して丸子川が流れている_4
多摩堤通りを離れ、例の多摩川台公園の『虹橋』の下をくぐる
『虹橋』の下をくぐる_1
『虹橋』の下をくぐる_2
そこから田園調布教会が近い。カトリック田園調布教会は、フランシスコ会が運営する小教区だ。
カトリック田園調布教会_1
カトリック田園調布教会_2
カトリック田園調布教会_3
カトリック田園調布教会_4
教会の傍にあったお店
教会の傍にあったお店
暫く歩くと、あこがれの田園テニス倶楽部が見えてきた。テニスコートが何と11面もあるそうだ。
田園テニス倶楽部
この近くから東横線などの電車は地下に潜る
東横線などの電車は地下に潜る
やっと駅前に戻って来た。それにしても田園調布は起伏の大きい土地だ。距離の割にはくたびれた。
再び田園調布駅前_1
再び田園調布駅前_2
再び田園調布駅前_3

以上で、『田園調布から、寄り道をしながら、元の巨人多摩川グランドまで歩き、再び田園調布に戻る』シリーズは終了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

田園調布から、寄り道をしながら、元の巨人多摩川グランドまで歩き、再び田園調布に戻る(5)

いよいよ多摩川沿いを歩く
そのつもりなのだが、多摩川台公園を端から端まで歩いてきたので、暫くはフェンスや金網があって、河川敷に入ることができない。
なかなか河川敷に下りられない_1
なかなか河川敷に下りられない_2
都水道局の調布取水所
多摩川下流(調布取水堰)の水源は、原水水質の悪化により、水道用としての取水は休止しましたが、工業用水道の水源として、昭和54年に取水を再開し、玉川浄水場で処理した水を三園浄水場に送っています。
都水道局の調布取水所_1
都水道局の調布取水所_2
漸く河川敷に下りることができた
河川敷はかなりの広さがある
漸く河川敷に下りることができた
野球グランドが2面見えてくる
この日は手前側だけ使われていた。強いチームではなさそうな感じ。通りがかりの人に小山台高校の練習なのか聞かれたが、その日は小山台高校は甲子園球場で公式練習をしていたはず。いくら21世紀枠での選抜でももっと強そうな感じだと思うのだが。
手前側のグランドだけが使われていた_1
手前側のグランドだけが使われていた_2
手前側のグランドだけが使われていた_3
手前側のグランドだけが使われていた_4
手前側のグランドだけが使われていた_5
手前側のグランドだけが使われていた_6
手前側のグランドだけが使われていた_7
こちらが、例のグランド
こちらが、例のグランド_1
こちらが、例のグランド_2
こちらが、例のグランド_3
こちらが、例のグランド_4
こちらが、例のグランド_5
こちらが、例のグランド_6
当時は有名なお店
当時は有名なお店
河川敷からの辺りからの眺めは抜群
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_1
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_2
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_3
こうしてみると、蛇行しているからそう見えるのかもしれないが、多摩川の川幅は相当に広いんだ
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_4
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_5
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_6
広々としていて、とても気持ちが良い
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_7
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_8
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_9
河川敷からの辺りからの眺めは抜群_10
こちらは川崎フロンターレのホーム
こちらは川崎フロンターレのホーム
土手にはこんなものが咲いていた
土手にはこんなものが咲いていた

 

田園調布から、寄り道をしながら、元の巨人多摩川グランドまで歩き、再び田園調布に戻る(4)

多摩川台公園(3)

亀甲山(かめのこやま)古墳
多摩川台古墳群の方に向かう前方部
亀甲山(かめのこやま)古墳
展望広場と亀甲山古墳
展望広場と亀甲山古墳_1
展望広場と亀甲山古墳_2
展望広場と亀甲山古墳_3
展望広場と亀甲山古墳_4
水生植物園から見た亀甲山古墳の後円部
多摩川台古墳群の方に向かって位置する。かなり大きな古墳だと思う。
水生植物園から見た亀甲山古墳の後円部

この古墳に関する詳細の記述があるHPへjump

展望広場
公園のある台地は武蔵野台地の南端部にあたり、国分寺崖線に位置するために多摩川との高低差は大きく、多摩川方面への眺望はすばらしい。
こんな展望が
展望広場_1
展望広場_2

水生植物園と四季の野草園
公園の水生植物園・野草園がある場所は、かつて調布浄水場があった場所である。大正時代から昭和時代まで多摩川から取水して東京に上水を供給していた。跡地は浄水場であったことを残すため、濾過池・沈殿池をなるべくそのままの形で水生植物園・植物園に転用し、地下貯水場は水生植物園への貯水に利用している。
水生植物園と四季の野草園_1
水生植物園と四季の野草園_2
水生植物園と四季の野草園_3
東横線に乗り慣れている方はご存知だと思うが多摩川の鉄橋だ。手前側に都水道局の調布取水所、対角線側に武蔵小杉の超高層マンション群が見える。
多摩川鉄橋などの眺望_1
多摩川鉄橋などの眺望_2
多摩川鉄橋などの眺望_3
多摩川鉄橋などの眺望_4
多摩川鉄橋などの眺望_5
多摩川鉄橋などの眺望_6

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR