散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

自宅から洗足池まで(5)

洗足池にて(4)

勝海舟と西郷南洲
勝海舟の墓
かつては、池のほとりに勝海舟晩年の邸宅「千束軒」があったが戦災で焼失。現在は勝夫妻の墓が残り、大田区の文化財に指定されている。幕末、勝は江戸総攻撃中止と江戸城無血開城を西郷隆盛に直談判するため、官軍の薩摩勢が本陣をおいた池上本門寺へ向かう途中、洗足池のほとりで休息した。明治維新後、池の風光明媚を愛した勝が移住し、西郷もここを訪ねて勝と歓談したと言う。勝夫妻の墓の隣に「西郷隆盛留魂碑」が建つ。これは、西郷が西南役に倒れた後、当時の東京府南葛飾郡の浄光院境内に勝が自費で建てたもの。1913年(大正2年)に荒川放水路開鑿に伴い、当地に移建された。
石塔の「海舟」の文字は、徳川慶喜の揮毫と伝えられているそうだ。私が言うのも何だが、上手い字だ。
勝海舟の墓_1
勝海舟の墓_2
勝海舟の墓_3
徳富蘇峰詩碑
勝海舟と西郷南洲(隆盛)の偉業をたたえた徳富蘇峰の詩碑。青木藤作ら九名の人々によって、昭和十二年(1937)に両英雄ゆかりのこの地に建立されたそうだ。
堂堂たる 錦旆(きんぱい) 關東を壓し、百萬の死生 談笑の中(うち)。群小(ぐんせう)知らず 天下の計、千秋 相(あ)ひ對す 兩英雄。
今の人は、分かち書きをすると思うが、彼は案外無神経に書き連ねたような気がする。碑文の限られたスペースでは、こんなものなのだろうか。菅原正敬は筆名の一つとのことだ。
徳富蘇峰詩碑
留魂碑
明治12年(1879年)、戦死した西郷隆盛(1827年-1877年)を悼み、勝海舟が私費で建てた碑。大正2年(1913年)に現在地に移設されたそうだ。
漢文は苦手中の苦手。恥ずかしい話だが、何を言っているのか全くわからない。

留魂碑_1
留魂碑_2
留魂祠
留魂祠

その他
桜山
桜の季節には背後の桜山が桜色に染まる。すごい人出になるそうだ。この季節でもキンクロハジロはまだとどまっているんだ。
freeの画像を借用
洗足池桜山
初代広重の描いた名所江戸百景の『千束の池袈裟懸松』
今の中原街道側から見た景色だろう。袈裟懸松が手前にあり、やや奥に千束八幡神社が見える。
freeの画像を借用
初代広重の描いた名所江戸百景の『千束の池袈裟懸松』
ボートハウス
中原街道寄りにある。洗足池駅もこの近くにある。桜山は対岸になる。
ボートハウス_1
ボートハウス_2

以上で、『自宅から洗足池まで』はお終いです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

自宅から洗足池まで(4)

洗足池にて(3)

区指定名勝 洗足池
洗足池は、武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、昔は千束郷の大池と呼ばれ、灌漑用水としても利用されました。池畔の風景は優れ、江戸時代には、初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られていました。昭和3(1928)年に池上線が開通すると、公園として整備され、同5年には風致地区として指定されました。
面積は、周辺を含めると約67,000平米、水面の広さは約40,000平米です。日蓮が足を洗ったので洗足池というとか、袈裟をかけたといわれる袈裟掛けの松のある御松庵など、日蓮にまつわる伝承も残されています。また池畔にはこの地を愛した勝海舟の墓や西郷隆盛(南州)の留魂祠・詩碑などがあります。
池の西北部一帯は桜山と称し、桜の名所で、区内有数の景観に富むところとして貴重です。
  昭和50年3月19日指定  大田区教育委員会


木橋を歩きながら
公園の池の北側には水生植物園があり、木橋を歩きながら育成されている水生植物を見ることが出来る。いまは水生植物が大きくなっている時期ではない。その代わりと言っては何だが、パートタイムの参加者、カモさんたちが賑やかし役を果たしていてくれた。
木橋を歩きながら_1
木橋を歩きながら_2
木橋を歩きながら_3

前回取り上げなかった鳥さんたち
コサギ
くちばしは黒色、目元は黄色、芦は黒、趾は黄色。その特徴からコサギと判断した。
コサギ_1
コサギ_2
コサギ_3
ホシハジロ
ホシハジロ_1
ホシハジロ_2
マガモ
マガモ_1
マガモ_2
オナガガモ
オナガガモ_1
オナガガモ_2
キンクロハジロ
キンクロハジロ_1
キンクロハジロ_2
ムクドリ
ムクドリ_1
ムクドリ_2

季節が来ると目立つ蒲の穂、半夏生、ミソハギなどは今回は時期尚早で観察できなかった。

 

自宅から洗足池まで(3)

洗足池にて(2)

清水窪湧水路
池の水源と言われる。なかなか綺麗な水で、鯉たちも悠然と泳いでいた。以前は4つの湧水があったようだが、今は残念ながらこれだけのようだ。
清水窪湧水路_1
清水窪湧水路_2
清水窪湧水路_3
弁天島と洗足池弁財天
いつからかはわかっていないようだが、もともと弁財天があったようで、昔は池の中に没してしまっていたようだ。それが、多くの人の夢の中に弁天様があらわれ、このことを告げたということで、昭和9年に再建されたとか。うーーん、なるほど。
弁天島と洗足池弁財天_1
弁天島と洗足池弁財天_2
御由緒書き
こうして弁天島からボートハウス&洗足池方面をみると、洗足池もかなりの広さがあるものだ。
弁天島からボートハウス&洗足池方面をみると

私にもいささかご利益があったようだ。この近くで3種の鳥さんを見かけた。いずれも1羽ずつ。完全な単独行動だったのだろうか。それとも仲間はやられてしまったのだろうか。

ゴイサギ
今まで見たことのなかったゴイサギが居た。あまりにもじっとしているので、置物かと思ったくらい。それだけ、姿勢維持のための筋力が発達しているのだろう。
ゴイサギ
カワウ
カワウも居た。こちらはいろいろなところで観察はしているが、こんな至近距離では初めてだ。
カワウ_1
カワウ_2
バン
ひときわ目立つぎこちない泳ぎ方で水を掻いていた。水かきがカモのようには発達していないので、あの泳ぎ方もやむをえないところだろう。少し離れたところだったので、非力な望遠では辛い。
バン

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR