散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鎌倉五山ほかを訪ねる(20)

最後に長谷寺から歩いてすぐの鎌倉文学館に行くことにした。

鎌倉文学館
鎌倉文学館は、神奈川県鎌倉市長谷にある鎌倉ゆかりの文学、特に鎌倉文士をテーマにした鎌倉市立の資料館である。3階建てであるが、3階は木造であり非公開となっている。
1890年頃に侯爵前田利嗣の鎌倉別邸として建てられたが、1910年(明治43年)に火事により失われた。現在の建物は侯爵前田利為が1936年(昭和11年)に洋風に全面改築した建築物である。渡辺栄治が設計し、竹中工務店が施工している。
戦後の一時期、デンマーク公使や内閣総理大臣佐藤栄作の別荘として使用されたが、1983年に前田利建から鎌倉市に寄贈され、外観をそのままに内部の補修・収蔵庫の新築をおこない、1985年10月31日に開館した。
2000年(平成12年)3月、国の登録有形文化財となった。

2月の収蔵品展は、「生誕110年 小津安二郎」だった。小津監督が嫌いなわけではないが、文学館に行って、映画作品の展示ばかりで、他にはごくわずか、『ビブリア古書堂の事件手帖』のセル画展示があるのみ。やや期待はずれの展示内容だった。
おまけに、此処も建物内部は写真撮影禁止扱いになっていた。京都の悪しき習慣が日本全土に蔓延しているようで、到底納得出来ない。


文学館に至る道
文学館に至る道_1
文学館に至る道_2
文学館に至る道_3
文学館に至る道_4
文学館に至る道_5
文学館に至る道_6
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_1
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_2
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_3
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_4
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_5
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_6
文学館(旧前田侯爵の鎌倉別邸)_7
美しい庭
美しい庭

染谷太郎太夫時忠邸阯
時忠は、鎌倉の大臣山(鶴岡八幡宮の裏山)に鎌を埋めたという藤原鎌足の玄孫で、東大寺の良弁僧正の父といわれ、 関東八カ国の総追捕使であった。時忠は、また由井の長者といわれ、710年、甘縄神社を創建した。
※鎌足の伝説は浄妙寺にも残されている
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
染屋太郎時忠ハ藤原鎌足ノ玄孫ニ當リ 南都東大寺良辨僧正ノ父ニシテ 文武天皇ノ御宇(皇紀一三五七~一三六二)ヨリ 聖武天皇ノ神亀年中(皇紀一三八四~一三八九)ニ至ル間 鎌倉ニ居住シ 東八箇國ノ総追捕使トナリ 東夷ヲ鎮メ 一ニ由井長者ノ稱アリト傳ヘラルヽモ 其事蹟詳ナラス 此處ノ南方ニ長者久保ノ遺名アルハ 彼ノ邸阯ト唱ヘラル 尚甘縄神明宮ノ別当甘縄院ハ時忠ノ開基ナリシト云フ

こんなものが、文学館から由比ヶ浜駅への帰途にあった。昭和十四年三月 鎌倉町青年團か。ずいぶん古いものになってしまった。
染谷太郎太夫時忠邸阯

以上で、『鎌倉五山ほかを訪ねる』シリーズはお終いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

鎌倉五山ほかを訪ねる(19)

長谷寺(3)

最後にご本尊を拝んで、次の目的地に向かうことにすべく、上境内に足を踏み入れた。ずーっと歩き続けてきたので、いささか足が厳しくなってきた。

観音山の中腹に切り開かれた上境内
本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂をはじめ、主要な諸堂宇が建ち並ぶほか、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地となっております。また、眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの径(こみち)」として散策も楽しんでいただけます。

観音堂
長谷寺の本尊は、「木造十一面観音」(鎌倉観音巡礼札所)
721年(養老5年)、開山の徳道の願いによって、一本のクスノキから二体の十一面観音像が彫られ、一体は奈良の長谷寺に安置され、もう一体は行基によって海に投げ入れられた。
その観音像が15年後、三浦半島の長井の浦に流れ着いたことから鎌倉に遷座されたと伝えられている。
しかし、現在安置されている「十一面観音像」は、徳道の時代のもとは言い難く、室町時代以降の作と考えられる。
※「十一面観音像」は、高さ9.18メートルで日本最大級。
※鎌倉時代の長谷には、地獄の情景を表す円応寺(新居焔魔堂)があった。長谷寺は、その円応寺と極楽浄土へと導く鎌倉大仏とともに浄土信仰に基づく情景を構成する寺院群の一つだったという説がある。

確かに凄い仏像である。ただ、奈良の長谷寺とのかかわり合いはどうにも胡散臭くてならない。そういう『鎌倉』への権威付けがその昔は必要だったのだろうか。
観音堂_1
観音堂_2
十一面観音像…頭の上に十一の顔を持つ観音菩薩
freeの画像を借用
十一面観音像…頭の上に十一の顔を持つ観音菩薩

阿弥陀堂
長谷寺の阿弥陀堂に安置されている「阿弥陀如来像」は、源頼朝が42歳の厄除けのために建立したという伝承から「厄除阿弥陀」と呼ばれ、鎌倉六阿弥陀の一つ。
この「阿弥陀如来像」は、もとは廃寺となった誓願寺の本尊だったという。

阿弥陀堂
阿弥陀如来像
freeの画像を借用
阿弥陀如来像

経蔵
経蔵内にある「輪蔵」と呼ばれる回転式の書架を一回転させると、全ての経を読んだのと同じ功徳があるといわれている。
現在は「輪蔵」保護のため、回転させることができるのは観音様の縁日である18日に限られている。

freeの画像を借用
経蔵内にある「輪蔵」と呼ばれる回転式の書架

出世開運大黒天
『こう云うのはあまり信じない。有難いと感じたことはない』などと言っていたから、出世競争から見放されたのかもしれないが、それもまたおのが人生。まあ、信じる人はどんどん信じて願掛けをすることだろう。
大黒堂の左手から背後の山に向かって、傾斜地を利用した眺望散策路がある。散策路の周辺には40種類以上約2500株の紫陽花が群生しており、梅雨の季節には多くの観光客が訪れ、行列ができることもしばしばだそうだ。

出世開運大黒天

見晴台からの海の眺望
長谷寺の山号「海光山」のとおり、境内からの海の眺望が素晴らしい。目の前に由比ヶ浜が広がる。あの岬の先に横須賀市や三浦市がある。その辺りに「木造十一面観音」が流れ着いたというのだ。
見晴台からの海の眺望_1
見晴台からの海の眺望_2
見晴台からの海の眺望_3

地蔵堂
長谷寺に帰依する人々の発願で建立されたという地蔵堂。現在の堂は平成15年に建て替えられたもの。
堂内には、子安・繁栄にご利益のある「福壽地蔵」が安置され、堂の周囲には千体地蔵が並べられている。
かつてこの場所には、源頼朝の「厄除阿弥陀」を安置する阿弥陀堂があったという。

地蔵堂

卍池
「卍」はインドに伝わる吉祥の徳相で、功徳円満の意味を持っています。池に座っている像は奪衣婆(だつえば)と懸衣爺(けんねおう)
奪衣婆は三途の川のほとりにいて冥途の旅人の衣服を剥ぎ取り懸衣爺に渡します。その衣服を衣領樹という木の枝に懸けその枝のしなり具合で生前の罪の軽重を判断するという伝説があります。

卍池

 

鎌倉五山ほかを訪ねる(18)

長谷寺(2)

弁天堂(弁天窟)
下の境内の放生池を過ぎた辺りに、八臂の弁財天をお祀りする弁天堂があります。伝承によればこの尊像も弘法大師の御作といい、「出世弁財天」として古来より信奉されてまいりました。なお弁天堂のさらに奥へすすむと、弘法大師参籠の地と伝わる弁天窟があり、その名にちなみ窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られております。
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++
洞窟内の壁面彫刻(二臂の弁財天と十六童子)は、昭和42年に寄進されたもので、「出世弁財天」として信仰を集めている。


弁天堂をパスして、弁天窟のみを見させていただいた。弁天窟は奈良や京都にはなく、此処のみという人もあるようだが、真偽の程は私にはわからない。が、珍しい存在であることは間違いないことだろう。此処がパワースポットであるとする向きもあるようだが、信じる人は救われるのかもしれない。

弁天窟の外
弁天窟の外_1
弁天窟の外_2

弁天窟の出世弁財天
弁天窟の出世弁財天_1
弁天窟の出世弁財天_2
宇賀神(宇迦之御魂神)
雨を降らし穀物を育て水と富にご利益のある神で弁財天と一体となった神だそうだ。暗くてよく見えなかったのが非常に残念。
宇賀神(宇迦之御魂神)
十六童子
十六童子は、弁財天の眷属。善財童子(大黒天)を除いた十五童子で表されることが多いそうだ。
善財童子(ぜんざい)
(乙護童子(おとご))
本地:大黒天
十五童子を司る神

善財童子(ぜんざい)
計升童子(けいしょう)
(悪女童子(あくにょ))
本地:大黒天
経理・経営の神

計升童子(けいしょう)
衣裳童子(いしょう)
(除哂童子(じょき))
本地:摩利支天
着衣に不自由しない神

衣裳童子(いしょう)
蠶養童子(さんよう)
(悲満童子(ひまん))
本地:勢至菩薩
蚕・繭の神、衣服の神

蠶養童子(さんよう)
筆硯童子(ひっけん)
(香精童子(こうせい))
本地:金剛手菩薩
学問成就の神

筆硯童子(ひっけん)
酒泉童子(しゅせん)
(密跡童子(みっしゃく))
本地:無量寿仏
酒の神

撮り漏れ

牛馬童子(ぎゅうば)
(膸令童子(ずいれい))
本地:薬王菩薩
動物愛護の神

牛馬童子(ぎゅうば)
稲籾童子(とうちゅう)
(大神童子(だいしん))
本地:文殊菩薩
五穀豊穣の神

稲籾童子(とうちゅう)
飯櫃童子(はんき)
(質月童子(しつげつ))
本地:栴檀香仏
食物授与の神

飯櫃童子(はんき)
金財童子(こんざい)
(召請童子(しょうせい))
本地:薬師如来
金銀財宝・商売繁盛の神

金財童子(こんざい)
船車童子(せんしゃ)
(光明童子(こうみょう))
本地:薬上菩薩
交通安全の神

船車童子(せんしゃ)
印鑰童子(いんやく)
(麝香童子(じゃこう))
本地:釈迦如来
悟りと解脱へ導く神

印鑰童子(いんやく)
官帯童子(かんたい)
(赤音童子(せきおん))
本地:普賢菩薩
法を守る神

官帯童子(かんたい)
従者童子(じゅうしゃ)
(施無畏童子(せむい))
本地:龍寿菩薩
経営の神

従者童子(じゅうしゃ)
愛敬童子(あいきょう)
(施願童子(せがん))
本地:観世音菩薩
愛情・恋愛成就の神

愛敬童子(あいきょう)
生命童子(しょうみょう)
(臍虚空童子(せいこくう))
本地:弥勒菩薩
長寿の神

撮り漏れ


窟内を手で彫った様子
窟内を手で彫った様子_1
窟内を手で彫った様子_2

他にも、いくつかの石像がある。ここに弘法大師が参籠したと伝わっているそうだ。

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR