散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行(6)

旧富岡製糸場(2)
旧富岡製糸場案内図
旧富岡製糸場案内図

現在の公開レベルでは、1時間弱の説明が終われば、見学者はさっさと帰るしかないだろう。そして次の目的地に直行ということになり、富岡市にはあまり恩恵をもたらさない感じだ。早急に整備を進め、滞在時間を長くさせるようにしていくことが肝要だろう。そうすると、必然的にここで飲食をとることになる。ビジネスチャンスが生まれることだろう。同時並行的に、製糸場の付近ももう少し飲食や土産物購入などをしたいと見学者に感じさせるような整備が必要だと思う。

繰糸所…重要文化財
①-⑥製糸場として、商品である生糸を作り出すための最も重要な建物。糸繰りをお湯で行うため、ものすごい湿気がこもったようで、湿気対策が必要だった。また、当初は電気が通じていなかったため、明かり取りの窓が必要だった。そういう観点からの設計になっている。
繰糸所_1
繰糸所_2
繰糸所_3
従来の日本の建築物では見られなかったトラス構造が採用されている。トラスとは様々な建物に利用されている構造形式の一つで、三角形をつくるように部材をピン支点で連結して構成された構造形式を言う。
繰糸所_4
繰糸所_5
繰糸所_6
⑦どうもこのように見えにくいビニールで覆われているのが不人気の大きな原因のようだ。写真だってうまく撮ることができない。どうにも目障りで仕方がない。
どうもこのように覆われているのが不人気の大きな原因のようだ
⑧-⑩ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている。これだけでは、正直がっかりだ。せめて1系統くらい稼動させるべきだ。
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_1
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_2
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_3
寄宿舎
⑪昔の小学校の校舎のような外観だ。何位か味のある建物だ。
工女さんは、将来の指導者になることを期待された位置づけだったようだ。下記のように割と良い就労条件だったようだ。

勤務 
朝の7時~夕方の4時半まで 実働時間 7時間45分(ただし、季節によっては勤務時間が異なる)
 休日 年間76日 
  内訳 日曜日 50日 
  諸御祭日 6日 
  年末 12月29日~12月31日 
  正月 1月1日~1月7日
  暑休 10日
 一等工女 25円 二等工女 18円 三等工女 12円 等外工女 9円
  給料は月割りで支給。別に作業服代として、夏冬5円支給される。
  明治8年には4段階から8段階に変更。年功序列ではなく能率給。

寄宿舎
西繭倉庫(西置繭所)…重要文化財
⑫東繭倉庫と同じもの。訪問時2013年11月初旬現在は、内部未公開。早急に内部を改修して、何らかの形で開放したい意向のようだ。横浜の赤レンガ倉庫のように、夢のある再生は考えられないものだろうか。
西繭倉庫(西置繭所)
⑬-⑭西繭倉庫と副蚕場
市長の発言では、操糸場の機械を動かすのは大変なので、副蚕場に残された小規模の装置を再稼働して、見学者に見せたい意向のようだ。
西繭倉庫と副蚕場
⑮-⑯乾燥場
農家から集められた繭の中の蛹はまだ生きている。そのまま置いておけばやがて蛾となり穴を開けて出てきてしまう。そこで、繰糸するまでのあいだ保管できるように、熱風で乾燥させて殺蛹し、カビ発生を防止する。この工程を「乾繭(かんけん)」というそうだ。これを行う施設。
乾燥場_1
乾燥場_2

乾燥場と副蚕場の後ろに蒸気釜所(重要文化財)と鉄水溜(重要文化財)とがあるようだ。
外からは見えないのが残念。


2013.04.11付けの読売新聞に載った富岡市長の発言から
 富岡製糸場は現在、東繭倉庫と繰糸場の一部だけが公開スペースだが、これを広げたい。そのためには、まず安全管理を徹底する。今年度に防災計画を策定し、今年夏の「国際記念物遺跡会議」(イコモス)の現地調査後に、西繭倉庫の修復工事をできるだけ早く始める。収蔵品の展示場や図書室、調査研究施設として活用していく方針だ。
 将来的には、繰糸機も動かして製糸の工程を見てもらえるようにしたい。繰糸場の機械装置は大規模で難しいので、「副蚕場」の小規模な装置の稼働を目指す。早くても5年後になるが、長い目で整備を進める。


以上で、『軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行』シリーズは終了です。最後までお付き合いいただき、大変ありがとうございました。

 

軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行(5)

一泊小旅行の最後に世界遺産登録を目指す旧富岡製糸場に行った。
大したことはないという評価が多いようだが、私にはかなり興味があったし、それなりに見てよかったなあと思えた。一度見学する価値があるのではなかろうか。
ただ、スカイツリーの地元商店街同様、こちらも、素通りの客ばかりで、なんとかお客さんを引き止める魅力を作っていく必要があるようには思えた。その方面の対策は遅れているように思えた。世界遺産登録に燃えるのもいいが、きちんとした街づくりを行っていくこともまた、必要ではないかと思った。


旧富岡製糸場(1)
旧富岡製糸場案内図
旧富岡製糸場案内図

いまのところ、国の重要文化財に下記のものが指定されている。国宝・重要文化財フェチの私には、堪えられない豪華さだ。
繰糸所(そうしじょ)
東置繭所(ひがしおきまゆじょ)
西置繭所(にしおきまゆじょ)
蒸気窯所(じょうきがまじょ)
首長館(しゅちょうかん)
女工館(じょこうかん)
検査人館(けんさにんかん)
鉄水溜(てっすいりゅう)
下水竇及び外竇(げすいとうおよびがいとう) - 竇は汚水排出のための暗渠のこと


説明を受ける前に見たもの
思った以上に客は多い
①-②午後2番くらいに到着したのだが、まだまだ見学者が相当押しかけてきていた。お隣韓国の団体も来ていた。視察団のようだった。
思った以上に客は多い_1
思った以上に客は多い_2
糸繰りの実演
③-⑥老眼には見えにくいような細い糸を取り出す作業で、周りの見学者には糸が見えていたのだろうか。
糸繰りの実演_1
糸繰りの実演_2
細い糸が立ち上がっているのだが、お分かりだろうか
糸繰りの実演_3
糸繰りの実演_4
東繭倉庫の1階
⑦まゆのような超軽量のものを置くのにしては、やけにしっかりした倉庫だった。
東繭倉庫の1階

説明を受けながら見たもの
東繭倉庫(東置繭所)…重要文化財
⑧-⑬1階は事務所や作業所として使い、2階に乾燥させた繭を貯蔵したそうだ。
東繭倉庫(東置繭所)_1
東繭倉庫(東置繭所)_2
東繭倉庫(東置繭所)_3
東繭倉庫(東置繭所)_4
以下の2ショットは西側から見た様子
東繭倉庫(東置繭所)_5
東繭倉庫(東置繭所)_6
⑭フランス積み。これは誤訳だそうで正しくはフランドル積みだそうだ。
フランス積み
検査人館…重要文化財
⑮-⑯生糸の検査を担当したお雇い外国人の居住用に建てられたそうだ。
検査人館_1
検査人館_2
女工館…重要文化財
⑰-⑱こちらも工女養成の指導員となったお雇い外国人の工女のための居住用。日本人工女の居住用ではない。このクラスの人の居住用にここまでするなんて、今の常識では信じられない厚遇ぶりだったようだ。
女工館_1
女工館_2
ブリュナ館(首長館)…重要文化財
お雇い外国人の親玉だったブリュナの居住用。当時のブリュナの待遇は破格のものだったようだ。大した技術屋には思えないのに。うーーん。契約切れ以後は工女の教室として使用されていた。
私が見た感じだが、あまり優れたデザインの建物には見えなかった。当時の日本人にはハイカラな建物に見えたかもしれないが、ドサ回りで日本に来た西洋人には、急拵えの建物にしか映らなかったのではないかと思った。

ブリュナ館(首長館)_3
ブリュナ館(首長館)_4
ブリュナ館(首長館)_5

 

軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行(4)

小諸市本町界隈
ここに何をしに行ったかというと、昼食とお土産の味噌漬けを買うためだった。小諸は、小諸城址・懐古園に何度か行っただけで、こうした宿場町の面影が残っているとは、恥ずかしながら知らなかった。予想外に味わいがある町並みだった。

街並み
①この辺りに水害被害に遭う前の小諸宿の本陣があったようだ。
この辺りに水害被害に遭う前の本陣があったようだ
②-⑩小諸市本町の街並み
小諸市本町の街並み_1
この看板の字が読めなかった。
小諸市本町の街並み_2
小諸市本町の街並み_3
小諸市本町の街並み_4
小諸市本町の街並み_5
小諸市本町の街並み_6
小諸市本町の街並み_7
小諸市本町の街並み_8
小諸市本町の街並み_9
蕎麦屋『そば七』
⑪-㉓元は旅籠だったようだ。そこを借り受け、内部を改装した上で、蕎麦屋を営業しているとのこと。
蕎麦屋『そば七』_1
向拝は当時流行った松や鳥が彫られている
蕎麦屋『そば七』_2
蕎麦屋『そば七』_3
蕎麦屋『そば七』_4
我々が注文した『石臼手挽きざる(10食限定)』。あぶれた人は仕方なく、別のものを注文した。
蕎麦屋『そば七』_5
昭和になって新たに作られた明かり取りの開口部
蕎麦屋『そば七』_6
蕎麦屋『そば七』_7
蕎麦屋『そば七』_8
蕎麦屋『そば七』_9
蕎麦屋『そば七』_10
イギリス領カナダだって。ずいぶん古い看板だ。
蕎麦屋『そば七』_11
『浅間嶽』だったのか。最初の字しか読めなかった。(^_^;)
蕎麦屋『そば七』_12
㉔-㉕北国街道400年の記念ポスターのようだ
『あの夏で待ってる』の舞台だったんだ。デ・ジャブかなと思ったら、実際に見た作品だった。私がそのことを忘れていただけだった。(//∇//)
北国街道400年の記念ポスターのようだ_1
北国街道400年の記念ポスターのようだ_2
萬屋骨董店
江戸時代から13棟の蔵を持った小諸一番の米穀商と骨董商を併せて営んできましたが、明治26年連帯保証の責任を取り米穀商の鑑札を移譲、骨董屋専業になりました。
田舎の骨董屋なので取り扱う商品は骨董全般ですが、特に力を注いでいる物は、使って楽しむ生活骨董としての食器(伊万里焼等の陶磁器、輪島塗等の漆器)です。
また、最近女性の間で人気の手芸の材料としての古布、古い着物も取り揃えてあります。
12月初めに開催する恒例の書画展示即売会も人気を呼んでいます。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
明治初期の建物
萬屋骨董店店舗兼主屋(旧小諸銀行)は、平成19年10月2日国の登録有形文化財に登録されました。
御来店下されば外観ばかりでなく屋内も御覧いただけます。
旧小諸銀行の建物。銀行の創立は明治14年だが、この建物はその後建てられた。袖うだつをつけ、厚い土壁をつけた総2階の土蔵造りの建物で、棟には明かり取りの越屋根を設けている。本格的な土蔵造りで、小諸商人の財力を示すような銀行の姿をとどめている。国登録有形文化財。

㉖-㉚随分風格のあるところだ。国登録有形文化財指定も当然だろう。
萬屋骨董店_1
萬屋骨董店_2
萬屋骨董店_3
萬屋骨董店_4
萬屋骨董店_5
味噌漬けの店
㉛-㊲グループのボスが贔屓にしている店のようだ。かなり渋い好みで驚いた。私は血圧が気になるため、買うのは遠慮した。
味噌漬けの店_1
味噌漬けの店_2
味噌漬けの店_3
味噌漬けの店_4
味噌漬けの店_5
味噌漬けの店_6
味噌漬けの店_7
天機山光岳院
光岳寺は浄土宗の古刹で江戸時代に入ると徳川、松平、牧野など歴代藩主から庇護されました
山門
㊳-㊵元小諸城の足柄門を移築したもの
山門_1
山門_2
山門_3
楼門
㊶-㊸江戸中期創建
楼門_1
楼門_2
楼門_3
㊹本堂
本堂
㊺-㊻赤い変わった花が
赤い変わった花が_1
赤い変わった花が_2
ほんまち町屋館
㊼昭和40年代まで味噌・醤油の醸造業を営んでいた旧清水屋を商家の造りをそのままに活かし、会議や展示、イベントなど多目的に利用できる施設として整備しました。
あわせて、浅間山などの眺望を活かした小公園に休憩施設、公衆用トイレを併設し、本町の情緒あふれるたたずまいに調和した施設として、平成13年7月にオープンしました。

ほんまち町屋館

http://matinami.o.oo7.jp/kousinetu/komoro.html記載の記事
小諸は城下町・宿場町・商業町と3ッの機能を融合させた町で、東信の藩都として栄えていた。
先ず城下町としては、長享元年(1487)大井伊賀守光忠が鍋蓋城(なべぶた)を築いたのに始まり、武田信玄、依田(松平)2代、仙石2代に続いて、6名の城主が在城の後、元禄16年(1703)牧野氏が入城して明治維新に至っている。
次いで宿場町としては、小諸は古来より交通の要衝であったが、慶長年間(1596~1615)の主要道の道路整備によって、中山道追分宿から北国街道が分岐して小諸を通っている。宿場は初め本町と市町がその役割を果たしたが、寛保2年(1742)の大水害で本町が壊滅的な打撃を受け、市町が以後宿場機能を受け持つようになった。加賀藩主前田氏を初めとして、北陸・越後・信濃の諸大名がこの宿を利用した。
商業面では、中山道碓氷峠を越えて信濃の最初の城下町であることと、いろんな道路が集まる地の利から、各地の物産が集散・流通する中心地となって、米穀商をはじめ各種の問屋が活躍した。
小諸を歩くと一番最初に気になったのは、城跡が低い所にあることだ。普通は城は高い所にあるものだが、小諸では城が下にある。江戸初期から城下町が発展し、次第に浅間山の傾斜地を通る北国街道に沿って延びていったため「坂の町」となり、結果的に城郭が低い所になってしまった。
次に気になったのは、旧本陣や旧脇本陣が宿はずれにあることだ。これも一般には宿の中心にあるものだが。これは寛保2年(1742)の大水害に起因している。元々本陣は今の本町2丁目の塩川家の位置にあったものだが、水害で流されたため、今の市町に移ってきたものだ。
さて、町並みはどうか、市町一丁目には旧本陣門と問屋場の建物・脇本陣建物が残り、造り酒屋さんの建物もあり、宿場の面影を色濃く残している。この辺りも当然中山道沿いだが、宿場町としては急坂な所だ。本陣・脇本陣前がこれほど急坂の宿場は無いのではと思う。本陣の主屋は別のところに移転していたが、本陣門に続いて問屋場の建物が残っている。妻入りの出桁造りという珍しい建て方をした建物であった。
本町筋は宿場町でも北国街道に沿った商業地である。寛保2年(1742)の大水害は思いがけない災害であった。北方を流れる中沢川・松井川が氾濫し、堰き止められたものが決壊して、土石流でことごとく破壊されたものである。私も最初は千曲川は遥か下を流れているし、どうして水害がと思ったもの。その後復興し小諸の経済の中心となった。そして今に続いて老舗の商家や問屋が多く軒を並べている。白漆喰塗込めの商家建物に混じって、黒漆喰塗込めの味噌屋さんの建物がひと際目を引いた。

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月17日(水)は、イベント参加のため、私からのアクセスは少し遅れ気味になると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR