散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

高校野球神奈川大会準々決勝第3試合…慶應義塾vs桐蔭学園

慶応義塾投手陣の乱調と守備の乱れが思いがけない大差になり、コールドゲームにつながった。
1回表1死満塁の好機に桐蔭先発の斎藤に後続を封じ込められたのがケチのつき始め。その裏、慶応先発の1年生高橋伶介(尾張旭市立東中)の投球が注目されたが、ボールが圧倒的に多い最悪の立ち上がり。苦し紛れの投球をねらわれた。2死後連打で1・2塁に。そこで、斎藤に走者一掃3塁打を喫した。これで、試合が決まったようなものだった。更に安打が続き、計3失点。
しかし、2回以降は1回途中から救援した亀井倫太朗(大森第六中)が立ち直りの気配を見せ、試合はそのまま進んだ。
4回表に慶応が1死満塁からダブルプレー崩れで1点を返し、今後の巻き返しが期待された。実際、斎藤もかなりアップアップの状態で、そういう雰囲気ができかけていた。
しかし、その裏、今度はそれまで平常心で投げていた亀井が力む。やっとの思いで攻撃終了の2塁ゴロに仕留めたかと思った瞬間、1塁に悪送球、本塁への送球も暴投となり、…。これで勝負は完全に決まった。

慶応は来年さらなる上位を目指すためには、投手の育成が喫緊の課題だろう。それと守備力の強化。道は険しそうに見えた。

慶應義塾のチアガールたち
ちょっと離れたところからは可愛く見えた
慶應義塾のチアガールたち_1
慶應義塾のチアガールたち_2
慶應義塾のチアガールたち_3
慶應義塾のチアガールたち_4
慶應義塾のチアガールたち_5
慶應義塾のチアガールたち_6
慶応のリラックス術
選手をリラックスさせるべく行なっているのだろうが、この試合に限ってはその甲斐がなかったようだ
慶応のリラックス術_1
慶応のリラックス術_2
慶応のリラックス術_3
桐蔭のリラックス術
反対にサイボーグ・パフォーマンスで脅かされる始末
桐蔭のリラックス術_1
桐蔭のリラックス術_2
桐蔭のリラックス術_3
TVKのインタビュー
TVKのインタビューを受けている野球部員父兄。インタビュアーがかなりの美人に見えた。
TVKのインタビュー_1
TVKのインタビュー_2
TVKのインタビュー_3
桐蔭の守備練習
土屋監督も勇退だとか
桐蔭の守備練習_1
桐蔭の守備練習_2
桐蔭の守備練習_3
慶応の守備練習
慶応の守備練習_1
慶応の守備練習_2
監督の指示を聞く慶応ナイン
監督の指示を聞く慶応ナイン
慶応先発高橋投手の投球練習
慶応先発高橋投手の投球練習_1
慶応先発高橋投手の投球練習_2
慶応先発高橋投手の投球練習_3
慶応先発高橋投手の投球練習_4
慶応先発高橋投手の投球練習_5
桐蔭先発斎藤の投球フォーム
なかなか威力のある投球で、何よりもスタミナがある感じだった。また、彼はバッティングも非凡なものがあった。
桐蔭先発斎藤の投球フォーム_1
桐蔭先発斎藤の投球フォーム_2
桐蔭先発斎藤の投球フォーム_3
桐蔭先発斎藤の投球フォーム_4
桐蔭先発斎藤の投球フォーム_5
先頭打者小原のクリーンヒット
先頭打者小原のクリーンヒット_1
先頭打者小原のクリーンヒット_2
先頭打者小原のクリーンヒット_3
先頭打者小原のクリーンヒット_4
先頭打者小原のクリーンヒット_5
慶応先発高橋の投球フォーム
ボールばかりの最悪の投球。1回もたずに降板。桐蔭打線の迫力に呑まれてしまったのだろうか?
慶応先発高橋の投球フォーム_1
慶応先発高橋の投球フォーム_2
慶応先発高橋の投球フォーム_3
慶応先発高橋の投球フォーム_4
慶応先発高橋の投球フォーム_5
慶応先発高橋の投球フォーム_6
慶応先発高橋の投球フォーム_7
慶応先発高橋の投球フォーム_8
慶応先発高橋の投球フォーム_9
1回途中からリリーフの亀井
2-3回を抑えこんだが、4回に味方が1点取り返した後に、力み過ぎの投球で自滅。
1回途中からリリーフの亀井_1
1回途中からリリーフの亀井_2
1回途中からリリーフの亀井_3
1回途中からリリーフの亀井_4

 

高校野球神奈川大会準々決勝第2試合…桐光学園vs横浜

怪物松井くんの夏はここまでだった

桐光学園は、昨夏の全国選手権で1試合22奪三振の大会新記録をつくった松井裕樹投手が準々決勝第2試合に登板。準々決勝は6回戦に相当し、シード校なので実際は5試合目だが、彼自身は3試合目の先発登板。エース温存策が裏目に出たのかもしれない。何となく、調子が上がらない感じを受けたからだ。
春の県大会で13三振を奪って完封した横浜高校が相手だ。絶対勝てる相手だと舐めて掛かっていた奢りが桐光学園の選手たちの心にあったのかもしれない。片や、打倒松井に執念を燃やす横浜。相当に松井を研究して臨んだに違いない。

桐光学園は1回表、坂本の中前適時打で1点を先取した。しかし、ボーンヘッドが響き、1点にとどまってしまう。ここが勝負の分かれ目だったかもしれない。
横浜は4回裏、高浜が松井から中越えに本塁打を放ち、同点に追いついた。この辺から桐光学園が押している感じはなくなり、完全なイーブンペースに。
桐光学園は7回表、大嶋の右翼への本塁打でまたもや勝ち越す。これで、勝負があったと思った。
しかし7回裏、松井がぴりっとしない。浅間の右越え2点本塁打を許し、2-3と逆転された。
8回、先頭打者の松井が3塁打を放つが、この絶好に同点機に追加点を奪えない。勝負はここまでだった。

横浜の試合前練習
横浜の試合前練習_1
横浜の試合前練習_2
スタンドへ挨拶
スタンドへ挨拶_1
スタンドへ挨拶_2
松井の投球練習
松井の投球練習
伊藤の投球フォーム
威圧感などは無さそうだが、大きな失点を許さずに通したのだから、好投したと評価すべきだろう。
伊藤の投球フォーム_1
伊藤の投球フォーム_2
伊藤の投球フォーム_3
伊藤の投球フォーム_4
伊藤の投球フォーム_5
伊藤の投球フォーム_6
伊藤の投球フォーム_7
伊藤の投球フォーム_8
伊藤の投球フォーム_9
伊藤の投球フォーム_10
伊藤の投球フォーム_11
伊藤の投球フォーム_12
伊藤の投球フォーム_13
最初は桐光学園が優勢だった
最初は桐光学園が優勢だった_1
最初は桐光学園が優勢だった_2
松井の投球フォーム
今回、敗れはしたがあっぱれなピッチングだったと思う。もう少しコントロールを磨いて、狙い球を絞らせないようにしたいものだ。
松井の投球フォーム_1
松井の投球フォーム_2
松井の投球フォーム_3
松井の投球フォーム_4
松井の投球フォーム_5
松井の投球フォーム_6
松井の投球フォーム_7
松井の投球フォーム_8
大嶋、本塁打を放つ
大嶋、本塁打を放つ_1
大嶋、本塁打を放つ_2
松井、浅間に本塁打を浴びる
本塁打のシーンは前の座席のバカ男がビールを注文するのに突然立ち上がったため、撮ることが出来なかった。
松井、浅間に本塁打を浴びる_1
松井、浅間に本塁打を浴びる_2
松井、3塁打を放つ
松井、3塁打を放つ_1
松井、3塁打を放つ_2

 

高校野球神奈川大会4回戦…淵野辺vs慶應義塾

5回コールドゲーム14:1で慶應義塾が圧勝

戦力等から考えて、慶應義塾が勝利することは間違いがないと思われたが、これほどまで一方的な試合展開になるとは思っていなかった。
今大会有力校は4回戦では主力温存を図っているのが特徴のようだ。慶應義塾も同様のようで、今回の先発田村君は背番号15(慶應義塾中等部)だった。スタンドから見た限りではそんなに良い出来だとは思わなかったが、ちょっと試合がだれた4回に四球と3塁打とで1点を失っただけなので、まずまずだったのかもしれない。

慶應義塾先発田村君_1
慶應義塾先発田村君_2
慶應義塾先発田村君_3
このシーンばかり。淵野辺高校には気の毒な限りだが、試合なのだから手抜きや同情は禁物だ。
得点シーン_1
得点シーン_2
得点シーン_3
慶應義塾女子高校のチアリーディングも応援に花を添えた
慶應義塾女子高校のチアリーディング_1
慶應義塾女子高校のチアリーディング_2
慶應義塾女子高校のチアリーディング_3
慶應義塾女子高校のチアリーディング_4
エールの交換
エールの交換_1
エールの交換_2
ブラスバンドの指揮者
ブラスバンドの指揮者
慶應義塾の打撃
慶應義塾の打撃_1
慶應義塾の打撃_2
斯くして試合終了
斯くして試合終了_1
斯くして試合終了_2

5回戦は、本日(7/22)午後、平塚球場で武相高校との対戦だ。シード校同士の対戦に突入することになる。

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR