散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

軍港めぐり(8)

あすか(JS Asuka, ASE-6102)は、海上自衛隊の試験艦。海上自衛隊としては15年ぶりの試験専用艦で、省力化やステルス化を目的とした艦載兵器実験艦。絶対に内部を見せない機密の塊の艦船だけど、外見はごく普通だ。
あすか_1
あすか_2
あすか_3

やまぎり(JS Yamagiri, DD-152,旧 TV-3515)は、海上自衛隊の護衛艦。
やまぎり

ひゅうが(JS Hyūga, DDH-181)は海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦 (DDH)。やまぎりと比較すると、巨大さがよくわかる。軽空母ではないのだが、…。
ひゅうが_1
ひゅうが_2
ひゅうが_3
ひゅうが_4

 

軍港めぐり(7)

新井堀割水路。左側は吾妻島。現在はアメリカ海軍の燃料倉庫になっている。その昔は右側の陸地部分と地続きになっていて、船舶でここを越すには大きく迂回しなければならなかったので、利便を図るため、明治の時代に旧日本海軍が掘り崩して水路を作った。
新井掘割水路

あまぎり(JS Amagiri, DD-154)は、海上自衛隊の護衛艦。漸く、護衛艦を目にした。護衛艦が全て出払って不在の異常事態なんて、想像したくもなかったから、…。
あまぎり_1
あまぎり_2

えんしゅう(JS Ensyu, ASM-4305)は、海上自衛隊の多用途支援艦。除籍後に標的艦として処分される艦船を沖合いまで曳航するなどということも、用途の一つらしい。
えんしゅう

おおなみ(JS Oonami, DD-111)は、海上自衛隊の護衛艦。
おおなみ

水中処分母船「YDT03」。水中処分隊(機雷、水中爆発物等の処理を行う部隊)の母船。
水中処分母船「YDT03」

 

軍港めぐり(6)

にちなん(JS Nichinan, AGS-5105)は、海上自衛隊の海洋観測艦。
しょうなん(JS Syonan, AGS-5106)は、海上自衛隊の海洋観測艦。建造費を削減するため商船構造の採用や観測機器の見直しを図った。そのため、にちなんに比して、かなり安く建造できたようだ。
にちなん&しょうなん_1
にちなん&しょうなん_2
にちなん&しょうなん_3

やえやま(JS Yaeyama, MSO-301)は、海上自衛隊の掃海艦。掃海母艦のサポートの下に機雷除去作業を行う艦船。掃海艦は磁気機雷に感知されない様に、帯磁しにくい木製などで造られているが、木造艦船としては世界最大だそうだ。今後は木造船は建造せず、FRP船に代替されるようだ。だから世界一のままなのだろうが、やはり通常の艦船に比べれば、かなり小さい。
やえやま

海上自衛隊の油船(YO 40)と水船(YW 24)、水船(YW 21)。こういう船も必要なんだ。識別番号2桁目がOかWかで識別しているんだ。
油船(YO 40)と水船(YW 24)
水船(YW 21)

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR