散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

皇居と東御苑(7)

東御苑(2)

花菖蒲田(2)
一応名前を示す立て札とともに撮ってみた。前回からの続き。
花菖蒲_2_1
花菖蒲_2_2
花菖蒲_2_3
花菖蒲_2_4
花菖蒲_2_5
花菖蒲_2_6
花菖蒲_2_7
花菖蒲_2_8
花菖蒲_2_9
花菖蒲_2_10
花菖蒲_2_11
花菖蒲_2_12
花菖蒲_2_13
花菖蒲_2_14
花菖蒲_2_15
花菖蒲_2_16
花菖蒲_2_17
花菖蒲_2_18
花菖蒲_2_19
花菖蒲_2_20
花菖蒲_2_21

アサザとヒメコウホネ
アサザ
ヒメコウホネ

以上で、今回の『皇居と東御苑』は終了です。最後までお付き合いいただき、大変有難う御座いました。

 

皇居と東御苑(6)

東御苑(1)

道場前の出入口から東御苑に入る。目的は花菖蒲を観察すること。

同心番所
下記説明通り下乗橋で籠などから下りるのだが、脚力が衰えたものには此処から先の本丸に至る急勾配の坂は、かなり厳しかったのだろうと思う。
同心が江戸城へ登城する大名の供を監視した。以前はこの番所の前に橋があり、御三家を除くすべての大名・役人はここで乗り物から降りて徒歩で本丸へ登った。
同心番所
百人番所
いったい正式な役目は何だったのか、首をかしげる感じだ。甲賀組・伊賀組・根来組の3組は忍びの集団で、博多藩黒田家に繋がる二十五騎組は、腕に覚えのあらくれ集団か。用心棒の役目が主たるものだったのだろうか。
本丸・二の丸へ続く大手三之門を警護していた門。鉄砲百人組と呼ばれる甲賀組・伊賀組・根来組・二十五騎組の同心100人が昼夜交代で警護に当たった。
百人番所
外国人観光客
外国の人には都心で無料・予約なしで見ることができる数少ない場所。昔の名残が十分に感じられるようで、特に好評なようだ。
外国人観光客_1
外国人観光客_2
外国人観光客_3

花菖蒲田(1)
此処の花菖蒲田は手入れが行き届き綺麗だということで有名だが、面積はさほどあるわけではない。
花菖蒲田_1
花菖蒲田_2
花菖蒲田_3
花菖蒲田_4

一応名前を示す立て札とともに撮ってみたが、白い花びらのものなど色飽和しているものもあり、何とか見られるものを続けて示す。
花菖蒲田_5
花菖蒲田_6
花菖蒲田_7
花菖蒲田_8
花菖蒲田_9
花菖蒲田_10
花菖蒲田_11
花菖蒲田_12
花菖蒲田_13
花菖蒲田_14
花菖蒲田_15
花菖蒲田_16
花菖蒲田_17
花菖蒲田_18
花菖蒲田_19
花菖蒲田_20
花菖蒲田_21
花菖蒲田_22
花菖蒲田_23

 

皇居と東御苑(5)

皇居(5)

山下通り
我々が立っている側の反対側の景色が良いのだそうだ。紅葉の時などは最高だとのこと。
山下通り_1
山下通り_2
山下通り_3

蓮池濠にぶつかる
蓮池濠にぶつかる_1
蓮池濠にぶつかる_2

右に進んで、宮内庁庁舎横を通る
宮内庁庁舎_1
宮内庁庁舎_2
宮内庁庁舎_3
宮内庁庁舎_4
宮内庁庁舎_5
宮内庁庁舎_6

蓮池濠に架かる橋を渡る
石垣の上に白く見えるのは富士見多聞。多分あそこからの長めは凄く良いと思う。が残念なことに、東御苑から富士見多聞のすぐ前まで行けるのだが、中には入れない。おまけにやぶ蚊がブンブン飛んでいて、めちゃくちゃ刺された記憶がある。
蓮池濠はかなり幅が広い。かつての本丸と西の丸とには大きな隔たりがあったようだ。勿論、本丸のほうが格が上だった。

蓮池濠_1
蓮池濠_2

これで参観は終了
東御苑に回らない人達は、桔梗門から退出することになる。
参観の終了

引き続きショートカットで東御苑へ向かう。お目当ては花菖蒲を見ることだ。
元枢密院庁舎は現在は皇宮警察の庁舎として使用されている。見えるのは皇宮警察のための施設ばかりだ。
皇宮警察のための施設_1 (元枢密院庁舎)
皇宮警察のための施設_2
皇宮警察のための施設_3
皇宮警察のための施設_4
以前は、皇宮警察も柔道の猛者がいたはずだが、今はさっぱり聞こえてこない。
皇宮警察のための施設_5

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR