散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

日光へ行った(17)

二荒山神社 神橋 【国重要文化財】
神橋_1
神橋_2
江戸時代以前は山梨県大月市の猿橋のように、橋脚を持たない刎橋の構造であったとされるが、以後は似た構造ながらも「乳の木」は石造の橋脚で支えられている。刎橋と桁橋を組み合わせた当時としては先端的な手法であり、城郭建築等に伴う土木技術の発達が背景にある。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
聖地日光の表玄関を飾るにふさわしい朱塗に映える美しい神橋は、昔は「山菅橋」「蛇橋」「山菅の蛇橋」などと呼ばれ日光二荒山神社の建造物で国の重要文化財に指定され、平成11年12月に世界遺産に登録されました。
橋の長さは28メートル、巾7.4メートル、高さ(水面より)10.6メートルあり、高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られ(乳の木)と橋板の裏は黒漆塗で、その他は朱に塗られています。
奈良時代の末に、神秘的な伝承によって架けられたこの橋は神聖な橋として尊ばれ、寛永13年に現在のような神橋に造り替えられてから、もっぱら神事・将軍社参・勅使・幣帛供進使などが参向のときのみ使用され、一般の通行は下流に仮橋(日光橋)を架けて通行することとなりました。
昭和57年男体山頂鎮座1200年祭斎行に際し、昭和48年よりその奉賛を目的として、広く一般に公開され、平成9年より今回の大修理が行われました。 山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては我国唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の一つに数えられています。


日光物産商会
日光物産商会_1
日光物産商会_2
日光物産商会_3
栃木県
明治/1868-1911
木造2階建、鉄板葺、建築面積233㎡
1棟
栃木県日光市上鉢石町1026他
登録年月日:20060302
株式会社日光物産商会
登録有形文化財(建造物)
日光二社一寺の門前に位置し,桁行22m,梁間11m規模の商業建築。木造2階建,入母屋造とし,2階に三斗組と蟇股を配した高欄を廻らし,妻面に琴柱花頭窓を穿ち,妻飾には二重虹梁大瓶束笈形の架構を見せるなど,寺院建築の細部を随所に取り入れる。


旧大名ホテル(現、日光市役所日光総合支所)
だれもが『日光市役所日光総合支所』という標識を信じないのではなかろうか
旧大名ホテル(現、日光市役所日光総合支所)_1
旧大名ホテル(現、日光市役所日光総合支所)_2
旧大名ホテル(現、日光市役所日光総合支所)_3
栃木県
大正/1912-1925
木造3階建、鉄板葺、建築面積2470㎡
1棟
栃木県日光市中鉢石町999
登録年月日:20060302
日光市
登録有形文化財(建造物)
日光街道沿いに「大名ホテル」として建設される。間口44m,奥行17mの木造3階建の主体部は正面モルタル塗,背面下見板張とし,大ぶりな破風を載せた左右翼部を正面に張出し中央を望楼風とした城郭風の造り。南に入母屋造,総3階建の付属棟を接続する


ひしや
幻の羊羹とさえ言われている『日光 祢りようかん』のお店のようだ。もう既に、本日分は販売終了だった。
ひしや_1
ひしや_2
ひしや_3

「日光鉢石宿のおひなさま」
「日光鉢石宿のおひなさま」_1
「日光鉢石宿のおひなさま」_2
「日光鉢石宿のおひなさま」_3
「日光鉢石宿のおひなさま」_4

下記のように行われているイベント。街行く人を楽しませてくれる楽しい催し物だ。
お客様を暖かくお迎えし、おひなさま期間中は、お茶の接待や折紙体験などを行いますので、皆さま是非ご覧ください。
期間:2013年は2月11日(月)~3月3日(日)まで
場所:日光駅~神橋~田母沢御用邸・霧降地区・湯元温泉
 

少し遅目の昼食
湯葉懐石弁当を注文した。かなり遅い昼食で、空腹だったこともあって美味しく感じられた。
湯葉懐石弁当

以上で、17回に及んだ『日光へ行った』シリーズは終了です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

日光へ行った(16)

家光廟輪王寺大猷院(4)

輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿 (国宝)
内部は撮影禁止
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_1
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_2
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_3
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_4
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_5
輪王寺大猷院霊廟・本殿・相の間・拝殿_6
拝殿
大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さくとも細部の技法に力を尽くした造りとなっています。東照宮が「権現造り」を中心とした神仏習合形式であるのに対し、大猷院廟は「仏殿造り」の純仏教形式となっています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
拝殿の内部は細部に至るまで金箔が施され、文字通り金箔玉楼となっています。
寺院は本尊が南を向くのが定式で、家康公の御廟である東照宮もそのような造りになっています。ところが大猷院の本殿は東北(鬼門)を向いているのです。これは家光公が「死して後も朝夕東照大権現(家康公)の側でお仕え奉る」と遺言し、御廟も東照宮の方へ向けてあるからなのだといわれています。
それでは大猷院のご本尊はどちら向きかといいますと、本殿の奥壁の裏に実はもう一つ部屋が設けてあり、そこに釈迦三尊画像が後ろ向き(南面)に掛けられています。定式と遺言のどちらにも沿う妙案と言えるでしょう。
本殿
拝殿に続く本殿の最奥部、「厨子(御宮殿/ごくうでん)の中には、今回宝物殿で初公開中の「家光公座像」と「御位牌」が、又その前後には、家光公の本地「釈迦如来」(非公開)が奉安されています。この建物を「廟(びょう)」といい、参り墓を意味し、一般の方々の正式な参拝所となります。金・黒、赤の彩色をくまなく施された外観は、別名「金閣殿」の呼び名があるほど豪華で、江戸芸術の極みを示しています。

輪王寺大猷院霊廟・御供所 (重要文化財)
撮り漏らしたので、フリーの画像を借用する
輪王寺大猷院霊廟・御供所
輪王寺大猷院霊廟・御供所渡廊 (重要文化財)
撮り漏らしたので、フリーの画像を借用する
輪王寺大猷院霊廟・御供所渡廊
輪王寺大猷院霊廟・皇嘉門 (重要文化財)
皇嘉門はいわば開かずの門。奥院があるため、ここから先へは一般人はもちろんのこと、寺の者でも滅多に足を踏み入れることができないそうだ。
輪王寺大猷院霊廟・皇嘉門_1
輪王寺大猷院霊廟・皇嘉門_3
本殿の後ろ、大猷院の最も奥に位置する家光公の御廟へは、この「皇嘉門」から入ります。中国、明朝の建築様式を取り入れたその形から、一名「竜宮門」とも呼ばれてる美しい建物です。門を潜るときに見上げると、天上には「天女の画像」が描かれており、これから先が家光公の御霊を奉る聖域であることを象徴しています。
門の名前は、「陽明門」と同じく宮中の門の名を戴いています。


今回で輪王寺大猷院霊廟は終了し、次回は日光市内の様子を取り上げる

 

日光へ行った(15)

家光廟輪王寺大猷院(3)

輪王寺大猷院霊廟・唐門 (重要文化財)
夜叉門を潜り拝殿の前、大猷院の中心に位置するのがこの唐門です。その名のように唐破風を持つ、一間一戸の小規模な門ですが、隅々まで繊細な彫刻と金、白を基調とした彩色が施されており、その意匠装飾は大変気品のあるものです。柱や貫・梁には七宝・麻の葉などの細かい地模様が彫られ、扉には上に鳳凰、下に唐草、前後の破風の下には雄雌の双鶴と白竜などの彫刻で余すところ無く、美しく装飾されています。両側の袖塀の羽目には多くの鳩が彫られ、百間百態の群鳩とされています。
輪王寺大猷院霊廟・唐門_0
輪王寺大猷院霊廟・唐門_1
輪王寺大猷院霊廟・唐門_2
輪王寺大猷院霊廟・唐門_3
輪王寺大猷院霊廟・唐門_4
輪王寺大猷院霊廟・瑞垣 (重要文化財)
東照宮では『透塀』と呼ばれているが、この大猷院のものは『瑞垣』と呼ばれている。同様の趣向のものだと思う。
輪王寺大猷院霊廟・瑞垣_1
輪王寺大猷院霊廟・瑞垣_2
本殿の右側面部分
輪王寺大猷院霊廟・瑞垣_3
輪王寺大猷院霊廟・掖門 (重要文化財)
直上の画像の一番奥にあるもの。皇嘉門へ行くためにあるもの。撮り漏らしてしまったので、freeの画像を借用した。
輪王寺大猷院霊廟・掖門

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR