散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秩父夜祭_H24(11)

夜祭のメインである笠鉾・屋台行列(5)

本町屋台
本町地区の所有する屋台。後幕が子供の玩具でその中にあるだるまが特徴的であり、運行組織は達磨会と呼ばれる。明治・大正時代までは二重勾欄をもつ屋台であったが、転倒事故後、今の勾欄になる。
本町屋台_1
本町屋台_2
本町屋台_3
本町屋台_4
本町屋台_5
本町屋台_6
本町屋台_7
本町屋台_8

全笠鉾・屋台の集結
御旅所内の人数の凄さが花火に照らされてよく分かる。左側に屋台4基が陣取り、右側に笠鉾2基が陣取っている。
全笠鉾・屋台の集結_1
全笠鉾・屋台の集結_2
全笠鉾・屋台の集結_3
全笠鉾・屋台の集結_4

おしまい
笠鉾や屋台の轍の跡がすざましい
おしまい_1
おしまい_2
この日ばかりは遅くまで営業してくれて、凍てつきそうになった体を温め、ほっと一息つくことができた。
おしまい_3

11回に及ぶ連載にお付き合いいただき、大変ありがとうございました。

 

秩父夜祭_H24(10)

夜祭のメインである笠鉾・屋台行列(4)

上町屋台
四台の屋台の中で、一番大きな屋根を持つ。後ろ幕は、鯉の滝登り。運行組織は「い組」と呼ばれ屋台町会の中での屋台のすれ違いは見ものである。
四方に唐破風を持つ四つ棟造りの屋台は、この上町屋台のみ。非常に華やかだ。他の屋台は前後に唐破風を持つのみ。
上町屋台_1
上町屋台_2
上町屋台_3
上町屋台_4

中町屋台
四台の屋台の中で最も大きな屋台。屋根の鬼板(彫り物)は大きく美しい。下方(運行組織)は中町屋台保存会青年部が運行している。6屋台町会の中で唯一、恵比寿の幕、鯛の幕の2枚の後幕を持ち、12月2日、3日と違う後幕を見る事ができるのもこの町会の特徴である。
屋根の上に載せた降雨に備えてのビニールシートが何とも目障りで、それが印象を損ねた感じに思えた。
中町屋台_1
中町屋台_2
中町屋台_3
中町屋台_4
中町屋台_5

 

秩父夜祭_H24(9)

夜祭のメインである笠鉾・屋台行列(3)
宮地屋台
宮地地区(上宮地・中宮地・下宮地)の屋台。この地域は秩父神社に習合される前の妙見宮があったところとされ(現在は妙見塚)、そのために宮地(みやじ)と呼ばれる。秩父夜祭の屋台の中では最古の歴史をもち、かつ登り高覧がないなど最も古い原型を残している。御神幸祭の際には3番目に曳行される山車でそのため他町会の屋台と違い曳踊りでは必ず三番叟が上演される。妙見七ツ井戸の伝説に従い、屋台倉から3日の神社への宮入までに七回曳踊りを行う風習があるなど妙見菩薩に最も縁が深い山車である。
プロは投光器で照射しながら至近距離から映像を記録していたようだ。あの位置は団子坂を上るシーン撮影のベスト地点のようだ。邪魔が一切入らない。昨年はこの反対側に専用の櫓が建てられていたが、今年はあったのだろうか?
宮地屋台_1
宮地屋台_3
宮地屋台_4
宮地屋台_5
宮地屋台_6
宮地屋台_8
宮地屋台_10
宮地屋台_11

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR