散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ヴェルニー公園~観音埼灯台~走水神社(7)

走水神社
ごくごく小さな神社だ。でも、日本書紀の世界とも通じるごくごく長い歴史を持つ神社なのだ。
散歩の締めくくりはここにしようと行く前から決めていた。訪ねてみて良かった。

走水神社_1
走水神社_2
走水神社_3
走水神社_4
走水神社_5
走水神社_6
走水神社_7

古事記(712年)や日本書紀(720年)に出てくる歴史ある地名。どんないわれがあるかは、下記記事を参照されたい。夫のために妻が自らの命と引き替えに…、凄いやり取りがあったものだ。
漢字混じりの文だとこうなる。

さねさし 相模(さがむ)の小野に 燃ゆる火の 火中(ほなか)に立ちて 問ひし君はも
意味合いは以下のようだ。
相模の小野で炎に囲まれたとき、火の粉が御自分に掛かっていることにも気に留めず、ひたすら私の身を案じて下さった貴方‥‥‥

弟橘媛命の歌碑
弟橘媛命の歌碑_1
弟橘媛命の歌碑_2
弟橘媛命の歌碑_3

走水の地名は、すでに古事記(712年)や日本書紀(720年)の中に表れています。大和朝廷時代には、上総(千葉県)を経て東北地方に渡る最も便利な道として、この地方に古東海道が通じておりました。
走水神社の祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)とその后弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の二柱です。神社の創建された年代については、享保年間の火災で、神社の記録や社宝が焼失してしまったのでわかりません。
伝説では、景行天皇の即位四十年(110)、東夷征討の命を受けた日本武尊が、この走水から上総へ渡られるにあたり、村民に「冠」を賜りましたので、冠を石櫃(いしびつ)に納めて、その上に社殿を建て、尊を祭ったことに始まると伝えています。日本武尊が渡海の際、海上が荒れ、いまにも舟が沈みそうになりました。海神の怒りであると考えられた弟橘媛命は

 さねさしさがむのをぬにもゆるひの
     ほなかにたちてとひしきみはも

の歌を残し、尊に代わって海に身を投じ、風波を鎮めました。弟橘媛命は、もと旗山崎に橘神社として祭られていましたが、その地が軍用地に買収されたため、明治四十二年、この神社に祭られました。
明治四十三年六月、弟橘媛命の歌碑が、東郷平八郎、乃木希典など七名士により、社殿の裏手に建てられました。
社殿の階段下の右側にある「舵の碑」は、弟橘媛命の崇高な行いにあやかり、航海の安全を願って国際婦人年(昭和五十年)を機に、また、左側にある「包丁塚(ほうちょうづか)」は、走水の住人大伴黒主(おおとものくろぬし)が日本武尊に料理を献じて喜ばれたとの古事により、包丁への感謝と鳥獣魚介類の霊を慰めるため、昭和四十八年に建てられたものです。


社殿の階段下にある碑
弟橘媛命の舵の碑
弟橘媛命の舵の碑_1
弟橘媛命の舵の碑_2
針の碑
針の碑_1
針の碑_2

旗山崎(御所ヶ崎)
上記説明の通り、かつて弟橘媛命が橘神社に祀られていた場所
走水港を抱くように海に突き出た小さな岬、旗山崎(御所ヶ崎)。現在、その頂に登ることはできないが、ここには『古事記』や『日本書紀』の中の東征説話に登場する日本武尊の伝承があり、その地名は尊(ミコト)が東征したとき、ここに臨時の御所を設け、軍旗を立てたという伝説に由来する。
旗山崎(御所ヶ崎)_1
旗山崎(御所ヶ崎)_2
旗山崎(御所ヶ崎)_3

弟橘媛(オトタチバナヒメ)が詳しく説明されているサイトへjump

以上で『ヴェルニー公園~観音埼灯台~走水神社』の記事は終わりです。
ずっとお付き合いいただき有難う御座いました。

 

ヴェルニー公園~観音埼灯台~走水神社(6)

防衛大学校走水海上訓練場
実は大分以前にここに入らせてもらったことがある。ここはカッターとヨットの訓練をする場所だ。
防衛大学校走水海上訓練場_1
防衛大学校走水海上訓練場_2
防衛大学校走水海上訓練場_3
防衛大学校走水海上訓練場_4
カッター訓練
カッター訓練_1
カッター訓練_2
カッター訓練_3
カッター訓練_4
カッター訓練_5
カッター訓練_6
カッター訓練_7
カッター訓練_8
カッター訓練_9
走水神社から撮影
走水神社から撮影_1
走水神社から撮影_2
走水神社から撮影_3
走水神社から撮影_4
ヨット
昔は鹿島郁夫氏が大西洋単独横断に使用したコラーサⅠ世号と同型だったと記憶しているが、今はそんなはずもなく…。でもやはりエンジン無しのままだ。凪の日に港を出るだけでも大変な労力がかかるし、熟練の腕前が必要だろう。
ヨット

道端に干してあった天草
寒天の材料になる海藻
道端に干してあった天草

 

ヴェルニー公園~観音埼灯台~走水神社(4)

観音崎(2)

観音崎の地名と海蝕洞窟
観音崎の地名は、奈良時代の僧行基が舟の安全のため、十一面観音(舟守観音)を海蝕洞窟に収めたことに由来する。
観音寺跡の説明書き
洞窟の由緒
天平13(741)年春、行基が、ここに住んでいた大蛇を退治して、その霊を鵜羽山権現として祀ると共に、洞窟の沖合で入水して海を鎮められた弟橘媛命をイメージして十一面観音像を安置した。以来、海上安全、人命守護の霊地として信仰された。
海蝕洞窟

観音崎の入江
見飽きることのない景色だ
観音崎の入江_1
観音崎の入江_2
観音崎の入江_3
観音崎の入江_4
観音崎の入江_5
観音崎の入江_6
観音崎の入江_7
観音崎の入江_8
観音崎の入江_9
観音崎の入江_10
観音崎の入江_11

観音崎ボードウォーク
釣りに興じるもよし、沖行く船舶を眺めるもよし、それを撮るのもよし。なんでもござれのところだ。写真を撮るならできるだけ長いレンズがほしい。短いレンズだと苛々する。
観音崎ボードウォーク_1
観音崎ボードウォーク_2
観音崎ボードウォーク_3
観音崎ボードウォーク_4
観音崎ボードウォーク_5
観音崎ボードウォーク_6
観音崎ボードウォーク_7
観音崎ボードウォーク_8

横須賀美術館
外から見ても素敵な美術館だと思うが、美術館側から見た海の景色も最高だそうだ。
横須賀美術館_1
横須賀美術館_2
横須賀美術館_3

観音崎京急ホテル
昔から憧れのホテルだ。
観音崎京急ホテル_1
観音崎京急ホテル_2
観音崎京急ホテル_3
観音崎京急ホテル_4
観音崎京急ホテル_5
ボードウォークからみた観音崎京急ホテル
ボードウォークからみた観音崎京急ホテル

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR