散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

一条恵観山荘の庭園ほかを見て回った(6)

旧華頂宮邸を後にし、宝戒寺及び東勝寺跡を目指してトボトボと歩き始めた。大した道のりではないはずなのだが、やっぱりへばった。

途中の様子
大した道筋ではないが、すぐ次の目的地が近くではないということの備忘で記しておく。
アナゴ料理で有名な店
いつも凄い行列のようだ。この日も行列が見えた。私自身はいただいたことがない。
アナゴ料理で有名な店
魚屋さん
昔はこういうのが街の魚やさんだったのかなあ。
魚屋さん
滑川
ここで大きく蛇行している。もうちょっと田舎だったら、オオヨシキリが啼いていそうだが、…。
滑川_1
こんな大きくなったらミサゴでも狙わないかなあ。その前にここまで飛来してこないか。
滑川_2
文覚上人屋敷跡
鎌倉は史跡そのものが残っているものは殆どない。この場合も例外ではない。世界遺産に指定されないのは当然かもしれない。歴史を彩った大人物だというのに、鎌倉にはこんなものしか残っていないのか。
文覚上人屋敷跡

紫陽花プロムナード
地元の人がひそかに愛でている場所らしい。この時(6月22日)は、かろうじて紫陽花が鑑賞できる感じだった。
こんな感じ
紫陽花プロムナード_1
紫陽花プロムナード_2
紫陽花プロムナード_3
紫陽花プロムナード_4
紫陽花プロムナード_5
紫陽花プロムナード_6
紫陽花プロムナード_7
紫陽花プロムナード_8
紫陽花プロムナード_9
紫陽花プロムナード_10
紫陽花プロムナード_11
近くにはこんなものも
紫陽花プロムナード_12
紫陽花プロムナード_13
紫陽花プロムナード_14

東勝寺跡と腹切りやぐら
最後に鎌倉幕府滅亡の地を確認しておこうと考えた。いつもこの辺で激しくへばる。昼食を食べていない所為もあるかもしれないが。
東勝寺跡
幕府の残党はこの東勝寺へと逃げ込み、この地で自害し果てたとされる。兵どもの無念が渦巻いているのかもしれない。私は鈍感なのか何も感じなかった。(^_^;)
東勝寺跡と腹切りやぐら_1
東勝寺跡と腹切りやぐら_2
東勝寺跡と腹切りやぐら_3
東勝寺跡と腹切りやぐら_4
東勝寺跡と腹切りやぐら_5
東勝寺跡と腹切りやぐら_6
東勝寺跡と腹切りやぐら_7
北条泰時建立という北条得宗家の氏寺の跡で、北条一族がここで自刃し、鎌倉幕府滅亡の地となりました。発掘調査で、寺院の遺構が確認されています。現在、東勝寺跡近くの腹切りやぐらへの道は、石碑の倒壊の危険があるため通行禁止となっています。
腹切りやぐら
通行禁止などとは書かれてなかったので、上ってみた。腹きり櫓そのものは木の柱が立っているところだと思うが、見落としてしまったようだ。
東勝寺跡と腹切りやぐら_8
東勝寺跡と腹切りやぐら_9
腹きりやぐらは、多分、この柱の奥だと思う。『通行禁止』の意味合いには読めなかった。せめて合掌をしておくのだった。
東勝寺跡と腹切りやぐら_10
東勝寺跡と腹切りやぐら_11
東勝寺跡と腹切りやぐら_12
この先はハイキングコースになっているだけのようだ。何かがありそうだと思って登ってみたが、くたびれただけだった。
東勝寺跡と腹切りやぐら_13
東勝寺跡と腹切りやぐら_14
東勝寺跡と腹切りやぐら_15
諦めて戻ってくるときに櫓を見つけた。腹きりやぐらではないと思うが、何だかはわからない。
東勝寺跡と腹切りやぐら_16
東勝寺跡と腹切りやぐら_17
東勝寺跡と腹切りやぐら_18
鎌倉幕府滅亡の地、凄みのある場所です
北条高時の腹切りやぐらとして有名な場所です。倒幕軍に追いつめられ、高時を始め北条一族、幕府の主要御家人など数百人が自害しここに鎌倉幕府は滅亡しました。


次回は、日を改めてお邪魔した一条恵観山荘の『見学』の様子を取り上げる。

 

一条恵観山荘の庭園ほかを見て回った(5)

旧華頂宮邸までの道
何といっても、有名な報国寺があるので、観光客はかなり多い。その先は急激に静かな環境になり、訪れたときはアジサイがまだ見ごろの状態だった。『カワニナを獲らないで』という注意書きがある。この辺は多少は蛍が飛び交う環境にあるようだ。
旧華頂宮邸までの道_1
旧華頂宮邸までの道_2
旧華頂宮邸までの道_3
旧華頂宮邸までの道_4
谷戸だし、敷地前を小川が流れているので夏は少しだけ過ごしやすいのかなあ。自前の橋も粋だ。
旧華頂宮邸までの道_5
旧華頂宮邸までの道_6

旧華頂宮邸
公開日ではないので、外観のみの撮影だ。昭和初期の侯爵邸か。維持管理が大変だったことだろうと思う。このような建築様式をハーフティンバー洋式というのか。ドイツよりも北に行くとかなり見られるのかな。
旧華頂宮邸_1
旧華頂宮邸_2
旧華頂宮邸_3
玄関前にロータリーを設えてある。これぞ、これぞハイカラなお屋敷の典型だ。
旧華頂宮邸_4
旧華頂宮邸_5
旧華頂宮邸_6
旧華頂宮邸_7
旧華頂宮邸_8
旧華頂宮邸_9
この先はフランス式庭園が広がる。英国式とどう違うのかわかりもしないのにやや無責任な書き方で申し訳ない。
旧華頂宮邸_10
旧華頂宮邸_11
旧華頂宮邸_12
鳥さんがいた。鳥撮りに行ったのではないので、普通系のレンズのみ。寄ることもできなかった。ホオジロさんかな?なお、盛んに啼いていた鶯さんは姿を見つけることさえできなかった。う~~ん。
旧華頂宮邸_13
旧華頂宮邸_14
旧華頂宮邸_15
バラと絡めて撮ろうとしたのだが、…。うまくいかなかった。
旧華頂宮邸_16
旧華頂宮邸_17
旧華頂宮邸_18
旧華頂宮邸_19
旧華頂宮邸_20
紫陽花もバラも季節的には終わりだったかな。撮り手と同様に何だか元気がなかったような。
旧華頂宮邸_21
旧華頂宮邸_22
旧華頂宮邸_23
旧華頂宮邸_24
旧華頂宮邸_25
旧華頂宮邸_26
旧華頂宮邸_27
旧華頂宮邸_28
旧華頂宮邸_29
開いていた小窓から撮った。私がこじ開けたのではない。
旧華頂宮邸_30
旧華頂宮邸_31
旧華頂宮邸_32
旧華頂宮邸_33
旧華頂宮邸_34
旧華頂宮邸_35
旧華頂宮邸_36
旧華頂宮邸_37
旧華頂宮邸_38
旧華頂宮邸_39
鎌倉の緑深き谷戸の中に、古典的なハーフティンバースタイルの趣ある洋風建築があります。
この建物は、旧華頂宮邸(きゅうかちょうのみやてい)といわれ、昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられたものです。平成8年5月鎌倉市が取得し、平成18年4月には市の景観重要建築物、同年10月に国の登録有形文化財(建造物)に指定されました。「日本の歴史公園100選」にも選ばれています。
建設年:昭和4年
構造:木造3階建て、洋小屋組
敷地面積:約4500平方メートル
建物述べ床面積:577.79平方メートル
屋根:銅板葺き
外壁:木骨モルタル塗り

 

一条恵観山荘の庭園ほかを見て回った(4)

一条恵観山荘の庭園(3)
かふぇ楊梅(やまもも)亭
一条恵観公が愛してやまなかった楊梅(やまもも)にちなんで名づけられたとか。山桃が和名で楊梅が漢名なのだそうだ。漢名まで出てきたのでは、浅学菲才の私はお手上げだ。
かふぇ楊梅(やまもも)亭
ヤマアジサイはまだまだ続く
後日、浄妙寺(地名は浄明寺だが、寺名は浄妙寺)にてヤマアジサイの小径を歩いたが、いろいろな種類があるものだと再確認できた。でも、私には数え上げることができそうにない。
ヤマアジサイはまだまだ続く_1
ヤマアジサイはまだまだ続く_2
ヤマアジサイはまだまだ続く_3
ヤマアジサイはまだまだ続く_4
ヤマアジサイはまだまだ続く_5
ヤマアジサイはまだまだ続く_6
ヤマアジサイはまだまだ続く_7
大きな楓の木の下から庭園を見る
随分感じが変わって見えた。流れ蹲踞が良いアクセントになっているのかな?
大きな楓の木の下から庭園を見る
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から
その眺め。暫し、心を落ち着かせる。
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_1
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_2
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_3
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_4
注文した茶菓。和生菓子はホタルブクロをイメージしたものだった。何か理由をつけては甘いものを食しているなあ。
かふぇ楊梅(やまもも)亭の店内から_5
茶席『時雨』の円窓
もう少しうまく撮らなければ
茶席『時雨』の円窓_1
茶席『時雨』の円窓_2
茶席『時雨』の円窓_3
茶席『時雨』の円窓_4
茶席『時雨』の円窓_5
最後にもう一度庭園を眺めた
四阿
最後にもう一度庭園を眺めた_1
流れ蹲踞
最後にもう一度庭園を眺めた_2
件の案内人が言うには、関西に多い赤松が植えられてある。山荘内から雨の日に眺めると、赤のグラデーションが鮮やかで、思わず見入ってしまうほどだとか。そうはいっても、『見学』を申し込んだ日に都合よく雨が降るものかなあ。
最後にもう一度庭園を眺めた_3

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR