散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

江戸東京たてもの園に行った(3)

会水庵
宗徧流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた三畳台目と勝手とからなる茶室。高橋是清邸の並びにある。そちらの付属茶室という趣にしてあるように見えるが、西川家別邸に付属茶室という趣にしてある。アクセスが許されている範囲での撮影なので、多少見難いかもしれない。宗徧流での名前は最初に『宗』の字がつく。私の祖母もそうだった。宇野信夫氏の名前もよく聞く名前だ。最初にどこで見聞きしたのかと考えたが、おそらく歌舞伎のプログラムで見かけたのが最初かな。
黄色い壁面部分のみが会水庵。母屋に見立てたのが、右側に写っている西川家別邸である。
会水庵_1
左側が三畳台目。右手前側が勝手。
会水庵_2
三畳台目
会水庵_3
躙り口から内部を見た。案外広く見える。
会水庵_4
腰掛。招待客はここで席主から声がかかるのを待ったのだろう。後出する西川家別邸の画は、この辺の様子を描いたものだろう。
会水庵_5
残念ながら障子が締め切られていた。会水庵と書かれてあった。
会水庵_6
西川家別邸との接続箇所
会水庵_7
宗徧流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた茶室です。
1957年(昭和32)、劇作家の宇野信夫が買い取り、西荻窪に移築しました。本畳三枚と台目畳一枚からなる三畳台目の小間の茶室です。


西川家別邸
地元の実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てた別邸だそうだ。見に行ったときは、これから耐震工事に取り掛かる準備作業中のようで、やや無粋な赤いものなどが目につくが、無視していただきたい。
内部は完全な和風の家屋だった。

ほぼ全景
なんだかソフトバンクのCMみたいで気に入らない響きだが、ほぼ全景だ。魚眼擬きを持参したのを思い出したが、ちょっとへばっていて、使用することなしに手抜きをした。玄関を挟んで向かって左側(西側)が客間で接客空間、右側(東側)が茶の間などの居住空間となっているようだ。
西川家別邸_1
西川家別邸_2
西川家別邸_3
もとは赤坂と昭島市とまったく違う場所に所在したが、今は高橋是清邸と隣接している。しかし、あのような凄い邸宅が隣家だったら、いつも卑下してしまいそうだ。
西川家別邸_4
西川家別邸_5
玄関を入ったあたり
西川家別邸_6
西川家別邸_7
すぐ右隣の部屋
簡単に応接するときに多用した部屋だそうだ
西川家別邸_8
『茶庭』という作品
会水庵での様子を描いた作品の複製だそうだ。こういう作品の複製まで用意するとは、お役所にしては芸が細かい。
西川家別邸_9
西川家別邸_10
西川家別邸_11
その他の部屋
薄暗かった。やむを得ず露出補正をしたのだが、やりすぎだった。大失敗。
西川家別邸_12
西川家別邸_13
西川家別邸_14
西川家別邸_15
西川家別邸_16
西川家別邸_17
庭の夏椿
西川家別邸_18
西川家別邸_19
西川家別邸_20
建築年代1922年(大正11)
所在地昭島市中神町二丁目
北多摩屈指の製糸会社を設立した実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てたものです。
多摩地域の養蚕・製糸業が最盛期をむかえた時期(大正期から昭和初期)に建てられ、 よく吟味された部材が使われています。

 

江戸東京たてもの園に行った(2)

高橋是清邸
明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋部分。総栂普請で、洋間の床は寄木張りになっている贅をつくした住まい。2階は是清の書斎や寝室として使われ、1936年(昭和11)の2・26事件の現場になった。
外観
どこから見ても非の打ちどころのない素晴らしい建物。男子一生の思いの丈を籠めて、建てた建物なのだろう。主屋部分は、明治35年に建築された。
外観_1
外観_2
外観_3
一番好きな角度かなあ
外観_4
外観_5
建物内部
外観ばかりでなく、建物内部もしっかりお金をかけた建物だったようだ。素晴らしい。
一階部分
和風建築にガラスがはめ込まれた住宅としては初期のものであり、歪みのあるガラスが残っている。そこから、庭を眺めて楽しんでいたと思われる。さりげなく装っているが、当時の超モダンな家屋だったのだろう。
建物内部_一階部分_1
建物内部_一階部分_2
建物内部_一階部分_3
建物内部_一階部分_4
建物内部_一階部分_5
建物内部_一階部分_6
二階部分
2間を寝室と書斎として使用していたそうだ。その日も同じことだった。早朝、なだれ込んできた軍人たちに暗殺されるまでは。
係員のいる間が書斎で、私が居る間が寝室だったのだろう。その寝室で射殺された。(合掌)

建物内部_二階部分_1
書斎側から寝室側を見た様子
建物内部_二階部分_2
寝室
建物内部_二階部分_3
書斎
建物内部_二階部分_4
『不忘念』…座右の銘かな。和魂洋才の人だったようだ。
建物内部_二階部分_5
建物内部_二階部分_6
建物内部_二階部分_7
ひげだるまさんの在りし日
建物内部_二階部分_8
書斎の様子
建物内部_二階部分_9
何というモダンな廊下だろうか
建物内部_二階部分_10
建物内部_二階部分_11

どうでもよいこと
『☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆』(http://mm2445.blog.fc2.com/)という面白い数学問題出題専門のブログがある。暫く前から私も挑戦している。当然のことだが、数学頭のない私には逆立ちしても解けない問題が出されることもある。そういう時は、潔く諦め、次の解けそうな問題が出されるのを待つことにしている。
この5月締め切り分で初めて望むポジションに立つことができた。ずっと狙っていたが果たせずにいて、漸くの事だった。最初解いてみようかと思い立った時は、悔しいことながら、手も足も出なかった。今もその状況は大して変わらない。
易しい問題が出題されることもあるので、興味のある方は挑戦されてみたら如何だろうか。

 

江戸東京たてもの園に行った(1)

梅雨入りした直後の晴れの日。行くなら、この日しかないとばかりに意気込んで出かけた。

小金井公園西門から入る
途中の道はこんなふう
小金井公園西門から入る_1
小金井公園西門から入る_2
江戸時代の茅葺き屋根の古民家が見えてきた。この建物園には、こうした古民家も数件あるが、明治以降のユニークな建物も数多く残されている。
小金井公園西門から入る_3

旧光華殿
現在は、江戸東京たてもの園のビジターセンターになっている。内部は、江戸東京たてもの園のビジターセンターとしての機能を担保すべく、改装されている。78年前の建物の内部としては、かなり近代的なものになっている。元の姿は外観のみにとどめるということなのだろう。
旧光華殿_1
旧光華殿_2
旧光華殿_3
昭和15年(1940年)に紀元二千六百年記念式典の会場として皇居外苑に造営。式典終了後の昭和16年8月に当地へ移築された。

旧自証院霊屋
幕府の勢いが隆盛を極めた3代将軍徳川家光の側室だった自証院。お振りの方の霊屋だ。男色傾向があった家光に何とか子供を授からせようと。春日局ほかが躍起になっていたようだ。そういう意味合いがあって側室に抜擢されたお振りの方だったが、家光にとっての初子である長女・千代姫を産むものの、その後体調を崩し、3年後の寛永17年(1640年)8月21日に早世した。
将軍側室の霊屋が残る例はほかに存在するのか寡聞にして知らない。しかしながら、この霊屋は見るものを間違いなく驚かせるほどの華やかな霊廟建築だ。尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振の方(三代将軍徳川家光の側室)を供養するために建立した霊屋だそうだ。う~~ん。

旧自証院霊屋_1
旧自証院霊屋_2
旧自証院霊屋_3
旧自証院霊屋_4
旧自証院霊屋_5
旧自証院霊屋_6
旧自証院霊屋 - 江戸初期の慶安5年(1652年)に建てられた、幕府大棟梁甲良宗賀による華やかな霊廟建築。3代将軍徳川家光の側室自証院(お振りの方、石田三成の曾孫)を祀ったもの。東京都指定有形文化財(建造物)。
-------------+++-------------+++-------------+++-------------+++-------------+++-------------+++-------------
寛永14年(1637年)閏3月5日、家光にとって初めての子である長女・千代姫を産む。その後体調を崩し、3年後の寛永17年(1640年)8月21日に死去した。法名は自証院殿光山暁桂大姉(じしょういんでんこうざんぎょうけいだいし)。榎町の法常寺に葬られた後、慶安5年(1652年)富久町の自證院に建てられた霊廟に改葬された。現在、この霊廟は「旧自証院霊屋」として江戸東京たてもの園内に移築保存されている。

宝篋印塔ほか
旧自証院霊屋の傍に置くしかなかったのだろう。他に適当な場所はなさそうだ。
宝篋印塔
文化8年(1811年)のもの。川越市に所在したもの。
宝篋印塔
五輪塔
いずれも相当に古そうだ
五輪塔_1
五輪塔_2
五輪塔_3
寛永寺灯篭
そうではないかと思った予想が当たった
寛永寺灯篭_1
寛永寺灯篭_2

高橋是清邸
二・二六事件で暗殺されたあの高橋是清の邸宅跡だ。次回詳しく取り上げる。
高橋是清邸

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR