散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

剱埼灯台をみてきた(2)

中波無線標識局も見えてきた
灯台が見えてくるとすぐ近くにあるこれが気になる。中波無線標識局なのだそうだ。原理は次の通り。
中波無線標識は、中波帯の周波数を用いた中・近距離用の電波標識で、無線標識局から全方向に均一な電波を発射しています。船舶は方向探知機を用いてこの電波を受信し、電波の到来方向(無線標識局の方向)を知ることができます。
海上の無線標識局には、285kHz~325kHz(長/中波帯)の周波数が使用されており、有効範囲は200kmです。
無線標識局から発射された電波は、全方向に飛んで行くので、船の方向探知機で方位を測ると、その電波がどの方向から飛んできたのかが分かります。
船が、近くのもう一つの無線標識局から発射されている電波を同じようにして測ると、船の位置はこの二つの線の交わったところにあることが分かります。

以前はそうだったようだが、現在はディファレンシャルGPSによるディファレンシャルデータを中波の電波に乗せて送信しているようだ。手軽で、正確になったようだ。だが、この方法も平成31年3月1日をもって廃止になる。その後は、信頼性が向上してきたGPSそのものを使用するようだ。
中波無線標識局_1
中波無線標識局_2
中波無線標識局_3
電線上の鳥
ホオジロかな?フル換算で120ミリでは識別はちょいと難しい。鶯も盛んに啼いていたが、これまたきびしいことだ。
電線上の鳥
レーダー施設と灯台も間近に
いよいよ近づいてきた。超短足の私でも、少しピッチが上がる。
レーダー施設と灯台も間近に_1
レーダー施設と灯台も間近に_2
レーダー施設と灯台も間近に_3
レーダー施設と灯台も間近に_4
灯台の真下
なかなかきれいな海辺だ
灯台の真下_1
灯台の真下_2
灯台の真下_3
灯台の真下_4
レーダー施設を見上げる感じに
灯台の真下_5
道草をやめて灯台に近づく
本当に大きく見えてきた
道草をやめて灯台に近づく_1
道草をやめて灯台に近づく_2
道草をやめて灯台に近づく_3
中波無線標識局は隣の断崖上に見えている
道草をやめて灯台に近づく_5
道草をやめて灯台に近づく_6
道草をやめて灯台に近づく_7
先ほどの海辺
道草をやめて灯台に近づく_8
道草をやめて灯台に近づく_9
到着した
説明板にある通り東京湾の入り口にある灯台だ。何故ならこの灯台と洲埼灯台とを結ぶ線が東京湾と太平洋との境になるのだから。
到着した_1
到着した_2
到着した_3
剱埼灯台
剱埼灯台_1
剱埼灯台_2
剱埼灯台_3
剱埼灯台_4
剱埼灯台_5
剱埼灯台_6
剱埼灯台_7
東京湾の湾口部
あのLNGタンカーはギリギリ東京湾内かなあ。あの事故以来、LNGタンカーの姿が目立つようになった。いろいろな考えの方がいるだろうが、LNGに頼りすぎもいかがなものだろうか?
東京湾の湾口部_1
東京湾の湾口部_2
崖下はあまり見たくはない
崖下はあまり見たくはない
海上保安庁のプロペラ機
海上保安庁のプロペラ機_1
海上保安庁のプロペラ機_2
海上保安庁のプロペラ機_3
灯台脇から望む間口漁港
遠くに見えるのは東電の久里浜発電所かな。位置関係がお分かりにならない方は、地図で検索されていただきたい。確かにこの地が洲埼灯台とを結ぶ一番のでっぱりのようだ。
灯台脇から望む間口漁港_1
灯台脇から望む間口漁港_2
帆翔
帆翔(はんしょう)とは、鳥が翼をひろげたまま風に乗って飛ぶこと。「トビが大空を帆翔する」というような言い方をするが、その典型。この個体は、空中に静止しているように見えた。上手く飛ぶものだ。
帆翔_1
帆翔_2
帆翔_3
この線が東京湾と太平洋との境だ
画面右側が太平洋ということになる。左側が東京湾だ。漁船は何を獲ろうとしているのだろうか?この日は穏やかな感じだったが、天候次第では、相当に揺れる海域なんだろうと思う。
この線が東京湾と太平洋との境だ_1
この線が東京湾と太平洋との境だ_2

 

剱埼灯台をみてきた(1)

剱埼(つるぎさき)灯台は条約灯台の一つ。観音埼灯台と同様、灯台名には『埼』の漢字が使われ、地名には『崎』の漢字が使われる。ということで、神奈川県三浦市東部の剱崎の突端に立つ白亜塔形の大型灯台である。この灯台と対岸の南南東に位置する館山市洲崎(洲埼灯台)までを結ぶ線が浦賀水道(東京湾)と太平洋の境界となる。何度見ても変わり映えしないのだが、時々見に行きたくなる。
途中の道の様子(片道20分程度の道のりかな)
終点の剱崎バス停から少し行ったところから左道に入る
小さくだが、『剱埼灯台方面』の表示がある。気付いた方は勘が宜しいのかも。あまりに小さすぎて、ほとんどすべての人が見落としそうだ。
終点の剱崎バス停から少し行ったところから左道に入る
途中にはキャベツ畑が広がる
ブランド野菜である三浦キャベツの畑がそこかしこに。実に美味しそうだ。三浦大根、三浦スイカとともに、私の大好物だ。灯台も途中から見える。
途中にはキャベツ畑が広がる_1
美味しい美味しい三浦の春キャベツだ
途中にはキャベツ畑が広がる_2
途中にはキャベツ畑が広がる_3
途中にはキャベツ畑が広がる_4
途中にはキャベツ畑が広がる_5
途中にはキャベツ畑が広がる_6
途中にはキャベツ畑が広がる_7
こんな道具もあった
途中にはキャベツ畑が広がる_8
途中にはキャベツ畑が広がる_9
途中にはキャベツ畑が広がる_10
農業用水の水栓
農業用水の水栓
いい感じのログハウスもあるぞ
いい感じのログハウスもあるぞ
浦賀水道も見える
LNGタンカーが航行していた。もう間もなく太平洋上に出る。気を付けて航行してね。
浦賀水道も見える_1
浦賀水道も見える_2
松輪地区の間口漁港かな
松輪地区の間口漁港かな_1
松輪地区の間口漁港かな_2

剱埼灯台(つるぎさきとうだい)は、神奈川県三浦市東部、剱崎突端に立つ白亜塔形の大型灯台である。
1866年、アメリカ、イギリス、フランス、オランダの4ヶ国と結んだ「改税条約」(江戸条約)によって江戸幕府が建設を約束した8ヶ所の灯台(条約灯台)の一つ。設計は「灯台の父」と呼ばれるお雇い外国人リチャード・ブラントンが担当し、当初は石造であった。現在使用されている灯台はコンクリート造で、関東地震(関東大震災)の後に再建された2代目のもの。
三浦半島南東端に位置しており、浦賀水道・相模灘を照らす。剱崎から南南東に位置する館山市洲崎(洲埼灯台)までを結ぶ線が浦賀水道(東京湾)と太平洋の境界となっている。周辺は岩礁が発達し、対岸に房総半島を望む風光明媚な地である。

 

« »

05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR