散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

自然教育園ほかに行ってきた(3)

自然教育園から少しだけ歩いて、紫雲山瑞聖禅寺を見てきた。黄檗宗の寺院があり、重要文化財の指定を受けている。行ってみたら、庫裡の新築工事の真っ最中だった。都心の寺院は懐具合がかなり温かいようだ。今を時めく隈研吾氏の設計でまもなく完成予定らしい。

紫雲山瑞聖禅寺
瑞聖寺は寛文10年(1670年)に創建された。江戸時代は、宗門人別改帳の厳格な運用がなされ、基本的に寺院の新設は認められていないはずであると思うが、間違いなく江戸時代に創建されたようだ。それも黄檗宗というなじみの薄い宗派の江戸の中心寺院として位置づけられたとか。他では江戸期の寺院は国指定の重要文化財の指定を受ける例は少ないと思われるが、その珍しい例なのだろう。
大雄宝殿(附:旧通用門) - 宝暦7年(1757年)の上棟。入母屋造、本瓦葺き、一重裳階(もこし)付き。
工事中でゆっくり撮影しにくい状況だった。でも、味わいのあるお堂だ。
大雄宝殿_1
大雄宝殿_2
大雄宝殿_3
「魚板」「雲板」(「風鐸」「魚鐸」)がいい感じだ。黄檗宗の寺院なんだなあ。
大雄宝殿_4
大雄宝殿_5
大雄宝殿_6
大雄宝殿_7
ご本尊は釈迦如来像だそうだ
大雄宝殿_8
大雄宝殿_9
大雄宝殿_10
境内入口(目黒通り側)
北側はかつては裏口だったが、今は目黒通りに面しているため、表口になった。
境内入口(目黒通り側)
北側の門
かつての通用門は、東側入り口に移設された。ということで新しい門が立っている。
北側の門
旧通用門(重要文化財の附指定)
工事中だったため、PDF画像を借用する
旧通用門(重要文化財の附指定)
鐘楼
鐘楼_1
鐘楼_2

瑞聖寺(ずいしょうじ)は、東京都港区白金台三丁目にある禅宗寺院。宗派は黄檗宗系の単立。山号は紫雲山。本尊は釈迦如来。開山は木庵性瑫、開基は青木重兼である。
瑞聖寺は寛文10年(1670年)に創建された。開山(初代住持)は日本黄檗宗2代の木庵性瑫である。木庵は日本黄檗宗の祖・隠元隆琦の招きで明暦元年(1655年)に中国・明から来日し、寛文5年(1665年)に江戸入りした。開基(寺院創設の経済的基盤を提供した人物)は摂津麻田藩(大阪府豊中市)の2代藩主・青木重兼である。重兼は黄檗宗に深く帰依し、晩年には家督を譲って出家している。江戸時代には江戸の黄檗宗の中心寺院として「一山之役寺」と呼ばれていた。
大雄宝殿および通用門1棟は昭和59年(1984年)東京都指定有形文化財に指定され、平成4年(1992年)に国の重要文化財に指定された。
現在は寺の北側の目黒通り側が境内入口になっているが、本来こちらは裏門で、寺の東側が正式の入口であった。もと目黒通り側にあった高麗門形式の旧通用門(重要文化財の附指定)は、明治時代に東側に移築されている。


以上で、『自然教育園ほかに行ってきた』のミニ・シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

自然教育園ほかに行ってきた(2)

自然教育園にて(2)
いよいよカタクリとのご対面。どんなふうかな?
カタクリ
ご存知、春の妖精の代表的存在。実に不思議な生き方をし、平均寿命は40-50年ほどあるようだ。興味のある方は、調べてみたら如何かと思うほど、不思議がいっぱい。
カタクリ_1
カタクリ_2
カタクリ_3
カタクリ_4
カタクリ_5
カタクリ_6
ノウルシ
北海道から九州の河川敷や湿地に生育する高さ30-50センチメートルほどの多年草。和名の由来は、茎葉に傷をつけるとウルシ(漆)に似た白乳液が出ることからきている。見た目は非常に綺麗だが、有毒植物の一つだそうだ。
ノウルシ_1
ノウルシ_2
コブシ
標準系ズームしかないので、近づいて撮ることはできなかった。眺めるだけだ。寂しいなあ。
コブシ_1
コブシ_2
ヒトリシズカ
このくらいの時が一番だ。これ以上になると、『何が一人静だ』と思うくらい野暮ったくなってしまう。
ヒトリシズカ_1
ヒトリシズカ_2
ヒトリシズカ_3
ヤブレガサ
撮っている私のイメージと重なってしまう。使用前と使用後のような感じだ。
ヤブレガサ_1
ヤブレガサ_2
ヤブレガサ_3
ヤブレガサ_4
見違えるほどになっている
ヤブレガサ_5
無患子(ムクロジ)の実
羽根突きの羽の黒い玉に使われる奴だ。果肉の中に真っ黒いのが入っているはず。
無患子(ムクロジ)の実_1
無患子(ムクロジ)の実_2
エノキに寄生したキヅタ
茎から多数の不定根を出して、他の樹木や岩、石垣などを這い登る。気味悪さが先にあって良く観察したことがなかったが、花が咲き、実もなるようだ。
エノキに寄生したキヅタ_1
エノキに寄生したキヅタ_2
エノキに寄生したキヅタ_3
エノキに寄生したキヅタ_4
コサギだと思ったら
身体があまり大きくなかったのでコサギかと思った。だが、趾まで黒かった。どうもダイサギだったようだ。
コサギだと思ったら_1
コサギだと思ったら_2
一瞬目を疑ったが、趾まで黒かった。あれまあ、ダイサギなんだ。1羽のみだと間違えてしまうなあ。
コサギだと思ったら_3
コサギだと思ったら_4
コサギだと思ったら_5
コサギだと思ったら_6
コサギだと思ったら_7
コサギだと思ったら_8
コサギだと思ったら_9

 

自然教育園ほかに行ってきた(1)

春の妖精の代表格のカタクリの花。これを見損ねるのはいかにも残念なので、日程をやりくりして、23日に自然教育園に見に行った。他には何が咲いているのかなあ。以前は毎週見ごろの花情報が更新されていたが、最近は月1度。ほとんど役に立たない。行ってみて確認するしかない。

出がけに撮った呑川遊歩道の桜
どんより曇っていた。スッキリしない感じだった。青空が欲しかった。
この先少し行った東工大キャンパス下から、反対側上流は日体大キャンパス脇から開渠になる。それなりにきれいかな。
出がけに撮った呑川遊歩道の桜_1
出がけに撮った呑川遊歩道の桜_2
自然教育園にて(1)
何も咲いていないかと思った。だが、よく見ると、地味ながらも花が咲き出したりしているようだ。
アミガサユリ
下向きの花を撮るのはかなり難しい。何とか内部の編み笠模様を撮ることができたかな。ここで慣れておかないと、この後のカタクリの花の内部撮影で苦戦してしまう。
アミガサユリ_1
アミガサユリ_2
アミガサユリ_3
山吹
もう間もなく咲きそうだ。よく考えてみると、この状態のものを見た記憶がないぞ。
山吹_1
山吹_2
鶯神楽
こちらも撮りにくいなあ
鶯神楽_1
鶯神楽_2
イチリンソウとカタクリ
イチリンソウはまだ蕾程度か。例年、ニリンソウの少し後に咲くはずだから、まだ少しだけ先かな?一方で、カタクリは咲き出したようだ。後で、条件の良いところでしっかり観察しよう。
イチリンソウとカタクリ
ムサシアブミ
まだ、鐙に見える感じのものは少なそうだ
ムサシアブミ_1
ムサシアブミ_2
ムサシアブミ_3
ニリンソウ
こちらもまだかな。でも、奥の少し条件の良いところだとどうだろうか?
ニリンソウ_1
奥の少し条件の良いところは少し咲き出した程度だった。
ニリンソウ_2
ニリンソウ_3
春蘭
綺麗だなあ。こちらは盛りになったようだ。
春蘭_1
春蘭_2
春蘭_3
春蘭_4
春蘭_5
春蘭_6
フッキソウ
白い小さな花さんだ
フッキソウ_1
フッキソウ_2
フッキソウ_3

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR