散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

新宿御苑にて(下)

大温室の花ほか
外は大して寒くはなかったが、それでも気温は10度を大きく割り込む温度。室内に入った途端、眼鏡もレンズも全く見えなくなった。焦ったなあ。
入口辺りの様子
写真でも裸眼でも同様の見え方。ちょっと加湿加熱のし過ぎのような気がしたが、どうなのだろう。
入口辺りの様子_1
入口辺りの様子_2
レモン
スーパーなどで売られているものよりも一回り大きく育っていた。こんな感じなのか。
レモン
シロバナベニゴウガン
赤いのはよく見かけるが、白いのもあるんだ
シロバナベニゴウガン_1
シロバナベニゴウガン_2
オオオニバス
以前の大型のものはどうしちゃったんだろう。『オオ』とは記されているものの、かなり小型だ。
オオオニバス_1
オオオニバス_2
三尺バナナ
(ФωФ)フフフ・・・、可愛い感じだなあ。味はどんなふうなんだろうか?
三尺バナナ_1
三尺バナナ_2
ツンべルギア・マイソレンシス
活舌の良くない私には舌を噛んでしまいそうな名前だ。この花の名前を知らなくても、見たことがある人は多いではなかろうか。
ツンべルギア・マイソレンシス_1
ツンべルギア・マイソレンシス_2
ツンべルギア・マイソレンシス_3
ツンべルギア・マイソレンシス_4
ツンべルギア・マイソレンシス_5
ツンべルギア・マイソレンシス_6
カカオ
幹に直接実がなっている。超大型のアーモンドのような形状だ。が、大きさなどが全く異なる。
カカオ_1
カカオ_2
サルオガセモドキ
エアープラントの一種。根がないため土を必要としないのだそうだ。『猿尾枷擬き』という和名のもとになった『猿尾枷』も知らなかった。ググってみたら、なるほど似ているなと思った。何度見ても不思議な植物だ。いったいどうやって増えるのだろうか。
サルオガセモドキ_1
サルオガセモドキ_2
サルオガセモドキ_3
アラビアコーヒー
この果肉の中に、平べったい白色の豆が入っているのか。生豆はどんな味わいなのかなあ。自分で焙煎して味わってみたいものだ。
アラビアコーヒー_1
アラビアコーヒー_2
アラビアコーヒー_3
アラビアコーヒー_4
アラビアコーヒー_5
各種の蘭
やっぱりきれいだなあ。華がある感じがする。
各種の蘭_1
各種の蘭_2
各種の蘭_3
各種の蘭_4
各種の蘭_5
各種の蘭_6
各種の蘭_7
各種の蘭_8
その他
旧洋館御休所
国指定重要文化財。下々の者は近づくことができなかった時代もあったのだが、今は毎月第2・4土曜日の10:00~15:00に公開されている。ただし、2018年2月24日(土)のみ、10:00~12:00公開だそうだ。
旧洋館御休所_1
旧洋館御休所_2
旧洋館御休所_3
旧洋館御休所_4
旧洋館御休所_5
旧洋館御休所_6
旧洋館御休所は、明治29年(1896年)に建設された木造平屋の建物です。建設の際には、明治初期に同敷地に建設された養蚕所の部材を一部に転用したといわれています。この建物は温室付属の洋館で、皇族が温室を訪れる際の休憩施設でしたが、その後増築を繰り返し、大正13年(1924年)にほぼ現在の姿となり、ゴルフやテニスのためのクラブ・ハウスとして使われた時代もありました。
昭和20年(1945年)の東京大空襲でも焼失を免れ、戦後は、平成6年(1994年)まで主に新宿御苑の管理事務所として使われていましたが、平成13年(2001年)に保存・改修工事を行い、一般公開されています。
保存・改修工事にあたっては、外観と内装は史料に基づき、意匠の忠実な復原に努めました。大正13年(1924年)の姿に戻すよう、特に旧御居間、旧次之間については壁紙・カーテン・敷物・家具調度品に至るまで復原しています。また、改修にあたっては新宿御苑の景観に配慮して建物の内外観を損なわないように耐震補強し、周辺の外構を含めた整備を行っています。
平成13年(2001年)には、国指定重要文化財に指定されました。

メジロがいた木といなかった木
メジロがいた木。多少誘うような香りがしたのかな?
メジロがいた木といなかった木_1
メジロがいなかった木。香りが淡白だったのだろうか?
メジロがいた木といなかった木_2
スイセン’ペーパーホワイト’とラッパ水仙
スイセン’ペーパーホワイト’はなかなかお洒落な感じだ。ペーパーホワイトなんだねえ。
スイセン’ペーパーホワイト’とラッパ水仙_1
スイセン’ペーパーホワイト’とラッパ水仙_2
スイセン’ペーパーホワイト’とラッパ水仙_3
スイセン’ペーパーホワイト’とラッパ水仙_4
上ばかり見て歩いていたので、咲き出していただろうフクジュソウなどをどうも見落としてしまったようだ。新宿御苑にはたくさん咲いていただろうに。残念。

余談
分数の答えを求める問題で、『答えが出たとして、それが約分できる分数は対象外とする』という一項があった。これをEXCELのVBAでどう表現するか、一晩寝ながら考えていた。数学が苦手な私にはつらい条項だ。それがために、自転車操業のブログ更新がさらに苦境に。
例) A/Bに入るものが1/3だとする。同じ値にはなるが、2/6などはダメだということだ。
これをどう処理させるか。最初は面倒なので、手と電卓とで確認していたが、非常に大変。皆さんだったら、どういうふうに処理させるだろうか。なお、念のために申し添えるが、専用の関数はないと思う。既存の関数を使用して解くほかはなさそうだ。

以上で、『新宿御苑にて』の小シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

新宿御苑にて(中)

この日見た鳥さんたち(2)
メジロ
今回は大好きなメジロさんの特集。こんな感じでモデルになってくれた。
この日一番のショット
顔の辺りが日蔭になってしまったのがちちょいと残念。実に1年ぶりくらいで見た。至近距離で撮ることができた。うれしいなあ。
この日一番のショット
いつもは大群がいる樹木
なのだが、この日はいなかった。撮れないのではないかと心配になった。でも、花は間違いなく咲きだしたのだ。『どこかにいるはず。くじけちゃだめだ』と自分に言い聞かせた。
いつもは大群がいる樹木_1
いつもは大群がいる樹木_2
いつもは大群がいる樹木_3
最初に撮ったメジロさん
撮影場所が女子トイレの前だったので、そこでレンズを向けるには勇気がいった。メジロさんは『あっしらには関係ないことだ』という感じ。当たり前だ。この樹木には小さな虫でも居るのだろうか。
最初に撮ったメジロさん_1
最初に撮ったメジロさん_2
最初に撮ったメジロさん_3
最初に撮ったメジロさん_4
最初に撮ったメジロさん_5
最初に撮ったメジロさん_6
最初に撮ったメジロさん_7
最初に撮ったメジロさん_8
最初に撮ったメジロさん_9
最初に撮ったメジロさん_10
最初に撮ったメジロさん_11
最初に撮ったメジロさん_12
最初に撮ったメジロさん_13
最初に撮ったメジロさん_14
次の場所にいたメジロさん
こちらは完全な蜜吸い
次の場所にいたメジロさん_1
次の場所にいたメジロさん_2
次の場所にいたメジロさん_3
次の場所にいたメジロさん_4
次の場所にいたメジロさん_5
次の場所にいたメジロさん_6
次の場所にいたメジロさん_7
次の場所にいたメジロさん_8
次の場所にいたメジロさん_9
次の場所にいたメジロさん_10

次の場所にいたメジロさん_11
次の場所にいたメジロさん_12
次の場所にいたメジロさん_13
次の場所にいたメジロさん_14
次の場所にいたメジロさん_15
次の場所にいたメジロさん_16
次の場所にいたメジロさん_17
次の場所にいたメジロさん_18
次の場所にいたメジロさん_19

次の場所にいたメジロさん_21
次の場所にいたメジロさん_22
次の場所にいたメジロさん_23
次の場所にいたメジロさん_24
次の場所にいたメジロさん_25

 

新宿御苑にて(上)

運が良ければオシドリを見られるかもと思い、新宿御苑に行ってみた。期待していたオシドリは予想通りいなかった。渡り鳥も鴨さん以外は見かけなかった。
この日見た鳥さんたち(1)
ヤマガラ
『爺さん、今日も懲りずに来たか。たぶん、殆ど撮れないだろうから、僕がモデルになってやるよ。でも、うまく撮ってな』とでもいう感じで飛んできてくれた。警戒心が薄いのかフレンドリーな鳥さんなのか、お節介な性格なのか、じっとしていてくれた。ありがたく撮らせてもらった。
ヤマガラ_1
1ショット撮影モードだが、ずっと同じお澄ましぶりだ
ヤマガラ_2
いつ見ても可愛い鳥さんだと思う
ヤマガラ_3
ちょっと周辺警戒かな
ヤマガラ_4
『もういよね』という感じで、別なところに飛んでいったヤマガラ_5
オシドリのいる池
残念ながらいなかった。いるときは、この茂みの奥に潜んでいることが多いのだが。
オシドリのいる池_1
オシドリのいる池_2
オシドリのいる池_3
シジュウカラ
かなりちょこまかと動くし、地べたで餌を探すために、人間に対する警戒心もそれなりに強い。それで大きく撮れたことがない。
シジュウカラ_1
シジュウカラ_2
シジュウカラ_3
シジュウカラ_4
シジュウカラ_5
シジュウカラ_6
シジュウカラ_7
シジュウカラ_8
シジュウカラ_9
せっかく仲良くなれそうだったのに、無粋なご婦人がせかせかと歩いていき、『はい、それまで』だった。気遣いのない人が少なくないなあ。
シジュウカラ_10
カイツブリ
浅いところで潜りを繰り返していた。近くにいたカワウとは、狙う獲物の大きさが違うようだ。
カイツブリ_1
カイツブリ_2
カイツブリ_4
カイツブリ_5
カイツブリ_6
カイツブリ_7
カイツブリ_8
カイツブリ_9
カモさんたち
数は少ないものの何種類かの鴨さんたちがいた。鴨さんは、どこかほかの池で観察しよう。
カモさんたち_1
カモさんたち_2
カモさんたち_3
カモさんたち_4
カモさんたち_5
カモさんたち_6
カモさんたち_7
カモさんたち_8
カモさんたち_9
カモさんたち_10
その他
ラクウショウ
いつも、墓場のような不気味さを感じてしまう。人によっては、石筍のように感じる人がいるかもしれない。
ラクウショウ_1
ラクウショウ_2
手前はメタセコイア。よく似た樹木なんだそうだ。でも、この気根の有無で容易に判別できよう。
ラクウショウ_3
台湾閣
いつ見ても堂々たる風格だ
台湾閣_1
台湾閣_2
台湾閣_3
台湾閣_4
ヘリコプター
飛翔シーンが撮れなかったので、代わりに練習してみた
ヘリコプター_1
ヘリコプター_2

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR