散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

第96回全国高校サッカー選手権大会(12)

決勝戦(5)
後半
後半はあまり見るべきシーンがなかった。それで、いきなり、決勝点のシーンに行こうと思う。
Additional Timeは3分
真っ暗な空に電光掲示板が輝く。そのわずかな時間で運命が決するのだろうか?それとも非情のPK合戦にもつれ込むのだろうか。泣いても笑っても残り3分だ。
Additional Timeは3分
得点シーン
流経大柏GKがキックする
得点シーン_1
落下地点を予測している
得点シーン_2
石川選手(R19)と角田選手(M3)とが落下予測地点で競り合う。両選手がほぼ同時にジャンプした。
得点シーン_3
得点シーン_4
角田選手(M3)が競り勝った
得点シーン_5
アルビレックスに入団内定の渡邊選手(M15)が前方に大きく蹴り出す
得点シーン_6
流経大柏GKがクリアしようと待ち構える
得点シーン_7
が、その手前に落ちた。瀬戸山選手(R6)と榎本選手(M22)とが競り合う
得点シーン_8
瀬戸山選手(R6)が間一髪クリア。CKをとられるが、GKの『出せ』の指示通りに行う。確実を期したのだろう。
得点シーン_9
ショートコーナーだったのか記憶が定かでないが、宮崎選手(M13)がヘディングで中央に
得点シーン_10
池田選手(R23)がヘディングでクリアするがさして有効ではなかった
得点シーン_11
こぼれ球を田部井選手(M14)が後方にパス
得点シーン_12
角田選手(M3)が受けて、再び田部井選手(M14)にパスをする
得点シーン_13
待ち構えていた田部井選手(M14)が、榎本選手(M22)をターゲットにしたように見せかけて、実は飯島選手(M10)が走ってくるだろう辺りにふわりと浮かす。結構離れていたが、そこは信頼感がなせる業だったのだろう。
得点シーン_14
得点シーン_15
飯島選手(M10)には2人が張り付く。さすがの飯島選手も苦境を打開するのは大変そうだ。
得点シーン_16
得点シーン_17
それでも飯島選手(M10)はシュートを放つ。あの状況からだ。GKなみには手を使うことができないDFの近藤選手(R2)が弾き返そうと身構える。
得点シーン_18
それがおあつらえのコースに飛んだ。それを榎本選手(M22)が見逃さなかった。
得点シーン_19
素早く蹴り込む。もはやGKもDFも対応できなかった。
得点シーン_20
GOAL!!!!待ちに待った得点が前橋育英に入った。
得点シーン_21
欣喜雀躍の前橋育英イレブンとうなだれる流経大柏イレブン。あまりにも大きな得点が入ったのだ。
得点シーン_22
得点シーン_23
得点シーン_24
得点シーン_25
得点シーン_26
得点シーン_27
もう残り時間は殆どない
もう残り時間は殆どない_1
もう残り時間は殆どない_2
残り僅か
その後もどん欲に2点目をとりに行く前橋育英。高校生らしい天晴な戦い方だ。
残り僅か_1
残り僅か_2
残り僅か_3
残り僅か_4
残り僅か_5
試合終了
それでも何とか前橋育英陣内に入った。しかし、それまで。ついに試合終了の笛が吹かれた。
試合終了_1
試合終了_2
試合終了_3
試合終了_4
試合終了_5
試合終了_6
試合終了_7
宮本主将(R4)が『お前にやられてしまったよ。悔しいけどおめでとう』と飯島選手(M10)に言っているように私には見えた。
試合終了_8
試合終了_9
試合終了_10
試合終了_11
試合終了_12
優勝監督インタビュー
山田耕介監督は感極まった表情だった。誰よりもグランドでハッスルしていたのが、近くで見ていた私には良く分かった。苦労が実っての悲願達成。本当に良かったね。
優勝監督インタビュー_1
優勝監督インタビュー_3

以上で、『第96回全国高校サッカー選手権大会』のシリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

第96回全国高校サッカー選手権大会(11)

決勝戦(4)
前半(2)
尚も、流経大柏は守備に追いまくられた。GKも必死な感じ。今大会決勝まで無失点の鉄壁な守りなどという感じではない。大量失点を喫しても致し方ないピンチの連続だ。枚数が多くなってしまい、申し訳ない。
前半(2)_1
前半(2)_2
前半(2)_3
前半(2)_4
セーブしたとたんにまたピンチ。前のシーンから僅か40秒後だ。
前半(2)_5
前半(2)_6
前半(2)_7
CKをとられる。いや、CKに逃れたのかな。
前半(2)_8
前半(2)_9
あのお化け撮影装置は、当然ながらゴール中央少し高い位置にスタンバイだ
前半(2)_10
前半(2)_11
前半(2)_12
前半(2)_13
前半(2)_14
ボールが高く上がった分、余裕をもってキャッチできた
前半(2)_15
のはずだった。しかし、前のシーンからたったの27秒後には、こうなっていた。ゴールエリア近くまで深く攻め込まれたのだ。
前半(2)_16
前半(2)_17
前半(2)_18
かなり危ないプレーながら、何とかセンターサークル付近まで押し戻した
前半(2)_19
前半(2)_20
漸く、流経大柏が少し盛り返したかなあと思いたかった
前半(2)_21
前半(2)_22
前半(2)_23
前半(2)_24
前半(2)_25
しかし、どうにも前橋育英が一方的に押す展開は変わらない。こちら側半分でプレーする時間が多い。
前半(2)_26
前半(2)_27
焦りからか反則が出てしまう
前半(2)_28
前半(2)_29
前半(2)_30
前半(2)_31
前半(2)_32
前半(2)_33
ヘディングにはヘディングで対応
前半(2)_34
前半(2)_35
前半(2)_36
前半(2)_37
前半(2)_38
前半(2)_39
危険水域でのプレーが続く。不用意な反則はたとえPKじゃなくてもかなり重い。
前半(2)_40
かなりすれすれのプレーだ
前半(2)_41
幸いにも反則は取られず、流経大柏のスローイン
前半(2)_43
のはずだったのだが。前のシーンからわずか55秒後。これまた、ラフなプレーだ。
前半(2)_44
前半(2)_45
前半(2)_46
前半(2)_48
あの俊敏な飯島選手(M10)に渡った。かなり大きなピンチだぞ。
前半(2)_49
前半(2)_50
通算7ゴールを決めて得点王に輝いたのは決してまぐれではない。スライディングタックルより一瞬早くシュートが放たれた。
前半(2)_51
GKはキャッチできない
前半(2)_52
でも入らなかった。ラッキー。
前半(2)_53
前半(2)_54
前半(2)_55

こんな風に前半が進んでいった。

 

第96回全国高校サッカー選手権大会(10)

決勝戦(3)
前半(1)
試合開始
笛が吹かれた。さあ、どんな試合になるのだろう。本当に楽しみだ。
試合開始
序盤から激しい攻撃の応酬
序盤はこんなものだろう。予想通りの入り方だった。
序盤から激しい攻撃の応酬_1
序盤から激しい攻撃の応酬_3
序盤から激しい攻撃の応酬_4
序盤から激しい攻撃の応酬_5
序盤から激しい攻撃の応酬_6
序盤から激しい攻撃の応酬_7
CKを獲得するも簡単には決まらず
キーパーチャージの反則をとられたようだ。多少のしかかった感じになったかなあ。この程度で日本では反則をもらえるんだ。止めずにプレーする感じがないんだなあ。
CKを獲得するも簡単には決まらず_1
次のシーンでぶつかるGK薄井選手(R1)と角田選手(M3)との位置関係を見ていただきたい。かなり離れた位置なのだ。
CKを獲得するも簡単には決まらず_2
パンチングでボールをそらそうとするGK薄井選手(R1)と、ヘディングを決めようとする角田選手(M3)とが激しくぶつかる。えーっ、これで笛を吹いてしまうの?
CKを獲得するも簡単には決まらず_3
CKを獲得するも簡単には決まらず_4
CKを獲得するも簡単には決まらず_5
またもCK
左CKをクリアしきれず、再び、右CK。ものすごいミドルが飛んできた。流経大柏のスタンドからは、大きな悲鳴と最後に安堵のため息とが。流経大柏が再三のピンチをかろうじてクリアする場面が続いた。
またもCK_1
またもCK_2
またもCK_3
宮本主将(R4)がクリアするも、またも、CKに
またもCK_4
またもCK_5
またもCK_6
仕切り直しの右CKに
またもCK_7
またもCK_8
またもCK_9
またもCK_10
またもCK_11
相手守備2人を股抜き。ヒールキックを通したのか、凄い。
またもCK_12
またもCK_13
あれ、FWの飯島選手はここにいたんだ。間髪を入れず、ものすごいミドルシュートを放つ。流経大柏の選手の度肝を抜くような球筋だった。
またもCK_14
またもCK_15
今度は流経大柏のCK
久しぶりのCKだが、反則を取られてしまう
今度は流経大柏のCK_1
今度は流経大柏のCK_2
自分たちの流れに持っていくために粘ってほしいところだった。考えなしに反則をおかしてしまうのは解せないなあ。
今度は流経大柏のCK_3

 

« »

04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月23日(月)は、ソレイユの丘などに行って楽しんできます。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR