FC2ブログ

散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

走水地区を歩いた(6)

中小の船舶ばかりでは何か物足りない。30分ほどさらに粘って、日光浴かたがた大型船舶を撮ってみた。

神北丸
2017年5月竣工(新来島どっく大西工場で建造)のRO-RO船に区分されるごく新しい船舶のようだ。久しぶりに見る就航したての船舶だ。眩しいほどのピッカピカさだ。
積載能力は、トレーラー150台、商用車270台、ロールペーパー積載本数1620本とある。RO-RO船(roll-on/roll-off ship)は、フェリーのようにランプを備え、トレーラーなどの車両を収納する車両甲板を持つ貨物船のことである。車両甲板のおかげで搭載される車両はクレーンなどに頼らず自走で搭載/揚陸できる。土曜日に、東京~仙台~苫小牧間を運航している。
神北丸_1
神北丸_2
神北丸_3
こうしてみると、案外第1海堡は大きいんだ。大型の船舶でも隠しきれないぞ。
神北丸_4
神北丸_5
神北丸_6

パシフィック・ノータス
東京電力の子会社が保有するLNGタンカー。手前にごちょごちょ密集しているのは護衛船などではなく、釣り船だ。さすがにかなり大きな船舶だ。当面はLNGによる発電で凌がねばならない東電。冗費を減らすために必死なのだろう。
球形タンク方式を採用したLNGタンカーだ。Ex-ship取引よりもFOB(free on board)取引にした方がLNG調達総費用を安く上げる可能性があるということなのだろう。かつて、社民党の福島瑞穂議員が国会でまったく的外れの質問をしたが、LNGの調達はかなり難しいのだ。
パシフィック・ノータス_1
パシフィック・ノータス_2
パシフィック・ノータス_3
パシフィック・ノータス_4
パシフィック・ノータス_5
こちらも第1海堡の手前を通行中。一瞬だが、第1海堡が見えなくなったかなあ。
パシフィック・ノータス_6
パシフィック・ノータス_7

観音崎
よく間違える人が多いが、これは観音埼灯台ではなく、海上保安庁の東京湾海上交通センターなのだ。なのだが、来年1月に観音崎から横浜市中区の横浜第二合同庁舎へ機能を移転させるようだ。
電波塔がなくなるわけではなかろうが、この情報をもとに管制を行う要員は通勤が楽な横浜へ通勤することになるのかな。地元に持ち家をしていた人には、通勤地獄が待ち構えていそうだ。
東京湾における管制一元化のお知らせ(PDF)へjump

観音崎_1
この辺りに行くと観音埼灯台が見える
観音崎_2

横須賀美術館
瀟洒な建物だ。ここから海を眺めるのは大人気とか。この前に立つことは何度もありながら、未だに館内に入ったことはない。谷内六郎画伯の作品だけでも見ておきたいなあ。>
横須賀美術館_1
横須賀美術館_2
横須賀美術館_3

その他
御所ケ崎
かつては弟橘媛を祀る橘神社があった。神話の舞台の一つだ。
御所ケ崎
走水漁港から海に突き出している小さな岬があります。日本武尊がここから上総に渡ったといわれ、仮の御所を設け、軍旗を立てたことから御所ヶ崎、旗山崎と呼ばれたと伝えられています。現在は、中に入れませんが、かつては弟橘媛を祀る橘神社がありました。弟橘媛が海に身を投じた7日後に、妃の御櫛が浜に漂着し、村人は旗山に御陵を造りその櫛を納めたと伝えられています。その後、御所ヶ崎には江戸幕府によって台場が築かれ、明治政府によって軍用地として買収されたときに、橘神社は走水神社に移されました。
走水の漁港に釣り船が戻ってきた
もうそろそろ正午。釣り船なのかと思ったが、漁船だったかもしれない。
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_1
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_2
こちらは間違いなく、釣り船だろう
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_3
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_4
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_5
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_6
走水の漁港に釣り船が戻ってきた_7
東京湾観音像の真下では、まだ釣り船が頑張っている
東京湾観音像の真下では、まだ釣り船が頑張っている

以上で、『走水地区を歩いた』のミニシリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

走水地区を歩いた(5)

防大走水海上訓練場
ずーっと見てきた防大の海上自衛隊任官志望の学生のための海上訓練施設だ。数多くの自衛隊幹部を養成してきた施設だ。
防大走水海上訓練場_1
防大走水海上訓練場_2
防大走水海上訓練場_3

走水ボードウォークにて
ここが走水ボードウォークの片方の端っこ
この先は東京湾そのもの。パワーボートですっ飛ばしてみたいけど、義兄はとっくに処分して、山登り専門に切り替えたからなあ。ゆっくりと東京湾フェリーにでも乗船するしかないか。
ここが走水ボードウォークの片方の端っこ
観音崎京急ホテルが最高の景観に建っている
実にいいなあ。晴れた日の景観は最高だろう。
観音崎京急ホテルが最高の景観に建っている_1
観音崎京急ホテルが最高の景観に建っている_2
観音崎京急ホテルが最高の景観に建っている_3
シーカヤックかな?
楽しそうだなあ。車があれば、艇庫など不要そうで、手軽なレジャーなのだろう。Tarpon 120という商品名のFishing Kayakだそうだ。
シーカヤックかな?_1
シーカヤックかな?_2
シーカヤックかな?_3
観音崎寄りの海域
釣り船がたくさん。一応はルールを守っているのだろうけど、…。山の上に白く見えるのは富津の『東京湾観音』のようだ。
観音崎寄りの海域
富津沖合方向
富津の『明治百年記念展望塔』がはっきり見える。そのすぐ右手を高速で疾走しているのは東海汽船の高速ジェット船セブンアイランドの内の『セブンアイランド友』のようだ。手前には手漕ぎボートで釣っている人たちもちらほら。結構な沖合だけれども、自力で元の場所に戻ることができるのかなあ。
富津沖合方向
さらにその左側には第1海堡かな?
島のように見えるのは、第2海堡ではなく、形状から第1海堡だと思う。高速ジェット船『セブンアイランド友』はものすごくすっ飛ばしているようだ。第2海堡は上陸したことがあるのだが、どんな風だったか忘れてしまった。
さらにその左側には第1海堡かな?_1
さらにその左側には第1海堡かな?_2
さらにその左側には第1海堡かな?_3
拡大してみると、結構大きいことが良くわかる
さらにその左側には第1海堡かな?_4
さらにその左側には第1海堡かな?_5
さらにその左側には第1海堡かな?_6
よく見るとスキューバの人もいる
よく見るとスキューバの人もいる
住友の造船施設も結構よく見える
奥にちらと見えるのは八景島かな?
住友の造船施設も結構よく見える_1
住友の造船施設も結構よく見える_2

 

走水地区を歩いた(4)

走水神社(2)
弟橘媛命記念碑
1910年に東郷平八郎、乃木希典らが建立。竹田宮恒久王妃昌子内親王(明治天皇第6皇女常宮昌子内親王)筆。
表面
『さねさし相模の小野に燃ゆる火の 火中に立ちて問ひし君はも』…相模野の燃える火の中で、私を気遣って声をかけて下さったあなたよ
弟橘媛命記念碑_1
裏面
説明板に記された内容が書かれてあった。
弟橘媛命記念碑_2
弟橘媛命記念碑_3
手前にあった説明板
弟橘媛命記念碑_4
三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)
相当丘の上まで登ったところにあった
三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)_1
三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)_2
三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)_3
三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)_4
眺望も抜群
ここからだと、防大の漕艇訓練施設がいっそうよく見える。残念ながらこの時に限って大型船舶の航行がなかった。お昼時だからだろうか?
眺望も抜群_1
望遠レンズで見た様子
眺望も抜群_3
眺望も抜群_4
防大の学生はこんなにいたんだ。この後しばらくして、撮影地点より上にある小原台の校舎まで駆け足で戻っていった。訓練の成果なのかなあ。
眺望も抜群_眺望も抜群_5
千葉県は目と鼻の先だ
眺望も抜群_6
SEIYO SPRING号。パナマ船籍の比較的小型の貨物船。クレーンの形状が印象的。
眺望も抜群_7

 

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月11日(土)-13日(月)は、2泊3日の予定で甲子園球場に高校野球観戦&応援に行きます。その間、私からのアクセスは出来ません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR