散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

みさきまぐろきっぷを試してみた(11)

街をぶらつきながら開店を待つ
一番見たかった建物はここ
三崎館本店。私は、こういう木造の建物が好きだ。外観を見て、後で建物内部も見ようと考えたのだが、…。
三崎館本店_1
三崎館本店_2
三崎館本店_3
三崎館本店_4
三崎館本店_5
三崎館本店のHPへjump
一番、裕福そうなお宅
三崎発全国区の商売をなされているお宅だったかと思う
一番、裕福そうなお宅_1
一番、裕福そうなお宅_2
瀟洒な住宅と庭とが見える
いまは、何の施設になっているのだろうか?
瀟洒な住宅と庭とが見える
朽ち果てそうな建物が少し改修された
なんだか、風情がなくなってしまった感じだなあ。月曜日は定休日の店が多いのだろうか?
朽ち果てそうな建物が少し改修された
きちんと商売している店もあった
業態によるのかなあ。水商売は押しなべて不振なようだ。
きちんと商売している店もあった
最後の時間つぶしにお土産を買うために『うらり』に立ち寄る
『うらり号』
さすがにこの時間(10:40頃)になると、客が結構集まってきている。『うらり号』にも客がいっぱい。
3J8A0674_R_20170609202210bc3.jpg
3J8A0677_R.jpg
3J8A0679_R_201706092022126b0.jpg
3J8A0680_R_20170609202214015.jpg
『さんしろ』はやや寂しいかなあ
貸し切り状態だった
『さんしろ』はやや寂しいかなあ_1
『さんしろ』はやや寂しいかなあ_2
いよいよ食事時間に
立花別館
2-3分前に三崎館本店に向かった。入る気満々で門を見ると、『本日は予約のお客様で満員です…』の札が下がっていた。何たることか。仕方なく、隣の店に入った。
みさきまぐろきっぷで食べることができるのは、4種類ほどだった。そこから写真のものをチョイスした。
せっかくの料理だったが、1時間ほど前から咳が出だして、熱も少しあるような感じ。味が良くわからないままに食べることに。
油壷や小網代湾などを含めて丸一日楽しむつもりだったが、半日でリタイア。締まらない結末と相成った。いつか、リベンジしなくっちゃ。

立花別館_1
立花別館_2

以上で、『みさきまぐろきっぷを試してみた』シリーズは終了です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

みさきまぐろきっぷを試してみた(10)

本瑞寺
源頼朝が三崎に建てた三御所の一つ「桜の御所」跡に建つ寺院。また、平安以来の武家の名門、三浦一族の菩提寺でもある。海に囲まれ温暖な小高い丘の上にある。往時の景観の良さは如何許りだっただろうか。いまの境内には、桜に代わり梅が多く植えられているようだ。
寺の施設関連
急こう配の階段
他にもアクセスの方法があるのだろうが、私はこの急こう配の階段を利用している。
急こう配の階段_1
振り返るとこんな景観が待っている
急こう配の階段_3
急こう配の階段_4
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_1
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_2
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_3
本堂
本堂_1
本堂_2
三浦市が設置した説明板
ここに桜の御所があったことがわかる。そのころは、本当に素晴らしいところだったのだろう。源氏三代も北条政子もここで観桜の宴をしたようだ。
三浦市が設置した説明板
鐘楼と梵鐘
本瑞寺には、『康永三年(1344年)甲申三月』の銘のある神奈川県指定重要有形文化財の梵鐘があるという。この梵鐘だろうか。
鐘楼と梵鐘_1
鐘楼と梵鐘_2
鐘楼と梵鐘_3
山門
文政四年(1821年)7月建立の山門
山門_1
山門_2
山門_3
山門_4
山門_5

岩村透男爵関連
岩村透男爵の銅像
岩村透は、近代美術の先覚者にして東京美術学校教授だったそうだ。晩年、病気療養のため三崎に別荘を構え、47歳で逝去。本瑞寺に眠っている。1917年の逝去だそうで、今年は没後ちょうど100年後。
胸像は、東洋のロダンといわれた朝倉文夫の作品。お寺の方の説明では朝倉文夫は男爵を敬愛していたのだそうだ。
胸像の下の文言は恥ずかしながら読み取ることができなかった。

岩村透男爵の銅像_1
岩村透先生と書かれてある
岩村透男爵の銅像_2
岩村透男爵の銅像_3
岩村透男爵の墓
お寺の方が男爵の墓をも見たら如何ですかと勧めてくれた
岩村透男爵の墓_1
岩村透男爵の墓_2

俳人松本たかしの墓と句碑
『宝珠不壊蘇鉄の花の秋に入る』…半分ほどしか読むことができなかった。もちろん解釈も…。
俳人松本たかしの墓と句碑

鎌倉タイムの本瑞寺を取り上げたページへjump

 

みさきまぐろきっぷを試してみた(9)

三崎昭和館を後にして、街をぶらぶらして、11時の食事時間開始まで小一時間ほど待つことに。あまりに早い時間に出てきたので、時間つぶしが大変だった。

街の目についた建物など
ちょっとくたびれた感のある建物
ちょっとくらい補修したほうがよさそうに思うが
ちょっとくたびれた感のある建物
トンビ
『うざい爺さんだな。あまり近くに寄るんじゃない。脅かすぞ…』とでも言いたげだった。爺さんの粘りに根負けしたかな?実は18-135ミリの短いレンズなので、絶対的な距離はだんだん近づいてきて最後には1m前後。少々ビビっていた。
トンビ_1
トンビ_2
トンビ_3
トンビ_4
トンビ_5
向こう岸
北条湾を挟んだ向こう岸。月曜日だというのに、暇人が多い感じ。小学生か中学生かというのもいるみたい。でっかい橋脚は城ヶ島大橋のもので、城ヶ島大橋も見える。
向こう岸_1
向こう岸_2
向こう岸_3
向こう岸_4
向こう岸_5
向こう岸_6
こんなお店もある
大漁旗の需要が減った今、なんでも手掛けるようだ
こんなお店もある_1
こんなお店もある_2
こんなお店もある_3
こんなお店もある_4
くろば亭
ヒルナンデスでも紹介されていた。マグロのカマ料理が名物とか。美味しいだろうけど、高いよなあ。商売繁盛店らしく、準備作業も確かに勢いがありそうな感じだ。見ていたら、まぐろきっぷを手にした若い女性が下見に来た。きっと、ガイドブックで評判なんだろうな。でも、まだ11時の開店まであと数十分もあるよ。
くろば亭_1
くろば亭_2

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR