散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秩父祭笠鉾特別曳行ほか(7)

夜の曳行
外部フラッシュが途中で電池切れになってしまったりして、どうも夜の撮影に関しては勉強が必要なようだ。まだマシなものでお許し願いたい。
点灯の準備が始まった
点灯の準備が始まった_1
点灯の準備が始まった_2
点灯の準備が始まった_3
点灯の準備が始まった_4

ほぼ点灯完了
ほぼ点灯完了_1
ほぼ点灯完了_2
ほぼ点灯完了_3
ほぼ点灯完了_4
ほぼ点灯完了_5
ほぼ点灯完了_6
ほぼ点灯完了_7

中近笠鉾出発
中近笠鉾出発 _1
中近笠鉾出発 _2
中近笠鉾出発 _3
中近笠鉾出発 _4

下郷笠鉾出発
下郷笠鉾出発_01
下郷笠鉾出発_02
下郷笠鉾出発_03
下郷笠鉾出発_04
下郷笠鉾出発_05
下郷笠鉾出発_06
下郷笠鉾出発_07
下郷笠鉾出発_08
下郷笠鉾出発_09
下郷笠鉾出発_10
下郷笠鉾出発_11
下郷笠鉾出発_12
下郷笠鉾出発_13
下郷笠鉾出発_14
下郷笠鉾出発_15
下郷笠鉾出発_16
下郷笠鉾出発_17
下郷笠鉾出発_18
下郷笠鉾出発_19
下郷笠鉾出発_20
下郷笠鉾出発_21
下郷笠鉾出発_22

 

秩父祭笠鉾特別曳行ほか(6)

秩父神社の彫刻
夜の曳行に入る前に、秩父神社の素晴らしい彫刻の数々をご覧頂きたい。
左甚五郎作の「子宝 子育ての虎」
『子宝 子育ての虎』は、本殿正面左右に2面ずつ計4面あり、左甚五郎の作と言われている。以下は神社の掲示板による。
秩父神社の再興を命じた徳川家康は、寅の年、寅の日、寅の刻生まれとされ、それに因んで拝殿の正面には4面の虎の彫刻が施されている。左から2つ目の子虎と戯れる親虎の彫刻は、名工左甚五郎が家康の威厳と祭神を守護する神使として彫刻したものと伝えられている。当時の狩野派の絵画では、虎の群れの中に必ず一匹の豹を描くことが定法とされていたことから、母虎があえて豹として描かれているのが特徴的とのこと。
子宝 子育ての虎_1
子宝 子育ての虎_3

左甚五郎作の「つなぎの龍」
左甚五郎が彫刻したのは『龍』のみ。ところがこれが秩父に飾られるようになってから、秩父の街に異変が起こる。
秩父神社近くの沼で、夜な夜な龍神が暴れ回り、沼の付近では畑や家畜に大きな被害が出ていた。そして龍神が暴れた翌朝、神社の掃除をしていると、不思議な事に、必ず例の龍の彫刻の下に大きな水溜りが出来ていたという。
これはおかしいということになり、宮司が鉄の鎖で龍をでつなぎ止めたところ、騒ぎが収まったという。
あまりに精巧に彫られていたために霊が宿ったのかもしれない。凄いものだ。鎖は案外細い。目を凝らしていただければわかると思うが。
つなぎの龍_1
つなぎの龍_2
つなぎの龍_3

北辰の梟
目を凝らしてみて、漸くどこに梟がいるのか(木札の真上)わかった程度。どんなふうな格好をしているかなど、視力が4くらいないとわからないと思う。
なお、梟の上部には、願えば叶うと書かれ、「うずの泉」の彫刻がある。
北辰の梟_1
北辰の梟_2
ご本殿北側中央に彫刻された梟は、「北辰の梟」といって、菱川師宣描く有名な浮世絵の「見返り美人」よろしく、体は正面のご本殿に向き、頭は正反対の真北を向いて昼夜を問わずご祭神をお守りしています。
当社のご祭神である妙見様は、北極星を中心とした北辰北斗の星の信仰で、この梟の見ている方角に妙見様が出現することからも、ご祭神を特に縁りの深い瑞鳥であると言えるでしょう。
洋の東西を問わず、梟は智恵のシンボルと考えられており、当社のご祭神 八意思兼命 が智恵の神として崇敬の篤いことと重ねて、思慮深い神使として社殿北面に施されたものと思われます。


お元気三猿
クローズアップし忘れた。これではよくわからないので、クローズアップは秩父神社のHPから借用した。
『よく話そう』の猿はいたずらしているだけのようにしか私には見えない。
お元気三猿_1
お元気三猿_2
三猿といえば日光東照宮が有名ですが、同じ徳川家縁りの御社であるにも拘わらず、当社の三猿は日光とまったく違った表情をしています。
日光が古来の庚申信仰にちなんで「見ざる・言わざる・聞かざる」なのに対し。当社の三猿は「よく見・よく聞いて・よく話そう」ということで、現代の情報化社会にふさわしく俗に”お元気三猿”として皆様に親しまれています。
当社のご祭神である妙見様は、神仏の中心にあって、人間の元気な命を司る神様として永く信仰されてきたことから、特に不老長寿のご利益があると言われています。


幣殿西側の『瓢箪から駒』
『瓢箪から駒』が上記4作品についで有名なものだと知らなくて、アップのものを撮らなかった。
瓢箪から駒
馬に関する諺の一つに「瓢箪から駒」がある。意外なところから意外な発見や出会いがあることを表す諺であるが、その意味するところは開運招福である。そのため、社殿西側にはこの諺に因んだ彫刻が施されている。なお、秩父の夜祭では、祭神は御輿だけでなく神馬に乗って御旅所に渡るため、12月3日には本物の馬が2頭奉納されて神幸の供をする。

 

秩父祭笠鉾特別曳行ほか(5)

笠鉾ばかりでは飽きるので、Change of paceする。

街の様子
柳田総本店…武甲正宗
見学コースに混じって、図々しく試飲までさせてもらった。柱の細かい傷は、その昔、鎌を持った農民が酔っ払って鎌を振り回して暴れないよう、鎌を挿しておいたあとなのだそうだ。こんなところに千社札を貼っていく馬鹿者の神経が理解できない。
柳田総本店…武甲正宗_1
柳田総本店…武甲正宗_2
柳田総本店…武甲正宗_3
柳田総本店…武甲正宗_4
秩父館前で行われていた秩父銘仙のファッションショー
地元女性がモデルを務めるアットホームなファッションショーだった。
秩父銘仙のファッションショー_1
秩父銘仙のファッションショー_2
秩父銘仙のファッションショー_3
秩父銘仙のファッションショー_4
秩父で気になった建物
秩父で気になった建物_1
秩父で気になった建物_2
秩父で気になった建物_3
秩父で気になった建物_4
秩父で気になった建物_5
秩父で気になった建物_6

 

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR