散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(10) 2016.0928 14:40追記

港の見える丘からの眺望
いつも同じような写真ばかり撮っている。自分でも呆れてしまう。今回は天気が良くなく、少し拗ねたような感じがした。それはそれで良いのだが、はっきりしない写真ばかりだ。
港の見える丘からの眺望_1
港の見える丘からの眺望_2
港の見える丘からの眺望_3
港の見える丘からの眺望_4
港の見える丘からの眺望_5
港の見える丘からの眺望_6
港の見える丘からの眺望_7
港の見える丘からの眺望_8
港の見える丘からの眺望_9

大佛次郎記念館
この位置に大佛次郎記念館があり、少し奥まった位置に神奈川近代文学館がある。文学愛好家だったならば、是非行ってみたい場所なのだと思う。私には、…。
大佛次郎記念館
港の見える丘公園の展望台の南側に広がる沈床花壇の奥にアーチ型の屋根と赤レンガ色の外観が一際目立つ館。横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介しています。大佛次郎は横浜で生まれ、そして横浜を最も多く描いた作家と言われています。中でも「霧笛」「幻燈」は開化期の横浜を愛惜をこめて描いた名作として今も多くの人々を魅了し続けています。代表作には「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」「帰郷」「赤穂浪士」などがあり、「鞍馬天狗」の作者としても親しまれています。また館内には、愛猫家であった大佛次郎が所蔵していた猫の置物も、多数展示されています。

山手111番館
第2水曜日で休館だった。外観はごく普通の洋館のようにしか見えないが、実は内部が凄く素晴らしい。あまり気づかないかもしれないが、床に実にお金を掛けてある。この辺は、欧米人の建てた家という感じがする。
前回の訪問時撮影分からダイジェストで紹介したい。2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチからなるそうだ。う~~ん、スリーピングポーチまであったのか。通常の見学では階段を上がることが出来ない。公開する日に行くしか無い。

山手111番館_1
山手111番館_2
山手111番館_3
山手111番館_4
山手111番館_5
山手111番館_6
山手111番館_7
山手111番館_8
山手111番館_9
山手111番館_10
山手111番館_11
山手111番館は、横浜市イギリス館の南側にあるスパニッシュスタイルの洋館です。ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、港の見える丘公園のローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されました。設計者は、ベーリック・ホールと同じく、J.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、山手111番館は天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えます。大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えます。赤い瓦屋根に白壁の建物は、地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟造りです。創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。 
横浜市は、平成8(1996)年に敷地を取得し、建物の寄贈を受けて保存、改修工事を行い、平成11(1999)年から一般公開しています。館内は昭和初期の洋館を体験できるよう家具などを配置し、設計者モーガンに関する展示等も行っています。現在、ローズガーデンから入る地階部分は、喫茶室として利用されています。


山手111番館紹介記事(横浜の名建築第2回)へjump
山手111番館紹介記事(ラフィンさんが住んだ山手111番館)へjump

以上で『横浜の山手町を歩く』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

横浜の山手町を歩く(9)

横浜市イギリス館の前庭の様子
横浜市イギリス館の前庭には、見事なバラ園が広がる。港町横浜市の花はバラなのだそうだ。それを気持ちよく見せてくれる。山下公園のバラと並んで、人気が高いのではなかろうか。
ベイブリッジがよく見える
港の見える丘からはもっとよく見えるのは確かだ。しかし、このアングルから見るベイブリッジはなかなかのもののように思う。私の大好きな撮影場所だ。
ベイブリッジがよく見える
バラさんたち
9月14日に咲いていた前庭のバラさんたちだ。時期的には秋咲きの走りだと思う。せっかくきれいに咲きだしたのに、しっかり解像していない写真のオンパレードで、申し訳ない。
バラさんたち_1
バラさんたち_2
バラさんたち_3
バラさんたち_4
バラさんたち_5
バラさんたち_6
バラさんたち_7
バラさんたち_8
バラさんたち_9
バラさんたち_10
バラさんたち_11
バラさんたち_12
バラさんたち_13
バラさんたち_14
バラさんたち_15
バラさんたち_16
バラさんたち_17
バラさんたち_19
これだけは桔梗の花だと思う。単色ではなく、班入りのようになっているのが面白く撮ってみた。
バラさんたち_18

 

横浜の山手町を歩く(8)

横浜市イギリス館
この建物を見る度、どこかで見た感じだなと思う。私の既視感の原因は、函館市旧イギリス領事館を何度も見ているからだ。どちらの建物も似ているのは、共に大英帝国の上海の部署の設計によるものだからだろう。
これが英国風の建物か。どこが英国風なのかとは聞かないでいただきたい。特徴的な要素の一つに、独特の煙突の存在があるのかもしれない。暖炉に使用する程度で、こんな馬鹿でかい煙突は不要だと思うのだが、…。

外観
独特の煙突とか、王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)とかが目を引く
外観_1
外観_2
外観_3
外観_4
外観_5
外観_6
外観_7
1階部分
少数のスタッフがいた執務スペースだったのだろうか。大きな部屋が貸しホールになっていて、いつ行ってもコンサートなどが行われていて、十分に確認できていないのだが。
1階部分_1
1階部分_2
1階部分_3
1階部分_6
大英帝国の公館らしく、キッチンスペースは充実している。ちょっとした人数の会議でも、ケータリングサービスに頼まず、自前で賄えたと思う。
1階部分_7
1階部分_8
階段
階段踊り場からは、バラ園が広がり、海も見える。ガーデニング大好き人間が多い国らしいなあ。
階段_01
階段_02
階段_1
階段_2
階段のシャンデリアは素敵だ
階段_3
2階公用部分
私が勝手にそう思っているだけだ。此処で会議や打ち合わせを行ったのだろうか。
2階公用部分_1
2階公用部分_2
2階公用部分_5
2階公用部分_6
2階公用部分_7
此処は、基本的には公用の部分かなあ
2階公用部分_3
2階公用部分_4
2階公用部分_8
2階領事住居部分
2階の半分以上は、領事のプライベート部分。基本的に遅刻するということはありえないんだ。
2階領事住居部分_1
2階領事住居部分_2
2階領事住居部分_3
2階領事住居部分_4
2階領事住居部分_5
2階領事住居部分_6

横浜市イギリス館は、昭和12(1937)年に、上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
主屋の1階の南側には、西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスは芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓からは庭や港の眺望が楽しめます。地下にはワインセラーもあり、東側の付属屋は使用人の住居として使用されていました。玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。

 

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

8月31日(木)から9月1日(金)は、静岡県掛川市に出かけるために、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR