散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

『相馬野馬追』本祭り(6)

神旗争奪戦(2)
あれま、こんなこともあるんだ
強い風に流されて、赤の騎馬武者のすぐ近くに落ちた。あの騎馬武者が気がつけば、楽勝だ。だが、皮肉なことに左側の一団は誰一人も気づいていないように見えた。一体どうなるのかと気が気じゃなかったが、漸く気づいた武者が下馬したようだ。
あれま、こんなこともあるんだ_1
あれま、こんなこともあるんだ_2
あれま、こんなこともあるんだ_3
あれま、こんなこともあるんだ_4
あれま、こんなこともあるんだ_5
あれま、こんなこともあるんだ_6
あれま、こんなこともあるんだ_7
あれま、こんなこともあるんだ_8
あれま、こんなこともあるんだ_9
ご神旗はどこ?
旗指物で隠れてしまい、一体どこにあるのかまるで見当がつかなかった。やはり観客席からではご神旗の行方を追うのは、かなり難しい。
ご神旗はどこ?_1
よりによって、こんな危ないところに打ち上げないで欲しい。もう少しで馬さんに蹴られるカメラマンたちの被害者が出るぞ。
ご神旗はどこ?_2
ご神旗はどこ?_3
ご神旗はどこ?_4
とったぞー!!
先ほどのはしっこい武者かな?と思ったが、あのご神旗は黄色だった筈。
とったぞー!!_1
とったぞー!!_2
こっちの武者だったかも
とったぞー!!_3
とったぞー!!_4
こちらの騎馬武者は堂々たる体格だ
とったぞー!!_5
とったぞー!!_6
あれま、馬から落ちてしまったかな?
このときは、それらしい姿に扮した専門の調教師が馬さんを落ち着かせるのに手こずっているのかと思った。なので、その様子をのんきに見ていただけだった
あれま、馬から落ちてしまったかな?_1
あれま、馬から落ちてしまったかな?_2
あれま、馬から落ちてしまったかな?_3
あれま、馬から落ちてしまったかな?_4
あれま、馬から落ちてしまったかな?_5
あれま、馬から落ちてしまったかな?_6
気づいたら、大事になっていた
裸馬の追いかけっこに気を取られていたら、どうも様子がおかしい。何か重大な事故が発生したようだ。武者は、全く自力で起き上がる気配なし。救急車はどこに待機しているのだろうか。到着が異常に遅い。怪我の程度がひどくなかったのならいいが。こういうことも多分にありうる厳しい世界なのだろう。
気づいたら、大事になっていた_1
気づいたら、大事になっていた_2
気づいたら、大事になっていた_3
気づいたら、大事になっていた_4
気づいたら、大事になっていた_5
気づいたら、大事になっていた_6
気づいたら、大事になっていた_7
気づいたら、大事になっていた_8
気づいたら、大事になっていた_9

 

『相馬野馬追』本祭り(5)

神旗争奪戦(1)
神旗争奪戦の競技運営は難しさが色々あると思う。ご神旗は当日の風向きなどを予測して打ち上げるのだろう。当日は小雨交じりで、風も競技場から見て観客席左側方向に少し強く吹く条件の良くない天候だった。
其れにもかかわらず、まったく風に逆らう形で打ち上げられた。当然、ご神旗はどんどん流されて、騎馬がまったく陣取っていない方向に。最初の内は誰も地上に落下する前に取れなかった。2発目からは打ち上げ位置を大幅に変更するかと思いきや、そのまま。
これで私の興味が失せた。

打ち上げ直前
固唾を呑んで、その瞬間を待つ。騎馬武者たちの心境はどんなものなのだろうか?
打ち上げ直前
空中から落下するご神旗
途中までは1回に2発、1発で2枚のご神旗が打ち上げられる
空中から落下するご神旗
見せられたくなかったシーン
本来は地上に落ちる前に鞭で絡めとってほしかった。あまりに予想外のところに落下させた主催者側の手落ちのように私には思えた。
見せられたくなかったシーン_1
見せられたくなかったシーン_2
こちらでも。喧嘩を見に来たわけじゃないのに。
見せられたくなかったシーン_3
見せられたくなかったシーン_4
この騎馬たちが神旗争奪に成功した
青旗
『われこそは、真っ先にご神旗をとり申した』とでも叫んでいるのだろうか。空中で見事キャッチした分は、観客席からではその瞬間が見えない。枠内の入場券を入手すべきだったと思う。
青旗_1
青旗_2
青旗_3
青旗_4
総大将にお褒めの言葉をいただくべく『羊腸の坂』を上るところ
青旗_5
黄旗
先ほどの地上でのバトルに勝利したようだ。確かに腕っ節が強そうだ。
黄旗_1
黄旗_2
黄旗_3
黄旗_4
赤旗
こちらも先ほどの地上でのバトルに勝利した口かな
赤旗

 

『相馬野馬追』本祭り(4)

甲冑競馬(4)
一般騎馬(3)
ずーっと途中省略して甲冑騎馬の最終レース。このレースは本当に見応えがあった。最初から最後まで手に汗握るデッドヒートだったし、一度ならず二度のアクシデントもあった。是非最後まで見ていただきたい。
スタート直後
またも先行逃げ切りのパターンかと思ったが、実はどんでん返しがあった。2-3番手を撮っておいてよかった。
何故後方をケアしていたのだろう。理解に苦しむ。
スタート直後_1
スタート直後_2
真剣に追いかける2位以下。こちらのほうがスピードが出ている感じだった。そして、白馬はこの時は2位だったのだが。
スタート直後_3
スタート直後_4
第1コーナーから第2コーナー
先行馬は余裕を持ちすぎたのか、後続の騎馬の猛烈な追い上げを食らう。この先どうなるのか予断を許さない展開に。
この時点で1-2位の騎馬による一騎打ちかと考えていた。そのくらいの勢いがあった。
第1コーナーから第2コーナー_1
第1コーナーから第2コーナー_2
第1コーナーから第2コーナー_3
ここで膨らんでしまったのが、後々に悔いを残す結果となったのかもしれない。インを走る集団にかわされてしまうのだから。
第1コーナーから第2コーナー_4
第1コーナーから第2コーナー_5
第1コーナーから第2コーナー_6
ゴール付近
スタート直後に先頭を走っていた騎馬は既に順位を落としていたが、まだまだ混戦状態。中央競馬のラストを見るかのようだった。
まさしく横一線状態。真ん中の馬さんの頭にかかった赤いキレは何?
ゴール付近_1
アクシデント(1)
左から3頭目の騎馬を見られたい。なんという状況になっているのだろうか。突如、目隠しをされてしまったのだ。一瞬、事故が起きないか心配した。騎馬武者が冷静に何とか邪魔な他の騎馬(多分右隣の白馬)の旗指物を取り払ったようだ。
ゴール付近_2
ゴール付近_3
何とか障害を取り払って
アクシデントにめげず、走る走る。でも届かないと見ていた。
ゴール付近_4
ゴール付近_5
ゴール付近_6
邪魔な旗指物がなくなりムチを入れる。がんばれーっ。
ゴール付近_7
あれま。自分の旗指物を踏んづけてしまったぞ。
ゴール付近_8
ゴール付近_9
デッドヒート(1)
激しい鍔競り合いだった。日の丸のスピードはすごかった。オリンピックでも斯くあれと思った。
ゴール付近_10
ゴール付近_11
ゴール付近_12
ゴール付近_13
ゴール付近_14
ゴール付近_15
ゴール付近_16
ゴール付近_17
アクシデント(2)
画面の右端を見ていただきたい。デッドヒートの真っ最中だったので気付かなかったが、ここで落馬事故も起きたようだ。自分の旗指物を落として、他の騎馬に大きな迷惑を掛けてしまうし、それを踏んづけてしまうし、最後の仕上げに、隣の騎馬と接触したうえでの落馬か。ふんだり蹴ったりだったようだ。
ゴール付近_18
デッドヒート(2)
後方で落馬があったなんて誰も気づかなかった。観客の視線は一点に集中していたのだから。
ゴール付近_19
ゴール付近_20
遂に躱したぞ。日の丸が月との激闘を制した。このくらいでないと小藩の相馬中村藩が仙台藩に蹂躙されてしまう。そういう思いがあったのだろう。
ゴール付近_21
ゴール付近_22
ゴール付近_23

ふうっ。ものすごい激しいレースだった。何よりもあの落馬で怪我しなくてよかった。

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR