散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

都市対抗野球第5日の1回戦3試合を2試合を観戦した(4)

第2試合:きらやか銀行(山形市)4-3パナソニック(門真市)(2)
9回裏パナソニックの攻撃
ここまでスイスイ投げてきたきら銀・小島。しかしながら、パナが少し投球に慣れてきたのか、小島の球威が落ちてきたのか、このままでは終わらなさそうな予感がしていた。
きら銀・小島の投球
気迫あふれる力強い投球が印象的だった
小島の投球_1
小島の投球_2
小島の投球_3
小島の投球_4
小島の投球_5
小島の投球_6
小島の投球_7
小島の投球_8
横田
クリーン・ヒット。きら銀・小島は、このまま続投でも大丈夫かという気持ちがしたが、まだ1死1塁だ。
横田_1
横田_2
横田_3
横田_4
ここは続投
走者が一人程度では、続投は当然だろう。何せ絶対的に信頼を置くエースなのだから。小島はホームを見据えたまま。次打者以降を抑えてやるという負けん気がありあり。
ここは続投

力んだ小島から泉が2塁打を放つ。1死2-3塁に。
泉_1
泉_2
泉_3
泉_4
泉_5
それでもきら銀のエース小島は続投
えーっ、引っ張り過ぎじゃない。キレが少し無くなった感じ。私にはそうみえた。
それでもきら銀のエース小島は続投_1
それでもきら銀のエース小島は続投_2
立花
続く立花に待望のタイムリーが飛び出す
立花_1
立花_2
立花_3
立花_4
横田が生還し、2-1の1点差になった
立花_5
思いがけず素早い本塁への送球だったので、3塁を回りかけていた泉は慌てて3塁に戻る。なおも、1死1,3塁。
立花_6
立花_7
チア・ガールも勢いづく
そりゃそうだ。一番盛り上がる場面なのだから。
立花_8
ここで漸く投手交代
小島から補強選手の西村へ
ここで漸く投手交代_1
ここで漸く投手交代_2
1死1,3塁、1点差の大ピンチにかなり緊張気味のリリーフ西村
この試合を見た限りでは大した球威のある投手のように思えなかったが、次戦でも大活躍していたようだ。してみると、かなり力量のある選手だったようだ。
西村の投球_1
西村の投球_2
西村の投球_3
西村の投球_4
西村の投球_5
西村の投球_6
福原
犠飛を打ち上げ、泉が生還。遂にパナが同点に追いつく。
福原_1
福原_2
パナの応援席がサヨナラ勝ちに向けて勢いづく。ド派手な演出だ。
福原_3
福原_4

が、パナの追撃もここまで。きら銀は、よくぞこの大ピンチをしのいだ。そして、ここで一気に試合を決められなかったことにパナの悔いが残ったかもしれない。ともかくも、試合は延長戦に突入する。

 

都市対抗野球第5日の1回戦3試合を2試合を観戦した(3)

第2試合:きらやか銀行(山形市)4-3パナソニック(門真市)(1)
きらやか銀行が一方的に攻めるも、ここぞというところでタイムリーな出ないまま、7回裏まで終了。ヒットはきら銀行が8本に対しパナは僅かに2本。苛々する展開だった。
8回表きらやか銀行の攻撃
マウンドには、ヒットを打たれながらも要所を締めて何とかきら銀を抑えこんできた藤井聖が退き、安部が登板。横手投げの投手。守備側のリズムが変わることが懸念された。打ちあぐんでいた藤井がひっこみ、きら銀打線は勢いづいたのかもしれない。
パナ・安部の投球フォーム
パナ・安部の投球フォーム_1
パナ・安部の投球フォーム_2
パナ・安部の投球フォーム_3
パナ・安部の投球フォーム_4
パナ・安部の投球フォーム_5
パナ・安部の投球フォーム_6
パナ・安部の投球フォーム_7
1番岩田
四球を選び出塁。無死1塁。
1番岩田_1
1番岩田_2
2番園部
送りバント。1死2塁。
2番園部_1
2番園部_2
3番藤本
進塁打。2死3塁。
3番藤本_1
3番藤本_2
4番建部
四球を得る。2死1,3塁。
4番建部_1
4番建部_2
5番小野寺
2死2ボール2ストライクの時に、パナの安部が暴投し、きら銀が先制。それまで打たれていたわけでないのだから、堂々と投げればよかったのだが、力んでしまったのだろう。
5番小野寺_1
5番小野寺_2
5番小野寺_3
先制点を献上してしまい平常心を欠いた安部。まだ動揺が収まらない状態での投球。それを小野寺が見逃さずに巧打。ヒットを放ち、パナをさらに突き放す2点目をもぎ取った。
5番小野寺_4
5番小野寺_5
5番小野寺_6
5番小野寺_7
5番小野寺_8
5番小野寺_9

一方的に押していたきら銀が、終盤の8回にやっと先制した。押されていたパナ側には挽回の機会は2イニングのみ。焦りの色が濃くなったように見えた。

 

都市対抗野球第5日の1回戦3試合を2試合を観戦した(2)

第1試合:西濃運輸(大垣市)2-0大阪ガス(大阪市)(2)
ブログ記事が長くなってしまう。仕方がないので画像を大幅に間引いて取り上げる。
8回表の西濃の攻撃
大ガス・3番手は猿渡
こんなピッチング。終盤8回なのでキチンと抑えて欲しいところだ。
猿渡のピッチング_1
猿渡のピッチング_2
猿渡のピッチング_3
猿渡のピッチング_4
猿渡のピッチング_5
猿渡のピッチング_6
猿渡のピッチング_7
猿渡のピッチング_8
猿渡のピッチング_9
大ガスのチアガールも必死の応援
大ガスのチアガールも必死の応援_1
大ガスのチアガールも必死の応援_2
4番伊藤
デッドボールで出塁。本当はチャンス・メイクの1発長打を期待されていたのだろう。これが吉と出るか凶と出るか。微妙なところだった。ピンぼけで失礼。
4番伊藤_デッドボール_1
大ガス・伊藤『本当に痛いの?』西濃・伊藤『おいおい、思い切りぶつけられたんだゼ。痛くないわけがないだろう』
4番伊藤_デッドボール_2
走者の4番伊藤に代えてピンチランナー小中起用
追加点をとって、大ガスに引導を渡したい西濃。思い切って勝負に出た。大博打だが、大砲を引っ込めてしまった。このことが功を奏するのか。適当な画像がなく失礼。
ピンチランナー小中
阪本
バントで1死2塁。セオリー通りだ。できることなら、2塁封殺を狙いたいところだっただろう。
阪本_バントで1死2塁_1
阪本_バントで1死2塁_2
この試合最大の攻防
次打者は先制本塁打の谷。大ガスにとっては、この場面で一番対決したくない打者だったと思われる。予感が的中したようだ。2回の打席に続き、またもタイムリーを放つ。勝負強い打者だ。プロ向きかも。
谷のタイムリー_1
谷のタイムリー_2
谷のタイムリー_3
谷のタイムリー_4
ピンチランナーの小中生還
ピンチランナーの小中生還_1
ピンチランナーの小中生還_2
1塁々上で微笑む谷
1塁々上で微笑む谷
西濃にとって待望久しい追加点が入った。大ガスには重い重い追加点になって、重圧がかかる結果に。
重い追加点

それ以上の追加点は何とかかんとか抑え、あとがない状態で9回裏に

9回裏の大ガスの攻撃
1死で3番の峰下
大ガス必死の声援に応え、2塁打を放つ。終盤、西濃・佐伯の球のキレが少し失せたのか、外野に大きな飛球が上がるようになり危惧していたが、それが的中した感じ。これで同点にでも追いつかれたら、西濃の4番打者を代えた采配が悔やまれることになりかねない。西濃の大ピンチ。
峰下_気合の2塁打_1
峰下_気合の2塁打_2
峰下_気合の2塁打_3
峰下_気合の2塁打_4
峰下_気合の2塁打_5
4番の伊藤
西濃の4番打者と同姓。進塁打にはなったものの、2死3塁に。頑張れなかったかなあ。西濃・佐伯が土壇場で踏ん張り、大ガスの敗色が濃厚に。
進塁打にはなったものの、2死3塁に_1
進塁打にはなったものの、2死3塁に_2
進塁打にはなったものの、2死3塁に_3
土井
更に西濃・佐伯が踏ん張った。5番土井は凡打で、ゲームセット。
最後の打者になった土井

西濃運輸が2-0で前年準優勝の大阪ガスを撃破した。

飄々とした佐伯の表情
2年前の橋戸賞男は今年も健在なようだ
飄々とした佐伯の表情_1
飄々とした佐伯の表情_2

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR