散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

目黒雅叙園にて(6)

島根県浜田市「石見神楽」
鏑木清方の作品がある清方の間。今年は昨年とは全く異なる展示が用意された。石見神楽の1シーンを展示してある。ものすごい迫力。見た瞬間に圧倒された。
大蛇
大蛇_1
大蛇は石見神楽の代名詞とも言うべき神楽でそのスケールの大きさは他の神楽の比ではない。ちょうちん蛇胴の考案により、石見神楽に一大改革を起こした。大蛇の舞手は身体を胴の中に隠し身体を見せずに舞わなければならない。
悪業のため高天原を追われた須佐之男命が出雲の国・斐川にさしかかると、老夫婦が嘆き悲しんでいた。訳を尋ねると、夫婦には八人の娘がいたが、大蛇が毎年あらわれて、七年に七人の娘をとられ、最後の一人も取られる運命にあるという。命は、大蛇退治を約束し、毒酒を作らせ、これを大蛇が飲んで酔った所を退治した。この時、大蛇の尾から出た剣は、天の村雲の剣(のちの草薙の剣)として天照皇大神に献上され、三種の神器の一つとして熱田神宮に祀られている。須佐之男命は助けた娘、奇稲田姫と結婚した。

塵輪(じんりん)
詳しくないので、間違った記述になっているかもしれない。
白鬼・赤鬼
塵輪_1
帯中津日子(たらしなかつひこ)・高麻呂(たかまろ)
塵輪_2
八調子では神2人鬼2人が対決する、鬼舞の代表的な神楽。
第十四代の帝・帯中津日子の天皇が、異国より日本に攻め来る数万騎の軍勢を迎え撃つ。
その中に塵輪という、身に翼があり、黒雲に乗って飛びまわり人々を害する悪鬼がいると聞き、天の鹿児弓、天の羽々矢を持って高麻呂を従え討伐に向かい、激戦の末に退治する。

鏑木清方の作品
四季美人図『娘道成寺』
四季美人図『娘道成寺』
四季美人図『蛍狩り』
四季美人図『蛍狩り』
四季美人図 題名失念
四季美人図 題名失念

 

目黒雅叙園にて(5)

造形作家 川村忠晴「草木のあかり」
星光の間での展示は、「草木のあかり」。前回も見たが、今回のものも素敵だった。よほど手先の器用な我慢強い人物が拵えたものなのだろう。雰囲気を味わっていただくべく、途中で無粋なコメントは差し挟まないことにする。
展示物の関係で、元の部屋の様子が一番良くわかるようになっている。格天井及び欄間いっぱいに描かれた板倉星光の四季草花をも、併せて楽しむことができる。

草木のあかり_1
草木のあかり_2
草木のあかり_3
草木のあかり_4
草木のあかり_5
草木のあかり_6
草木のあかり_7
草木のあかり_8
草木のあかり_9
草木のあかり_10
草木のあかり_11
草木のあかり_12
草木のあかり_13
草木のあかり_14
草木のあかり_15
草木のあかり_16
草木のあかり_17
草木のあかり_18
草木のあかり_19
草木のあかり_20
草木のあかり_21
草木のあかり_22
草木のあかり_23
草木のあかり_24
草木のあかり_25
草木のあかり_26
草木のあかり_27
草木のあかり_28
草木のあかり_29
草木のあかり_30

極小の物質も、見事な灯り素材となるものだ。その緻密さに驚かされる。

 

目黒雅叙園にて(4)

草丘の間
妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」
和の灯りの展示には欠かせないテーマかもしれない。オドロオドロしい世界がそこにあった。高台寺の企画展を思い出してしまった。
この部屋の展示は、幼児連れの場合はパスしたほうが賢明かもしれない。大人には面白さを感じる余裕が有ると思う。
また、この被写体を撮るのならば、フルサイズのカメラで撮りたいと思った。残念ながら、撮りたくても持っていないのだが。

平成 百鬼夜行立体絵巻_1
平成 百鬼夜行立体絵巻_2
平成 百鬼夜行立体絵巻_3
平成 百鬼夜行立体絵巻_4
平成 百鬼夜行立体絵巻_5
平成 百鬼夜行立体絵巻_6
平成 百鬼夜行立体絵巻_7
以下の2点は、『草丘の間』のオリジナルの様子
平成 百鬼夜行立体絵巻_8
平成 百鬼夜行立体絵巻_9
部屋から百段階段へ戻ったあたりの様子
階段の様子_1
階段の様子_2

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR