散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

五色沼~喜多方~いわき(12)

地元にて
旧磐城市がわが故郷。江名地区は、海で生計を立てている人が多かった街。それまでの漁業不振に加え、5年前の津波で大きな被害を受け、再起不能に近いダメージを受けた。いち早く復興の拠点として重点的に工事が勧められた小名浜地区とは、天と地ほどの違いがある。
アッシー君の家があった辺り
見るも無残に津波にやられてしまったようだ。まだ、防波堤の工事などが継続中だった。恐るべき高さ。海はまったく見えなくなるようだ。この辺りの糞ガキどもが、沖合まで泳いでいって鮑などを獲ってきていたようだが、そんなことは夢のまた夢になることだろう。
奥のほうがぼやけて見えるかと思う。カメラやレンズが良くないのではなく、霧が立ち込めていただけだ。この辺りではごく普通のコトなのだ。
アッシー君の家があった辺り_1
アッシー君の家があった辺り_2
アッシー君の家があった辺り_3
アッシー君の家があった辺り_4
私と違って彼の多くの知りあいが亡くなったはずだ。複雑な気持ちに苛まれたことだろう。
アッシー君の家があった辺り_5
アッシー君の家があった辺り_6
アッシー君の家があった辺り_7
アッシー君の家があった辺り_8
アッシー君の家があった辺り_9

こちら小名浜地区は、いち早く工事がなされたようだ。別世界のような感じだ。

三崎公園
こちらは、実に居心地が良さそうだ。芝生に寝転がったら、小一時間ほど寝てしまいそう。
三崎公園_1
三崎公園_2
三崎公園_32
小名浜港
イオンモール建設の工事も始まったようだ。大丈夫なのかなあ。
江名地区と同様に小名浜港の魚市場も全壊してしまったのに、いち早く再建された。かたや、再建されないまま放置されている。この違いはなんだろう。う~~ん。
小名浜港_1
小名浜港_2
小名浜港_3
場違いな感じが否めないが、当日は何かモータースポーツのイベントが有ったようだ。其れを目当てに近隣の市町村から、愛車自慢の人たちが押しかけたようだ。
小名浜港_4
小名浜港_5
小名浜港_6
小名浜港_7
小名浜港_8
小名浜港_9
小名浜港_10
小名浜港_11
小名浜港_12
小名浜港_13
小名浜港_14

以上で、『五色沼~喜多方~いわき』のシリーズは終了です。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

五色沼~喜多方~いわき(11)

阿弥陀堂周辺は常磐炭田の中心地であった。徳尼も聞いてびっくりのことだと思う。せっかくだから、炭砿発見の場所を見ていくことにした。

みろく沢炭砿資料館
渡邊為雄氏による個人博物館だそうだ。長年に亘り、炭鉱関係用具・資料を収集し展示している。平成19年には露頭している石炭を掘削したとのことで、実際の石炭層が見学できる。物珍しい物がたくさんあった。無料で見学できる。興味のある方は、足を運ばれてみるのも一興かと思う。
みろく沢炭砿資料館_1
みろく沢炭砿資料館_2
みろく沢炭砿資料館_3
みろく沢炭砿資料館_4
みろく沢炭砿資料館_5
みろく沢炭砿資料館_6
みろく沢炭砿資料館_7
石炭の層が薄い。地下に入れば、もっと効率のよい層があるのだろうが。
みろく沢炭砿資料館_8
みろく沢炭砿資料館_9
みろく沢炭砿資料館_10
みろく沢炭砿資料館_11
みろく沢炭砿資料館_12
みろく沢炭砿資料館_13
みろく沢炭砿資料館_14
みろく沢炭砿資料館_15
みろく沢炭砿資料館_16
昭和34年頃の写真。まだ、存命の方はどのくらい居るだろうか。
みろく沢炭砿資料館_17
昭和16年頃の写真。すごい格好で仕事をしていたんだ。存命の方は殆どいらっしゃらないと思う。
みろく沢炭砿資料館_18
みろく沢炭砿資料館_19
みろく沢炭砿資料館_20
もらった石炭
残念だけど、常磐炭砿の石炭は高品位の石炭とはいえないようだ。
もらった石炭

石炭(スミ)の道
少し歩いてみたかったが、足腰の不調で断念した。
石炭(スミ)の道_1
石炭(スミ)の道_2
石炭(スミ)の道_3
石炭(スミ)の道_4
石炭(スミ)の道_5
石炭(スミ)の道_6
炭鉱時代、石炭を運ぶために使われていた山道で、運搬時の休憩場所には説明写真が整備されている。また、途中には磐城三十三観音第四札所・つるし観音や常磐炭鉱開発に大きく貢献した片寄平蔵と石炭発見の碑、みろく沢炭鉱資料館など炭鉱の歴史に触れながら歩くことができる。現在は、国宝白水阿弥陀堂と常磐炭田発祥の地「みろく沢」を結ぶ遊歩道となっている。

常磐炭田発見の地
驚くほど素っ気無い表示があるのみ。草ぼうぼうで、石炭層が露出しているのかも確認できなかった。
幕末の商人片寄平蔵は、江戸滞在中に、黒船をみて石炭で稼働することを知る。その未知のエネルギー源である石炭発見に取り憑かれて、郷里の郷里の山々、付近の川を歩きまわって、石炭を探しまわったそうだ。
そして、安政2年(1855年)、陸奥国湯長谷藩領白水村弥勒沢(現在の福島県いわき市内郷白水町)で石炭の露頭を発見。わずか161年前の事だった。いわき出身のまれに見る逸材だったが、彼の成功を嫉む攘夷派の浪士によって勿来付近で刺殺されてしまった。万延元年8月3日、享年48歳だったそうだ。
湯長谷藩は磐城平藩の支藩で『超高速!参勤交代』で描かれた藩だ。

常磐炭田発見の地
加納作平翁の碑
石炭を発見した片寄平蔵の後を引き継ぎ、炭鉱業に貢献した加納作平翁の碑。片寄平蔵翁の碑は、見つけられなかった。
加納作平翁の碑_1
加納作平翁の碑_2

 

五色沼~喜多方~いわき(10)

専称寺
いわき市内に建築物の国宝として白水の阿弥陀堂があり、重要文化財として前回取り上げた飯野八幡宮の建物群がある。その他に、専称寺の建物も本堂・庫裏・総門が国指定の重要文化財になっている。
これを見てみたいと考えた。が、残念ながら、これらは、あの東北大震災で大きく破損してしまい、5年経過した今も、修復工事中だった。


専称寺のHPへjump

仕方なく、国宝の白水阿弥陀堂と、その近所にある常磐炭田発見の地を見ることにした。

国宝の白水阿弥陀堂
福島県で唯一の国宝指定建築物。平安時代末期の1160年(永暦元年)に、岩城則道の妻・徳姫(奥州藤原氏初代当主藤原清衡の娘)によって建立された。徳姫は、夫・則道の菩提を弔うために寺を建てて「願成寺」と名付け、その一角に阿弥陀堂を建立した。
堂内は撮影禁止なので、外観写真のみを取り上げる。

国宝の白水阿弥陀堂_1
背後の山々は、山桜や紅葉の時期は非常に美しい。創建当初は浮世のことを忘れる幽玄の地だったのだろう。
国宝の白水阿弥陀堂_2
国宝の白水阿弥陀堂_3
国宝の白水阿弥陀堂_4
国宝の白水阿弥陀堂_5
国宝の白水阿弥陀堂_6
国宝の白水阿弥陀堂_7
国宝の白水阿弥陀堂_8
国宝の白水阿弥陀堂_9
のんびり昼寝中。池にいくらでも食料があるのか、慌てる様子がない。
国宝の白水阿弥陀堂_10
正面から見た阿弥陀堂。阿弥陀堂はどれも似たような佇まいだと思うが、こちらの阿弥陀堂も立派なものだ。堂内にある木造阿弥陀堂如来及両脇侍像、木造持国天・多聞天立像は重要文化財の指定を受けている。また、浄土庭園は国の史跡指定を受けている。
国宝の白水阿弥陀堂_11
国宝の白水阿弥陀堂_12
国宝の白水阿弥陀堂_13
国宝の白水阿弥陀堂_14
国宝の白水阿弥陀堂_15
国宝の白水阿弥陀堂_16
国宝の白水阿弥陀堂_17
国宝の白水阿弥陀堂_18
国宝の白水阿弥陀堂_19
国宝の白水阿弥陀堂_20
のんびり昼寝中なんだから、邪魔しないでよ。そう言いたげだった。
国宝の白水阿弥陀堂_21
国宝の白水阿弥陀堂_22
国宝の白水阿弥陀堂_23
カワウが常駐するくらい魚がいるのかな。釣りは禁止だろうから、そこそこの数がいるのだろう。
国宝の白水阿弥陀堂_24

願成寺は、藤原秀衡の妹徳尼が夫である磐城(福島県および宮城県の一部)の豪族岩城則通の冥福を祈って永暦元年(一一六〇)に建てた無量寺院に始まると伝える(磐城史料)。
寺地は背後の経塚山からのびる東西の屋根によって三方を囲まれ、南方に白水川を望む。阿弥陀堂の前方と左右を大きな苑池が囲い、池の中央北岸寄りに配した大中島の南北に橋をかけわたした浄土式庭園をもつ。阿弥陀堂は一間四面堂で、正面三間と両側面前瑞間および背面中央間を扉口、その他の柱間を板壁にして、阿弥陀堂の最も標準的なc平面形式をもつ。柱上の組物は出組で、勾配がゆるく、先端の反り上がりの少ない深い軒を支える。内部は四天柱内の後ろ寄りに高欄付黒漆塗須弥壇を構え、本尊阿弥陀三尊像、持国天、多聞天像を安置する。堂内前面に折上小組格天井を張るが、庇部分の天井は中世に加えたもので、もとは化粧屋根裏である。
内陣の長押、来迎壁、小壁、天井には仏画・繧繧彩色を施す。四天柱には鋲・花菱風飾金具を帯状に打ち並べ、上下五段に区分して仏画を描き、下端部にはいまはないが蓮花座をつけていたらしい。また、内陣長押角に木製漆箔の飾板を打ちつけるなど装飾性に富み、金色堂を模してこの阿弥陀堂を造営したと伝えるだけあって、安置仏ともに両堂の類似点は多く、平安時代後期に隆盛した浄土美術を代表する作品である。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR