散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

梅の季節の三渓園(12)

旧燈明寺本堂
まさか、三重塔ばかりでなく本堂までが、この三渓園にやってくるとは、さすがの原三渓氏も思いもつかなかったことだろう。
34年もの長い期間、解体格納された挙句、遂には、自主再建を断念し、三渓園に寄贈されたのだから。それから5年がかりで、移築・保存作業が行われ、1988年に中世密教寺院の姿がよみがえったのか。う~~ん。
旧燈明寺本堂_1
旧燈明寺本堂_2
旧燈明寺本堂_3
旧燈明寺本堂_4
旧燈明寺本堂_5
旧燈明寺本堂_6
旧燈明寺本堂_7
旧燈明寺本堂_8
室町時代初期の建築。上記三重塔があった燈明寺の本堂で、1948年まで京都府加茂町(現木津川市)にあったが、同年の台風で大破し、長年解体格納されていた。1982年三溪園に移築。

建造物修理アーカイブの「旧燈明寺本堂」の記事にjump
公開される建物情報<第3回>「旧燈明寺本堂」の記事にjump

横笛庵
『旧東慶寺仏殿』と『横笛庵』とがすぐ近くに並ぶように建っている。片や『縁切り』で、片や『縁結び』にゆかりがある。ちょっと皮肉だったかもしれない。
戦火で焼失してしまった『横笛の像』は、時頼から寄せられた千束の恋文をもって自ら作ったといわれる自身の像といわれるのか。そのとおりだったとすると、平安時代末期ということになる。そちらの焼失の方が、文化的には惜しい話かもしれない。
この横笛像が、かつて「縁結びの像」として知られた。悲恋が何故縁結びに転化していったのか不思議だ。

横笛庵_1
横笛庵_2
建築は明治41(1908)年。奈良・法華寺からの移築ともいわれるが、由緒の詳細は不明。平家物語に登場する女性・横笛の像が内部に置かれた(戦時中に消失)ことから、この名がある。横笛は、高倉天皇の中宮・建礼門院(平清盛の娘・徳子)に仕えた女性で、平家物語に清盛の従者・斉藤時頼(滝口入道)との悲恋が語られている。内部にあった像は、この横笛が時頼から寄せられた千束の恋文をもって自ら作ったといわれる自身の像といわれ、かつて「縁結びの像」として知られた。

『旧東慶寺仏殿』と『横笛庵』とを取り上げた『はまれぽ』の記事へjump

その他
『かんかばし』
時期が到来すれば、蛍が舞うそうだ。残念ながらその季節の夕べに行ったことがなく、当然見たことがない。
かんかばし
虚子句碑
『鴨の嘴よりたらたらと春の泥』…まさに今頃に読まれた句のようだ。それにしても達筆だなあ。
虚子句碑_1
虚子句碑_2
鳥さん
鳥さん_1
鳥さん_2
鳥さん_3
鳥さん_4
鳥さん_5
鳥さん_6
薹がたった
とまではいかないかな
薹がたった

そのうちに池の傍らに花菖蒲が花を咲かせ、蛍が舞い、やがて、紅葉が美しく彩る。そんな風に四季を刻んでいくことなのだろう。計算されつくした素敵な庭園だ。

以上で『梅の季節の三渓園』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

梅の季節の三渓園(11)

旧矢箆原(やのはら)家住宅(3)
1階(2)
雛飾り_その(1)
今年1月に寄贈された雛人形で、大正4(1915)年に寄贈者が誕生した際に調えられたものだそうだ。ということで、今回が初公開らしい。京都の老舗・丸平大木人形店の製作。ボケた写真になってしまった。
1階(2)_1
1階(2)_2
こういう人形の展示もあった
1階(2)_4
1階(2)_5
1階(2)_6
1階(2)_7
1階(2)_8
1階(2)_9
欄間
1階(2)_10
1階(2)_18
仏壇かな
1階(2)_11
1階(2)_12
雛飾り_その(2)
昭和時代初期の雛人形
1階(2)_13
1階(2)_15
1階(2)_16
1階(2)_17
客間
1階(2)_19
式台付きの玄関から上がった辺り
1階(2)_20
再び居間
1階(2)_21
1階(2)_22
1階(2)_23
再び外観
軒下。通せんぼしてあるところが式台付きの玄関。
再び外観_1
式台付きの玄関
再び外観_2
妻側の様子
再び外観_3
再び外観_4

 

梅の季節の三渓園(10)

旧矢箆原(やのはら)家住宅(2)
1階(1)
雛飾りの一環だろうか。居間には花餅が飾られていた。
1階(1)_1
座敷に雛飾りが飾ってあるのが見える
1階(1)_2
なかなか華やかに仕上がっている
1階(1)_3
1階(1)_4
こちらは火棚が設置されている普段使いの囲炉裏
1階(1)_5
1階(1)_6
1階(1)_7
1階(1)_8
1階(1)_9
年季の入った火棚だ
1階(1)_10
味噌部屋だろう
1階(1)_11
1階(1)_12
1階(1)_13
水舟。説明書きによれば、これはこの家の生活事情に合うようなものを飛騨地方から物色して、持ち込んだとのこと。ブナの大木から作られている。明治から大正にかけて、蕨粉製造工場で澱粉を沈殿させる水槽として使用されたようだ。単なる昔のシンクだと思っていたが、そうではなかったのか。う~~ん。
1階(1)_14
1階(1)_15
1階(1)_16
1階(1)_17
1階(1)_18
1階(1)_19
1階(1)_20
1階(1)_21
1階(1)_23

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR