散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫県内を見て回る(32)

生田神社
最後の最後に見て回ったのは生田神社。なかなかの風格がある神社だった。
楼門
楼門_1
楼門_2
拝殿
拝殿_1
拝殿_2
拝殿_3
拝殿_4
拝殿_5
本殿
撮り漏らしてしまったので、FREE画像を借用
本殿
史蹟生田の森
源平合戦の古戦場だったんだなあ。
史蹟生田の森_1
史蹟生田の森_2
境内末社の内の蛭子神社
境内には14の末社があるそうだ。そのうちの蛭子神社を撮ってみた。あの『えべっさん』さんなんだ。
生田神社社殿より西の参道正面
商売繁盛の神
御祭神:蛭子命(ひるこのみこと)

境内末社の内の蛭子神社_1
境内末社の内の蛭子神社_2
史跡の一つ、梶原の井(かじわらのい)
井戸そのものを撮り漏らしてしまった。あの文字が読めなかったのがショックだったのかなあ。井戸には覆いがしてあるそうだ。
一名「かがみの井」とも云われ、壽永の昔(800年前)源平生田の森の合戦の折、梶原景季がこの井戸の水を汲んで生田の神に武運を祈ったと伝えられる。別説では景季がこの井の水を掬った時、咲き盛った箙のうめの花影が映ったとの伝もある。
  けふもまた生田の神の恵かや
  ふたたび匂ふ森の梅か香
          景季

梶原の井(かじわらのい)_1
梶原の井(かじわらのい)_2
そのほか、さざれ石もあった。この後方が梶原の井ではないかと思う。
さざれ石もあった

生田神社(いくたじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区下山手通一丁目にある神社である。式内社(名神大)で、旧社格は官幣中社。同じ兵庫県内の廣田神社・長田神社とともに神功皇后以来の歴史を有する。
かつて、現在の神戸市中央区の一帯が社領であり、これが「神戸」という地名の語源となる。地元では「生田さん」として親しまれており、初詣時期にはもちろん、それ以外の時期にも参拝客が絶えない。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
201年に神功皇后の三韓外征の帰途、神戸港で船が進まなくなった為神占を行った所、稚日女尊が現れ「吾は活田長峡国に居らむと海上五十狭茅に命じて生田の地に祭らしめ。(=私は“いくた”の“ながさの国”におりたいのです。“うなかみのいそさち”に命じて生田の土地に祀らせてほしい)。」との神託があったと日本書紀に記されている。

以上で、長々と続けてきた『兵庫県内を見て回る』シリーズは終了です。最後までご覧いただき、大変ありがとうございました。

 

兵庫県内を見て回る(31)

風見鶏の館…国指定重要文化財 (2)
最終盤にきて疲れていたのか、あまり写真を撮れなかった。(^^);
2階に上がる
アールヌーボーというものなのだろう。案外簡素なものだなあ。
2階に上がる_1
2階に上がる_2
朝食はここでいただいていたのか。目覚めた直後の家人の移動距離が少なくて済むからかな。
2階に上がる_3
2階に上がる_4
こちらは来客用寝室だったようだ
2階に上がる_5
子供部屋は結構な広さがあった。のびのび育てたかったのだろう。広いし明るい。
2階に上がる_6
2階に上がる_7
2階からの眺望
2階に上がる_8
ちょっと寂しいので、以下2点をFREE画像から借用
1階居間
1階居間
北東方向から見た様子
北東方向から見た様子

ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野(旧グラシアニ邸)
恋人の聖地と呼ばれる北野異人館のフレンチレストランだそうだ。爺さんが一人で入っても、雰囲気に合いそうにないかなあ。明治41年築。
ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野(旧グラシアニ邸)_1
ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野(旧グラシアニ邸)_2

専門家が紹介する旧グラシアニ邸の解説記事へjump

旧ハンセル邸(シュウエケ邸)
異人館街の入口に位置するこの建物は明治初期に建築家として活躍したA.N.ハンセルの自邸として建てられたものだそうだ。明治29年築、設計はもちろんA.N.ハンセル。
採光の関係で裏側になるだろう道路側(北側)からは、想像できないほどの建物の美しさがあるようだ。私も大したことはなさそうだと早合点してしまった慌てん坊の一人だった。中に入ってみるべきだった。通過してしまったのは痛恨の極み。ぜひ、下のURLで確認されたい。
旧ハンセル邸(シュウエケ邸)_1
旧ハンセル邸(シュウエケ邸)_2
旧ハンセル邸(シュウエケ邸)_3
旧ハンセル邸(シュウエケ邸)_4

専門家が紹介する旧ハンセル邸(シュウエケ邸)の解説記事へjump

北野ホテル
異人館というわけではなさそうだが、雰囲気が良かったので撮ってみた。ここにはオリーブの農園があったのか。う~~ん。
北野ホテル_1
北野ホテル_2
北野ホテル_3
北野ホテル_4

 

兵庫県内を見て回る(30)

風見鶏の館…国指定重要文化財 (1)
ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物か。確かにドイツの古い建築様式だ。確かにこだわりの建物だが、疲れていたのか、あまり写真がない。下記URLを参照すると、素晴らしい写真がたくさん見ることができる。
外観
"Mein Haus ist meine Welt, grüß Gott wems drin gefällt."と書かれたパネルがあった。う~~ん、ドイツ語の辞書はとっくに捨ててしまった。
外観_1
外観_2
外観_3
外観_4
外観_5
外観_6
室内
玄関を入ったすぐ右手には『供待ち』のような部屋
表示は当然なのかもしれないが、『応接間』となされていた。江戸時代ではないのだから、『供待ち』の訳はないのかもしれない。
玄関を入ったすぐ右手_1
玄関を入ったすぐ右手_2
玄関を入ったすぐ右手_3
玄関を入ったすぐ右手_4
応接間
外交官だから私邸であっても応接間は会議室でもあったのだろうか。表示には『食堂』の表記がなされてあった。『食堂』といえば否定はできないが。
応接間_1
如何にも独逸風。ごつい感じ丸出しだ。
応接間_2
応接間_3
応接間_4
居間の続きかな
ここの娘さんと思しき人物の写真パネルが展示されていた
居間の続きかな_1
居間の続きかな_2
居間の続きかな_3
書斎
書斎_1
書斎_2
書斎_3
建築主(ゴットフリート・トーマス氏)と設計家(ゲオルグ・デ・ラランデ氏)の像が並んでいた
書斎_4

建築の設計に当たったのはドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデで、明治30年代後半から大正初期にかけて日本で活躍した有能な建築家でした。この館は、昭和58年12月より 昭和60年3月にかけて本格的な保存修理を行い、復元できるところは可能な限り元の姿に戻しています。
この館はかつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物です。北野・山本地区に現存する異人館のなかで、れんがの外壁の建物としては唯一のもので、色鮮やかなれんがの色調、石積みの玄関ポーチ、2階部分のハーフ・ティンバー(木骨構造)など、他の異人館と異なった重厚な雰囲気をもっています。
また先頭のうえに立つ風見鶏はよく知られ、今では北野町の象徴として欠かせない存在になっています。風見鶏はその名の通り風向きを知る役目をもっていますが雄鳥は警戒心が強いことから魔除けの意味や、またキリスト教の教勢を発展させる効果があるといわれてきました。
旧トーマス住宅は、1階に玄関ホール、応接間、居間、食堂書斎があり、2階は夫妻の寝室子供部屋、客用寝室、朝食の間などがあります。 室内の意匠は部屋によって変えておりますが全体にドイツの伝統様式を採りいれながら、19世紀末から20世紀初頭にかけての新しい芸術運動(アール・ヌーヴォ)の動きを感じさせるものがあります。1階各入口扉に付いている把頭飾り、応接間のシャンデリア、書斎腰板の風刺画などにその傾向が伺えます。また食堂は中世城館風の天井小梁、飾り戸棚、暖炉飾りなど見ごたえのある意匠をみせています。


専門家が近代建築としての『風見鶏の館』を解説した記事へjump

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR