散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越ミニ散歩(5)

川越市蔵造り資料館
川越の町が人気を吹き返したのには、市民運動の盛り上がりがあったからのようだ。そのキッカケが、現在は川越市蔵造り資料館になっている『万文』の蔵造り店舗の売却にあった。詳しくは、下記のとおりだ。理由無くして繁栄は無いようだ。なお、月曜日は休館。
川越市蔵造り資料館_1
川越市蔵造り資料館_2
川越市蔵造り資料館_3
川越市蔵造り資料館_4
明治26年(1893年)3月17日の川越大火の直後に建築が始められ同年12月に完工した蔵造りの商家を博物館にしたもの。煙草卸問屋だった小山文造が建てた「万文」(まんぶん)で、小山家は江戸時代から刻み煙草などを製造していた豪商で、明治時代に煙草が専売制度となると「煙草元売捌人」に指定され財を成した。
川越の象徴である蔵造りであるが、蔵造りが文化財であるという文化的な視点は昭和50年代の半ばまでの川越市の行政には全く無く、蔵造りが集中する川越一番街のある埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線の道路の拡幅を計画したり、また蔵造りの町並みが虫喰い的に破壊され高層住宅に変わっていっても何ら危機感も対策もなく、そうした市の行政の意識の低さが旧市街地がすさみ斜陽化していた原因であった。今日、川越で蔵造りの家並が残っているのは住民主導の保存運動の賜物である。
昭和47年(1972年)、「万文」の建物が売却され取り壊しの動きが出ると、保存を求める市民運動が澎湃として起こり、川越市の行政のあまりの無策振りに呆れ憤る声が上がった。その結果、はじめて市が動き、川越市の開発公社が土地・建物を取得して「万文」は再生され、昭和52年(1977年)10月に「川越市蔵造り資料館」という啓蒙的な施設に結実したものである。1971年に「大沢家住宅」が国の重要文化財の指定を受けたのと併せ、蔵造りを安易に取り壊して高層マンションにするようなことは川越の自殺行為に等しく決して許されず、行政には歴史的遺構を守る責務があり、「蔵造りは未来に伝えて行かなければならない川越の誇るべき文化遺産である」という意識を市民が共有したエポックメーキングなものとなった。

大沢家住宅
急に雨が強くなってきて、大沢家住宅をパスしてしまった。行きたいと思っても、その日は月曜日で定休日だったようだ。今回は縁がなかった。
ここは、川越の商人が川越大火でも焼け残った蔵造り店舗の凄さを他の店主たちが再認識して、右倣えで作ったというきっかけを作った蔵造り店舗。蔵造り店舗の中では、唯一、国の重要文化財指定を受けている。

free画像を借用
大沢家住宅
大沢家住宅は、埼玉県川越市にある蔵造り建築。明治26年(1893年)の川越大火の焼失を免れた川越最古の蔵造りで、現存する関東地方最古の蔵造りでもある。国の重要文化財の指定を受けている。現在の屋号から「小松屋」とも呼ばれている。
菓子屋横丁
大沢家住宅と同様に、月曜日はお休みにしている店が多かったようだ。どうしても駄菓子を食べたかったわけではなく、見物したかっただけなのだが。ごく一部の店しか開いておらず残念だ。結構情報を得ている人が多いようで、雨の日にのこのこやって来て、天を仰ぐ人は少ない感じだった。
菓子屋横丁_1
菓子屋横丁_2
菓子屋横丁_3
菓子屋横丁_4
菓子屋横丁_5
菓子屋横丁_6
養寿院
相当雨脚が強くなってきた。古刹の素晴らしさが十分に感じられるのだが、これ以上粘るとカメラとレンズとが使えなくなってしまう。残念だ。
養寿院_1
養寿院_2
以下2点はfree画像を借用
養寿院_3
養寿院_4
寛元(1244年)、河越氏の当主・河越経重が開基となり、大阿闍梨円慶法師が開いた寺。密教の古道場であったが、天文4年(1535年)に天台宗から曹洞宗に改められた。徳川家康の関東入国の際に、家康から御朱印十石を賜った。家康は鷹狩りで立ち寄っている。
本堂には河越氏が京都東山新日吉山王社に寄進した文応元年(1260年)銘の銅鐘(国の重要文化財工芸品)が保存されている。鐘には「武蔵国河肥庄新日吉山王宮」と「河肥」の文字があり、歴史的に貴重なものである。
墓地内には河越太郎重頼の墓があり、寺には岩手県雲際寺にある源義経と重頼の娘である正室の位牌の写しが安置されている。また江戸時代に河越藩主・秋元喬知に仕えた名家老・岩田彦助の墓もある。


以上で『川越ミニ散歩』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難うございました。

 

川越ミニ散歩(4)

時の鐘
あいにく耐震工事の真っ最中。真下や、塔をくぐった先の薬師神社に行くことが出来なかった。仕方がないので、真下と奥の様子は、前回撮影データで示す。
この鐘の音を聞いた記憶があったかなあ。聞いた記憶があったような無いような。

時の鐘_1
時の鐘_2
時の鐘_3
時の鐘_4
前回訪問時の記録から
時の鐘_2013訪問時_1
時の鐘_2013訪問時_2
時の鐘_2013訪問時_3
時の鐘_2013訪問時_4
時の鐘_2013訪問時_5
川越の蔵造りの街並みを代表する観光名所で市のシンボルとなっている。地元では鐘撞堂と呼ばれることが多い。3層構造の塔で、高さは16メートル。古くは鐘撞き守が決まった時間に時を知らせていたが、現在では機械式で1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)川越城下に時を知らせている。
川越まつり会館
ここは、秩父と違い、山車を交替で常時2台展示している。それがとても嬉しい。雨が強くなってきたので、先を急ぎたかったが、『本日は入場無料扱いです』の呼びこみの声と、NHKの特別展示とあらば、井上真央も多部未華子も見ることができるという考えが頭をよぎる。急に入ることに決めた。現金過ぎたかなあ。
館内展示の一部
館内展示の一部_1
館内展示の一部_2
館内展示の一部_3
建造中の山車
建造中の山車
本物の山車
2基が交代で展示されているそうだ。想像以上に貫禄がある。
本物の山車_1
本物の山車_2
本物の山車_3
本物の山車_4
車輪とキリン
秩父では1基のみ使用されていたキリンによる方向転換が、川越では行われている。こちらのほうが、情緒はなくとも、効率的なのだろう。
車輪とキリン_1
車輪とキリン_2
車輪とキリン_3
車輪とキリン_4
川越まつりポスター
これがなくては存在意義無しということになってしまうよね
川越まつりポスター_1
川越まつりポスター_2
こんなものもあった
こんなものもあった_1
こんなものもあった_2
外観
蔵造り店舗風にして、場違い感を消しているのかなあ…free画像を借用
外観
国の重要無形民俗文化財に指定され「関東三大祭」の一つである「川越氷川祭」(川越まつり)に関する資料を展示・伝統を保存するために2003年(平成15年)9月28日に開館した。建築は川越の蔵造りのデザインとなっている。

 

川越ミニ散歩(3)

蔵造りの街の中心へ
川越の歴史ある店蔵『陶舗やまわ』などが見えてきた
ちょっとワクワクしてきてしまう。爺さんなのに。
蔵造りの街の中心へ_1
蔵造りの街の中心へ_2
蔵造りの街の中心へ_3
蔵造りの街の中心へ_4
陶舗やまわ
連続テレビ小説「つばさ」の舞台は川越で、陶舗やまわの外観が多部未華子演じるヒロインの実家という設定だった。一生懸命見た記憶がある。
この建物は、川越大火直後の明治26年に建てられた蔵造り店舗なんだな。本当に立派なものだ。

陶舗やまわ_1
陶舗やまわ_2
時の鐘から程近く、特に観光客が賑わう一画に川越市指定有形文化財「原家住宅」があります。
川越大火直後の明治26年に、元々呉服商を営む山本平兵衛が建てた蔵造りです。現在は「陶舗やまわ」が店を構え、地元陶芸作家の作品などが所狭しと並んでいます。よく屋根を見ると「山本」と書かれた瓦があり、当時を物語っています。
観光のポイント
外観は、川越の代表的な蔵造り構造をよく見てとれます。
屋根は、大きな鬼瓦にカゲ盛り、背の高い箱棟。2階の観音開扉は火災時にガッチリ締め火の手から守ります。また、観音開扉の下の目塗台は、火災発生時に観音扉を閉めた後、扉の目地に土などを塗り込む為の物です。

深善ほか
ごつい蔵造りの建物が並ぶそのさまは実に壮観だ。刃物商まちかん、深善美術表具店などだ。よく見ると卯建もある。
深善ほか
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店
『時の鐘』のすぐ近くにある。別に蔵造りの建物ではないのだが、一番街に面した一階部分の瓦屋根には、近長の文字が入った台座の上に布袋尊の像を載せている。気が付かなかったが、通りの向かいにある陶舗やまわでは鍾馗様の像を載せているそうだ。そちらは、京都ふうかなあ。案内に記されてあったので、写真を拡大してみたが、鍾馗様どこにあるのかわからない。(^_^;)
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_1
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_2
近江屋長兵衛商店・きんちょう・近長魚店_3
川越市幸町の鐘つき通り入口に、手作り豆腐の店・近江屋長兵衛商店があります。以前は青果商近長でしたが、現在は、枝豆寄せ・胡麻・柚子・芋豆腐など、様々な種類の豆腐を販売しています。
熊重酒店
外壁には漆喰の剥離を防ぐため銅板をまいている外観から、蔵造りの建物のように見えないかもしれないが、まごうかたなき蔵造りの建物だ。
熊重酒店_1
熊重酒店_2
熊重酒店の建物は、川越市指定文化財の滝島家住宅。明治28年(1895)、2代目滝島重蔵によって建てられました。間口3間、奥行3間の切妻造り。下屋庇(げやびさし)付の土蔵造りで、外壁には漆喰のはく離を防ぐため銅板をまいています。
福田家住宅
おばさんたちは素通り。他の蔵造りの立派な建物と肩を並べる川越市指定文化財なのだが。下手にジロジロ見られても、商売がやりにくいかもしれない。
福田家住宅_1
福田家住宅_2
寄棟造り妻入り形式で、2階には観音開扉の小さな窓のみ。川越の町並みの中ではユニークな存在です。川越市指定文化財。
服部民俗資料館
ここは無料公開していたのか。知らなかった。どうせなら、雛人形が特別公開されている時に見てみたいものだ。
服部民俗資料館
埼玉県川越市の幸町にある服部民俗資料館は、もとは照降商(てりふりしょう、傘や下駄を扱う靴屋)と薬種商を営んでいた商家・服部家住宅でした。
建物は江戸時代後期の商家の面影を残す切妻造り平入り。川越大火の直後、明治26年(1893)に上棟式を行なったと伝えられています。
昭和59年(1984)に服部民俗資料館を開館し、代々同家に伝わる商家の民具を中心に一般公開(無料)しました。館内には下駄や雪駄、薬の広告看板などが陳列され、座敷には帳場が置かれています。これらの民具は集めたものではなく、服部家で実際に使用されていたものです。春になると、江戸時代の人形師・仲秀英(なかしゅうえい)の手になる名品、嘉永5年(1852年)の銘を持つひな人形が特別公開されます。

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月17日(水)は、イベント参加のため、私からのアクセスは少し遅れ気味になると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR