散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた(7)

武蔵国分寺跡
再利用の計画が起きては、その動きを阻止する歴史を繰り返してきたようである。ということでまだ、武蔵国分寺跡が残っているのだ。それにつけても、おおよそ600年も存在し続けた武蔵国分寺が焼失してしまったのは何とも惜しいことだった。
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡案内図
武蔵国分寺跡位置関係図
雪の印のようなものが湧水源を示しています。国分尼寺跡辺りも含めて結構あります。
武蔵国分寺跡位置関係図
講堂
実際に敷地に立ってみると、かなり広い敷地だ。よく更地にすると、こんなものかと驚くのが常だが、それでもかなりの広さに感じるということは、建物が実際にあれば、相当に大きく感じたことだろう。
武蔵国分寺跡_講堂_1
武蔵国分寺跡_講堂_2
武蔵国分寺跡_講堂_3
武蔵国分寺跡_講堂_4
金堂
此処が金堂の跡かなあ
武蔵国分寺跡_金堂_1
武蔵国分寺跡_金堂_2
武蔵国分寺跡_金堂_3
武蔵国分寺跡_金堂_4
この看板は?
この看板は?
日本最大の寺院であった武蔵国分寺
1333年(元弘3年)新田義貞は上野国新田庄で鎌倉幕府討伐の兵を起こします、武蔵国久米川、小手指原で幕府軍を破った義貞は分倍川原にて援軍あわせて10万余の軍勢と成った幕府軍と戦い大敗して堀金(埼玉県狭山市)まで後退し、その際に武蔵国分寺に火をかけて焼き払ってしまいます。
8世紀半ばから大凡600年間続いた寺院は此処に全てを消失してしまうのです。
さて消失してしまった武蔵国分寺ですが如何なる寺院であったのでしょうか?
国分寺とは皆さん御承知の通り奈良期、8世紀の頃に聖武天皇により全国の60余ヶ国に国営寺院を配置する様に命じられて建てられた寺です。武蔵国では武蔵国府(東京都府中市)から北へ2kmの地点(東京都国分寺市)が選ばれました。
当時、武蔵国では蝦夷との対立関係から国府に近く、尚且つその対立関係の沈静化を願い寺院の規模は他国分寺より大きく築かれ、東西900m、南北550mと本山奈良東大寺と並ぶ国内最大級の寺でした、その内部は中心の伽藍から東に七重の塔が聳え、西に国分寺の尼寺が在り、尼寺と中心の伽藍の間に奈良期の官道、東山道が通されていました。

真言宗豊山派国分寺(2)
仁王門
国分寺墓地の先に階段がある。そこを上ると仁王門に到達する。日頃は訪れる人も殆ど居ないようで、説明書きなどを読んでいたら、たっぷりやぶ蚊に刺されてしまった。
真言宗豊山派国分寺_仁王門_1
真言宗豊山派国分寺_仁王門_2
真言宗豊山派国分寺_仁王門_3
薬師堂
仁王門からさらに階段を上ると、薬師堂が見えてくる。建物自体は国分寺市指定文化財に過ぎないが、中に鎮座まします『木造薬師如来坐像』は、国指定重要文化財だ。大将3年に指定されているとのことなので、最近のインフレ指定のものではなさそうだ。
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_1
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_2
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_3
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_4
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_5
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_6
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_7
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_8
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_9
真言宗豊山派国分寺_薬師堂_10
本村八幡神社
更に隣り合うようにもう一つ階段があり、上ってみた。国分寺と隣接している本村八幡神社のようだ。境内には、「土師竪穴住居跡」の案内板が立っているようだ。夏バテで体調が全く戻っていない私には、、もう見て回る気力が残っていなかった。
国分寺跡の発掘調査に際して、竪穴住居跡が見つかったのか。縄文人が生活していたんだ。よく見ておくのだった。

本村八幡神社_1
本村八幡神社_2
本村八幡神社_3
都立武蔵国分寺公園
やっと崖線の上部まで上ってきた。此処が、この近隣の湧水源の供給水源になっているそうだ。もう此処を見て回る元気は残っておらず、撤収と相成った。
都立武蔵国分寺公園_1
都立武蔵国分寺公園_2

以上で、『国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた』を終了します。最後までご覧頂き有難うございました。

 

国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた(6)

もう少しだけ、お鷹の道を歩くと、現在の真言宗豊山派寺院である国分寺に出た。今回はその件を取り上げる。

お鷹の道・真姿の池湧水群(4)
お鷹の道の最後
お鷹の道の最後_1
お鷹の道の最後_2
お鷹の道の最後_3
お鷹の道の最後_4
お鷹の道の最後_5
真言宗豊山派国分寺(1)
国分寺市にある現在の真言宗豊山派国分寺は、奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、武蔵国国分寺の後継寺院にあたる。今回は本堂・楼門等を取りあげる。仁王門、薬師堂・鐘楼等は次回以降に取りあげる。
武蔵国の国分寺は、元弘3年(1333年)の分倍河原の戦いで焼失したのか。鎌倉が焦土と化しただけでは済まなかったのか。

本堂
今でも堂々たる寺院ではあるが、往時の日本でも最大級の寺院であった時代のそれと比較すると、何とも寂しい限りである。が、身の丈にあった寺院規模なのかもしれない。
現在の真言宗豊山派国分寺_本堂_1
現在の真言宗豊山派国分寺_本堂_2
現在の真言宗豊山派国分寺_本堂_3
楼門
現在の真言宗豊山派国分寺_楼門_1
扁額には、『くにをわけ たからをつみて たつてらの すへのよまでも りやく のこせり』という弘法大師の御詠歌が書かれてあるが、扁額自体はそんなに古いものではなさそうだ。
現在の真言宗豊山派国分寺_楼門_2
現在の真言宗豊山派国分寺_楼門_3
現在の真言宗豊山派国分寺_楼門_4
万葉植物園
ギンリョウソウかなギンリョウソウモドキかなシャクジョウソウかな。でももしかしたら、ナンバンキセルかなあ。
現在の真言宗豊山派国分寺_万葉植物園_1
現在の真言宗豊山派国分寺_万葉植物園_2
秋海棠
現在の真言宗豊山派国分寺_万葉植物園_3
ホトトギス
現在の真言宗豊山派国分寺_万葉植物園_4
墓に咲いていた花
makiraさんにショウジョウソウ(猩々草)だと教えていただいた。猩々の名前をもらっただけのことがある鮮やかな花だ。
墓に咲いていた花
真言宗豊山派寺院の国分寺は、醫王山西勝院と号します。国分寺は、奈良時代に聖武天皇命じて建立させた寺院で、金堂をはじめ諸伽藍を備えていたといいます。鎌倉幕府滅亡の際の戦火により焼失、薬師堂は新田氏により再建、江戸時代には寺領9石8斗の御朱印状を拝領していたといいます。関東九十一薬師霊場初番、多摩八十八ヶ所霊場29番です。

 

国分寺市内の国分寺崖線に沿って歩いた(5)

お鷹の道・真姿の池湧水群(3)

お鷹の道に戻り先を目指す
お鷹の道に戻り先を目指す_1
お鷹の道に戻り先を目指す_2
お鷹の道に戻り先を目指す_3
セイヨウフウチョウソウ(洋風蝶草)かなあ
お鷹の道に戻り先を目指す_4
お鷹の道に戻り先を目指す_5
お鷹の道に戻り先を目指す_6
お鷹の道に戻り先を目指す_7
旧本多家(武蔵国分寺跡資料館)
見学料は100円。殿ケ谷戸庭園はシニアの割引があったので70円だった。こちらは残念ながら、そういう都合の良い制度はなかった。武蔵国分寺跡資料館の内部展示は、あまり充実していなかったし、撮影も禁止だった。市で運営するにしても、有料施設である以上、もう少し展示内容を充実させるべきではなかろうか。
旧本多家の古い建物はそれなりに雰囲気あり
旧本多家の古い建物_1
旧本多家の古い建物_2
旧本多家の古い建物_3
旧本多家の古い建物_4
旧本多家の古い建物_5
旧本多家の古い建物_6
旧本多家の古い建物_7
旧本多家の古い建物_8
七重塔模型
なんでここにと思ったが、『武蔵国分寺跡資料館』を標榜しているのだから、当然かも。もう少し大きな存在感のあるものでも良かったのでは。
本物の10分の1で6mか。現存している木造建築で一番高い東寺の五重塔が55mだから、それよりも高かったのか。う~~ん。

七重塔模型_1
七重塔模型_2
武蔵国分寺跡資料館
内部は撮影禁止なので写真なし。あまり撮りたいと思うものはなかった。他の人の探訪記をみると、堂々と館内の写真が掲載されているものがあった。あれまあ。
武蔵国分寺跡資料館
敷地内にあった湧水源
よく目を凝らしてみると奥の方から水が流れてきていた。
敷地内にあった湧水源_1
敷地内にあった湧水源_2
敷地内にあった湧水源_3

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR