散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

等々力渓谷を歩く(4)

等々力不動尊御本堂への階段を登る途中、左への小さな石段を入ると役行者の神変窟がある。役行者が不動の滝で打たれたと伝わる話も一部にはあるのだが、本当だろうか。どうも、『1300年前推古帝の頃、役の行者(役の小角〉が霊夢を見、不動尊を彫られた。ときが過ぎ、800年前、和歌山の根来寺の興教大師がある夜夢を見られ、「武蔵野国調布の丘」に不動尊を祀るよう告げられた』ということのようで、ここで修行をしたということはなさそうに思う。

神変窟
手前の様子
まるで、この地で修行していたかのように見える。前述のとおり、私はそのようなことはなかったと考えている。しかし、ここに神変窟を用意した関係者はそうは考えなかったのかもしれない。
岩場の斜面に祀られた小さなお堂。両手で抱えられるほどの大きさだが祀られているのはガマカエルだとか。木標の文字は消えそうだった。写真でも見えているように、『役行者神変…』と、かすかに一部が読める程度。

神変窟の手前の様子
神変窟とされるところ
役行者の修行を否定する根拠があるわけではないが、役行者が籠もったという証拠も何もなさそうだ。而、真相はどうなのだろうか。
神変窟とされるところ_1
神変窟とされるところ_2
神変窟とされるところ_3

満願寺別院等々力不動尊
恥ずかしながら、場所が少し離れている満願寺の方には行ったことがなく、いつも別院の等々力不動尊に参拝するだけで済ませている。
渓谷から役行者の神変窟を経由して、等々力不動尊に上っていく。
等々力不動尊に上っていく
不動明王の倶利伽羅剣
さらに階段を登ると不動明王の倶利伽羅剣があった。右へ下れば弁天堂桜と梅林の明王台、左へ上れば本堂へと向かう。
倶利伽羅剣_1
倶利伽羅剣_2
倶利伽羅剣_3
舞台
季節には桜や紅葉の名所となるのだろう。また、豆まきもここから行うとか。多目的施設のようだ。
舞台_1
舞台_2
舞台_3
手水舎
この辺りからの景観は最高
手水舎_1
手水舎_2
境内に足を踏み入れる
かなりきれいな境内だ。折から『茅輪念珠潜り』の準備中だったようで、茅の輪が用意されていた。
境内に足を踏み入れる_1
境内に足を踏み入れる_2
境内に足を踏み入れる_3
境内に足を踏み入れる_4
境内に足を踏み入れる_5
境内に足を踏み入れる_6
境内に足を踏み入れる_7
境内に足を踏み入れる_8
境内に足を踏み入れる_8_2
境内に足を踏み入れる_9
境内に足を踏み入れる_10
境内に足を踏み入れる_11
境内に足を踏み入れる_12
弁天堂と弁天池
弁天堂と弁天池_1
弁天堂と弁天池_2
弁天堂と弁天池_3
地蔵堂
地蔵堂_1
地蔵堂_2

滝轟山明王院
本尊は不動明王で真言宗智山派に属し満願寺の別院で、寺伝によれば、1300年前推古帝の頃、役の行者(役の小角〉が霊夢を見、不動尊を彫られた。
800年前、和歌山の根来寺の興教大師がある夜夢を見られ「武蔵野国調布の丘」に不動尊を祀るよう告げられた。大師は不動尊を背負って、「調布の丘を経巡り、此地に来たり、澤泉を山頭より噴出するを見、併も山頭の辺り瑞雲霊愛雲建す。大師はその霊地なるを悟り、一宇を建立す。」「玉川栞」と、開基が物語られている。
本堂は、江戸末期の建造である。拝殿は昭和27年、山門は、昭和43年8月、満願寺改築の折移築したものである。


以上で『等々力渓谷を歩く』シリーズはお終いです。最後までご覧いただき有り難うございました。

 

等々力渓谷を歩く(3)

稚児大師堂
渓谷の流れに沿って更に歩いていくと道が二股に分かれ、右に行くと、『稚児大師堂』がある。稚児大師とは弘法大師の幼い時の呼び名だそうだ。つまりここには弘法大師が祀られていることになる。
稚児大師像は、平成になって芸術院会員清水多嘉示氏が制作した像だそうだ。

『名勝 等々力渓谷等々力不動尊境内』と記されてあった。
稚児大師堂_1
稚児大師堂_2
稚児大師堂_3
稚児大師堂_4
稚児大師堂_5
ISO感度を上げるとこのように見えるが、肉眼では、↓のように見える。
稚児大師堂_6
稚児大師堂_7
稚児大師堂_8

等々力稲荷堂・不動の滝
稚児大師堂を出て利剣の橋を渡ると、稲荷堂と不動の滝とがある。見ての通り、橋を渡った左手に進むとすぐに不動の滝がある。数千年もの間、一時の休みもなく流れ落ちているそうだ。今でも確かに流れ落ちてはいるが、『轟く』というほどの水量ではない。滝というのもちょいと無理がありそうにも思う。これだけ水脈を切り刻まれてしまってはやむをえないところだが、それでも、絶え間無く滲みだしてくるのには驚かされる。
紅葉に季節には来たことがないが、さぞかしきれいなのだろうと思う。紅葉の盛りはいつ頃になるのだろうか。
稚児大師堂から見た様子_1
稚児大師堂から見た様子_2
不動の滝
水は絶え間なく滲みだしている。毎月瀧行が行われているようだ。一度見たことがあったが、たまたまそういう時だったようだ。
不動の滝_1
不動の滝_2
不動の滝_3
不動の滝_4
不動の滝_5
不動の滝_6
不動の滝_7
不動の滝_8
不動の滝_9
不動の滝_10
不動の滝_11
不動の滝_12
不動の滝_13
稲荷堂
稲荷堂_1
稲荷堂_2
稲荷堂_3
稲荷堂_4

この等々力不動は満願寺の別院で、流轟山明王院と言い、役の行者が滝の側に不動明王をまつって霊場としました。今では滝に打たれて行をする修行者の姿は見かけなくなりましたが、古くからこの不動の滝は、各地からの修業者が絶えなかったほどよく知られてました。
不動の滝はいつでも涸れる事なく、谷沢川に流れ落ちています。等々力という地名は、この滝の轟く音から里人が呼称したという説もあります。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
平成26年11月2日(日)より、毎月第1日曜日に午前8時30分から瀧轟會会員による瀧行を行います。見学されたい方は是非お越し下さい。
場所:等々力不動尊境内「不動の瀧」


 

等々力渓谷を歩く(2)

最近ケチ臭くなったのか、無料のところばかりをほっつき歩いている。どこへ行ってもカップルばかり。一人で歩きまわるのが恥ずかしい感じだ。

渓谷を更に歩く
平日だというのに、結構な人出だ。私同様に暇人が少なくないようだ。
渓谷を更に歩く_1
渓谷を更に歩く_2
渓谷を更に歩く_3
渓谷を更に歩く_4
渓谷を更に歩く_5
環状8号線に架かる橋
環状8号線からは、渓谷が緑で覆われてしまい見えない。まるで、普通の道のように見える。渓谷から見れば、歴とした橋なのだ。玉沢橋というようだ。
玉沢橋
更に先へと歩く
更に先へと歩く_1
更に先へと歩く_2
更に先へと歩く_3
更に先へと歩く_4
潜水橋のようだ。梅雨時には本当に水面下になるだろうか。
潜水橋のようだ
等々力渓谷横穴古墳
ここで進行方向左側に渡り、標識に従うと古墳跡が見えてくる。古墳時代後期から奈良時代(7世紀後半~8世紀)のものと推定される横穴式古墳で、中を覗くことができるようになっているようだ。
等々力渓谷横穴古墳_1
等々力渓谷横穴古墳_2
等々力渓谷横穴古墳_3
完全な形で残っているのは3号のみ。1-2号は跡があるだけだった。そんなに都合良くはいかないとは思いつつも残念。
等々力渓谷横穴古墳_4
等々力渓谷横穴古墳_5
等々力渓谷横穴古墳_6
等々力渓谷横穴古墳_7
再び渓谷に戻る
再び渓谷に戻る

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR