散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(5)

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
何度か行ったことがある。旧盆の前後ばかりで、卒倒しそうになりながら歩いた記憶が。今回は、比較的体調が良い状態で来ることができた。
本当のことを言えば、未だに靖国神社とこの墓苑との関係がよく理解できないでいる

千鳥ヶ淵戦没者墓苑_1
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_2
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_3
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_4
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_5
さざれ石
岐阜県の文化財なのだそうだ。国歌の中のさざれ石は、小さな石という意味に過ぎないようだが、こちらは下記説明にある通りの自然が生成した貴重なものだ。
さざれ石_1
さざれ石_2
さざれ石_3
さざれ石(細石、さざれいし)は、もともと小さな石の意味であるが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウムや水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。
大賀ハスとさざれ石との2ショット
大賀ハスとさざれ石との2ショット_1
大賀ハスとさざれ石との2ショット_2
セレモニーを行う施設
延々と行進をしてきて、ここで会場の設営をして、式典に参加し、終了後の後片付けまでやると、本当に大変。どうやって自宅まで帰ったのか不思議なほど。そんな懐かしい思い出が。
セレモニーを行う施設_1
セレモニーを行う施設_2
セレモニーを行う施設_5
セレモニーを行う施設_6
セレモニーを行う施設_7
セレモニーを行う施設_8
セレモニーを行う施設_10
昭和天皇の御製
墓苑創建の年の秋、天皇陛下から下賜された御製を三笠宮妃殿下が謹書されたものだそうだ。
陛下の苦しい心情を吐露したものなのだろう。この歌で救われた思いになった人も少なくないことだろう。
昭和天皇の御製_1
昭和天皇の御製_2
今上陛下の御製
こちらは終戦60周年を迎えるに当たり、新春『歌会始の儀』で今上陛下が詠まれた御製を常陸宮妃殿下が謹書されたものだそうだ。
戦後60年を経て、漸くこのような歌を詠むことができるほどにまでなった。あの困難な時を生きた人々を忘れてはいけないという自戒の念を込めた内容なのだろう。
今上陛下の御製_1
今上陛下の御製_2
栴檀
栴檀_1栴檀_2
千鳥ケ淵戦没者墓苑は、日本の戦没者慰霊施設。第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置している。公園としての性格を有する墓地公園とされており、環境省が所管する国民公園等のひとつである。

英国大使館
これが駐日英国大使館か。さすがに広大な敷地に建っているんだ。それでも英国の外交官には狭い感じが否めないのだろうなあ。
英国大使館_1
英国大使館_2
英国大使館_3
英国大使館_4
英国大使館_5
英国大使館_6
英国大使館_7
英国大使館_8
free画像を借用した
英国大使館_9
1872年5月(明治5年)、七戸藩上屋敷、櫛羅藩上屋敷、七日市藩上屋敷、および旗本水野兵部の屋敷跡を合わせた12306坪(明治17年の本契約では10833坪)をほぼ永久に貸与されることとなったが、賃料が低い水準に抑えられたことが両国間の問題となっていく。その後現在にいたるまで、この場所が英国大使館(1905年に公使館から大使館に昇格)の所在地となっている。

以上で、今回の『四谷から皇居の方に向かって歩いてみる』シリーズはお終いです。最後までご覧いただき有り難うございました。

 

四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(4)

九段界隈を歩いてみる

千秋(せんしゅう)文庫
ここは何?と思ったが、秋田藩主のコレクションを保管陳列するところのようだ。
知らないので通り過ぎたが、入ってみるだけの価値は十分にあったようだ。知らないと損をするなあ。

千秋(せんしゅう)文庫_1
千秋(せんしゅう)文庫_2
二松学舎とイタリア文化会館
二松学舎大学附属高等学校とイタリア文化会館とが隣り合ってあった。二松学舎の方は、最近野球が強くなって、全国に名前が売れ始めたようだ。
イタリアさんは、相変わらずおしゃれな感じ。

二松学舎とイタリア文化会館_1
二松学舎とイタリア文化会館_3
二松学舎とイタリア文化会館_4
こちらは二松学舎大学。住所は3番町になるのかな。
二松学舎大学
九段坂のお濠端から見た様子
突き当りが田安門で、右側を暫く歩くと千鳥ヶ淵。すぐ近くのコンビニでサンドイッチなどを買い求め、お濠端を眺めながら昼食休憩をとった。
九段坂のお濠端から見た様子
インド大使館
インド大使館
千鳥ヶ淵に向かって歩き出す
千鳥ヶ淵に向かって歩き出す_1
千鳥ヶ淵に向かって歩き出す_2
千鳥ヶ淵に向かって歩き出す_3
千鳥ヶ淵に向かって歩き出す_4
千鳥ヶ淵
千鳥が淵が見えてきた。『風に立つライオン』の歌詞にも出てくる千鳥ヶ淵の桜。あまりにも有名だ。桜の時期でなくてもきれいなものだ。
千鳥ヶ淵_1
千鳥ヶ淵_2
千鳥ヶ淵_3
千鳥ヶ淵_4
千鳥ヶ淵_5
千鳥ヶ淵_6
千鳥ヶ淵_7
千鳥ヶ淵_8
千鳥ヶ淵_9
千鳥ヶ淵_10
千鳥ヶ淵_11
どうも桜がないと格好がつかないので、free画像を借用する
千鳥ヶ淵の桜_1
千鳥ヶ淵の桜__2

 

四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(3)+α

大妻女子大
何も女学生を見たくて歩いたわけではないが、不思議と女学校が多いエリアのようだ。昼休みだったのか、女子大生がたくさんいた。そのシーンは撮らなかった。
大妻女子大_1
大妻女子大_2
大妻女子大_3

靖國神社
東京に住みだして40年ほどになるが、恥ずかしながら靖國神社には一度も足を踏み入れたことはなかった。今回は、散歩の一環として回っただけで、政治的意図はまったくない。この件に関しての、左右からの極端なコメントはご遠慮願いたい。
南門から入ることにする
南門から入ることにする_1
南門から入ることにする_2
南門から入ることにする_3
南門から入ることにする_4
案内図を見ると、白百合学園と都立九段高校とが敷地の北東側に隣接しているのか。
南門から入ることにする_5
南門から入ることにする_6
中門鳥居から拝殿を臨む
中門鳥居から拝殿を臨む
拝殿
拝殿_1
拝殿_2
拝殿_3
拝殿_4
拝殿_5
拝殿_6
拝殿横の回廊部分
拝殿横の回廊部分
能楽堂
これは実に立派な能楽堂だ。この能楽堂は明治14年(1881)に東京・芝公園に建てられたもので、明治36年(1903)に靖国神社に奉納、移築されたそうだ。
能楽堂_1
能楽堂_2
能楽堂_3
能楽堂_4
神門
神門_1
神門_2
斎館
斎館入口は、用途が用途なのだろう、入口は閉ざされていた。同じ建物の反対側入口には『社務所』と書かれてあった。もちろん開いていた。
斎館
第2鳥居
『下乗』と書かれている。ここから先は徒歩で拝殿に向かうということのようだ。
第2鳥居
遊就館
色々展示されているようだが、今回はパスさせていただいた。
遊就館_1
遊就館_2

靖国神社の由緒
靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。
靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。


FIREFOXでピン止めしたFC2の訪問者リストを使用した時の不具合の対処
FIREFOXでピン止めしたFC2の訪問者リストから訪問者のURLをクリックすると、直後に別タブが開いて便利に使わせてもらっていた。それが、一昨日(5/20)から別タブが開かずに、当該タブが乗っ取られてしまう不具合が発生。何か触ってしまったような記憶はなく、原因や解決策に辿りつけていままでいる。当然、使用感の悪さが作業効率を妨げている。
自分のHPのリンクをクリックすると、今までどおり新しいタブが開くから、もしかしたら、FC2得意の仕様改悪かもしれない。仕方なく、『リンクを新しいタブで開く』というアドオンを導入して、当座の不便を回避している。
当該ソフトをダウンロードし

カスタマイズ-アドオン-リンクを新しいタブで開く-設定-すべてのリンクをタブで開く
というやり方で行う。同様の現象で困っている方はお試しあれ。

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR