散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

善福寺から清正公まで(5)

途中散歩分を省略して、最終目的地の『清正公』を取り上げる。東京駅南口発等々力行きのバスに乗ると、途中で『清正公前』の案内がアナウンスされる。うかつなことに暫くは、『せいしょう高校前』だと思い込んでいた。とんだ勘違いをしていたものだった。

覚林寺
覚林寺は、小湊誕生寺十八世可観院日延上人が開山となり、寛永8年(1631)に創建した。可観院日延上人は、朝鮮の王族出身だが、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に加藤清正に捕えられ、後に小湊誕生寺十八世となり、この地に隠居、覚林寺を創建したという。捕えられ、異国の地に連れて来られたというのに、このようにお堂を造ってまで故人を偲ぶとは、加藤清正公を恨んでは居なかったようだ。
現代韓国人の対日感情とは随分違うようだ。国家間というよりも対人間の問題だからなのだろうか。

先ず目につく大石標『鎮守清正公大神儀』
黒ずんでよく見えないが、『鎮守清正公大神儀』と書かれてある。既に神格化しているのだろうか。境内に掲示された由緒書きには、『清正公大尊儀』と表記されている。由緒書きの方は、神仏分離後の言い方なのだろうか。
大石標『鎮守清正公大神儀』
境内掲示の『略縁起』
『清正公大尊儀』と表記されているものの、内容からすると、神格化されているように読むことができる。それがいけないと言っているわけではなく、そういうものなんだなあと思った次第。
通称白金の清正公さまと呼ばれる当山は、最正山覚林寺と号し寛永8年(1631)可観院日延(韓国の王族)によって開創されたお寺であります。
開創と同時に上人によってご奉安申し上げられた清正公大尊儀は古く江戸時代より開運の神さまとして霊験まことにあらたかで広く庶民大衆に崇敬されてまいりました。
毎年五月四日五日の両日に行われる清正公大祭には人生の苦悩に打ち勝つお守りとして「しょうぶ入り御勝守」が授与され、東都における清正公信仰のみなもととしていまもなお各界の参詣祈願者でにぎわいます。

境内掲示の『略縁起』
山門
簡素といえば簡素だが、なかなか風情がある感じ。
山門_1
山門_2
山門_3
清正公堂
清正公大祭(毎年5月4・5日)では、清正公像が特別開帳され、「勝守り」が授与されるのか。武運の強かった清正公にちなんだ「勝守り」は、あらゆる勝負に勝つという意味を持つと解釈されているようだ。大祭に限り、菖蒲の入った勝守りを受けることができる。 菖蒲が、勝負や尚武に通じ、縁起がいいとされ、江戸時代から人気が高かったのか。う~~ん。
加藤家の本来の家紋は蛇の目紋。だが、桔梗の紋も使われていたそうだ。そこに人をうまく使った加藤清正の器量がありそうだ。
清正が肥後に赴くにあたり、秀吉は前年に改易した讃岐の尾藤知定の武具・調度一切を清正に与えました。侍大将から領主への大出世ですが、それに相応しい兵力も道具も当然不足します。秀吉が親心から配慮したものでしょう。
その尾藤家の紋が「桔梗」。清正は桔梗紋の入った武具・調度をそのまま使い、自分の家紋にしたのです。また、清正は旧尾藤家の家臣300名余りを、自分の家臣として召し抱えていましたので、彼等も誇りを傷つけられることなく存分に働いたと言われています。
また、清正はあとひとつ「折墨(おれずみ)」と呼ばれる家紋も使っていました。戦には「蛇の目」、慶事には「桔梗」、文化的な事には「折墨」というふうに、用途により3種類を使い分けていたそうです。

清正公堂_1
有栖川宮熾仁親王の書かれた「破魔軍」の大額
清正公堂_2
清正公堂_3
清正公堂_4
清正公堂_5
清正公堂_6
清正公堂_7
清正公堂_8
清正公堂_9
清正公堂_10
清正公堂_11
港区教育委員会の説明板
港区教育委員会の説明板

以上で、『善福寺から清正公まで』のシリーズは終了です。最後までご覧頂き有り難うございました。

 

善福寺から清正公まで(4)

善福寺の参道付近
柳の井戸
参道にある井戸。空海(弘法大師)が柳の木の下で錫杖を立てたところ、湧き出してきたという。『独鈷の湯』とまではいかなかったようだ。写真では判然としないと思うが、確かに少量ながら水が湧いていた。関東大震災や東京大空襲の時には多くの人が飲み水として利用したそうだ。
柳の井戸_1
『楊柳水銘』と書かれた石碑
柳の井戸_2
柳の井戸_3
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_1
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_2
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_3
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_4
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_5
善福寺の周辺にはお寺さんが集中している_6

一旦、麻布十番駅まで普通の行き方で行ってみた。やはりかなり近い。駅から善福寺までゆっくり歩いても数分だろう。

麻布十番駅でほぼ全景が見えた六本木ヒルズ
やはり辺りを圧するような巨大な建築物だ。中に入ってみたいとは思わないが。
六本木ヒルズ_1
六本木ヒルズ_2
六本木ヒルズ_3

また、清正公に向かって歩き出す。

白亜荘など
かなり古色蒼然とした建屋だ。『白亜』の名にふさわしかったのは、だいぶ昔のようだ。土一升金一升の南麻布で、このような状態で放置されているとは非常に勿体無いことだ。
白亜荘など_1
白亜荘など_2
白亜荘など_3

 

善福寺から清正公まで(3)

いよいよ麻布山善福寺に参拝する

麻布山善福寺
元麻布ヒルズに敷地を売却するなどした関係なのか、境内は狭隘な感じが否めなかったが、ものすごい歴史を秘めている寺院であると、改めて思い知らされた。浅草寺より中身が濃い感じに思える。
勅使門が前方に見えてきた
確かに見えてきたのだが、背後にそびえる元麻布ヒルズが巨大すぎて、主役の座を奪われそうな感じだ。
勅使門が前方に見えてきた
参道の途中にはハクモクレンの花が美しく咲いていた
参道の途中にはハクモクレンの花_1
参道の途中にはハクモクレンの花_2
改めて勅使門をしっかり見る
文永の役(1274年)で亀山天皇の勅使寺となった時以来の使用している呼び方なのか。鎌倉時代中期のことなので、鎌倉幕府に遠くも近くもないこの寺に白羽の矢が立ったのだろうか。惜しくも戦災で焼失し、昭和55年に再建されたそうだ。古いものがあったのに、戦災で焼失してしまったのが残念でならない。
改めて勅使門をしっかり見る_1
改めて勅使門をしっかり見る_2
改めて勅使門をしっかり見る_3
改めて勅使門をしっかり見る_4
改めて勅使門をしっかり見る_5
本堂
さすがに貫禄がある。慶長12年(1607)に徳川家康が東本願寺八尾別院本堂として建立したもので、京都天明の大火の後、約10年間、東本願寺の御影堂の役も勤めた建物を移築 ・再建した由緒あるものか。普通に考えれば、国指定重要文化財になっていてもおかしくはなさそう。港区指定文化財のままなのが不思議。かなり改築を加えているなどの事情があるのだろうか。
本堂
『最初のアメリカ公使宿館跡』のプレート
本当にそうなのだ。それがために福沢諭吉先生も度々訪れていたのだろうか。
『最初のアメリカ公使宿館跡』のプレート_1
『最初のアメリカ公使宿館跡』のプレート_2
『最初のアメリカ公使宿館跡』のプレート_3
鐘楼
墓地内部は撮影禁止なので、境内側から撮った。
鐘楼
逆さイチョウ
推定樹齢750年以上、親鸞がみずから植えたとされるイチョウの古木。伝承によると、親鸞のついた杖から生えてきたという。名の由来は、枝か下のほうに伸びさかさになっているように見えることからきている。大戦時の空襲で被災しスケールが縮まったものの、現在でも都内最大のイチョウであり、国の天然記念物に指定されている。
逆さイチョウ
墓地方向を写す
親鸞聖人像が目立つ
墓地方向を写す

福沢先生の墓
夫婦名義の墓が開山堂の前にある。戒名は『大観院獨立自尊居士』だ。間違ってもお金にご縁ができますようにとお願いしてはいけないのだろう。
墓地の撮影は禁止されている。そのため、freeの画像を借用した。
福沢先生の墓
越路吹雪の墓
墓地入口脇にある。すごく洒落たお墓だ。
墓地の撮影は禁止されている。そのため、freeの画像を借用した。
越路吹雪の墓

平安時代、唐で真言を極めて帰国された弘法大師は関東一円に真言宗を広めるために、高野山に模して麻布山善福寺を開山されました。天長元年(八二四年)のことで、都内では金竜山浅草寺につぐ最古の寺院です。
鎌倉時代になって、越後に流されていた親鸞聖人は、許されて京へ上る途中に善福寺を訪れました。迎えた了海上人は、七才で仏門に上り、比叡で顕密二法を修めた俊英の僧で、当時若冠十七才でした。
上人は、親鸞聖人の高徳に傾倒し、一山をあげて真言宗から浄土真宗に改宗しました。以後、上人は関東一円にわたって、浄土真宗を広め、『大谷遺跡録』によると、関東六老僧の一人として名を残しています。
また、二度にわたる蒙古来襲に際して、亀山天皇の勅願寺となりました。
時代がすすみ、浄土真宗は、庶民の間に根強く広まり、やがて一向一揆がおこり、石山本願寺で織田信長と戦火を交えるほどの勢力になりましたが、善福寺は籠城する僧に援軍を送りました。
乱後、豊臣秀吉は関東を平定しましたが、当寺には寺領保護を誓約しました。
江戸時代になると、特に三代将軍徳川家光は甲良豊後守に命じ当時の建築の粋を集めて本堂を建立し寄進しました。
又、東京の地名となっている虎ノ門は当時の善福寺の山門であり、杉並の善福寺池は当時の奥の院跡で当時の寺領の広さがわかります。
一八五九年になると善福寺は初代アメリカ合衆国公使館としてタウンゼント・ハリス公使以下の館員を迎えました。
その頃、壤夷を唱える人々の襲撃をうけ庫裡、書院などが焼失しましたが、僧たちの機転によって身をもって公使館員を守り、日米の友好の絆を深めました。
そのころより後に三井物産創始者の益田孝氏や古河市兵衛氏、福沢諭吉氏が当寺に出入りし、明治八年十二月八日まで公使館として使用されました。
現在の本堂は、慶長12年(1607)に徳川家康が東本願寺八尾別院本堂として建立したもので、京都天明の大火の後、約10年間、東本願寺の御影堂の役も勤めた建物を移築 ・再建した由緒あるものです。

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR