散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鷹取山を歩く(9)

最後は磨崖仏と追浜駅方面を目指す
まずは磨崖仏を目指す
こちらも山頂の絶壁同様に厳しいなあ
こちらも山頂の絶壁同様に厳しいなあ
ここでもロッククライミングの準備中
ここでもロッククライミングの準備中
また少しだけ上る
その後、暫くはアップダウンのある道が続く
暫くはアップダウンのある道が続く_1
暫くはアップダウンのある道が続く_2
暫くはアップダウンのある道が続く_3
暫くはアップダウンのある道が続く_4
ひょいと前方を見たら、比較的低い岩壁を登攀中の人が見えた
比較的低い岩壁を登攀中の人が見えた
磨崖仏
どんどん下った先にやっと見えてきた。『弥勒菩薩尊像』だそうだ。別に、『釈迦如来像』の磨崖仏もあったそうだが、こちらは小学校建設のために取り壊されたらしい。付近のやぐら内にあるという壁画は存在さえも知らず、当然見つけられなかった。道筋では無さそうだとのことだ。
磨崖仏_1
磨崖仏_2
磨崖仏_3
磨崖仏_4
磨崖仏_5
標高139mの鷹取山は、垂直に切り立った岩石が特徴で、「湘南妙義」の別名があります。
岩山には、巨大な弥勒菩薩尊像が彫られています。横須賀市在住の彫刻家、藤島茂氏が昭和35年から約1年かけて製作したもので、像高約8m、像幅約4.5mもあります。
別に、釈迦如来像の磨崖仏もありましたが、昭和40年に鷹取小学校建設のために破壊されています。
付近のやぐら内には、壁画も描かれています。

いよいよ下山
磨崖仏の左脇の小道から抜ける
磨崖仏の左脇の小道から抜ける_1
磨崖仏の左脇の小道から抜ける_2
磨崖仏の左脇の小道から抜ける_3
磨崖仏の左脇の小道から抜ける_4
至るところで練習する人がいるようだ
至るところで練習する人がいるようだ_1
至るところで練習する人がいるようだ_2
至るところで練習する人がいるようだ_3
至るところで練習する人がいるようだ_4
帰心矢の如し
どんどん下る
どんどん下る_1
どんどん下る_2
住宅街がはっきり見えてきた
住宅街がはっきり見えてきた
駅方面の表示
あくまでも方面へ至る道でしか無い。ここからは、追浜駅までは約40分程かかるのではないだろうか。
駅方面の表示_1
駅方面の表示_2
駅方面の表示_3
駅方面の表示_4
こんなところに横須賀市の水道設備があった
横須賀市の水道設備_1
横須賀市の水道設備_2
横須賀市の水道設備_3
横須賀市の水道設備_4
最後の最後に急階段を降りる
急階段を降りる_1
急階段を降りる_2
漸く平地に降りてきた
歩くと駅まで30分かかるとのこと。バスの時刻表を見ると、日曜日のこの時間は最悪。2時間ほど無い。しかたがないので京浜急行追浜駅まで歩くことにした。
漸く平地に降りてきた

以上で、『鷹取山を歩く』シリーズはおしまいです。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

鷹取山を歩く(8)

いよいよ頂上へ
鎖場を上り切った
もうちょっとで一旦平坦な道にになる。そう思ったのだが、甘かった。
鎖場を上り切った_1
鎖場を上り切った_2
鎖場を上り切った_3
鎖場を上り切った_4
鎖場を上り切った_5
鎖場を上り切った_6
鎖場を上り切った_7
道が2つに分かれる
やや上の方の道では先ほどのパーティーが何やら装備中。ヘルメットなどの安全装備を緊張の面持ちで着けていた。そうか、道理で歩き慣れているはずだ。
先ほどのパーティーが何やら装備中
私はロッククライミング等する気はないので、一旦下って上る道を進む
一旦下って上る道を進む_1
一旦下って上る道を進む_2
一旦下って上る道を進む_3
おおーっ、頂上だ
見えてきたぞ。すごい圧倒的な断面だ。
すごい圧倒的な断面だ_1
すごい圧倒的な断面だ_2
と思って足元を見たら、このご婦人がいた。ベテランのご様子。泰然自若としている。そして、今まで見えなかった東京湾側の景色が一望できるではないか。
と思って足元を見たら
少し前に出ると、もっとはっきり見える。右側が横須賀市で左側が横浜市だ。
少し前に出ると
本当の頂上展望台
本当の頂上展望台_1
本当の頂上展望台_2
この右手に階段があって、そこから上ることができるようだ。体力的にはなんということはなかったが、我がキチン・ハートがゴー・サインを出そうとしなかった。正直に言えば、怖くて行く気がしなかった。
本当の頂上展望台_3
本当の頂上展望台_4
ちなみに頂上展望台からはこんなふうに見えるようだ。長浦港辺りで、海上自衛隊の艦船が多く停泊している。FREE画像を借用
頂上展望台の眺望
こちらも頂上からの展望だと思う。但し、1970年代のもので、石仏などが見える。FREE画像を借用
1970年台の眺望
付近の様子
付近の様子_1
付近の様子_2
付近の様子_3
付近の様子_4
付近の様子_5
付近の様子_6
付近の様子_7
付近の様子_8
付近の様子_9
付近の様子_10
付近の様子_11
付近の様子_12

 

鷹取山を歩く(7)

いよいよ鎖場だ
先に行ったパーティーが屯していた理由はすぐにわかった。鎖場を前にして、リーダーから各自が注意を受けていたのだった。『…なお、鎖は1つのスパンを2人以上でつかむことは避けるように。…』というような訓示があった。皆が半ばまで上るまで、時間潰しをする。
これから彼らが上るんだ
神妙な面持ちでリーダーの注意に耳を傾けている。それにしても、皆足が長いなあ。
神妙な面持ちでリーダーの注意に耳を傾けている
待っている間に反対側を見下ろしてみる。あちらは田浦の辺りかなあ。
待っている間に反対側を見下ろしてみる
後方の景色を楽しんでいる内に静かになったと思ったら、かなり先まで上っていた。結構、女性メンバーが多い感じ。逞しいものだ。
気づいた時は、かなり先まで上っていた_1
気づいた時は、かなり先まで上っていた_2
自分が上るときの参考にすべく見ていた
此処は足元がステップ状になっていたので、まだ足を踏み出しやすそう
此処は足元がステップ状になっていたので、まだ足を踏み出しやすそう_1
此処は足元がステップ状になっていたので、まだ足を踏み出しやすそう_2
最後の人も上りだすぞ。もう少し間を空けて上がろう。あの階段の上までは大丈夫だ。
もう少し間を空けて上がろう_1
もう少し間を空けて上がろう_2
もう少し間を空けて上がろう_3
私も上り始める
階段があるところまでは、まだマシだった。そこから先が怖かった。もともと半分以上まで行ってから上がり始めたのだが、腰が引けている私が逡巡している間に、見えないほど先に行ってしまった。みんな速いなあ。
私も上り始める_1
私も上り始める_2
私も上り始める_3
私も上り始める_4
ミニ単独行になってしまった
あーあ、ここを一人で上るのか。あのパーティーのすぐ後ろをついていけばよかった。足をどこに置くべきか迷うばかりで、写真を撮る余裕など全くなかった。非常に怖かったけど、何とか上ることができた。次回はウォーキングシューズではなく、トレッキングシューズを着用しよう。
ミニ単独行になってしまった_1
ミニ単独行になってしまった_2
ミニ単独行になってしまった_3
振り返るとこんな感じ。大したこと無いじゃないかと笑われそうだが、必死に鎖にしがみついて上った。
ミニ単独行になってしまった_4

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR